「日本企業」とは?

関連ニュース

焦点:新型肺炎に身構える日本企業、日中GDP下押しのリスクも - 01月28日(火)13:24 

拡大する新型コロナウイルス。日本企業は、訪日客の減少や中国の景気減速など多方面から影響が及ぶのではないかと身構えている。SARS(重症急性呼吸器症候群)が流行した2003年当時と比べても、中国の存在感は格段に高まっており、影響も大きくなることが懸念されている。
カテゴリー:

新型ウイルス、中国人観光客・企業収益・市場への影響注視=西村再生相 - 01月28日(火)12:21 

[東京 28日 ロイター] - 西村康稔経済再生相は28日の閣議後会見で新型コロナウイルスへの感染に関し、中国・世界経済への影響を懸念するとともに、外国人観光客の30%を占める中国人への影響、中国向け生産・輸出を通じた日本企業の収益、金融市場への影響を注視していると述べ、経済運営に万全を期すと強調した。 <訪日客の3割占める中国人への影響懸念> 西村再生相は「中国での感染拡大に加え、交通機関の停止
カテゴリー:

日本企業、マスクを24時間体制で生産! - 01月28日(火)11:01  news

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif ユニ・チャームはマスクの増産を始めた。複数の国内工場で16日から夜間操業を始め、17日には日中のみの通常稼働から24時間操業に切り替えた。厚生労働省が16日、中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎患者を日本で確認したと発表し、小売店からの発注が急増したため。25日の春節(旧正月)を控え、帰国する中国人の需要拡大にも対応する。 17日から3交代の24時間体制に変更した。少なくとも1月末まで増産 https://r.nikkei.com/article/DGXMZO54529190X10C20A1916M00?s=3 ...
»続きを読む
カテゴリー:

対日理解促進交流プログラム JENESYS2019 ASEAN 招へい第20陣 テーマ:外交官・行政官交流 対象国:インドネシア - 01月28日(火)11:00 

外務省が推進する「対日理解促進交流プログラム JENESYS2019」の一環として,2020年1月28日から2月5日まで,インドネシアより外交官11名・地方行政官(パプア州)9名が訪日します。 本招へいでは,東京都と山形県を訪問し,「外交官・行政官交流」をテーマに国際交流事業を実施します。 東京都では,テーマに関する講義を聴講,また,インドネシアに工場を持つ日本企業を視察し,さらに,大学や高等学校にて日本の学生と意見交換等の交流を行います。 山形県では,山形県庁国際交流室を表敬訪問するとともに,ホームステイで地元の人々とふれあい,地域における国際交流活動に関わることで,様々な形で親睦を深めます。 今回の交流事業を通じて,日本とインドネシアの友好関係がより一層強化され,また一行が日本の文化や魅力について,積極的に発信することが期待されます。
カテゴリー:

武漢市民にマスク5万枚寄付、自宅に直接配送。日本企業が新型肺炎予防を支援 - 01月28日(火)10:10 

東京の越境ECベンチャーが、自社の配送ルートを利用して、中国・湖北省の消費者にマスクを直接届ける取り組みを始めた。
カテゴリー:

AIを使った音声テキスト変換アプリOtterがNTTドコモなどから戦略的投資10億円獲得 - 01月28日(火)12:45 

AIを使った音声のテキスト変換アプリであり会議メモ担当者の友、Otter.ai(オッター・エーアイ)は、日本の大手モバイル通信業者であり新しいパートナーとなったNTTドコモから戦略的投資を受けた。この2つの企業は、共同でOtterを日本市場に送り込む計画を立てている。ドコモは、Otterを独自のAIベースの翻訳サービス子会社Mirai Translation(みらい翻訳)と統合して、正確な英語の書き起こしと、日本語への翻訳を行う予定だ。 この投資は、ドコモの100パーセント子会社であるNTTドコモ・ベンチャーズによるものだが、その額は公表されていない。しかし、この新規ラウンドは総額で1000万ドル(約10億900万円)になるとのこと。現在までにOtterは、NTTドコモ・ベンチャーズ、Fusion Fund、GGV Capital、Draper Dragon Fund、Duke University Innovation Fund、Harris Barton Asset Management、Slow Ventures、Horizons Venturesなどから2300万ドル(約25億円)を調達している。 Otterは、2018年、音声による会話の検索サービスを開始し、今では電子メールやテキストを簡単に検索できるまでになっている。OtterのCEOで創設者のSam Liang(サム...more
カテゴリー:

新型肺炎 日本企業の駐在員ら帰国へ 各社の対応  - 01月28日(火)12:01 

新型肺炎 日本企業の駐在員ら帰国へ 各社の対応 
カテゴリー:

対日理解促進交流プログラム JENESYS2019 ASEAN 招へい第20陣 テーマ:外交官・行政官交流 対象国:インドネシア - 01月28日(火)11:00 

外務省が推進する「対日理解促進交流プログラム JENESYS2019」の一環として,2020年1月28日から2月5日まで,インドネシアより外交官11名・地方行政官(パプア州)9名が訪日します。 本招へいでは,東京都と山形県を訪問し,「外交官・行政官交流」をテーマに国際交流事業を実施します。 東京都では,テーマに関する講義を聴講,また,インドネシアに工場を持つ日本企業を視察し,さらに,大学や高等学校にて日本の学生と意見交換等の交流を行います。 山形県では,山形県庁国際交流室を表敬訪問するとともに,ホームステイで地元の人々とふれあい,地域における国際交流活動に関わることで,様々な形で親睦を深めます。 今回の交流事業を通じて,日本とインドネシアの友好関係がより一層強化され,また一行が日本の文化や魅力について,積極的に発信することが期待されます。
カテゴリー:

外国人材定着に向け評価基準明確に 関東経済産業局がセミナー - 01月28日(火)10:11 

 関東経済産業局は11月26日、外国人材活用促進セミナーを開催した。  (一社)留学生支援ネットワークの久保田学事務局長が、外国人材定着のための社内体制整備について説明した(写真)。  日本企業の課題として、能力と成果に応じた評価がなされないことや給与が低い点など、キャリアに対する外国人材の不満が圧倒的に多いことを挙げた。  採用目的・役割が不明確な企業は外国人材が定着しない。現状の体制の微……[続きを読む]
カテゴリー:

企業動静/新型肺炎、日本企業も社員緊急帰国 中.. - 01月28日(火)08:01 

企業動静/新型肺炎、日本企業も社員緊急帰国 中国全域への出張原則禁止、“春節明け”見通せず
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「日本企業」の画像

もっと見る

「日本企業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる