「インターネット」とは?

関連ニュース

マスク「20箱買えば1箱タダ」 インドネシアで詐欺 - 02月21日(金)09:34 

 インドネシアの警察は、新型肺炎で需要が高まっているマスクの架空販売で現金をだまし取ったとして、25歳の女を詐欺容疑で逮捕した。同国での感染者はゼロだが、マスクはインターネットなどで定価の10倍前後で…
カテゴリー:

ネクスグループ---通信機器分野で培った技術力で先端分野へ事業展開 - 最新株式ニュース - 02月21日(金)08:52 

<6634>  ネクスグループ  189  0ネクスグループ<6634>は、ファブレス型の通信機器メーカーである(株)ネクス、インターネットで旅行代理店事業を展開するイー・旅ネット・ドット・コム(株)、介護事業に関連する業務や情報を一元管理するシステム CareOnlineを運営・展開する(株)ケア・ダイナミクス、エスニックファッションや雑貨の輸入販売を手掛ける(株)チチカカなどを擁するホールディ
カテゴリー:

楽天、国との対立深まる…送料無料化強行、ヤフーに身売りの“ZOZOの二の舞”懸念も - 02月21日(金)06:30 

作業服大手のワークマンが、楽天が運営するインターネット通販サイト「楽天市場」から2月28日に撤退することを決め、3月16日に自前の通販サイトをリニューアルオープンする。楽天経由の販売は、ワークマンのネット通販の2割を占めてきたという。今後は、店舗にある在庫をネットで注文して店舗で...
カテゴリー:

「NHKプラス」を一足先に体験 同時配信、見逃し番組配信に追いかけ再生も 3月から試験運用 - 02月21日(金)06:15 

 NHKは4月1日から、テレビ番組の新しいインターネット配信サービス「NHKプラス」をスタートさせる。地上波の総合とEテレの2チャンネルの番組を、パソコンやスマートフォン、タブレット端末で放送と同時に視聴できるほか、放送後7日間は見逃してしまった番組を楽しめる。日本のテレビ界ではこれまでなかった本格
カテゴリー:

『あつまれ どうぶつの森』無料アップデートで季節限定イベントを実施! 気になる疑問に答えるFAQを「あつまれ どうぶつの森 Direct」で公開 - 02月21日(金)00:30 

インターネット通信の「おでかけ」についてや、amiiboへの対応についても回答。
カテゴリー:

米モルガン・スタンレー、ネット証券イー・トレードを買収 1.4兆円、金融危機後最大 - 02月21日(金)09:08 

 米金融大手モルガン・スタンレーは20日、米インターネット証券大手イー・トレード・ファイナンシャルを約130億ドル(約1兆4500億円)で買収すると発表した。米メディアによると、2008年の金融危機後、米金融大手による企業買収で最大規模。20年10~12月期に手続きを完了させる見通し。
カテゴリー:

Facebookと欧州委員会、インターネット規制に対する意見で対立 - 02月21日(金)07:12 

 欧州連合(EU)の欧州委員会担当者らは2月17日、ドイツを訪問した米ソーシャルメディア大手Facebookの創業者でCEOのマーク・ザッカーバーグ氏と会談した。  EUは、インターネット上に流れるフェイクニュースやテロ
カテゴリー:

働き方改革、うまくいっている企業といっていない企業の違いとは? - 02月21日(金)06:30 

ワーク・ライフバランスは2月19日、「働き方改革に関するアンケート」調査の結果を発表した。調査は2019年11月28日~29日、20歳~70歳の男女330名を対象にインターネットで行われた。
カテゴリー:

【フィギュア】<羽生結弦>早稲田大学8年生に!卒業はどうなるのか?教育関係者「手越さんは中退しています」★2 - 02月21日(金)03:20  mnewsplus

《四大陸フィギュアスケート選手権に、本学の羽生結弦選手(人間科学部通信教育課程、ANA所属)が出場し、同大会で自身初の金メダルを獲得しました》 2月14日、ホームページで羽生結弦選手(25才)の栄光を祝福したのは、彼が在籍する早稲田大学だ。羽生選手はソチ五輪の前年である2013年に早大に入学。 「高校卒業後は企業に所属して競技を続けることもできましたが、アスリートこそ自分の頭で考える力が必要だと考え、進学を決意しました。 もともと中高時代の成績が抜群だった羽生選手は、スポーツ推薦を選ばず、一般入試で入っ...
»続きを読む
カテゴリー:

VCTRADEとGMOコインはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較! - 02月21日(金)00:18 

日本国内の仮想通貨取引所が増加する中、ここ最近は金融機関のノウハウを持った企業が仮想通貨業界に参入するケースが増えてきました。VCTRADEとGMOコインはどちらも、グループ会社が金融サービスの提供実績がある大手企業が運営している仮想通貨取引所です。 仮想通貨取引所を選ぶ上で、その企業のバックボーンやブランド力、セキュリティなどの信頼性は重要なポイントになります。加えて、機能や手数料、取扱通貨など様々な部分を比較することでどちらが利用しやすいのか、あるいは自分に合っているのかが分かってきます。ここでは、VCTRADEとGMOコインを客観的に比較しながら分かりやすく解説していきます。 目次 SBIグループが運営する「VCTRADE」とは? 1-1. XRPを活用したエコシステム構築に意欲的な仮想通貨取引所 1-2. 販売所の注文に「成行」と「価格指定」の2種類がある 1-3. SBI VCトレード独自のハードウェアウォレット GMOインターネットグループの「GMOコイン」とは? 2-1. 「両建て」で損失を最小限に抑えられる 2-2.高機能な取引専用ツール 2-3. 仮想通貨FXに特化したスマホアプリ「ビットレ君」 VCTRADEとGMOコインの取扱通貨・手数料を徹底比較! 3-1. 取扱仮想通貨の比較 3-2. 各種手数料の比較 3-3. セキュリティ対策 まとめ ①SBIグル...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「インターネット」の画像

もっと見る

「インターネット」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる