「前年比」とは?

関連ニュース

2月の秋田空港利用者数、前年比3・7倍  大館能代は6・5倍 - 03月31日(金)07:42 

 秋田県が発表した2月の秋田、大館能代両空港の利用者数で、秋田空港は6万8775人、大館能代空港は1万2772人だった。前年同月との比較では秋田が3・7倍、大館能代は6・5倍と大幅な伸び。昨年2月は新…
カテゴリー:

FinTech業界、2023年の展望と日米の注目銘柄は? - 03月30日(木)19:27 

FinTechとは、金融とテクノロジーを組み合わせた造語です。従来の金融システムにIT技術を組み合わせることで生まれた新しいサービスです。特に、キャッシュレス決済・送金、資産運用、融資・資金調達、保険などの分野で活用が進んでいます。FinTechは今後も多方面での活用が見込まれます。 今回は、FinTech業界における2023年の展望と日米の注目銘柄を解説します。 マネックス証券のウェブサイトを見る ※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定銘柄への投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、ご自身のご判断において行われますようお願い致します。 ※2023年3月10日時点の情報をもとに執筆しています。最新の情報は、ご自身でもご確認をお願い致します。 目次 FinTech2023年の展望と分野 1-1.キャッシュレス決済 1-2.投資・運用 1-3.ブロックチェーン 1-4.クラウドファンディング 1-5.ソーシャルレンディング 1-6.オンライン融資 1-7.送金 1-8.保険 1-9.個人財務管理 日米の注目FinTech銘柄 2-1.(日)GMOペイメントゲートウェイ(3769) 2-2.(日)マネーフォワード(3994) 2-3.(米)ペイパル・ホールディングス(PYPL) 2-4.(日)TIS(3626) 2-5.(米)グローバル・ペイメンツ(GPN)...more
カテゴリー:

バイクで旅をしたい都道府県 3位「沖縄」、2位「熊本」、1位は? - 03月30日(木)17:28  news

オートバイツーリング旅行の企画・販売などを手掛ける「MOTO TOURS JAPAN」(東京都大田区)は3月に開かれた 「第50回 東京モーターサイクルショー」の出展ブースで「バイクでどこを旅したい?」というアンケートを実施した。 バイクで旅をしたい都道府県の1位は「北海道」だった。 アンケートは行きたい場所の欄にシールを貼る形式で約1500人が参加した。 1位の北海道は285票を獲得した。バイクで走るほかにも「おいしい食べ物が多いから」などと答える人も多かったという。 2位には「ライダーの聖地」とも呼ばれる熊本県が13...
»続きを読む
カテゴリー:

トヨタ 2月世界販売、過去最高 前年比10.3%増 77万台 - 03月30日(木)13:30 

 トヨタ自動車が30日発表した2月の世界販売台数は、前年同月比10・3%増の77万3271台だった。3カ月ぶりに前年実績を上回り、2月として過去最高を記録した。軽自動車を含めた国内販売が前年に落ち込んだ反動もあって53・2%増の15万5840台と大きく伸びた。ただ、半導体不足などによる生産制約が長引
カテゴリー:

「出生数80万人割れ」「東京への“一極集中”加速」の日本で、いま起きている「想像を絶する事態」 ★8 - 03月29日(水)23:39  newsplus

日本の出生数が80万人を割り、予想をはるかに上回るペースで人口減少が進んでいる。一方、コロナ禍で停滞していた人の移動が活発化し、首都圏への人口集中が再び強まっている。この2つの出来事は互いにリンクしており、日本社会の姿を大きく変えようとしている。 「異次元の人口減少社会」へ  厚生労働省の人口動態統計によると、2022年の出生数は前年比で5.1%減の79万9728人となり、比較可能な1899年以降、初めて80万人を割った。これは政府推計より11年も早いタイミングである。日本の人口が今後、急激に減少することは以前から...
»続きを読む
カテゴリー:

産業用ネットワーク機器市場が急成長、前年比24%増 - IDCの調査 - 03月30日(木)19:43 

IDC Japanが30日に発表した国内産業用ネットワーク機器市場予測によると、2022年の同市場は対前年比23.9%と高い成長を維持した。
カテゴリー:

「出生数80万人割れ」「東京への“一極集中”加速」の日本で、いま起きている「想像を絶する事態」 ★9 - 03月30日(木)17:37  newsplus

日本の出生数が80万人を割り、予想をはるかに上回るペースで人口減少が進んでいる。一方、コロナ禍で停滞していた人の移動が活発化し、首都圏への人口集中が再び強まっている。この2つの出来事は互いにリンクしており、日本社会の姿を大きく変えようとしている。 「異次元の人口減少社会」へ  厚生労働省の人口動態統計によると、2022年の出生数は前年比で5.1%減の79万9728人となり、比較可能な1899年以降、初めて80万人を割った。これは政府推計より11年も早いタイミングである。日本の人口が今後、急激に減少することは以前から...
»続きを読む
カテゴリー:

ジェネシス、Forrester社のクラウド・コンタクトセンターのレポートでリーダー企業に選出 - 03月30日(木)15:00 

・AI、ワークフォース最適化、セルフサービス、アウトバウンド機能のクライテリアでGenesys Cloud CXは最高スコアを獲得・様々なレポートにおけるリーダーとしての評価が顧客と従業員のロイヤルティを高めるエンド・ツー・エンドのエクスペリエンス・オーケストレーションという強みを実証サンフランシスコ - 2023年3月27日 - カスタマーエクスペリエンス・オーケストレーションのグローバルクラウドリーダーであるジェネシス(R)はこのほど、「The Forrester Wave(TM): Contact Center as a Service, Q1 2023」においてリーダーに選出されたことを発表します。レポートにおいてGenesys Cloud CXTMプラットフォームは、AI(人工知能)アーキテクチャ、ワークフォース最適化、カスタマーセルフサービスのクライテリアで最高スコアを獲得したほか、アウトバウンド機能では評価対象のベンダーの中で最も高いスコアとなりました。今回の受賞により、ジェネシスは、フォレスターの4つのカスタマーエクスペリエンスに関連したレポートにおいて、リーダーに認定されたことになります。コンタクトセンター・アズ・ア・サービス(CCaaS)レポートにおいてジェネシスがリーダーとして位置付けられるのは、The Forrester Wave(TM):Customer ...more
カテゴリー:

TPCマーケティングリサーチ株式会社、通販化粧品市場について調査結果を発表 - 03月30日(木)11:00 

この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=松本竜馬)は、通販化粧品について調査を実施、その結果を発表した。【調査結果】◆2022年(2022年1月~2022年12月実績)の通販化粧品市場は前年比1.4%増の5,510億円。調査を開始した2000年以来、過去最高を更新し続けており、2020年には初めて5,000億円を突破している。また、その規模は2000年比で約2.6倍(直近10年間で約1.4倍)に拡大している。◆同市場は、2010年頃から参入企業の増加やマス広告のパターン化などを背景に、各社で新規顧客の獲得が頭打ちとなってきたことから、この10年程は顧客の固定化を重視してサービス拡充に注力する企業が多い傾向にあった。しかし、コロナ禍以降はEC利用者の増加や大手店販系ブランドが通販施策を強化したことによる市場の活況を受け、既存企業においても再び新規顧客の獲得を重点施策とする動きがみられた。◆また、企業別にみると、北の達人コーポレーションがECモールへの出店を強化して新たな接点創出を図ったほか、I-neが新ターゲット向けのブランドを導入したことによってそれぞれ新規顧客の獲得に成功し、好調な推移を遂げている。さらに、新日本製薬はオールインワンジェルに次ぐアイテムとして若年層向けライン「パーフェクトワン フォーカス」、ファーマフーズは育毛剤「ニューモ」...more
カテゴリー:

「出生数80万人割れ」「東京への“一極集中”加速」の日本で、いま起きている「想像を絶する事態」 ★7 - 03月29日(水)20:41  newsplus

日本の出生数が80万人を割り、予想をはるかに上回るペースで人口減少が進んでいる。一方、コロナ禍で停滞していた人の移動が活発化し、首都圏への人口集中が再び強まっている。この2つの出来事は互いにリンクしており、日本社会の姿を大きく変えようとしている。 「異次元の人口減少社会」へ  厚生労働省の人口動態統計によると、2022年の出生数は前年比で5.1%減の79万9728人となり、比較可能な1899年以降、初めて80万人を割った。これは政府推計より11年も早いタイミングである。日本の人口が今後、急激に減少することは以前...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる