「前年比」とは?

関連ニュース

英調査会社ミンテルは、注目すべき3つのKビューテ.. - 07月13日(月)18:20 

英調査会社ミンテルは、注目すべき3つのKビューティスキンケアトレンドの1つにビーガンを挙げ、韓国のドラッグストア・オリーブヤングでビーガン化粧品の2018年の売上高が前年比で約70%増加したと紹介している
カテゴリー:

19年のビザ発給、過去最多に 今年はコロナ水際対策で激減必至 - 07月13日(月)17:39  newsplus

7/13(月) 17:35 共同通信    外務省は13日、2019年の査証(ビザ)発給統計を発表した。発給件数は前年比19%増の827万7340件で過去最多を記録した。うち中国人が全体の約8割を占めた。ただ、今年の発給件数は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う水際対策強化により激減するのは必至だ。  政府は2月1日に中国湖北省からの入国を制限したのを皮切りに、現在では129カ国・地域からの入国を拒否している。これらの国・地域で、ビザが発給されるのは外交官などに限られる。  それ以外の国・地域に関しても、過去の渡航歴を調査す...
»続きを読む
カテゴリー:

19年の外国人向けビザは過去最高、20年は激減の見通し - 07月13日(月)16:03 

 外務省は13日、2019年に外国人に発給した査証(ビザ)件数が前年比19%増の827万7340件となり、6年連続で過去最高を更新したと発表した。主に中国人などの外国人観光客(インバウンド)需要が中心。ただ、今年は日本が新型コロナウイルスの感染拡大で多くの外国人の入国を拒否しており、ビザ発給数は激減
カテゴリー:

「さぶみっと!レコメンド」「コンテンツレコメンド」が導入アカウント数、1,500アカウント突破! - 07月13日(月)10:00 

“おもてなしを科学する”株式会社イー・エージェンシー(東京都千代田区、代表取締役:甲斐真樹)がサービス提供を行っている、SaaS型レコメンドエンジン「さぶみっと!レコメンド」「コンテンツレコメンド」において、2020年7月13日に導入数が1,500アカウントを突破いたしました。弊社レコメンドエンジンは、2010年にサービス提供を開始して以来多くのお客様にご利用いただき、導入数を伸ばし続けておりました。昨今の新型コロナウイルスの感染拡大の影響による消費者・事業者のEC(ネットショップ)需要の高まりを受け、お申し込み数も4~6月平均で前年比67%増加し、この度、導入数1,500サイトを突破いたしました。■■1,500アカウント突破を記念してキャンペーンを実施いたします!■■【キャンペーン名】「5社限定、初期および月額費用”6ヶ月間”無償!!モニターキャンペーン」【キャンペーン内容】2020年7月1日(水)~2020年8月31日(月)の期間に、下記フォームよりお申込みいただいた限定5社様にレコメンドASPサービス「さぶみっと!レコメンド」を”6ヶ月間”無償にてご提供いたします。※本件については、無償トライアルは適用外となります。【お申込みフォーム】ページ内に記載の内容をご確認の上、お申し込みください。https://cp.submit.ne.jp/re_monitor【応募条件】・弊社サ...more
カテゴリー:

英調査会社ミンテルは、注目すべき3つのKビューテ.. - 07月12日(日)19:05 

英調査会社ミンテルは、注目すべき3つのKビューティスキンケアトレンドの1つにビーガンを挙げ、韓国のドラッグストア・オリーブヤングでビーガン化粧品の2018年の売上高が前年比で約70%増加したと紹介している
カテゴリー:

昨年のビザ発給、過去最多 今年はコロナで激減必至 - 07月13日(月)17:44 

外務省は13日、令和元年の査証(ビザ)発給統計を発表した。発給件数は前年比19%増の827万7340件で過去最多を記録した。うち中国人が全体の約8割を占めた。た…
カテゴリー:

抗コリン薬市場ー製品タイプ別、用途別、投与経路別(経口、非経口、および局所)、流通チャネル別(病院および薬局)-グローバルな需要分析および機会の見通し2028年 - 07月13日(月)17:00 

Research Nester Private Limitedは、抗コリン薬市場の予測評価を提供する調査レポートを2020年7月 13日 に発刊しました。これは、抗コリン薬市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。抗コリン薬は、体のさまざまな部分でアセチルコリンが引き起こす神経伝達を制限するために使用されます。これには、心臓、末梢神経系、その他の部分が含まれます。アセチルコリンは、唾液分泌、発汗、消化などの不随意機能を制御します。この薬は、慢性疾患や膀胱過活動、肺疾患障害、炎症性腸症候群などの神経系障害の治療に使用されます。抗コリン薬市場は、2020ー2028年までの予測期間中に大幅なCAGRで成長すると予測されています。病気の検出装置の技術的進歩と使用の増加は、予測期間中に市場の成長を牽引すると推定される要因です。さらに、大規模な研究開発がこの薬の市場成長を後押しすると予測されています。大人や高齢者の増加により、薬物の使用量も増加しています。レポートは、市場の製品タイプ別(天然、合成化合物、半合成化合物)、用途別(筋けいれん、パーキンソン病、過活動膀胱、慢性閉塞性肺疾患、過敏性腸症候群)、投与経路別(経口、非経口、および局所)、流通チャネル別(病院および薬局)によってセグメンテーション及び、そのサブセグメントの詳細な分析につい...more
カテゴリー:

“コロナ需要”でPC市場が世界的に活況、前年比11.2%増 - 米IDC調査 - 07月13日(月)15:07 

調査会社の米IDCは、「Worldwide Quarterly Personal Computing Device Tracker」(国際的なPC市場の四半期調査)の速報結果を発表した。
カテゴリー:

全国計の4割弱に 不当労働行為申立て数 都労委 - 07月13日(月)05:01 

 東京都労働委員会は、令和元年における不当労働行為事件の取扱い状況を明らかにした。新規申立て件数は前年比2件減の95件で、全国都道府県労委の新規係属件数245件に占める割合は38.8%に上った。全国件数が同50件以上減少したため、都労委の占める割合は6.2ポイント上昇し、確認できる平成11年以降で最高を記録している。……[続きを読む]
カテゴリー:

令和元年の労災 死亡者数は過去最少の3人 山梨労働局・集計 - 07月12日(日)17:01 

 山梨労働局は、令和元年(平成31年)の休業4日以上の労働災害発生状況をとりまとめた。死亡者数は過去最少の3人、死傷者数は前年比29人減の801人だった。  死傷者数の内訳をみると、製造業210人(26.2%)、商業118人(14.7%)、建設業106人(13.2%)などとなっている。  型別では……[続きを読む]
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「前年比」の画像

もっと見る

「前年比」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる