「顧客情報」とは?

関連ニュース

防衛省の情報、流出の可能性 NTTコム不正アクセス - 05月30日(土)00:56 

 河野太郎防衛相は29日の記者会見で、NTTコミュニケーションズが不正アクセスを受けて顧客情報が流出した可能性がある問題に関し、自衛隊が同社の取引先であったことを明らかにした。河野氏は「NTTから不正…
カテゴリー:

ユーティリティ向けのIoT市場、2019年286億米ドルから2024年までCAGR13.5%で成長し、538億米ドルに達する予測 - 05月29日(金)10:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ユーティリティ向けIoTの世界市場 - 2024年までの予測:プラットフォーム、ソリューション (資産監視・管理、顧客情報システム・請求システム)、サービス」(MarketsandMarkets発行)の販売を5月29日より開始いたしました。
カテゴリー:

UberEatsで頼んだ前菜に貼られていた心に残る手書きの「付箋」 - 05月28日(木)18:20 

新型コロナウイルスの「自粛要請」により、計り知れない打撃を受けた飲食業界。テイクアウトやデリバリーに活路を見出そうという動きも見られた中、飲食店コンサルタントの中西敏弘さんが思わず唸った、とあるお店の「一工夫」もあったそうです。中西さんは今回、自身の無料メルマガ『飲食店経営塾』の中でその工夫の内容を紹介するとともに、テイクアウトやデリバリーを来店に繋げる「フロントエンド」として使う方法を提案しています。 テイクアウト、デリバリーを「フロントエンド」として使えないか? 写真は、昨日、UberEatsで頼んだ商品。 はじめて頼んだお店でしたが、味(前菜セットと生パスタを注文)もさることながら、前菜セットに貼ってあった“付箋”がすごく心に残りました。 というのは、こんな風に、付箋に手書きで商品名を紹介してくくれているお店なんか、今まで出前を頼んだ中で1軒もなかったからです。特に、手書きで書かれていることが印象に残り、お店に行ったらきっと“あったかい”お店なのかなあ、なんて想像が膨らみ、時間が経てば、ぜひその店に行ってみたと思いました! 先日もあるご支援先で、「テイクアウト販売の話をしていたのですが、これまで店の中でやっていたことを、テイクアウトに活かすことはできないか?」、という話になりました。 テイクアウトで、普通に商品(パスタや丼ものなど)を売っていたけれど、例えば、ドレッシング...more
カテゴリー:

プロサッカーの水戸ホーリーホック、SFAで顧客情報を可視化--進捗も可視化 - 05月25日(月)07:15 

水戸ホーリーホックがSFA「Pipedrive」を導入。従来Excelで管理していた顧客情報を一元管理するとともに、営業活動に必要なアクション、進捗状況などを可視化できるようになっているという。
カテゴリー:

電通デジタル、「在宅勤務下における顧客対応支援ソリューション」を提供開始 - 05月22日(金)11:00 

2020年5月22日 株式会社電通デジタル 電通デジタル、「在宅勤務下における顧客対応支援ソリューション」を提供開始 ―「Salesforce Service Cloud」を活用し、統合的なカスタマーサポートと 迅速な運用開始を実現、在宅で顧客満足の最適化を可能に― 株式会社電通デジタル(本社:東京都港区 代表取締役社長:川上 宗一 以下、電通デジタル)は、セールスフォース・ドットコムが提供するクラウド型カスタマーサービスプラットフォーム「Salesforce Service Cloud」を活用した「在宅勤務下における顧客対応支援ソリューション」の提供を開始しました。クラウド上にて顧客対応に必要な機能やサービスを一気通貫で行い、在宅勤務下においても最適なカスタマーサポートを実施可能にします。 昨今の新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い、企業の在宅勤務への移行が進んでいます。また“アフターコロナ”といった今後を見据えた企業活動においても、在宅勤務下における顧客対応策としてカスタマーサポート窓口設置や、各種対応への環境整備の必要性が高まっています。一方で、そのためのソリューションを導入するには、シームレスな基盤の構築や長期間かつ多くの費用を要するため、躊躇する企業が多いのが現状です。 電通デジタルは、MA(マーケティングオートメーション)を中心に、CRM、カスタマーサ...more
カテゴリー:

ユーティリティ向けのIoT市場、2019年286億米ドルから2024年までCAGR13.5%で成長し、538億米ドルに達する予測 - 05月29日(金)10:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ユーティリティ向けIoTの世界市場 - 2024年までの予測:プラットフォーム、ソリューション (資産監視・管理、顧客情報システム・請求システム)、サービス」(MarketsandMarkets発行)の販売を5月29日より開始いたしました。
カテゴリー:

【ECソリューションマップ2020〈CRM編〉】 「カスタマーリングス」顧客データを横断分析 個を捉えた施策を実現 - 05月28日(木)18:40 

550社以上が導入 プラスアルファ・コンサルティングが提供するCRMシステム「カスタマーリングス」は、顧客情報をデータ化するだけでなく、あらゆるデータを横断的に見ることができる。コールセンターへの問い合わせ履歴やメルマガの開封率など、複数の・・・
カテゴリー:

【緊急Webセミナー】日本企業のAI 化を一緒に進めるパートナーを募集します。「顔認証システム」の販売パートナーと代理店向け説明会開催! - 05月25日(月)18:00 

株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:福原 智、以下トリプルアイズ)は、2020年5月26日(火)、28日(木)の両日、販売パートナーと代理店を検討する企業様を対象に、顔認証システム「AIZE」をご紹介するWebセミナーを開催いたします。info@aize.jp■AIを活用した顧客管理と従業員管理の新しいソリューション緊急事態宣言が解除されましたが、一連のコロナ騒動により、企業経営者はデジタル技術の早急な導入の必要性を感じています。その中でも、最も求められているのがAIを活用した顧客管理や従業員管理、顔決済などの新しいソリューションです。トリプルアイズが開発した画像認識プラットフォームAIZEは、ディープラーニングによる画像認識プラットフォームで、カメラからクラウドに画像データを送信し、ディープラーニングの手法でAI(人工知能)が解析します。世界最大級の512次元の特徴量によって顔の認証率を高めており、正面画像であれば98%の認証率を誇ります。トリプルアイズは、この顔認証技術を活かしたサービスを多角的に展開しており、顧客管理、従業員管理、コロナ対策、顔決済、防犯などの最新ソリューションとして多くの企業様に提供しております。特に2020年2月にヤマダ電機とのコラボレーションで実現した顔決済は、量販店では日本初の試みとして大いに注目を集めました。■店舗マーケティング...more
カテゴリー:

SIMスワッピングによるアカウント侵害で情報流出した事案についてまとめてみた - piyolog - 05月23日(土)02:10 

SIMスワッピングによるアカウント侵害で情報流出した事案についてまとめてみた - piyolog暗号資産レンディングサービスの米企業 BlockFi が不正アクセスを受け顧客情報が影響を受けたことを発表しました。 ここではBlockFiの発表したインシデント報告を元に関連する情報をまとめます。 https://blockfi.com/wp-content/uploads/2020/05/Incident-Report-05-14-20.pdf BlockFiのインシデントレポート SIMスワッ...
カテゴリー:

英格安航空、900万人分の顧客情報が流出 中国ハッカー集団か - 05月21日(木)16:22 

格安チケットを提供する英国航空会社イージー・ジェットは5月20日、2200人以上の顧客のクレジットカード情報を含む900万人分の電子メールアドレスと旅行情報が流出したと発表した。同社は、英国のデータ監視機関である情報長官室(ICO)及び国立サイバーセキュリティセンターに事案の調査を依頼している。現地報道によれば、ハッキング手法から中国ハッカーによるものと見られている。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「顧客情報」の画像

もっと見る

「顧客情報」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる