「治療法」とは?

関連ニュース

精神疾患の「電気刺激による治療」の可能性と、その先に見えてきた“脳拡張“の光と闇 - 08月22日(木)20:30 

脳の機能障害の新たな治療法として、電気刺激を用いた手法の研究が進められている。すでに米政府主導のプロジェクトによって脳を電気的に刺激する技術が進展しつつあるほか、脳細胞の相互作用における「電気的なコード」が解明されつつある。その進化の先に脳拡張の可能性までも見えてきたなか、わたしたちはこれからも主体性をもった人間でいられるのだろうか──。精神疾患の新しい治療法の開発に取り組む米研究者による考察。
カテゴリー:

【健康】皮膚の小麦アレルギー、なりやすさの遺伝子発見 「茶のしずく」事件に関連して研究 - 08月22日(木)10:16  newsplus

https://www.asahi.com/articles/ASM7N3R91M7NOIPE00B.html 皮膚の小麦アレルギー、なりやすさの遺伝子発見 木村俊介 2019年8月22日10時4分  福岡県の化粧品会社が販売した「茶のしずく石鹼(せっけん)」の旧商品で起きた小麦アレルギー問題に関連し、皮膚を通じて作用する小麦アレルギーのなりやすさに関わる遺伝子を見つけたと、藤田医大や筑波大などのチームが発表した。このアレルギーが発症する仕組みの解明や、治療法の開発を進めたいとしている。  この商品を巡っては、2011年に使用者にアレルギーの症状が...
»続きを読む
カテゴリー:

エヌトレクチニブ、NTRK固形がんとROS1肺がんでFDA承認 - 08月21日(水)04:00 

 2019年8月15日、米国食品医薬品局(FDA)は、NTRK融合遺伝子陽性でほかの治療法がない固形がんに対して、ROS1/TRK阻害薬エヌトレクチニブを迅速承認した。同時に、転移のあるROS1陽性非小細胞肺がん(NSCLC)に対…
カテゴリー:

【医学】抗がん剤と糖尿病治療薬を組み合わせて乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功-バーゼル大学 - 08月19日(月)22:40  newsplus

<スイスのバーゼル大学の研究チームは、抗がん剤と糖尿病治療薬を組み合わせることで、乳がん細胞を脂肪に変えることに成功した......> 国際がん研究機関(IARC)の推計によると、乳がんは、肺がんに次いで罹患数が多く、2018年に乳がんと診断された患者の数は、世界でおよそ210万人にのぼる。 スイスのバーゼル大学の研究チームは、上皮間葉転換(EMT)や間葉上皮転換(MET)といったがん細胞が体中に広がるときのメカニズムを活用し、米食品医薬品局(FDA)の承認薬によって乳がん細胞を脂肪に変えることに成功した。 一連の研究...
»続きを読む
カテゴリー:

新たに開発されたエボラ熱の新薬、高い効果が確認される - 08月19日(月)13:03 

Anonymous Coward曰く、 アフリカ大陸などでたびたび流行しているエボラ熱だが、現時点で有効な治療法は確立されておらず、致死率は50~90%と高い。しかし、現在エボラ熱に対し高い効果を持つ可能性のある薬が開発されているという(GIGAZINE、BBC、ハザードラボ)。 新たに開発されたのは、米Regeneronによる「REGN-EB3」と、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)による「mAb114」というもの。 681人の患者を対象とした実験データによると、従来の治療薬である「Zmapp」や「remdesivir」が投与された患者の死亡率はそれぞれ49%、53%だったが、REGN-EB3やmAb114が投与された患者の死亡率はそれぞれ29%、34%だったという。 また、、血中ウイルス濃度が低い段階の患者においては、REGN-EB3では死亡率が6%、mAb114では11%と、より高い効果が確認できたという。 すべて読む | サイエンスセクション | サイエンス | 医療 | 関連ストーリー: 流行中のエボラウイルス種が西アフリカのコウモリから発見される 2019年01月30日 「反ワクチン運動」が世界の健康に対する脅威ワースト10入り 2019年01月21日 ...more
カテゴリー:

国際学会「Molecular Med Tri-Con 2020-分子医学学会:2020年」(Cambridge Healthtech Institute主催)の参加お申込み受付開始 - 08月22日(木)11:00 

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2020年3月1-4日 米国 カリフォルニア州 サンフランシスコにて開催されますCambridge Healthtech Institute主催 国際学会 「Molecular Med Tri-Con 2020-分子医学学会:2020年」の代理店として参加のお申込み受付を8月22日より開始致しました。進化する精密医療:新たな治療法、診断法、技術的なアプローチ今度で27年目を迎えるInternational Molecular Medicine Tri-Conferenceは、個別化医療の分野で最大級の規模を有する総合イベントの1つであり、製薬会社やバイオテクノロジー企業、研究機関で創薬や開発、診断法、インフォマティクス、デジタルヘルスに関する革新的な研究に携わっているオピニオンリーダーなど3,100人以上の参加者が集まります。会期中は、新たな知識を吸収することができる総合的なプログラムが展開され、さまざまな機会を捉えて有益な人脈を構築することができるほか、大規模な展示会も予定されており、精密医療の進化に貢献する治療法や診断法、技術的なアプローチに関連する新たな動きや進歩について各分野の専門家から直接話を聞くことができます。27回目となる2020年のTri-Confere...more
カテゴリー:

「回避性人格障害」の特徴が当てはまりすぎて辛い。俺みたいな繊細な人間にはこの社会は生きづら過ぎ - 08月21日(水)20:06  poverty

回避性パーソナリティ障害とは?「傷つかないよう避けてしまう」症状や治療法、克服するための方法を解説 回避性パーソナリティ障害とは、日本人に多いパーソナリティ障害の一種で、人より不安を感じやすく、 傷つくことや失敗することを極度に恐れるようになってしまう精神障害のことです。 回避性パーソナリティ障害はC群に該当し、不安が強いことや、傷つきと失敗を恐れるあまり、人と接触したり、 課題にチャレンジしたりすること自体を避けてしまうことを特徴としています。 回避性パーソナリティ障害がある人の割合は、一...
»続きを読む
カテゴリー:

【進化する糖尿病治療法目/坂本昌也】ただ血糖値.. - 08月20日(火)07:55 

【進化する糖尿病治療法目/坂本昌也】ただ血糖値を下げるだけでは患者の予後は良くならない
カテゴリー:

「細胞治療技術の世界市場:製品別(消耗品、機器、システム、ソフトウェア)、プロセス別(細胞処理、細胞予防、流通、および取り扱い)、細胞種類別、エンドユーザー別、地域別予測」市場調査レポートを販売開始 - 08月19日(月)15:00 

2019年8月19日H&Iグローバルリサーチ株式会社***** マーケットレポート.jp「細胞治療技術の世界市場:製品別(消耗品、機器、システム、ソフトウェア)、プロセス別(細胞処理、細胞予防、流通、および取り扱い)、細胞種類別(ヒト細胞、動物細胞)、エンドユーザー別(ライフサイエンス研究会社、研究所)、地域別予測」市場調査レポートを販売開始 *****H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、Bizwit Research & Consultingが出版した「細胞治療技術の世界市場:製品別(消耗品、機器、システム、ソフトウェア)、プロセス別(細胞処理、細胞予防、流通、および取り扱い)、細胞種類別(ヒト細胞、動物細胞)、エンドユーザー別(ライフサイエンス研究会社、研究所)、地域別予測」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数:15万点以上、日本最大級)で開始しました。細胞治療技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。***** 調査レポートの概要 *****◆日本語タイトル:細胞治療技術の世界市場:製品別(消耗品、機器、システム、ソフトウェア)、プロセス別(細胞処理、細胞予防、流通、および取り扱い)、細胞種類別(ヒト細胞、動物細胞)、エンドユーザー別(ライフサイエンス研究会社、研究所)、地域...more
カテゴリー:

「がん・腫瘍プロファイリングの世界市場:技術別(免疫アッセイ、ハイブリダイゼーション、次世代シーケンシング、質量分析、その他のテクノロジー)、がん種類別、用途別、地域別予測」市場調査レポートを販売開始 - 08月19日(月)10:00 

2019年8月19日H&Iグローバルリサーチ株式会社***** マーケットレポート.jp「がん・腫瘍プロファイリングの世界市場:技術別(免疫アッセイ、ハイブリダイゼーション、次世代シーケンシング、質量分析、その他のテクノロジー)、がん種類別(乳がん、肺がん、前立腺がん、結腸直腸がん、黒色腫がんおよびその他のがん)、用途別(臨床アプリケーション、研究アプリケーション)、地域別予測」市場調査レポートを販売開始 *****H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、Bizwit Research & Consultingが出版した「がん・腫瘍プロファイリングの世界市場:技術別(免疫アッセイ、ハイブリダイゼーション、次世代シーケンシング、質量分析、その他のテクノロジー)、がん種類別(乳がん、肺がん、前立腺がん、結腸直腸がん、黒色腫がんおよびその他のがん)、用途別(臨床アプリケーション、研究アプリケーション)、地域別予測」市場調査レポートの販売をMarketReport.jpサイト(取扱レポート数:15万点以上、日本最大級)で開始しました。がん・腫瘍プロファイリングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。***** 調査レポートの概要 *****◆日本語タイトル:がん・腫瘍プロファイリングの世界市場:技術別(免疫アッセイ、ハイブリダイゼーシ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「治療法」の画像

もっと見る

「治療法」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる