「青森県黒石市」とは?

関連ニュース

小柴社中 華組連覇/黒石よされ組踊り大賞 - 08月17日(土)11:00 

黒石よされの「第27回組踊り大賞」が16日、青森県黒石市の津軽伝承工芸館で開かれ、「南部馬方三下(うまかたさんさが)り」を演じた八戸市の「小柴社中 華組」が昨年に続き、2連覇を達成した。15、16日夜に計26団体が参加した流し踊りの黒石よされ大賞には、陸上自衛隊第39普通科連隊第3中隊が輝いた。組踊り大賞には12団体が参加。そろいの色鮮やかな衣装を身にまとい、民謡に合わせた優雅な演舞で、約200人の観客を魅了した。息の合った踊りに観客らが拍手や声援を送った。優勝した「小柴社中 華組」の代表・藤…
カテゴリー:

【青森】背筋が凍る恐怖体験 廃校のお化け屋敷が人気 黒石 - 08月16日(金)11:42  newsplus

https://mainichi.jp/articles/20190816/k00/00m/040/046000c 背筋が凍る恐怖体験 廃校のお化け屋敷が人気 青森・黒石 毎日新聞 2019年8月16日 09時51分(最終更新 8月16日 09時51分)  今年も背筋が凍る怖さを体験してみては――。青森県黒石市の山あいにある旧大川原小校舎を活用した観光施設「お山のおもしえ学校」で、毎年恒例の「学校のお化け屋敷」が開かれている。さらに怖さが増した教室からは夏休みの子供たちの悲鳴が響いていた。  学校のお化け屋敷は、2016年に同市内の電器店や看板店などさまざまな職種の有志が、町...
»続きを読む
カテゴリー:

背筋が凍る恐怖体験 廃校のお化け屋敷が人気 青森・黒石 - 08月16日(金)09:51 

 今年も背筋が凍る怖さを体験してみては――。青森県黒石市の山あいにある旧大川原小校舎を活用した観光施設「お山のおもしえ学校」で、毎年恒例の「学校のお化け屋敷」が開かれている。さらに怖さが増した教室からは夏休みの子供たちの悲鳴が響いていた。
カテゴリー:

黒石よされを盛り上げるロックふぇす - 08月14日(水)18:28 

日本三大流し踊り「黒石よされ」の一連の催しのトップを切り、「黒石よされロックふぇす」(黒石よされロックふぇす実行委員会主催)が14日、青森県黒石市の駅前広場で6時間余りにわたって開かれ、市内外のバンドや歌手ら12組が出演して盛り上がった。昨年までは黒石よされ2日目に中町の津軽こみせ駅で開いてきたが、今回初めて駅前広場で開いた。開放感のある会場で快晴の下、来場者たちはステージの前に陣取って体を動かしたり拳を突き上げたりして楽しんだ。オープニングを飾った黒石高校軽音楽部の佐藤蘭子さん(2年)は、同…
カテゴリー:

岩木川の未来考える、黒石でフォーラム - 08月09日(金)11:00 

岩木川環境公共ネットワーク協議会(荒谷政志会長)は8日、青森県黒石市のスポカルイン黒石で水資源環境フォーラムを開いた。岩木川流域の自治体関係者らがトークセッションなどを行い、来場した約270人とともに水資源の未来について考えた。トークセッションでは高樋憲黒石市長、平田博幸藤崎町長、県建設業協会の福士祐治専務理事、県観光国際戦略局の秋田佳紀局長がパネリストとして参加。「岩木川水系連携によるこれからの地域づくり」をテーマに意見交換した。高樋市長は本年度、県の「ふるさとあおもり景観賞」地域づくり活動…
カテゴリー:

急流下る炎の帆柱/黒石・大川原の火流し - 08月16日(金)21:25 

青森県黒石市東部の大川原地区で16日夜、650年以上続くとされる伝統行事「大川原の火流し」が行われた。男衆が、雨にも負けず燃えさかるカヤ舟を引いて中野川を下り、山あいの小さな集落は熱気に包まれた。神事を行った後の午後7時ごろ、3艘(そう)のカヤ舟に据えた高さ約3メートルの帆柱に点火。すげがさと野良着姿の「舟子」と呼ばれる男衆20人が、「バチッバチッ」と音を立て火の粉を散らすカヤ舟を懸命に引き、約400メートル下流の目的地に20分かけたどり着いた。川辺では哀愁を誘うはやしに合わせ、見物客らから「…
カテゴリー:

五輪トレーナーの経験生かしマッサージ院開業 - 08月16日(金)11:00 

ソチ冬季五輪のショートトラック選手のトレーナーを務めた、青森県黒石市出身の佐藤洋大さん(33)が今月、弘前市高田2丁目に、鍼灸(しんきゅう)&スポーツマッサージ「Revive(リヴァイブ)」を開業した。佐藤さんはこれまでの経験を生かし、「どこかしら痛みを抱えている人が痛みなく生活できるようお手伝いしたい」と意気込んでいる。佐藤さんは弘前工業高校時代、バレーボール部に所属。大会前に故障した際に施術してもらったかかりつけの治療院の先生の姿に心を打たれ、スポーツトレーナーの道を目指すようになった。同…
カテゴリー:

優雅に「エッチャホー」 黒石よされ開幕 - 08月15日(木)22:15 

日本三大流し踊りの一つ「黒石よされ」が15日夜、青森県黒石市中心街で開幕した。18団体から約1760人が参加し、藩政時代の風情が残る中町こみせ通りなどを「エッチャホー、エッチャホー」の掛け声とともに華やかに踊り歩いた。午後7時すぎ、打ち上げ花火を合図に「黒石よされ節」の演奏が始まると、1周約1.2キロのコース各所で待機していた参加者たちが一斉に踊りをスタート。そろいの浴衣や編みがさをまとった踊り手たちは流れるような動きで優雅に舞い、沿道の観客を魅了した。合間には観客を巻き込んで輪になって踊る「…
カテゴリー:

青森土人「こけス」 - 08月13日(火)21:23  news

「こけし」×「チェス」=「こけス」 青森県で世界大会開催 青森県の津軽地方に古くから伝わる「津軽こけし」をチェスの駒に見立ててプレーする「こけス」の世界大会が11日、青森県黒石市で開かれました。 「こけス」は、津軽地方の伝統的な文化の1つ、「津軽こけし」に親しんでもらおうと、地元の高校で考案されたもので、高さ5センチから8センチほどのおかっぱ頭のこけしをチェスの駒に見立てて競技します。 黒石市の観光施設で開かれた「こけス」の世界大会には、東京などから25人が参加し、低学年と高学年、それに一般の部...
»続きを読む
カテゴリー:

「百年料亭」外国人観光客つかむには? - 07月30日(火)19:34 

築年数や営業年数が100年を超える全国の料亭22軒の組織「百年料亭ネットワーク」が30日、青森県黒石市の黒石公民館で「全国百年料亭研究大会」を開いた。関係者ら約60人が専門家の講演や経営者の発表を通して、今後の観光のあり方について理解を深めた。基調講演では、松本大学名誉教授の佐藤博康氏が「訪日外国人誘致の施策」と題し講演。自身の海外での経験を交えながら、誘客する際のポイントを説明した。近年はアニメと旅行が連動し、アニメ作品に縁のある場所を訪れる「聖地巡礼」と観光業界が連携していることを挙げ「こ…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「青森県黒石市」の画像

もっと見る

「青森県黒石市」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる