「情報共有」とは?

関連ニュース

池袋で行われたパンデミック条約反対デモのニュースがひとつもない。おまえあのゴミ扱いされてる岸田以下ってことだぞw - 04月13日(土)19:47  poverty

国立感染症研究所、アジアで情報共有…次のパンデミックに備えインド・ベトナムなどと https://www.yomiuri.co.jp/medical/20240406-OYT1T50127/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

「全国道の駅駅長サミット2024 #がんばろう能登」を4月18日に開催 - 04月11日(木)15:00 

令和6年4月11日 一般社団法人全国道の駅連絡会   「全国道の駅駅長サミット2024 #がんばろう能登」を4月18日に開催 ~「team道の駅 共創の時代へ」をテーマに道の駅のネットワーク連携を促進~    全国道の駅連絡会(会長:石井裕 南房総市長)は、「道の駅の日(4月22日)」の記念イベントとして、4月18日(木)に「全国道の駅駅長サミット2024 #がんばろう能登」を開催します。オンライン形式を中心に、東京・丸の内「MYギャラリー」では公開収録も行います。 (公式サイト:https://www.michi-no-eki.jp/summit2024/)      本イベントは、今年1月1日に発生した能登半島地震で道の駅が成し得た支援活動や そこで得られた知見、教訓等を全国の道の駅で共有するとともに、今後急増が予想される インバウンド来訪に向けた道の駅の準備態勢等について道の駅関係者で協議するもので、道の駅の運営管理者をはじめ設置市町村、国など、計600名の動員を計画しています。参加は無料で一般の方のオンライン視聴も可能です(事前登録制)。    内容は、キーノートインタビューとして能登半島地震を受けて支援活動に動いた北陸地区の道の駅の「駅長インタビュー」をはじめ、被災した道の駅・支援した道の駅の駅長による「列島...more
カテゴリー:

カイロスマーケティング、第33回 Japan IT Week 春「デジタルマーケティングEXPO」に出展 - 04月11日(木)10:00 

売上アップを仕組みで実現するCRM「Kairos3(カイロススリー)」を提供するカイロスマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐宗 大介、以下「当社」)は、2024年4月24日(水)から26日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「第33回 Japan IT Week 春」内の「デジタルマーケティングEXPO」に出展いたします。「デジタルマーケティング EXPO」は、マーケティングオートメーションをはじめとする、マーケティングに関するあらゆる製品やサービスが出展する専門展です。当社は、「マーケティングを、もっと身近に。」という当社のミッションを推進する活動の一環として、「Kairos3」を出展する運びとなりました。当社のブースでは、業種や企業規模を問わず、2,000以上のお客さまのご利用実績がある「Kairos3」の操作画面や活用事例をご覧いただけます。【Kairos3 製品ラインナップ】・良質な営業アタックリストをつくりだす「Kairos3 Marketing」・お客さま応対履歴を記録し、営業個人のパフォーマンスを改善する「Kairos3 Sales」・営業の日程調整業務を効率化する「Kairos3 Timing」下記より、当社ブースでのご相談を事前にご予約いただけます。https://it.apposys.jp/spring/exhibitor/my...more
カテゴリー:

「認知症行方不明者」の捜索事業 自治体の6割以上が周知に課題 - 04月09日(火)21:53 

認知症やその疑いがあり自宅を出たまま帰れなくなってしまう、いわゆる「認知症行方不明」の人を捜す対策について、NHKが全国の自治体に行ったアンケートで、行政や地域が連携して捜索にあたる見守りの事業について、6割以上の自治体が、事業を知らない住民が多いことを課題に挙げたほか、行方不明になった人が広域で移動するケースでは、情報共有に課題があると指摘する声があがりました。
カテゴリー:

【ドジャース】アウトマン「翔平が打つのを見て僕も振ってみた」今季1号が決勝アーチ 大谷クリケットバットに感謝 - 04月09日(火)14:36  mnewsplus

4/9(火) 14:07配信 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240409-00000181-spnannex-000-4-view.jpg?exp=10800 スポニチアネックス ドジャース・アウトマン(AP)  ◇インターリーグ ドジャース4-2ツインズ(2024年4月8日 ミネアポリス)  ドジャースは8日(日本時間9日)、敵地でのツインズ戦に逆転勝利。今季初本塁打が決勝アーチとなったジェームズ・アウトマン外野手(26)は大谷翔平投手(29)も使ったクリケットバットの効果を口にした。  試合前の時点で32打数4安打、打率・125と不振にあえいでいたアウト...
»続きを読む
カテゴリー:

「知ってほしい」病院で患者がスタッフにセクハラ行為をすると… - 04月12日(金)19:15 

こおもてちゃん(@sazae_tabetai)さんが投稿した、病院でのエピソードに注目が集まっています。 セクハラする患者には悪行をカルテに書かれること、情報を見たスタッフ全員から気持ち悪いと思われていること、軽蔑されていること、そのうちカルテに「出禁」マークがつくこと、退院や転院サマリーにも書かれて地域にも共有されていることを知ってほしい。恥ずかしいね。 — こおもてちゃん (@sazae_tabetai) April 10, 2024 おっしゃる通り。    googletag.cmd.push( function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586069374553-0'); }); 然るべき対応 なお、引用リポストには様々なコメントが届いていました。 セクハラする患者に対応するは「カルテに全て書いてあって職員で情報共有してるんですよ」って伝えるようにしてる先日も「ご家族に連絡せざるを得ませんが」って言ったら慌ててたな https://t.co/1KTguRfLwy — スパ門 (@nukipapa) April 10, 2024 医療スタッフへの迷惑行為は恐らく患者さん本人が想像している以上に迅速かつ広範囲に情報共有されてます😓軽く注意されただけ、とは思わない方がいいです...more
カテゴリー:

株式会社else if、株式会社インターパーク、カムラックおおいた が業務提携を開始 【ノーコードアプリ開発ツールを活用し、障がい者就労支援と地域社会のDXを促進】 - 04月11日(木)12:00 

ソフトウェア開発を行う株式会社elseif(エルスイフ)(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:髙森 啓二)は、クラウドサービスの開発、販売を手がける株式会社インターパーク(所在地:北海道札幌市、代表取締役社長:舩越裕勝)、就労継続支援A型事業所 カムラックおおいた(本社:大分市中央町、代表取締役:髙森啓二)と2024年4月より業務提携を開始したことをお知らせします。■業務提携の背景現在、日本では人口減少に伴い様々な業種において慢性的な人材不足が課題となっております。この人材不足を補うためにも地域社会の特に中小企業のIT化、DX化率の向上は急務といえます。今回の業務提携は、IT分野において障がい者雇用を促進してきた株式会社else ifとカムラックおおいたの取り組みを活用し、株式会社インターパークが開発を手掛けるノーコード業務アプリ開発ツール「サスケWorks」を用いて、より一層の障がい者就労支援と地域社会のDX化の促進という社会的な課題に対し、新たなソリューションを生み出すためのものです。・株式会社 elseifは、ニアショア開発や地元企業からの請負開発を中心としたソフトウェアの開発と自社サービスを製造・販売を行っています。・株式会社カムラックおおいたは、障がい福祉サービスの就労継続支援A型事業所「カムラックおおいた」を運営しており、株式会社 elseifと協力して、障がい者雇用の...more
カテゴリー:

信頼できる国同士、情報共有可能に 身辺調査はリスク管理徹底を - 04月10日(水)16:00 

 今回のセキュリティークリアランス制度の導入により、機微な情報を扱ってきた企業のビジネス環境に変化が出そうです。国内外で通信インフラやITサービスを展開するNECの石見賢蔵・経済安全保障統括室長は「新…
カテゴリー:

経済安保新法案が衆院通過 民間人身辺調査拡大へ、国会監視 - 04月09日(火)18:33  newsplus

 機密情報の保全対象を経済安全保障分野にも広げる新法案「重要経済安保情報保護・活用法案」は9日の衆院本会議で、自民、公明両党と立憲民主党などの賛成多数により可決され、衆院を通過した。国が民間人を身辺調査し、資格を与えた人のみが情報を扱う「セキュリティー・クリアランス(適性評価)」制度の導入が柱。恣意的な情報指定により、国民の知る権利が制限されかねないとの懸念も根強い。野党の修正を受け入れ、国会による監視を盛り込んだ。  既に同様の制度を運用する欧米各国と足並みをそろえ、当局間の情報共有や民間の...
»続きを読む
カテゴリー:

安心して寄付・支援を託せるグッドガバナンス認証、新たに2団体が取得。計82団体に - 04月08日(月)16:49 

社会に対して客観的かつ信頼性のある組織評価情報を提供し、NPOの信頼性向上を目指し、さまざまな支援がNPO等に届く仕組みをつくることを目的に活動している公益財団法⼈ 日本⾮営利組織評価センター(JCNE)は2024年3月27日、グッドガバナンス認証を新たに取得した2団体と、更新した5団体を公表した。これでグッドガバナンス認証団体は、29都道府県82団体となった。 グッドガバナンス認証は企業や行政などが非営利組織と連携する際の一つの指標として、一定水準以上の組織運営能力が認証され、非営利組織の信頼性の証とされる。JCNEが28の評価基準を用いて、市民参加の度合い、環境への配慮、財務・会計、社会への情報発信などを審査する。寄付金の募集の際に資金使途など適切な情報提供を行っていること、寄付者に対して寄付金に関する活動報告を適切に行い、Webでも概要を公開していること、組織内部で不正を防ぐ仕組みがあるかなど健全な財務管理がなされていることを確認している。 今回新たにグッドガバナンス認証を新たに取得したのは、NPO法人 日本ブラインドサッカー協会と一般社団法人 日本ユマニチュード学会の2団体。日本ブラインドサッカー協会は日本代表強化を頂点とし地域展開を図る競技統括と共に、健常者向け事業(小中学校向けのプロジェクト「スポ育」、体験会「OFF T!ME」、企業研修「OFF T!ME Biz」等)...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる