「研究グループ」とは?

関連ニュース

【歴史】島根県で採取された岩石が25億年前のものと判明。日本最古 - 03月25日(月)15:41  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190325/k10011859961000.html 広島大学の研究グループは、島根県津和野町で採取した岩石を分析した結果、 およそ25億年前にマグマが固まってできたもので、国内で年代が確認されているものの中で 最も古い岩石だと発表しました。日本列島の成り立ちを考えるうえで貴重な資料として注目されています。 各地の地層を調べている広島大学大学院理学研究科の早坂康隆准教授らの研究グループは、 おととし、島根県津和野町の2つの地区でむき出しになっていた岩から岩石を採取し成分を分析しました...
»続きを読む
カテゴリー:

【医療】重い歯周病だと歯かみしめる傾向 岡山大病院の加藤医員ら調査 - 03月25日(月)11:45  newsplus

重い歯周病の人は、無意識に歯をかみしめる傾向があることが、岡山大病院の加藤聖也医員(咬合(こうごう)・義歯補綴(ほてつ)科)らの研究グループによる調査で分かった。歯や歯周に加わる負荷が歯周病を悪化させている可能性があり、新たなアプローチによる検査や治療法の開発が期待される。  グループは、同大病院の予防歯科を受診している65歳前後の男女31人を対象に2014~15年、歯の食いしばりや歯ぎしりについて調査。携帯型の記録計を24時間装着してもらい、かみしめた時に頬の筋肉から出る微弱な電気の強さを解...
»続きを読む
カテゴリー:

【研究】慶応大、「神」が生まれた理由を解明★2 - 03月24日(日)00:13  newsplus

 慶應義塾大学環境情報学部のパトリック・サベジ特任准教授、オックスフォード大学のハーヴェイ・ホワイトハウス教授、ピーター・フランソワ教授、コネチカット大学のピーター・トゥルチン教授らの国際共同研究グループは、「セシャット(Seshat)」と呼ばれる人類進化史に関する大規模データベースの構築とそのビッグデータ解析を行い、社会の複雑性の進化が原因となって、世界中の宗教や「神」の信仰が生み出された可能性を明らかにしました。本研究の成果は、英国の科学雑誌『Nature』誌に3 月 20 日(現地時間)に掲載されました。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【研究】慶応大、「神」が生まれた理由を解明 - 03月23日(土)19:50  newsplus

 慶應義塾大学環境情報学部のパトリック・サベジ特任准教授、オックスフォード大学のハーヴェイ・ホワイトハウス教授、ピーター・フランソワ教授、コネチカット大学のピーター・トゥルチン教授らの国際共同研究グループは、「セシャット(Seshat)」と呼ばれる人類進化史に関する大規模データベースの構築とそのビッグデータ解析を行い、社会の複雑性の進化が原因となって、世界中の宗教や「神」の信仰が生み出された可能性を明らかにしました。本研究の成果は、英国の科学雑誌『Nature』誌に3 月 20 日(現地時間)に掲載されました。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

世界初 日清と東大、肉本来の食感を持つ「培養ステーキ肉」実用化へ sin謎肉誕生か - 03月22日(金)15:31  poverty

世界的な人口増加やライフスタイルの変化により、将来、地球規模での食肉消費量の増加が見込まれています。 一方で、家畜の生産には大きな環境負荷がかかることや、飼料や土地の不足が大きな問題となっています*2。 「培養肉」とは、動物の個体からではなく、細胞を体外で組織培養することによって得られた肉のことで、 家畜を肥育するのと比べて地球環境への負荷が低いことや、畜産のように広い土地を必要とせず、 厳密な衛生管理が可能などの利点があるため*3、従来の食肉に替わるものとして期待されています。 近年、世界中で...
»続きを読む
カテゴリー:

島根で採取の岩石 25億年前のものと判明 日本最古 - 03月25日(月)15:30 

広島大学の研究グループは、島根県津和野町で採取した岩石を分析した結果、およそ25億年前にマグマが固まってできたもので、国内で年代が確認されているものの中で最も古い岩石だと発表しました。日本列島の成り立ちを考えるうえで貴重な資料として注目されています。
カテゴリー:

【廃炉】世界最長!10mのロボットアーム開発 廃炉作業に使える可能性 2019年度中に実証 - 03月25日(月)00:13  newsplus

世界最長!10mのロボットアーム開発 廃炉作業に使える可能性 2019年度中に実証 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と、東京工業大学のグループは、世界で最も長い全長10メートルのロボットアームで、重さ10キロの物体を水平方向にしっかりつかむ技術を開発した。老朽化した橋やトンネルなどの巨大構造物の点検作業や、原発の廃炉作業に利用できる可能性があるとして、2019年度中に実証実験を行う予定だという。  労働力不足が深刻化している現在、高度経済成長期に作られた橋やトンネルなどのインフラ設備の老朽化が進んでお...
»続きを読む
カテゴリー:

【医学】超音波でアルツハイマー型認知症を治療、東北大が本格治験を開始 - 03月23日(土)23:29  newsplus

 高齢化の進展により、あらゆる認知症が増加の一途を辿る中、認知症に対する新たな治療法の確立は、世界的に喫緊の課題だ。全ての認知症の中で半数以上の割合を占めるアルツハイマー型認知症についても、いくつかの症状改善薬が開発されているものの、未だ根治的な治療法はない。  こうした中、東北大学の研究グループは、低出力パルス波超音波(low-intensity pulsed ultrasound:LIPUS)がマウスのアルツハイマー型認知症モデルにおいて認知機能低下を抑制する可能性があることを見出し、2018年6月から、世界で初めての医師主導治...
»続きを読む
カテゴリー:

【食品】東大と日清 培養肉作製に成功 本物に近い食感【SFで見た】 - 03月23日(土)00:13  bizplus

東京大学の竹内昌治教授らは日清食品ホールディングスなどと共同で、本物の肉に近い食感を持つ人工肉を作ることに成功した。筋肉の細胞同士をつなげ層状にして培養することで、本物の肉に近い構造になった。人工肉は畜産よりも環境負荷が小さく、肉の代用品として研究が進んでいる。 東大が作った新たな培養肉(東京大学提供) 動物の肉を利用する現在の畜産は、飼育時に大量の温暖化ガスを排出するため環境への負荷が大きく、広い土地が必要になる。そこで人工的に肉を再現する人工肉を開発する研究が進む。従来の人工肉は筋肉の...
»続きを読む
カテゴリー:

【宗教】道徳を説く神への信仰は人間社会の拡大後に起こったもので、社会的複雑性を高めるために重要ではなかった - 03月21日(木)18:34  newsplus

Social sciences: Complex societies preceded belief in moralizing gods 道徳を説く神への信仰は人間社会の拡大の後に起こったもので、社会的複雑性を高めるために重要ではなかったことを報告する論文が、今週掲載される。 ここ1000年間は「向社会的な宗教」の広がりが顕著になっている。このような宗教では、強力な「道徳律に従うことを求める神」、またはより一般的な道徳律違反に対する「超自然的な罰」(例えば、仏教におけるカルマ)の存在が自明とされている。道徳律に従うことを求める神の存在と社会的複雑性とが関連してい...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「研究グループ」の画像

もっと見る

「研究グループ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる