「前年比」とは?

関連ニュース

米11月雇用統計レビュー 失業率は前月同様3.7%、平均時給は32.82ドルで過去最高を更新 - 12月06日(火)09:00 

米労働省が2022年12月2日に発表した11月雇用統計の主な結果は、(1)非農業部門雇用者数26.3万人増、(2)失業率3.7%、(3)平均時給32.82ドル(前月比+0.6%、前年比+5.1%)という内容であった。
カテゴリー:

癒着防止剤市場―タイプ別(合成および自然接着バリア)、送達モード別(フィルム、ゲル、および液体製剤)、アプリケーション別、および地域別―世界の需要分析と機会の見通し2023-2033年 - 12月05日(月)18:00 

Research Nester Private Limitedは、癒着防止剤市場の予測評価を提供する調査レポートを2022年12月 05日 に発刊しました。これは、癒着防止剤市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。癒着防止剤市場は、2022年に10億米ドルの市場価値から2033年までに30億米ドルに達すると予測されます。また、市場は2023-2033年の予測期間中に8%のCAGRで拡大すると予測されます。術後癒着の発生率の上昇は、世界の癒着防止剤市場の主要なドライバーになると予想されます。癒着はどこにでも発生する可能性がありますが、胸部、骨盤、腹部で最も頻繁に発生します。調査によると、腹部または骨盤の手術を受けた患者の約 92% で、手術後に腹部の癒着が発生する可能性があります。さらに、手術を受けたことがない患者の 9.5% 以上が腹部癒着を発症します。癒着と呼ばれる瘢痕組織の帯は、組織の構成要素を一緒に保持します。接着はまた、繊維組織の薄い帯または組織の薄いラップのようなシートであり得ります。損傷した組織は、身体バリア物質などの接着バリアによって離れた状態に保たれます。それらの間にフィブリン架橋が形成されるのを防ぎます。さらに、世界中で増加する手術率は、市場の成長を促進すると推定されています。過去 25 年間で、米国の地域病...more
カテゴリー:

缶コーティング市場―タイプ別(エポキシ、アクリル、ポリエステル、含油樹脂、ビニル、アルキド、ポリオレフィン)、アプリケーション別、および地域別―世界の需要分析と機会の見通し2023-2033年 - 12月05日(月)18:00 

Research Nester Private Limitedは、缶コーティング市場の予測評価を提供する調査レポートを2022年12月 05日 に発刊しました。これは、缶コーティング市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。缶コーティング市場は、2022年に30億米ドルの市場価値から2033年までに40億米ドルに達すると予測されます。また、市場は2023-2033年の予測期間中に4%のCAGRで拡大すると予測されます。市場の成長は、世界中の缶詰食品と飲料の消費の増加に起因する可能性があります。アメリカ人の約 95% が平均 23 個の缶をキッチンに置いており、親の約 85% は、缶から食べ物を消費せずに 1 週間過ごしたことはないと主張しています。食費は生活費の中で 3 番目に高く、缶詰は生鮮食品や冷凍食品よりも安価であることがよくあります。したがって、予測期間中に缶コーティング市場を後押しすることが予測されています。さらに、化学産業の成長は、市場の成長を後押しすると推定されるもう1つの主要な要因です。レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-4537以下は、予測期間中に市場の成長を促進する他の要因です。● 飲料缶の需要拡大● 金属産業の成長● 運輸業成...more
カテゴリー:

内視鏡用クリップ市場―アプリケーション別(内視鏡マーキング、および止血)、エンドユーザー別(病院、外来手術センター)、および地域別―世界の需要分析と機会の見通し2023-2033年 - 12月05日(月)18:00 

Research Nester Private Limitedは、内視鏡用クリップ市場の予測評価を提供する調査レポートを2022年12月 05日 に発刊しました。これは、内視鏡用クリップ市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。内視鏡用クリップ市場は、2022年に380百万米ドルの市場価値から2033年までに560百万米ドルに達すると予測されます。また、市場は2023-2033年の予測期間中に6%のCAGRで拡大すると予測されます。この増加は、世界的に胃腸出血性疾患の有病率が上昇していることに起因する可能性があります。さらに、消化管出血症例の増加により、治療の過程で内視鏡用クリップの採用率が高まると予測されています。推計によると、100,000 人中 80―150 人が毎年上部消化管出血 (UGIB)を発症しています。推計死亡率は 2―15% です。内視鏡用クリップは、組織の接近を達成しており、常に消化管出血を引き起こす胃潰瘍などの疾患を治療するために使用されるデバイスです。さらに、医療用画像機器の技術の進歩は、市場の成長を後押しすると予想されます。ヘルスケア セグメントへの多額の投資により、効率的かつ効果的な結果を得るために内視鏡用クリップの採用が促進されています。たとえば、Ethicon Endo-Surgery, Inc....more
カテゴリー:

TPCマーケティングリサーチ株式会社、化粧品企業のR&D戦略について調査結果を発表 - 12月05日(月)11:30 

この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=松本竜馬)は、化粧品企業のR&D戦略について調査を実施、その結果を発表した。【調査結果】◆2021年における主要化粧品企業13社のR&D費は前年比4.1%増となった。近年は各社が国内外の研究拠点の拡充や、細胞や遺伝子、AI、デジタルなどといった先端技術分野への投資を精力的に行っていることから、R&D費は拡大傾向にある。主要企業別にみると、半数以上の企業でR&D費が前年度を維持または上回っており、特にファンケル、ロート製薬、ミルボンなどが2桁増と、積極的な投資の姿勢がみられる。◆化粧品業界の研究開発においては、消費者が求める(1)安心・安全性、(2)機能性、(3)感性・官能性を三位一体とする必須テーマに加えて、(4)サステナビリティ、(5)パーソナライズ、(6)ウェルビーイングなどの研究分野に注力する企業が近年増加している。各社はイノベーションを起こすための組織再編や産学官との連携、最先端の解析技術やデジタル技術を応用した研究を推進することで、新しい価値を持つ製品・サービスを生み出そうとしている。◆『サステナビリティ研究』については、多くの企業が重要テーマの1つとして位置づけており、国際社会の持続可能な発展のために必要な目標である『SDGs』に則る形で、環境問題を始めとする施策を実行。最近の動向として、環...more
カテゴリー:

2023年のディスプレイ市場は前年比2%増、本格的な回復は2024年に Omdia予測 - 12月06日(火)06:30 

Omdiaによると、ディスプレイ市場は2022年、低調に推移するものの、2023年には前年比2%増とやや回復し、2024年には本格的な回復となると予測されるという。
カテゴリー:

コネクテッドバイク市場―タイプ別(ロードスター、アドベンチャー、ツアー)、接続)、コネクティビティ ソリューション 、アプリケーション別、および地域別―世界の需要分析と機会の見通し2023-2033年 - 12月05日(月)18:00 

Research Nester Private Limitedは、コネクテッドバイク市場の予測評価を提供する調査レポートを2022年12月 05日 に発刊しました。これは、コネクテッドバイク市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。コネクテッドバイク市場は、2022年に50百万米ドルの市場価値から2033年までに550百万米ドルに達すると予測されます。また、市場は2023-2033年の予測期間中に40%のCAGRで拡大すると予測されます。市場の成長は、主に世界中でコネクテッドバイクの数が増えていることに起因する可能性があります。特にヨーロッパ諸国やアメリカでは、接続機能を備えたオートバイがますます一般的になっています。たとえば、2020 年には、米国の道路上に 19百万台以上の二輪車が接続されていることがわかりました。高度なシステムにより、コネクテッド バイクは主に道路を読み取り、交通状況、障害物、くぼみ、工事、または道路のカーブについてライダーに警告を発することができます。コネクテッドバイクのアプリケーションは、車両の接近、緊急ブレーキ システムなどについてライダーに警告します。IoT 対応のオートバイの最近の進歩と IoT への支出の増加により、バイカーの間でコネクテッド オートバイの需要が高まっています。これにより、予測期...more
カテゴリー:

ギ酸カルシウム市場―タイプ別(飼料用グレード、および工業用グレード)、アプリケーション別、最終用途産業別、および地域別―世界の需要分析と機会の見通し2023-2033年 - 12月05日(月)18:00 

Research Nester Private Limitedは、ギ酸カルシウム市場の予測評価を提供する調査レポートを2022年12月 05日 に発刊しました。これは、ギ酸カルシウム市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。ギ酸カルシウム市場は、2022年に200百万米ドルの市場価値から2033年までに300百万米ドルに達すると予測されます。また、市場は2023-2033年の予測期間中に3%のCAGRで拡大すると予測されます。市場の成長は、建設活動の増加に起因する可能性があります。2022 年の時点で、米国には約 3,784,290 の建設会社があり、2021 年から約 4% 増加しています。ギ酸カルシウムはセメント産業で広く使用されているため、建設活動の需要が高まっています。一方、それらは化学産業、繊維産業、および皮膚の平滑化にも広く使用されています。さらに、その需要はペットの食事で増加しています。したがって、鶏肉やその他の家禽製品の需要の増加は、予測期間中に市場成長を後押しすると予想されます。家禽肉の需要は、生産と消費のギャップの結果として、2001 年の 69百万トンから 2021 年には約 128百万トンに増加しました。この 20 年間で、世界の消費量はほぼ 86%、つまり毎年 3% 増加しました。レポートのサンプルUR...more
カテゴリー:

2022年の世界PC&タブレット市場、11.9%の大幅減--2023年も続く減少、PCは2024年に復活 - 12月05日(月)14:29 

IDCは、PCとタブレットの世界市場に関する調査結果を発表した。2022年も市場の縮小が続き、出荷台数は4億5680万台で、前年比11.9%減と見込む。
カテゴリー:

ゲーミングPC業界に激震、AMDとNVIDIAがシェア激減、インテル内蔵GPUが首位に 今後のゲーム開発に影響 - 12月05日(月)11:21  news

米Jon Peddie Research(JPR)は、2022年第3四半期のPC向けGPU市場に関する調査結果を発表した。 CPU内蔵型を含むPC向けGPUの出荷台数は7,550万ユニットで前年同期比19%減。メーカー別のシェアはAMDが12%、Intelが72%、NVIDIAが16%。前四半期比の台数ベースでは全体で10.3%減。AMDは47.6%減、Intelは4.7%増、NVIDIAは19.7%減。 調査対象となった全プラットフォーム、全タイプのGPUは前年比25.1%減。デスクトップ向けが15.43%減、ノート向けが30%減で、2009年の景気後退以降最大の落ち込みとなっている。 調査結果によれば、今期は...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる