「国際社会」とは?

関連ニュース

自民・茂木氏「確トラ近づく」 - 07月20日(土)20:26  newsplus

 自民党の茂木敏充幹事長は20日、新潟県長岡市で講演し、米大統領選でトランプ前大統領が勝利する可能性が強まっているとの認識を示した。「まだ確たる結果は言えないが、今の米国の雰囲気は『ほぼトラ』から『確トラ』に近くなってきている」と述べた。トランプ氏が当選した場合でも、経済や安全保障分野で日米関係を強化できると改めて自信を示した。  トランプ前政権当時、茂木氏が担当閣僚を務めた日米貿易交渉に触れ「日米2国間の問題にはうまく対応できる。トランプ氏が何に関心を持っているかを正しく分析することが必要だ」...
»続きを読む
カテゴリー:

パレスチナ占領政策は国際法違反 国際司法裁判所が勧告的意見 - 07月20日(土)00:38 

イスラエルによるパレスチナの占領について、国連総会から国際法の原則に照らした意見を求められていた国際司法裁判所は19日、「占領政策は国際法に違反し、イスラエルには速やかに占領を終わらせる義務がある」とする勧告的意見を出しました。また、イスラエルには「占領地でのユダヤ人による入植活動を直ちに停止し、すべての入植者を退去させる義務がある」としています。国際司法裁判所の勧告的意見に法的拘束力はありませんが、国連の主要な司法機関が示す法的見解として、国際社会に大きな影響力をもちます。
カテゴリー:

韓国に亡命した元参事官が「北朝鮮の惨状と現実」を語った理由 - 07月19日(金)16:58 

北朝鮮から亡命し韓国に住むことになった李日奎元駐キューバ北朝鮮大使館政治参事が、朝鮮日報のインタビューに応じ、北朝鮮の惨状と現実を伝えました。無料メルマガ『キムチパワー』の著者で韓国在住歴30年を超え教育関係の仕事に従事している日本人著者が、詳しく紹介しています。 『最高尊厳』以外はすべて奴隷 キューバ駐在北朝鮮大使館の李日奎政治担当参事(参事官)が昨年11月初め、妻と子供を連れて亡命し、韓国に住むことになった。李日奎参事は7月14日、朝鮮日報とのインタビューに応じ、「当初は核実験成功、ミサイル発射試験に対して自負心を感じたが、食べていく問題が本当に必要なのに核ミサイルに莫大な資金が投下されると知った瞬間から拒否感を感じ始めた」と語った。 李日圭(イ・イルギュ、52)元駐キューバ北朝鮮大使館政治参事は朝鮮日報とのインタビューで、「この記事が出れば北朝鮮当局は脱北者にいつもそうするように、私をゴミ人間と言いながら攻撃をするだろう」と述べた。それでもインタビューに応じた理由について、「北朝鮮の人権の惨状と現実をありのままに伝えるのが北韓住民のための道だと考えた」とした。以下はインタビュー内容。 ──北朝鮮の外交官生活はどうでしたか。 「恥ずかしいですが、北朝鮮内の一部では外務省の人たちを『ネクタイをつけたコッチェビ(乞食)』と呼んでいます。貿易労働者や特殊機関の労働者に比べてポケットに...more
カテゴリー:

ロシアは優位に・西側は疲弊感…ウクライナ、路上で徴兵まで(ハンギョレ新聞) - 07月18日(木)08:09 

<2022年2月24日のロシアのウクライナ侵攻戦争に続き、2023年10月7日に発生したパレスチナのガザ戦争は終わらず、国際社会を冷戦終結後最大の陣営対決と混乱に追い込んでいる。転換点に入ったウクライ
カテゴリー:

都立大学「グローバル教養講座」オンライン開催 - 07月16日(火)16:55 

東京都立大学では、豊かな国際感覚やグローバルな視点を育み、国際社会で活躍できる人材を育成するため、文理を問わず国際的に第一線で活躍する講師による「グローバル教養講座」を実施しています。 今回は、マイケル・サンデル教授ら豪華講師による、都立大での講演の様子や高校生向け講義等についてオンライン配信を行います。
カテゴリー:

【アメリカ】銃撃事件で「もしトラ」から「確トラ」へ - 07月20日(土)17:46  newsplus

 2024年11月5日のアメリカ大統領選挙が近づく中、トランプ元大統領が再び注目を集めています。 7月14日、米ペンシルバニア州でトランプ前大統領が銃撃される事件が発生しました。トランプ氏は右耳上部を貫通されましたが、幸い命に別状はありませんでした。 事件直後、トランプ氏が力強く右腕を掲げ、後ろに星条旗がある写真が世界中に拡散され、最大のピンチを好機に変えた「豪運」によって、トランプ氏の再選に向けた勢いを増しています。 この事件はトランプ氏の支持者のみならず、一般のアメリカ国民にも強い印象を与えま...
»続きを読む
カテゴリー:

クロマグロの漁獲枠「倍増」案で、日本が国際社会に総すかんを食らった悲しい事情(ダイヤモンド・オンライン) - 07月19日(金)19:02 

 北海道・釧路市で行われた太平洋クロマグロの漁獲量をめぐる国際会議が行われた。漁獲枠を大幅に増やす日本の提案は受け入れられなかった。太平洋クロマグロの最大の漁獲国であり、最大の消費国でもある日本は、な
カテゴリー:

イスラエル、戦闘に勝っても戦争には負けている(ハンギョレ新聞) - 07月18日(木)10:39 

<2022年2月24日のロシアのウクライナ侵攻戦争に続き、2023年10月7日に起きたパレスチナのガザ戦争は終わらず、国際社会を冷戦終結後最大の陣営対決と混乱に追い込んでいる。米国が主導する西側は、ロ
カテゴリー:

習近平が激怒。NATO事務総長「中国がウクライナ侵攻のロシア経済を支えている」という“名指し批判” - 07月17日(水)04:45 

日本もパートナー国として参加した「NATO首脳会議2024」。多くのメディアが中国を名指しで批判した首脳宣言を大きく報じましたが、当然ながら中国政府はこれに猛反発しています。今回のメルマガ『富坂聰の「目からうろこの中国解説」』では多くの中国関連書籍を執筆している拓殖大学教授の富坂さんが、中国が欧米各国に対して展開した「極めてもっともである反論」を紹介。さらにNATOがアジアにまで出張ってこようとする理由を解説しています。 ※本記事のタイトル・見出しはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:ウクライナに侵攻したロシアの戦争を支えているのは中国ではなく、欧米という不都合な中国の反論 怒り心頭の中国。NATO「ロシアの戦争を支えているのは中国」への的確すぎる反論 いよいよ欧州も中国をターゲットに本格的に動き出したのだろうか。 75周年を迎えた北大西洋条約機構(NATO)首脳会議(サミット)は10日、首脳宣言を採択して閉幕した。会議の最重要議題はウクライナへの支援の継続だったが、同時にメディアが注目したのは中国だった。 首脳宣言で「ロシア経済を支えている」と初めて名指しで中国を批判したからだ。 NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、「中国はロシアによるウクライナ侵攻の決定に重要な支援者であり、中国による支援によりロシアがヨーロッパおよび大西洋地域に及ぼす安全保障の脅威が拡大し...more
カテゴリー:

令和6年度 東京都立大学「グローバル教養講座」(オンライン配信)を開催します! - 07月16日(火)14:00 

 東京都立大学では、豊かな国際感覚やグローバルな視点を育み、国際社会で活躍できる人材を育成するため、文理を問わず国際的に第一線で活躍する講師による「グローバル教養講座」を実施しています。  今回は、マイケル・サンデル教授ら豪華講師による、都立大での講演の様子や高校生向け講義等についてオンライン配信を行います。  どなたでもご視聴いただけますので、奮ってお申し込みください。   1 公開予定の講座     2 視聴方法  YouTubeによる配信(無料・申込制)※字幕付き   3 配信期間  令和6年7月19日(金曜日)から順次配信開始   4 申込期間  本日から令和6年9月27日(金曜日)まで         ※講座の視聴は9月30日(月曜日)まで可能です   5 申込方法 ・以下のウェブサイトにアクセスの上、お申し込みください。  https://sec.tobutoptours.co.jp/web/evt/tmu-lecture-2024/ (下記の二次元コードからもアクセスいただけます。)   ・お申し込みいただいた方に、メールで講座視聴用のURLをお送りします。  配信期間内にURLにアクセスいただき、ご視聴ください。  (一度のお申し込みで、全ての講座を視聴できます。)  
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる