「特許出願」とは?

関連ニュース

【コラム】ドイツのベンチャーキャピタルが離陸するには政府がブレーキを解除する必要がある - 08月02日(月)17:15 

編集部注:本稿の著者Uwe Horstmann(ウーヴェ・ホルストマン)氏は、ベルリンを拠点とするベンチャーキャピタルProject A Venturesの共同設立者兼パートナー。 ーーー 現在ドイツは、世界的な競争力を持つベンチャーキャピタル市場の構築において、ヨーロッパの近隣諸国に遅れを取っていると言える。しかし、今後の5年間はドイツのベンチャーキャピタルセクターにとって大変に大きな影響をもつと予想され、その将来は非常に明るいと筆者は考える。 ドイツのスタートアップが2020年に調達した金額は64億ユーロ(約8400億円)にのぼり、これはフランスの57億ユーロ(約7500億円)を上回っている。もう1つの好ましい点は、初期段階の市場に対する国内からの投資と国外からの投資のバランスが健全であることである。シードおよびシリーズAの段階では、ドイツのファンドがドイツのスタートアップへの投資のほとんどを占める。企業が成長すると、海外からの投資重要な役割を担う。5000万ドル(約55億円)以上の資金調達ラウンドの半分は完全に外国人投資家が主導しており、ドイツの投資家によるものはわずか5%で、残りの45%は外国人投資家と国内投資家の混合による投資となる。 筆者はこれをドイツVC市場にとって理想的な状態と考える。優れたイノベーションは、国内のファンドから資金を得、支援を受けている。これらの企業...more
カテゴリー:

【電気機器】他社牽制力ランキング2020 トップ3はパナソニック、東芝、三菱電機 - 08月02日(月)10:00 

株式会社パテント・リザルトは8月2日、「電気機器業界」を対象に、2020年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された特許件数を企業別に集計した「電気機器業界 他社牽制力ランキング2020」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。集計の結果、2020年に最も引用された企業は、1位 パナソニック、2位 東芝、3位 三菱電機となりました。1位 パナソニックの最も引用された特許は「半導体発光素子の製造方法および光源装置」に関する技術で、ディスコの「発光ダイオードチップの製造方法」など計30件の審査過程で引用されています。このほか「高密度実装用基板の判定方法と実装方法」に関する技術が引用された件数の多い特許として挙げられ、大一商会の「遊技興趣の低下を抑制することができる遊技機」など計12件の拒絶理由として引用されています。2020年に、パナソニックの特許により影響を受けた件数が最も多い企業は三菱電機(545件)、次いでキヤノン(218件)、シャープ(203件)となっています。2位 東芝の最も引用された特許は「投影した画像の形状の歪みを抑え、また適正な大きさの画像を投影できる画像処理装置」に関する技術で、ユニバーサルエンターテインメントの計12件の審査過程で引用されて...more
カテゴリー:

センサーを置くだけで競合が見える! ”Digital東京 ライバルスコープ” スタート - 07月30日(金)10:00 

Oxyzen(オキシゼン)株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長CEO:松井 康至)は、オフラインデータを独自センサーで取得し、特許出願済みのデジタルツイン技術により、センサーを置くだけで周囲の競合店舗などの様子を把握することができるサービス、”Digital東京 ライバルスコープ”を2021年7月30日(金)にスタートいたしました。■ライバルスコープとは?独自のWi-Fiセンサーを設置するだけで、周囲を行き交う人々の店舗の利用傾向やブランドなどのシェア率などをつぶさに把握することができます。業種・業態などのカテゴリーはどんどん追加され、またカテゴリー追加のご要望にもお応えすることで、さまざまな角度からのマーケティング分析が可能となります(https://digitaltokyo.io/rivalscope/)。■ライバルスコープで何が分かるの?センサーを設置するだけでセンサー周囲の人々のライバル店舗の利用状況や、また、センサーを複数店舗に設置することで店舗に訪れた顧客のライバルブランドの利用率を把握することができます。Webダッシュボード、CSV出力、API(開発中)などさまざまな使い方に対応しています。下の画像は、ある拠点の人々のカフェのシェア率と、日別のシェア率の推移です。この拠点ではスターバックスの利用者が最も多いですが、毎日一番という訳ではなく、日によってはドトール...more
カテゴリー:

より安価な義手を求めて - 07月26日(月)16:45 

Alt-Bionicsは、2019年の終わりにテキサス大学サンアントニオ校(UTSA)の技術シンポジウムに出場したまったく新しいスタートアップ企業で、波紋を呼んだ。同社は3BMの赤外線塗装硬化システムに次いで2位に終わったが、有望な技術とすばらしいストーリーを武器に国内外の話題をさらった。 同校のサイトに掲載された記事では、700ドル(約7万6000円)という義手の価格は、標準的なシステムにかかるコストの一部に過ぎないと紹介されていた。残りの記事のほとんどは、良いアイデアから市場性のある製品を生み出すまでの道のりに焦点を当てている。同社のCEO兼共同設立者であるUSTAエンジニアリング学科卒業のRyan Saavedra(ライアン・サーベドラ)氏は、この種の製品の価格は1万ドル(約109万円)から15万ドル(約1600万円)になるという。同社では3500ドル(約38万円)程度の価格設定を目指している。 この間、Alt-Bionicsのチームは製品開発の様子をSNSで公開してきた。今回は本格的な取材の前に、この3年間の歩みと今後の展望についてサーベドラ氏に聞いてみたい。そしておまけに、未公開のレンダリング画像をいくつ紹介する。これはAltは「最終製品を示すものではなく、特許の完成を発表するためにチームで作成したお祝いのレンダリング画像」という。 画像クレジット:Alt-Bionics...more
カテゴリー:

生活者インサイトを独自のAIチャットボットが自動で深掘りする 「Smart Interviewer」β版を共同開発 - 07月26日(月)11:15 

2021年7月26日 株式会社 電 通  株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:五十嵐 博、以下「電通」)と株式会社電通マクロミルインサイト(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木 利幸、以下「電通マクロミルインサイト」)は、AIチャットボットが自動的に生活者インサイトを深掘り調査する「Smart Interviewer(スマートインタビュアー)」(特許出願中)のβ版を共同開発し、企業向けに提供を開始しました。これにより、従来の調査手法では難しかった「一人ひとりに階層構造で深掘り」した聴取を、「大人数に同時に実施」することが可能になり、マーケティング調査やCRM活動など多様な領域で企業のマーケティング活動を支援してまいります。    これまで、生活者の意識調査の手法としては、Webアンケート調査や対面インタビューが代表的でした。しかし、それらの手法には以下のような課題も指摘されています。   ✓Webアンケート調査は大人数に同時に聴取できるが、自由回答に関しての深掘りができない。  自由回答の記述量が少なく、思うような回答量・聴取したい視点の回答が得られない場合がある。 ✓対面インタビューは深掘りができるが、大人数に同時に聴取することが難しく、手間と費用がかかる。    これらの課題を解決するため、電通独自開発のAI...more
カテゴリー:

ROC (RollUpCover) - 08月02日(月)11:00 

企画・製造・販売と全てオリジナルの商品になります。(特許出願中)
カテゴリー:

新型コロナ対策として利用されている医療用トレーラーハウスを特別価格にて販売 - 07月31日(土)09:00 

    報道関係各位   2021年7月31日 トレーラーハウスデベロップメント株式会社   新型コロナ対策として利用されている医療用トレーラーハウスを特別価格にて販売 トレーラーハウスデベロップメント株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大原邦彦、以下「当社」)は、日本医師会など9団体の緊急声明を受け、新型コロナウィルス等の感染症対策に使われている医療用トレーラーハウス『MEDICAL-CUBE NP12』(特許出願済)を、特別価格にて販売する事をお知らせします。   新型コロナウィルスの新規感染者が、連日急速に増加を続けています。ワクチン接種率は上昇していますが変異株の影響も加わり、感染スピードは今後更に加速する事も予測されます。患者数が増える事で医療のひっ迫危機も再び想定され始め、政府だけでなく民間企業も含めた一刻も早い対策が何としても求められています。この度、当社もその一助になりたいという想いから、特別価格での販売を実施致します。   提供価格:2,000,000円(税込)  *通常価格4,620,000円(税込) 台数:10台 対象:医療機関 及び 保健所 期間:2021年8月1日~10月31日 申込分まで   ※金額には、本体・鉄製階段・鉄製デッキ...more
カテゴリー:

【化学】他社牽制力ランキング2020 トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、花王 - 07月29日(木)11:00 

株式会社パテント・リザルトは7月29日、「化学業界」を対象に、2020年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された特許件数を企業別に集計した「化学業界 他社牽制力ランキング2020」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。集計の結果、2020年に最も引用された企業は、1位 富士フイルム、2位 三菱ケミカル、3位 花王となりました。1位 富士フイルムの最も引用された特許は「駆動耐久性及び発光特性が良好な発光素子」に関する技術で、半導体エネルギー研究所の「発光効率および寿命の良好な発光素子」など計15件の審査過程で引用されています。このほかには「配向性を有さない基板上に複合酸化物等の無機結晶性配向膜を成膜する方法」に関する技術が引用された件数の多い特許として挙げられ、半導体エネルギー研究所の11件とTHE BOEINGの1件、計12件の拒絶理由として引用されています。2020年に、富士フイルムの特許による影響を受けた件数が最も多い企業はキヤノン(325件)、次いでコニカミノルタ(179件)、大日本印刷(112件)となっています。2位 三菱ケミカルの最も引用された特許は「光取り出し効率を改善したフリップチップ型のGaN系発光素子」に関する技術で、ディスコの15件...more
カテゴリー:

AIを活用し自然対話を実現するチャットボット 「Kiku-Hana for LINE」を提供開始 - 07月26日(月)11:15 

2021年7月26日 株式会社 電 通  株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:五十嵐 博、以下「電通」)と株式会社電通デジタル(本社:東京都港区 代表取締役社長執行役員:川上 宗一、以下「電通デジタル」)は、LINE公式アカウントでAIチャットボットを活用し、顧客との会話をより自然な会話へと高度化することで、顧客一人ひとりに寄り添った1to1コミュニケーションを可能にする「Kiku-Hana for LINE」を企業向けに提供開始しました。これにより、LINE公式アカウントでのマーケティング活動を活性化させ、新規顧客獲得・育成を支援します。    このサービスは電通が提供するAI自然対話エンジン「Kiku-Hana(キクハナ)」と、LINE株式会社が提供するMessaging APIを活用し、LINE公式アカウントで多様なコミュニケーションを可能にするサービス「BOT BOOSTaR ® (ボットブースター)」が連携※1することで実現しました。    電通が2018年に独自開発した「Kiku-Hana」は、自然言語解析や理解、推論などに最適な論理型プログラミング言語AZ-Prologを採用し、これまで難しいとされてきた「日本語の意味」を解析することで、少ない学習量でもユーザーが求める人間的な会話、情報提供を可能にします。この「K...more
カテゴリー:

【情報通信】他社牽制力ランキング2020 トップ3はNTT、NTTドコモ、NECプラットフォームズ - 07月26日(月)11:00 

株式会社パテント・リザルトは7月26日、「情報通信業界」を対象に、2020年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された特許件数を企業別に集計した「情報通信業界 他社牽制力ランキング2020」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。集計の結果、2020年に最も引用された企業は、1位 NTT、2位 NTTドコモ、3位 NECプラットフォームズとなりました。1位 NTTの最も引用された特許は「ユーザの購買意欲をより促進させるレコメンデーション」に関する技術で、すなおネットの「商品情報提供システム」など計9件の審査過程で引用されています。このほか「機械学習を用いた、効率的かつ誤検知の少ないマルウェア判定」に関する技術が引用された件数の多い特許として挙げられ、キヤノンなどの計4件の拒絶理由として引用されています。2020年に、NTTの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業はNEC(98件)、次いで富士通(66件)、ヤフー(42件)となっています。2位 NTTドコモの最も引用された特許は「D2D通信(ユーザ装置間通信)をサポートする移動通信システム」に関する技術で、LG ELECTRONICSなどの計5件の審査過程で引用されています。このほかには「ビームフォーミン...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる