「研究グループ」とは?

関連ニュース

顔を見て相手を識別する魚も上下逆さでは人間同様に戸惑う「顔認識の倒立効果」は魚類にもあった - 01月15日(火)18:13 

顔の模様で個体識別するとされるアフリカの淡水魚が、上下を逆さまにした仲間の顔の画像を見せられると識別能力が低下した、と大阪市立大学の研究グループがこのほど米国の動物認知専門誌に発表した。魚類も特定の種は、人間やチンパンジーなどと同様に顔を素早く認識する「顔神経」を使い、顔の模様で相手を認識している可能性があるという。
カテゴリー:

同志社大学がZOZO研究所と共同研究を開始〜データドリブンなスタイルの発見を目指す〜 - 01月15日(火)13:00 

2019年1月15日 学校法人同志社 同志社大学 同志社大学がZOZO研究所と共同研究を開始〜データドリブンなスタイルの発見を目指す〜 このたび、同志社大学理工学部インテリジェント情報工学科 桂井麻里衣助教の研究グループは、ZOZOグループの、ファッションを数値化し科学的に証明するプロジェクトチーム「ZOZO研究所(ZOZO RESEARCH)」とファッションアイテム・コーディネートレコメンド手法の共同研究を2019年1月15日(火)より開始することに合意しました。 桂井研究室では、ビッグデータを活用したデータマイニング、ソーシャルネットワーク解析、マルチメディア処理などをテーマに、様々な情報技術を研究しています。スマートフォンやソーシャルメディアの普及に伴い、画像・テキスト・楽曲といった異なる形態で構成されるデータが爆発的に増加している中、データの内容をコンピュータが自動で理解するために、様々な形態の特徴(画像特徴やテキスト特徴など)を有効利用する方法について研究しています。また、大規模マルチメディアデータからユーザの意見を抽出し、マーケティングや情報収集支援に利活用することを目的として、画像の表す感情やデータの人気度予測に関する研究にも取り組んでいます。 ZOZO研究所は、ZOZOグループの運営するファッションコーディネートアプリ「WEAR」のコーディネート画像やそれに紐づくフ...more
カテゴリー:

英国人エリート「EU離脱を望んだ人はバカか差別主義者です。軽蔑します」 - 01月15日(火)09:33  poverty

欧州ニュースアラカルト 英国人科学者が祖国を脱出した理由 スマートさんは米ヒューレット・パッカード社などを経て英西部のブリストル大学で暗号研究グループを発足させ、17年在籍した。 この間、国際暗号学会を代表するにふさわしい業績を上げたとして学会からフェローの称号を授与されている。 ベルギーの名門ルーベン・カトリック大学に教授として転籍したのは、国民投票から1年半がたった昨年1月。直接の理由は英国の大学で人材を集めるのが難しかったことだったという。 <「私が研究しているのは世界的に人材が足りず、...
»続きを読む
カテゴリー:

北海道大、京大、東大、忘れた記憶を思い出す実験に成功 - 01月14日(月)12:10  news

北海道大学、京都大学、東京大学の研究グループは、マウスとヒトを対象に脳内のヒスタミン神経を活性化する 薬が記憶に与える影響を解析。その結果、記憶テスト前にヒスタミン神経を活性化すると、 忘れてしまった記憶でも思い出せることが明らかになった。 https://univ-journal.jp/24374/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

【生命科学】細胞が反復遺伝子のコピー数を数え、一定に保つ仕組みを解明 東京大学 - 01月12日(土)22:47  newsplus

 東京大学の研究グループは、細胞が遺伝子のコピー数を数え安定数を維持する仕組みを持っていることを初めて明らかにした。  生物は、さまざまなタンパク質を合成することで細胞の機能を維持している。そのため、タンパク質合成を担うリボゾームを大量に安定供給しなければならない。  リボゾームはタンパク質とリボゾームRNAから構成され、多量のリボゾームRNAの供給には、それをコードするリボゾームRNA遺伝子が同じ遺伝子の反復(リピート)遺伝子として安定に保持される必要がある。 しかし、リピート遺伝子は減少しやすい性...
»続きを読む
カテゴリー:

【医療】他人のうんちを大腸に入れる治療法でうつ病やアトピーが治るらしい - 01月15日(火)17:42  poverty

他人のうんちを大腸に入れて病気を治す。びっくりするような治療法が既に動きだしている。 心身の健康に深く関与することが解明されつつある腸内フローラ(腸内細菌叢(そう))。善玉菌優勢のバランスの良い状態ならば健康維持に寄与する半面、それが崩れると病気や不調を招く。  細菌叢を形成する多様な腸内細菌は、うんちにも混じり、水分を除けば3分の1を占めるという。 健常な人のうんちから取り出した腸内細菌を患者の大腸に注入し、細菌叢のバランスを取り戻そうというのが腸内フローラ移植(糞(ふん)便微生物移植=便...
»続きを読む
カテゴリー:

名古屋大、植物受精卵の分裂で液胞の働き確認 - 01月15日(火)11:37 

 名古屋大トランスフォーマティブ生命分子研究所の植田美那子特任講師(植物発生学)らの研究グループは、植物の受精卵が細胞分裂を始める際、細胞内の小器官「液胞」が重要な働きをしていることを発見した。これまで分裂時の液胞の動きは分かっておらず、植物の成長の基本原理を解明する糸口になると期待される。15日、
カテゴリー:

排泄物の科学的研究を示すラテン語表現「in fimo」が提案される - 01月14日(月)15:31 

ノースカロライナ大学チャペルヒル校とノートルダム大学の研究チームが「排泄物(うんこ)の科学的研究」を示すラテン語表現として「in fimo」を提案している(プレスリリース、 The Vergeの記事、 Science Newsの記事、 論文)。 この分野を専門とする論文の第1著者は、自分の研究分野を説明するのにさまざまな表現を使い分ける必要があり、一言で言い表せる表現が必要だと考えたそうだ。学術的な用語では数多くのラテン語が使われていることから、今回の用語を考案するにあたってもラテン語で肥料を示す言葉を検討したという。 その結果、候補に挙がったのは「laetamen」「merda」「stercus」「fimus」の4語。laetamenはラテン語で肥沃、豊か、幸せといった意味を持つ「laetus」から派生した語で、研究グループではこれを選びたかったが、動物の排泄物に限定される語だったので却下。merdaは臭いに結び付けられる単語から派生した可能性があり、stercusはスカトロジーと同じ単語から派生したとみられ、いずれも却下される。 最後に残ったfimusは肥料という意味に限定して使われており、ローマ時代の著名な作家も使用していることから、「in fimo」として提案することが決定したとのこと。「in vitro (試験管内での研究)」や「in vivo (生体内...more
カテゴリー:

【宇宙】探査機「あかつき」、金星の雲に「巨大筋状構造」発見 原因も解明 - 01月13日(日)16:19  newsplus

 神戸大学大学院理学研究科の樫村博基助教らの研究グループは10日、金星探査機「あかつき」による赤外線観測データから、金星を覆う雲(下層部分)に巨大な筋状構造を発見したことを発表した。また、海洋研究開発機構 (JAMSTEC) の横浜研究所に設置されているスーパーコンピュータ「地球シミュレータ」を利用した大規模な数値シミュレーションにより、この筋状構造のメカニズムを解き明かしたことも発表した。 金星は、高度45~70キロメートルの分厚い硫酸の雲で覆われており、風速は場所によって変化するが、高度の高い雲では毎秒100メ...
»続きを読む
カテゴリー:

探査機「あかつき」、金星の雲に「巨大筋状構造」発見 原因も解明 神戸大など - 01月12日(土)21:58 

神戸大学大学院理学研究科の樫村博基助教らの研究グループは10日、金星探査機「あかつき」による赤外線観測データから、金星を覆う雲(下層部分)に巨大な筋状構造を発見したことを発表した。
カテゴリー:

もっと見る

「研究グループ」の画像

もっと見る

「研究グループ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる