「科学誌」とは?

関連ニュース

福島県内「環境回復」...大幅に速く チェルノブイリと『比較』 - 10月28日(水)20:55  newsplus

 筑波大や福島大、日本原子力研究開発機構(JAEA)などの研究者でつくる国際研究チームは28日、東京電力福島第1原発事故で県内(陸地)に放出された放射性物質の減少速度が旧ソ連のチェルノブイリ原発事故後よりも大幅に速いことが分かったとの研究成果を発表した。  放射性セシウムが時間の経過とともに地下に浸透していく速度はチェルノブイリ周辺の2~4倍に上った。日本はチェルノブイリ周辺よりも雨が多く地形の傾斜が急であり、水の循環が速いことに加え、日常生活が続けられたこと、除染が行われたことなども影響した...
»続きを読む
カテゴリー:

月に想定以上の水存在か 米大などのチームが英科学誌に発表 - 10月27日(火)21:17 

 月面で水が氷の状態で存在する可能性のある領域は、従来の想定より広い4万平方キロに上るとの推計を、米コロラド大などのチームが26日、英科学誌ネイチャー・アストロノミーに発表した。米航空宇宙局(NASA)などのチームも、月面の日の当たる場所で初めて水分子を確認したと同誌に発表した。いずれも月に思ったよ
カテゴリー:

【NASA】月の水「案外豊富」 活用なら人類長期滞在に弾み - 10月27日(火)08:25  newsplus

 【ワシントン時事】米航空宇宙局(NASA)は26日、月面に従来考えられていたより多くの水分子が確認されたと発表した。NASAは2024年の有人月面探査再開を目指しており、「月の水」を抽出して有効活用できれば、将来の月面長期滞在に弾みがつく。  航空機に高性能望遠鏡を搭載した「成層圏赤外線天文台(ソフィア)」による観測で、月の太陽光が当たる面に水分子の存在が確認された。観測結果は科学誌「ネイチャー・アストロノミー」にも掲載された。  これまで月の水は、太陽光の当たらない低温の地域に氷の形で存在...
»続きを読む
カテゴリー:

「地球の存在に気づける異星人」はどれだけいるのか?1000個の惑星から地球は観測されている可能性あり - 10月26日(月)19:17 

Credit:John Munson/Cornell University 地球以外にも人類と同等の文明を持った知的生命体はいるのでしょうか。 現在、ハビタブルゾーン(居住可能領域)に存在する系外惑星が数多く発見されていますが、その中に候補があるのでしょうか? この疑問に、ちょっと変わった方向から挑む研究が登場しました。 王立天文学協会の発行する科学誌『Mondly Notices of the Royal Astronomical Society』に10月20日付けで発表された研究では、向こうから地球が発見できる惑星候補を検証しています。 もし、この候補の中に知的生命体の観測者がいれば、地球の生命とコンタクトを取りたがっているかもしれません。 目次 宇宙で知的生命体を発見できるもっとも可能性の高い惑星とは?ハビタブルゾーン内の地球を観測しやすい系外惑星お互いにコンタクトを取りたがっているなら、最初に探すべき候補になる 宇宙で知的生命体を発見できるもっとも可能性の高い惑星とは? Credit: NASA/Goddard Space Flight Center 現在、天文学者は地球から見えるすべての太陽系外惑星のカタログを熱心に作成しています。 遠い惑星を観測するとき、私たちがもっとも関心を寄せるのは、そこに生命が存在する可能性でしょう。 そのため、天文学者は系外惑星を観測する...more
カテゴリー:

“脳のパフォーマンスは35から45歳がピーク”だと判明、チェスの試合を分析した結果 - 10月26日(月)07:00 

Credit:depositphotos 脳のパフォーマンスとピークの時期については様々な考えがありますが、最近新たに参考にすべき研究結果が提示されました。 ドイツのルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン経済学部に所属するUwe Sunde氏ら研究チームは、10月19日付けの科学誌『Proceedings of the National Academy of Sciences』に、2万4000以上のチェスの試合を分析した結果を発表したのです。 その研究によると、脳の「認識のピーク」は35歳に訪れ、10年ほど継続するとのこと。 目次 チェスの試合からの脳のパフォーマンスを分析するチェスにおける脳パフォーマンスのピークは35~45歳脳のパフォーマンスとは? チェスの試合からの脳のパフォーマンスを分析する Credit:depositphotos 研究チームは、ある1つの方法で脳のパフォーマンスと、ピークが訪れる時期を測定しようとしました。 その方法とは、「人間によるチェスの試合とコンピュータが提示する理想的な手を比較する」というもの。 チェスは代表的なボードゲームの1つであり、試合に勝つには思考力や経験をフル活用しなければならないでしょう。駒の動きを予測しつつ限られた時間で自身の戦略を決定または修正しなければいけないのです。 チェスの試合における一手一手が脳のパフォーマ...more
カテゴリー:

生命の源は「鉄」だったかもしれない? “酸素の発生源は錆びた鉄だった”とする新説 - 10月28日(水)19:00 

Credit:NASA.UChicago 現在の地球は酸素を多く含んだ大気に包まれています。 しかし、24億年以上昔、地球上の大気にはほとんど酸素が存在していませんでした。酸素はいつ、どうやって地球の大気中へ拡散していったのでしょう? 10月23日の科学誌『Science』で発表された新しい研究では、シカゴ大学の研究者らによって、地球大気の酸素上昇に海洋鉄が重要な役割を果たしたと明らかにされています。 古い岩石の分析から、地球の大酸化イベントのタイムラインが明らかになりつつあります。   目次 地球の大酸化イベント黄鉄鉱の形成が酸素を開放した宇宙で生命を探す助けになる研究 地球の大酸化イベント Credit:pixabay 酸素は生物の繁栄になくてはならないものです。しかし、太古の地球上には酸素を含んだ大気はありませんでした。それがあるとき急激に酸素濃度を急上昇させるのです。 地質を調査していくと、それは約24億年前に起こっていました。このポイントを地球の大酸化イベントと呼びます。 ただ具体的にいつ、どうやって地球に酸素が溢れ出したのか、正確なところは今なお分かっていません。 そのため、多くの科学者が古代の岩石を丁寧に分析していき、この時代に一体何が起こったのかを分析する研究を続けています。 最近の研究から明らかになっている興味深い点は、大酸化イベントのもっと...more
カテゴリー:

GPSにも影響する「一般相対性理論」の”時空の歪み”。遠方の星でも確認される! - 10月27日(火)19:00 

Credit: NASA/CXC/M. Weiss アインシュタインの一般相対性理論は難しくて、私たちの日常生活とは無関係と考えている人が多いでしょう。 しかし、私たちが毎日スマートフォンを通じて利用するGPS機能は、一般相対性理論の示す重力による時間のズレを考慮しなければ正常に動作しません。 そして8月11日に科学誌『The Astrophysical Journal Letters』に発表された研究では、このGPSでも重要な一般相対性理論の効果を2万9千光年離れた遠い二重連星系からも確認したという報告を行っています。 これまでは遠方の観測ではうまく捉えることのできなかった重力で時空が歪むという効果も、現代の精度の高い観測では確認できてしまうようです。 目次 日常生活にも影響するアインシュタインの「一般相対性理論」中性子星を中心にした二重連星系の不思議なX線遠くの星系から検出された重力赤方偏移あちこちから見つかる重力による時空の歪み 日常生活にも影響するアインシュタインの「一般相対性理論」 アイザック・ニュートンは、地球の引力の存在に気づき、その力を計算する「万有引力の法則」を発見しました。 しかし、質量の大きい物体が生み出す重力という力が一体何なのかは、ニュートンにも、その後の多くの学者たちにもわかりませんでした。 アインシュタインの一般相対性理論は、そんな謎の「重力」を...more
カテゴリー:

月面の水、想定より大量に存在か - 10月27日(火)04:15 

【AFP=時事】月面にはこれまで考えられていたよりはるかに大量の水が存在する可能性があるとした論文2本が26日、英科学誌ネイチャー・アストロノミーに掲載された。将来の...
カテゴリー:

ナスに単為結果性をもたらす仕組みを解明した成果が国際科学誌「米国科学アカデミー紀要」に掲載! - 10月26日(月)14:00 

2020年10月26日 タキイ種苗株式会社 農 研 機 構 単為結果性品種の育成に道 ナスに単為結果性をもたらす仕組みを解明した成果が 国際科学誌「米国科学アカデミー紀要」に掲載! 果菜類の生産安定化と作業労力削減に期待    タキイ種苗株式会社(所在地:京都市、代表取締役社長:瀧井傳一)と農研機構(本部:つくば市、理事長:久間和生)は、受粉しなくても果実が肥大する単為結果という現象がナスで起こる仕組みを解明し、2015年に特許出願し、2017年に登録されました。<関連情報> 特許:第6191996号  この度、その成果が世界的に権威のある科学誌「米国科学アカデミー紀要(2020年6月9日発行)」に掲載されました。 単為結果性のナス品種 「PC筑陽」     単為結果性1)を示すpad-1変異体では、細胞分裂や肥大に関与するオーキシン2)の蓄積を抑える酵素の機能が失われる(つまり、オーキシンが蓄積される)ことにより、果実肥大することが明らかになりました。本成果は、着果促進剤処理が不要で高温などでも安定して果実を生産する単為結果性品種の育成に役立ちます。  ナスやトマトなどのナス科果菜類の栽培では、気温が高くなる夏場や日照不足になりやすい冬場に受粉や果実の肥大が妨げられ、収量が低下します。これを防ぐため、栽培時には着果促進剤が使用されますが、...more
カテゴリー:

“95.5%の太陽光を反射する白いペンキ”が登場! 新たな塗料が夏の暑さを解決するかも - 10月24日(土)17:00 

Credit:Jared Pike / the School of Mechanical Engineering at Purdue University 「白色は日光を反射し、黒色は吸収する」という知恵は、私たちの服装や塗装のカラーに影響を与えてきました。特に白色塗料は温度を低く保つために暑い地域や夏場に利用されます。 10月21日、アメリカ・パデュー大学工学部のシュウリン・ルアン氏ら研究チームは科学誌『Cell Reports Physical Science』に、従来の塗料と比べてさらに温度を低く保てる放射冷却式白色塗料を開発したと発表しました。 彼らによると、新しい白色塗料は95.5%の太陽光反射率を有するとのこと。これにより、塗装された部位を周囲よりも1.7~10℃も低く保つことができるのです。 目次 太陽光反射率95.5%の「放射冷却式白色塗料」新塗料は塗装部を周囲の温度よりも1.7~10℃低下させる 太陽光反射率95.5%の「放射冷却式白色塗料」 郊外に比べて都市部ほど気温が高くなる現象をヒートアイランド現象と呼びます。そしてこの原因の1つは植生域(草地・森林・水田)の縮小と人工被覆域(アスファルト・コンクリート)の拡大にあります。 Credit:気象庁 そのため特に都市部では「温度を上昇させない」または「すばやく冷却できる」取り組みが必要です。 その点、科学者...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「科学誌」の画像

もっと見る

「科学誌」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる