「前年比」とは?

関連ニュース

父の日向けの限定パッケージデザインギフト AGFⓇから新登場! - 04月22日(月)11:00 

2019/4/22 味の素AGF株式会社 父の日向けの限定パッケージデザインギフト 《AGFⓇ「ちょっと贅沢な珈琲店®」アイスプレミアムギフト》が新登場! 味の素AGF株式会社(代表取締役社長:品田 英明)は、父の日向けの限定パッケージデザインギフト《AGF®「ちょっと贅沢な珈琲店®」アイスプレミアムギフト》を、2019年5月11日(土)より、期間限定品として全国で新発売します。2018年の父の日の推計市場規模は約580億円で、前年比103%と拡大しています※。《AGF®「ちょっと贅沢な珈琲店®」アイスプレミアムギフト》は、最上級グレード豆を使用し、素材と製法にこだわったプレミアムアイスコーヒーです。まるでワインのような高級感あふれるパッケージは父の日の贈り物に最適です。芳醇な香りと、コク深く澄んだ後味をお楽しみいただけます。「AGF®ギフト」は、日本が守り続けてきた「贈る」という文化に新しい価値を加え、これからも「贈り手、貰い手から支持され喜ばれ続ける製品」を発売します。 ※ 日本記念日協会調べ 1. 商品概要: 《AGF®「ちょっと贅沢な珈琲店®」アイスプレミアムギフト》は、最上級グレ-ド豆をブレンドし、素材と製法にこだわったプレミアムアイスコーヒーです。父の日の贈り物にふさわしい高級感あふれる限定パッケージの商品です。 2. 発売日:2019年5月11日(土) ...more
カテゴリー:

改善平均1280円 前年比150円弱下落 本紙集計 - 04月22日(月)10:11 

 19賃上げ交渉の回答・妥結状況を調べた本紙の最終単純集計結果(4月12日現在)によると、ベースアップや手当増額など何らかの賃金改善を実施した267社の平均額は1279円だった。前年(249社)の1430円よりわずか151円低い水準で、中小における人手獲得に向けた賃上げ努力が透けてみえる結果になった。  前年と比較可能な同一214社は1266円となり、前年の1467円より201円低かった。  ……[続きを読む]
カテゴリー:

上場へと向かうUber、見えない黒字化への道筋 - 04月22日(月)07:30 

配車サーヴィス大手のUberが上場申請を終え、早ければ5月にもニューヨーク証券取引所での株式公開が実現する見通しとなった。2018年の売上高は前年比42パーセント増の約113億ドル(1兆2,650億円)で、赤字は減ったものの、売り上げの伸びは前年の約半分にまで鈍化している。Lyftなどの競合の存在感が高まるなか、黒字化に向けた道のりは視界不良ともいえる。
カテゴリー:

【経済】新札発行でどうなる「50兆円タンス預金」 - 04月21日(日)18:30  bizplus

政府が2024年に新紙幣に切り替えることを発表しました。これに関連して、現在50兆円あるとされる「タンス預金」はどうなるかに関心が集まっています。第一生命経済研究所首席エコノミスト・熊野英生さんの分析です。 ◇前回の新紙幣発行では3%が資金シフト  現在、現金流通残高は100兆円あるが、そのうち流通していないタンス預金(退蔵紙幣)は約半分の50兆円(2019年1月末)もある。このタンス預金が動き出す可能性がある。  この巨大なタンス預金の持ち主は、現行札で持っているタンス預金が、2024年以降は古い紙幣となるのが...
»続きを読む
カテゴリー:

スリランカ、観光ビザを期間限定で無料に 日本含む39カ国対象に5月から10月まで - 04月21日(日)09:15 

スリランカ政府は、観光ビザを5月1日から10月31日までの6ヶ月間、日本を含む39カ国の国民を対象に、観光ビザを無料化する。 従来、オンライン上から申請する場合、日本国籍者は35米ドルが必要だった。スリランカを訪れる観光客は年々増加しており、2018年には233万人と前年比10%以上伸びた。直近5年間では約1.5倍と急増しており、日本からの渡航者数も増加している。7月16日からは、日本からスリランカへ唯一の直行便である、スリランカ航空の東京/成田〜コロンボ線も週4便から週5便に増便する。日系企業の進出も増加している。 期間中は閑散期にあたり、観光需要が冷え込むシーズンで、需要を促進する狙いがある。 投稿 スリランカ、観光ビザを期間限定で無料に 日本含む39カ国対象に5月から10月まで は Traicy(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

「経営者とビジネスや会社の未来を考える」30歳で決断した外資企業への挑戦 - 04月22日(月)10:42 

大手SIerからセールスフォース・ドットコムへ。林泰成さんは、30歳という節目で転職を決めた。その理由について「経営者とビジネスや会社の未来を考える。そんなパートナーになりたかった」と語る。自らの介在価値をビジネス・サービス創出の貢献に見出していく。IT業界出身者がセールスフォース・ドットコムでこそ得られるキャリア像に迫った。IT業界出身者たちが注目する、セールスフォース・ドットコムという存在IT業界出身者、とくにセールス職の方にとって “セールスフォース・ドットコム” は、いま最も注目したい一社といっていいだろう。『Salesforce』はIT業界においてエポックメイキングなソリューションと言って過言ではないはずだ。SaaSのビジネスモデルのパイオニアであり、世界中のあらゆる業界・企業規模を問わず、加速度的なビジネスの成長にインパクトを与えてきた。サービスはすべてクラウド上に。営業活動の支援から、サービス、Eコマース、マーケティング活動までトータルで支援。長期的に顧客の声を拾い、サービス改善を続けていく。セールスの仕組み化をはじめ、クライアントに提供するソリューションも全て自社で先駆けて実践する。2018年度*の売上規模は通期で104億8000万ドル(前年比25%増)を記録。多少なりともIT業界に携わる人であれば、その影響力について肌で感じている人も少なく...more
カテゴリー:

平成30年(1~12月)冷凍食品の 生産・消費について(速報) - 04月22日(月)10:05 

2019年4月22日 一般社団法人 日本冷凍食品協会 平成30年(1~12月)冷凍食品の生産・消費について(速報)  一般社団法人日本冷凍食品協会(会長 伊藤滋)では、平成30年の冷凍食品の生産・消費調査結果を公表しました。 ◎ 国内生産は、過去最高だった前年の数量をわずかに下回り、金額はほぼ前年並み。 ◎ 家庭用は数量は4年連続で増加、金額は2年連続で増加。 ■ 国内生産は、数量が1,587千トン(対前年比(以下同じ)99.2%)と過去最高だった前年をわずかに下回り、金額(工場出荷額)は7,154億円(99.8%)とほぼ前年並みで、昨年同様7千億円台となった。 ■ 業務用は数量が900千トン(96.0%)で2年ぶりに減少、金額も3,966億円(97.8%)で減少となった。家庭用は数量が687千トン(103.7%)となり、4年連続で増加。金額は3,188億円(102.3%)となり、2年連続で増加となった。 ◎ 大分類の品目別生産量では、農産物が天候不順で減少。また、大半を占める調理食品は微減。 ◎ 品目別生産量の上位3品は、1位コロッケ、2位うどん、3位炒飯と前年同様。 ◎ 小分類の品目では、うどん、ギョウザなどが大きく増加。 ■ 大分類の品目別生産量では、水産物(93.3%)が減少し、同じく天候不順により農産物(91.2%)も減少し、国内生産の大半を占める調...more
カテゴリー:

原信ナルス、唐揚げが爆発的ヒット TV効果追い風、通常6倍の売上げ - 04月22日(月)00:11 

 【新潟】原信ナルスの惣菜唐揚げが爆発的なヒットを見せている。TBS系のTV番組「マツコの知らない世界」で紹介され、放送翌日の10日水曜日は一日で通常の6倍を売り上げた。10~15日6日間の唐揚げ全体販売実績でも前年比3.3倍と絶好調だ。(...
カテゴリー:

AppleがiPhone売上減の見通しを隠して株式購入者に損害を与えたとするクラスアクション訴訟 - 04月21日(日)13:44 

Appleが2019会計年度第1四半期(2018年第4四半期)の売上見通しに関し、虚偽またはミスリードするような発表をしたことが米証券取引法違反にあたると主張する2件の訴訟が相次いで提起された(原告側のプレスリリース[1]、 [2]、 Mac Rumorsの記事、 Softpediaの記事)。 Appleは昨年11月1日、2018会計年度第4四半期および年間の決算発表で、ホリデーシーズンに向けてiPhoneを含む過去最高に強力な新製品がそろったと主張し、第1四半期の売上が890億ドルから930億ドルの間になるとの見通しを示していた。中国での売上に影響はないことや、高額なiPhone XS/XS Maxの売れ行きが好調なことにも言及している。また、高価格化により四半期ごとのデバイス販売台数の重要性が低下したとして、今後は公表しない方針を示した。 ところが、Apple CEOのティム・クック氏は2019会計年度第1四半期の決算発表に先立つ1月2日、中国の経済減速や米中貿易の緊張、ドル高による米国外での価格上昇、バッテリー交換料金の大幅値引きによるiPhoneの売上減少を挙げ、総売上高の見込みを840億ドルに引き下げている。その結果、翌日のAppleの株価は取引終了時点で1株当たり142ドル19セントまで下落し、前日から15ドル以上の下げ幅となった。 訴訟は2件とも20...more
カテゴリー:

【高齢者による死亡運転事故】 飯塚幸三さん(87)「問題なし」判定… なぜ事故が相次ぐのか 防止策は? - 04月21日(日)00:47  newsplus

「問題なし」判定…なぜ事故が相次ぐのか https://www.sankei.com/affairs/news/190420/afr1904200016-n1.html 東京・池袋で乗用車が暴走し、母子2人が死亡、男女8人が重軽傷を負った事故で、 運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)が、平成29年の免許更 新時に受けた認知機能検査で記憶力や判断力に問題はないと判定されていたとみら れることが判明した。これと同様に、問題なしと判定された75歳以上の高齢運転者に よる死亡事故が相次いでいる。29年から75歳以上の検査が強化され、警察庁による ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「前年比」の画像

もっと見る

「前年比」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる