「研究グループ」とは?

関連ニュース

汚染土砂を高圧洗浄 除染技術開発 早大研究グルー.. - 06月18日(火)04:57 

汚染土砂を高圧洗浄 除染技術開発 早大研究グループ #nhk_news
カテゴリー:

【貝の記憶】ムール貝の貝殻に残された大震災の痕跡 環境変化を記録 東大などの研究 - 06月15日(土)19:18  newsplus

 津波などの大規模災害に際し、「前後の環境変化」を分析する事は難しい。観測が始められるのは事後である場合が多いし、大災害の最中に観測を始めるわけにもいかないという場合が多々あるからだ。しかし今回、東京大学などの研究グループは、東日本大震災の半年後に岩手県で採取されたムール貝の貝殻のマンガン濃度を分析し、当時の環境変化のデータを割り出す事に成功した。  研究に参加しているのは、東京大学大気海洋研究所の学術支援職員杉原奈央子氏、白井厚太准教授、堀真子特任研究員(肩書は当時)、天野洋典氏(当時大学院...
»続きを読む
カテゴリー:

【速報】 毎日朝からウンコ出す奴おる? 快便も場合によってはひとつの兆候らしいぞ - 06月15日(土)11:02  poverty

1981年以降、がんは男女ともに日本人の死因1位である。だが、日進月歩で新たな治療法が次々と生まれ、“不治の病”ではなくなりつつある。 6月6日、京都大学の研究グループが、子宮頸がんの前段階である「子宮頸部上皮内腫瘍」の患者に薬を投与する治験を開始したと発表した。実用化はまだ先だが、若い女性に多い子宮頸がんの 治療に明るい兆しが見えている。 翌7日には、大阪大学と国立がん研究センターなどの研究グループが、大腸がんの初期に増える腸内細菌を特定したと発表。 さらに研究が進めば、早期発見や治療につながってい...
»続きを読む
カテゴリー:

銀河の若さは形態では分からない、銀河進化の定説に反証 愛媛大などの研究 - 06月13日(木)17:01 

愛媛大学の研究グループは、グリーンバレー銀河と呼ばれる一群の銀河を調べ、銀河の星形成効率が銀河の形態(円盤型、楕円型)に依らず、ほぼ一定の効率を持っていることを発見した。
カテゴリー:

150℃の耐環境下でデータ保持時間を従来比100万倍に延ばせる1Xnm世代向け高信頼MTJを開発 - 06月13日(木)11:00 

1Xnm世代向け高耐性・高信頼MTJを開発 指定国立大学法人東北大学国際集積エレクトロニクス研究開発センター(CIES)の遠藤哲郎センター長のグループは、従来技術による磁気トンネル接合(MTJ)における動作温度125℃でのデータ保持時間と比較して、自動車や社会インフラ等のより高い耐環境性が求められるアプリケーションで必要となる150℃の耐環境下においてもデータ保持時間を100万倍に延ばせる1Xnm世代向けの高信頼MTJの開発に成功しました。 磁石の性質を利用した不揮発性メモリである磁気ランダムアクセスメモリ(STT-MRAM)は、低消費電力エレクトロニクスを実現するための基盤技術です。このため、これまで学術界・産業界が挙って研究開発を進め、昨年からメガファブを有する大手ファウンドリー企業がその量産を開始しました。 しかしながら、現行の技術では、一般電子機器仕様の85℃までしか十分なデータ保持時間が得られていなかったために、一般民生機器分野への応用に限られていました。そのため、自動車や社会インフラ等の過酷な環境への応用展開を実現するために、より高い動作温度でも十分なデータ保持時間を確保できるMTJ技術の開発が望まれていました。 今回、研究グループは、上記社会的要請を受けて、データ保持時間を大幅に延ばせる1Xnm世代向けの高信頼MTJの開発に成功しました。具体的には、データ保...more
カテゴリー:

【古代】縄文時代以降に東日本に急増するDNA型、大和王権と深く関わる渡来系の支配者層 会津・灰塚山古墳埋葬者の姿復元★2 - 06月15日(土)20:11  newsplus

灰塚山古墳の埋葬者の3D復元画像(東北学院大提供)  福島県喜多方市の灰塚山古墳で2017(平成29)年に出土した約1500年前の会津を治めた男性豪族のほぼ全身の人骨を、東北学院大(仙台市)の研究グループが現代科学を駆使して研究している。8日に同大で開かれたシンポジウムでは、歯から抽出したDNAと骨格から生前の姿を復元した全身像が示され、会津に君臨した古代王者の容姿は現代人とほぼ同じとされた。  灰塚山古墳は古墳時代中期(5世紀)に造られた全長約61メートルの前方後円墳で、同大が11年から...
»続きを読む
カテゴリー:

Photoshopで加工された画像を元の画像に戻すことができるツールをAdobeが作成 - 06月15日(土)14:56  poverty

画像編集ソフトウェアとして有名な「Adobe Photoshop」は、上手く使えば画像の原型をとどめないレベルのスーパー魔改造が行えるほど有能なソフト。 素人目で写真がPhotoshopで加工されているかどうかを見抜くのは、非常に困難なレベルにまで進化しています。 そんなPhotoshopで加工された画像を、ニューラルネットワークを用いて判別するという試みをAdobeが自ら行っています。 Photoshopの開発元であるAdobeは、1990年にリリースされたPhotoshopが創造性と表現を民主化するための大きな一歩につながったと主張。 それ以来、Photo...
»続きを読む
カテゴリー:

日本人の祖先は台湾から来た ルーツ探る実験航海、丸木舟で最後の挑戦へ - 06月15日(土)07:31  news

約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に移り住んだのか。 当時の航海を再現するため、丸木舟で台湾東部からこぎ出し、風や星を針路の頼りに沖縄県・与那国島を目指す実験を、国立科学博物館の海部陽介人類史研究グループ長らのチームが行う。 これまで草と竹の舟で失敗、今回が最後の挑戦だ。25日以降、風や波の穏やかな日を選んで出発、200キロ以上の行程を2日ほどかけ航行する。 https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/433001 関連 日本人の祖...
»続きを読む
カテゴリー:

北朝鮮 SLBM搭載型潜水艦の建造継続か - 06月13日(木)12:43 

北朝鮮の動向を分析しているアメリカの研究グループは、最新の衛星写真から北朝鮮が弾道ミサイルを搭載できる新型の潜水艦の建造を続けているとする分析結果を明らかにしました。
カテゴリー:

ソテツが昆虫を誘い込むために発熱する様子を世界で初めてとらえた - 06月13日(木)09:05 

九州南部などに分布するソテツの雄花は昆虫を誘うために匂いを発散させる。そのために雄花が発熱することは知られていたが、発熱する仕組みはよく分かっていなかった。宮崎大学などの研究グループはこのほど、ソテツの雄花が発熱する様子をサーモグラフィーカメラで捉えることに成功、発熱の仕組みの一端を明らかにしたと発表した。研究論文は国際的な植物学専門誌「Plant Physiology」に掲載され、鮮やかな撮影画像が表紙を飾った。発熱の様子を捉えたのは世界で初めてだという
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「研究グループ」の画像

もっと見る

「研究グループ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる