「青森県黒石市」とは?

関連ニュース

黒石市と東京農工大が地域連携協定を締結 - 02月15日(金)11:00 

青森県黒石市と東京農工大学大学院農学研究院・農学部は14日、地域連携に関する協定を締結した。同市の農林水産資源、自然環境、教育施設を同大学が教育研究フィールドとして活用するとともに、同市の人材育成や地域活性化への貢献を図る。両者は、市が2017年度から実施している「ワーキングホリデー黒石」事業に同大学生が2年続けて参加している縁がある。同大学によると、市が18年度、同大学の単位認定が可能な内容を設定してくれたことで、学生が実際に単位を取得できた。こうした経緯から、連携協定により同市の農業現場で…
カテゴリー:

ずぐり回れ、回れ 黒石で全日本選手権 - 02月10日(日)08:54 

「全日本ずぐり回し選手権」(黒石こみせまつり実行委員会主催)が9日、青森県黒石市の松の湯交流館駐車場で開かれた。県内外の老若男女100人超が「回れ、回れ」と雪の土俵で熱戦を繰り広げた。今年で31回目。参加者は、直径約3メートルの雪の土俵に津軽地方に伝わる木製のこま・ずぐりを投げ、回る時間を競った。「よし、いいぞ」「あー駄目だ」と一喜一憂する声が飛び交ったほか、3分以上こまを回す参加者の腕前に「すごい」と目を見張る観客もいた。各部門の優勝者によるグランドチャンピオン戦は、小学5・6年の部を制した…
カテゴリー:

黒石「旧正マッコ市」商店街は大にぎわい - 02月03日(日)18:00 

旧正月の大規模な初売り行事「旧正マッコ市」が3日、青森県黒石市内各地で行われ、マッコ(津軽弁でお年玉の意味)と呼ばれる景品や、福まきなどのイベントなどを目当てに、夜明け前から市内外の大勢の買い物客が各店やイベント会場を巡った。旧正マッコ市は、江戸時代からの名物行事で、毎年2月の第1日曜日に行われている。同市中心市街地の横町の特設会場では、午前5時から黒石商店街協同組合が恒例の「福まき」を開催し、開幕を盛り上げた。高樋憲市長が「いっぱいマッコを持って帰って、『いいマッコをもらった』とたくさんの人…
カテゴリー:

黒石小が優秀校に/全国健康づくり推進学校表彰 - 02月12日(火)18:36 

2018年度の全国健康づくり推進学校表彰(日本学校保健会主催)で、青森県黒石市の黒石小学校が最優秀校に次ぐ優秀校に選ばれた。併せて、優秀校10校の中から2校に贈られる特別協賛社賞にも輝いた。同校では、15年2月に市が行った「健康都市宣言」や、15~16年度に県教育委員会の「いきいき青森っ子健康づくり事業」指定校となったのを機に、体と心の健康、自分の命は自分で守る安全教育、仲間づくりによる「社会的健康」などの取り組みを進めてきた。年1回開催の「黒小すこやか会議」では、児童と保護者、教職員、地域関…
カテゴリー:

ゆるキャラドラマー“にゃんごすたー”、南米チリ・デビューに6,000人が熱狂 - 02月06日(水)16:55 

青森県黒石市出身のゆるキャラドラマー“にゃんごすたー”が2月2日および3日、南米チリの首都サンティアゴで開催されたアニメエキスポ<AEX28>に出演、6,000人を魅了した。◆にゃんごすたー 画像2月2日の18:0...
カテゴリー:

冬遊び楽しむ「雪の降るさと」開幕/黒石 - 02月03日(日)08:54 

「黒石温泉郷雪まつり 雪の降るさと2019」が2日、青森県黒石市の津軽伝承工芸館で始まった。大小25の雪だるまが並び、雪の滑り台などの冬遊びも楽しめる。10日まで。小嵐山・黒石温泉郷活性化協議会と津軽伝承工芸館が主催。2009年から、黒石名物の商業イベント「旧正マッコ市」(毎年2月第1日曜開催、今年は3日)と重なる時期に開かれ、今回で11回目。初日は親子連れなどが日中から雪遊びを楽しみ、夕暮れ時になると、この日限定の「1000本ロウソク」と写真に納まる人たちも多かった。同館内での開会式では、福…
カテゴリー:

「青森県黒石市」の画像

もっと見る

「青森県黒石市」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる