「研究グループ」とは?

関連ニュース

発達障害早期発見に母子手帳活用有効 - 12月02日(水)09:05 

「子どもの発達障害の早期発見には、母子手帳の活用が有効」とする研究を、弘前大学などの研究グループが1日までにまとめた。生後36カ月までの運動、コミュニケーションの様子など、母子手帳に記載されている質問項目をもとに発達の度合いを確認することで、発達障害を早期に見つけられ、支援に結びつけられる可能性があるとしている。研究は30日、米国の専門誌「Autism Research(オーティズム・リサーチ)」に掲載された。研究は、同大子どものこころの発達研究センターや同大心理支援科学科、カリフォルニア大学…
カテゴリー:

【悲報】コロナ感染者の25%が後遺症でハゲる しかもその内の64%はハゲたまま元に戻らず - 12月02日(水)05:59  news

新型コロナウイルスから回復した人について、国立国際医療研究センターが追跡調査したところ、退院後に髪の毛が抜ける脱毛症になった人や、4か月たっても、息切れや匂いが感じられない嗅覚の異常などがあった人がいたことが分かりました。研究グループは調査を続け、後遺症が出るリスクの要因を明らかにしたいとしています。 国立国際医療研究センターは、新型コロナウイルスで入院し、ことし2月から6月までに退院した人に、その後、聞き取りを行い後遺症の有無を調べました。 それによりますと、聞き取りができたのは63人で、平均...
»続きを読む
カテゴリー:

新型コロナ感染防ぐ「抗体」 回復の半年後も体内に残る - 12月02日(水)04:59 

新型コロナウイルスへの感染を防ぐ「抗体」について新たな調査結果がまとまりました。1度感染してその後回復した人のほとんどは、感染を防ぐ抗体が半年後も体内に残っていることが横浜市立大学などの大規模調査で分かりました。研究グループは少なくとも半年間は再感染のリスクが低下するほか、開発中のワクチンにも期待が持てる結果が出たとしています。
カテゴリー:

【落語家】三遊亭円楽、昨年に肺がん再発していた 過去の大腸がんも明かす - 11月30日(月)16:19  mnewsplus

11/30(月) 16:17配信 オリコン 三遊亭円楽 (C)ORICON NewS inc.  落語家の三遊亭円楽(70)が30日、都内でアストラゼネカ主催のメデイアセミナー『緊急提言 新型コロナウイルス感染症流行下におけるがん検診の重要性~つづけよう、がん検診~』にゲストとして参加した。  コロナ禍の中、新規がん検診の減少や早期治療開始の遅れがもたらされているという。この状況下でも、がん検診や定期検診を受けるよう促すためのイベント。2018年9月に初期の肺がんであることを発表し、10月5日に手術、11日に退院していた。  この日は...
»続きを読む
カテゴリー:

【速報】 10兆℃の高温状態を作ると別世界へ行けるワームホールが開くことが判明 現在4兆℃を達成 - 11月29日(日)00:06  poverty

Supermassive Black Holes Might Really Be 'Traversable' Wormholes, Astrophysicists Suggest ブラックホールは本当に「移動可能な」ワームホールである可能性がある、と天体物理学者は示唆している Capturing this signature would not only provide evidence for the existence of wormholes, it would open up an entirely new avenue of potential spaceflight—and even time travel. If two gulps of matter from either end of the mouths were to collide inside the wormhole “throat,” it would release a truly...
»続きを読む
カテゴリー:

コロナ 抗体半年後も残る 症状が重かった人ほど強い抗体に - 12月02日(水)08:16  news

新型コロナウイルスへの感染を防ぐ「抗体」について新たな調査結果がまとまりました。1度感染してその後 回復した人のほとんどは、感染を防ぐ抗体が半年後も体内に残っていることが横浜市立大学などの大規模調査で 分かりました。研究グループは少なくとも半年間は再感染のリスクが低下するほか、開発中のワクチンにも 期待が持てる結果が出たとしています。 「抗体」はウイルスに感染した人の体内にできるたんぱく質で、このうち「中和抗体」と呼ばれるものは、 ウイルスの働きを抑え感染を防ぐ力があるとされています。 横浜...
»続きを読む
カテゴリー:

【新型コロナ】感染防ぐ「抗体」 回復の半年後も体内に残る - 12月02日(水)05:55  newsplus

新型コロナウイルスへの感染を防ぐ「抗体」について新たな調査結果がまとまりました。1度感染してその後回復した人のほとんどは、感染を防ぐ抗体が半年後も体内に残っていることが横浜市立大学などの大規模調査で分かりました。研究グループは少なくとも半年間は再感染のリスクが低下するほか、開発中のワクチンにも期待が持てる結果が出たとしています。 「抗体」はウイルスに感染した人の体内にできるたんぱく質で、このうち「中和抗体」と呼ばれるものは、ウイルスの働きを抑え感染を防ぐ力があるとされています。 横浜市立大学な...
»続きを読む
カテゴリー:

コロナによる脱毛症はストレスが原因か おおむね2か月半で治ると判明 髪はまた生えてくる - 12月01日(火)23:19  news

新型コロナウイルスから回復した人について、国立国際医療研究センターが追跡調査したところ、退院後に髪の毛が抜ける脱毛症になった人や、4か月たっても、息切れや匂いが感じられない嗅覚の異常などがあった人がいたことが分かりました。研究グループは調査を続け、後遺症が出るリスクの要因を明らかにしたいとしています。 国立国際医療研究センターは、新型コロナウイルスで入院し、ことし2月から6月までに退院した人に、その後、聞き取りを行い後遺症の有無を調べました。 それによりますと、聞き取りができたのは63人で、平均...
»続きを読む
カテゴリー:

新コロ重症化の原因、ネアンデルタール人少女の想像図がこれ こんなの許せる?(怒) - 11月29日(日)07:29  poverty

日本を含む東アジアでなぜ、新型コロナウイルスの死者数が少ないのか。 この「ファクターX」をめぐる謎に有力な仮説が浮かんだ。 私たちの祖先が約6万年前、当時共生していたネアンデルタール人との交雑で受け取った遺伝子が、重症化のリスク要因だというのだ。 9月末にこの論文を英科学誌ネイチャーに発表したのは、独マックス・プランク進化人類学研究所のスバンテ・ペーボ進化遺伝学部門長らの研究グループだ。 沖縄科学技術大学院大学教授も兼任するペーボ氏は、アエラの取材にこうコメントした。 「約4万年前に消滅した人...
»続きを読む
カテゴリー:

【速報】 10兆℃の高温状態を作ると別世界へ行けるワームホールが開くことが判明 現在4兆℃を達成 - 11月29日(日)00:05  news

Supermassive Black Holes Might Really Be 'Traversable' Wormholes, Astrophysicists Suggest ブラックホールは本当に「移動可能な」ワームホールである可能性がある、と天体物理学者は示唆している Capturing this signature would not only provide evidence for the existence of wormholes, it would open up an entirely new avenue of potential spaceflight—and even time travel. If two gulps of matter from either end of the mouths were to collide inside the wormhole “throat,” it would release a truly...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「研究グループ」の画像

もっと見る

「研究グループ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる