「死亡リスク」とは?

関連ニュース

ワクチン接種後のCOVID-19感染で入院や死亡リスク.. - 10月14日(木)09:30 

ワクチン接種後のCOVID-19感染で入院や死亡リスクが高いのはどんな人?
カテゴリー:

【話題】コロナで糖尿病を発症、米で年10万人、膵臓に深刻な被害の恐れも・・糖尿病とウイルス感染の関係、長年の謎の解明につながるか - 10月13日(水)18:18  newsplus

米スタンフォード大学の微生物学者であるピーター・ジャクソン教授のところには、新型コロナウイルス感染症から回復した後、 別の問題に悩み始めた人たちから毎日のようにメールが寄せられている。 つい先日来たメールでは、2人の子どもを持つ30代の母親が、今では日々、糖尿病の薬を何種類も服用していると訴えていた。 新型コロナウイルスに感染する前には、糖尿病のリスクはなかったにもかかわらずだ。 パンデミック(世界的大流行)の当初から、糖尿病(インスリンの分泌や作用が十分でないために、 血糖値の上昇を適切に抑え...
»続きを読む
カテゴリー:

【ここまで進んだ最新治療】「7~8割の患者さんに使用できる」 慢性腎臓病に適応拡大 「フォシーガ」で死亡リスク39%低下 - 10月12日(火)11:00 

 慢性腎臓病(CKD)は、放置すると徐々に腎機能が低下し、腎不全に至ると透析治療や腎移植が必要になる病気。また、心筋梗塞や脳卒中の発症リスクが高まる。
カテゴリー:

「 #コロナワクチン 3回目よりインフルワクチンが.. - 10月08日(金)08:09 

「 #コロナワクチン 3回目よりインフルワクチンが効く」は本当なのか 「マイアミ大の論文ではインフルエンザワクチン接種後に新型コロナの重症化率が下がる事はわかっていますが、新型コロナの死亡リスクは下がっておらず #インフルエンザワクチン に過剰な期待はできません」
カテゴリー:

【医薬】コロナ飲み薬、年内に供給開始目標 米メルク日本法人 - 10月07日(木)13:02  bizplus

(画像が表示されない場合は元ソースからご覧ください) https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXZQO1127923007102021000000-1.jpg?w=484&h=335&auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&q=45&fit=crop&bg=FFFFFF&ixlib=js-1.4.1&s=8d2bbbdc4390b1d0ea424451eaabc05e 米メルクが開発中の新型コロナウイルス用の飲み薬=ロイター(米メルク提供) 米製薬大手メルクの日本法人MSDは7日、開発中の新型コロナウイルスの飲み薬について、2021年中に国内への供給開始を...
»続きを読む
カテゴリー:

お前らピーナッツ食えピーナッツ。脳梗塞の発症リスクが下がるぞ - 10月13日(水)20:57  poverty

「ピーナッツ習慣で脳梗塞リスク2割減」国立がん研究センターが報告 2021年10月13日 6時0分 女性自身 おやつ、おつまみの定番としておなじみのピーナッツ。食べるときは薄皮はむかないで! そこに、女性にとってうれしいアンチエイジングの効果がたくさんあるのですーー。 《ピーナッツを食べると、脳梗塞の発症リスクが20%下がった》 先月、国立がん研究センターなどの研究チームが、45~74歳の約7万5,000人を約17年間にわたって追跡した調査の結果を発表した。それによると、ピーナッツを毎日4.3グラム食べていた人は、...
»続きを読む
カテゴリー:

新型コロナの飲み薬「モルヌピラビル」が作用する仕組みとは? - 10月12日(火)12:41 

2021年10月1日、製薬会社のメルクが経口治療薬「モルヌピラビル」の第3相臨床試験で、新型コロナウイルス感染症の入院リスクと死亡リスクを約50%減らすことができたという研究結果を発表しました。このモルヌピラビルがなぜ新型コロナウイルス感染症に効果があるのかを、科学ジャーナルのNatureが解説しています。
カテゴリー:

[注目記事]【米メルク】入院・死亡リスク約50%.. - 10月08日(金)16:47 

[注目記事]【米メルク】入院・死亡リスク約50%減少‐コロナ薬を緊急許可申請へ|薬事日報ウェブサイト
カテゴリー:

政府、米メルク開発中のCOVID-19飲み薬を年内調達方針 - 10月07日(木)14:29 

政府は米製薬大手メルクの製造するCOVID-19経口薬「モルヌピラビル」を年内にも特例承認し、供給開始を目指す方向であることが分かった。メルクの日本法人である「MSD」のカイル・タトル社長らによるインタビューで分かったという。このモルヌピラビルは、軽症患者向けのもので、最終段階の治験で患者の入院や死亡リスクを半減させる効果があるとしている。この薬の共同治験には日本も参加している。1日2回、5日間服用することにより体内でウイルスの増殖を抑え、入院や死亡リスクを半減させる効果があるそうだ。同社では年内に世界で1000万人分供給が可能になるとしている(読売新聞、NHK)。 すべて読む | 医療 | 関連ストーリー: シオノギがCOVID-19経口治療薬の臨床試験を開始 2021年07月28日 厚生労働省、中外製薬の抗体カクテル療法の治療薬を特例承認 2021年07月20日 ファイザー、錠剤タイプの新型コロナ治療薬を開発。初期の治験を開始 2021年03月25日 厚生労働省、承認済みCOVID-19治療薬リストにデキサメタゾンを追加 2020年07月24日
カテゴリー:

スウェーデン「副反応でカタワが続出してる」、若者のワクチン接種を緊急停止、モデルナの株価は大暴落 - 10月07日(木)10:41  news

スウェーデン保健当局は6日、1991年以降に生まれた人に対する米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン接種を停止すると発表した。ワクチンを接種した若年層の間で、心筋炎や心膜炎などのまれな副反応の症例が増加している可能性を示すデータを受けた措置。 当局はリスクが極めて低いとしつつも、「とりわけモデルナ製ワクチン2回目接種後の相関関係は明白」とし、今後は米ファイザー・独ビオンテック製ワクチンの接種を推奨するとした。 デンマークも、年齢18歳以下に対するモデルナ製ワクチン接種の停止を発表した。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる