「米航空宇宙局」とは?

関連ニュース

エクアドル最大の滝が「消失」、上流の陥没穴が原因か - 04月02日(木)13:06 

南米エクアドルで最大の滝として知られる「サンラファエルの滝」が「消失」していることがわかった。米航空宇宙局(NASA)が明らかにした。上流に発生した陥没穴に水流の一部が吸い込まれてしまった可能性が指摘されている。 コカ川にあるサンラファエルの滝は人気の観光地で、毎年数万人が訪れるという。滝では約45メートルの高さからクレーターのような滝つぼに水が落下していた。 NASAによれば、滝は現在、3つ...
カテゴリー:

【新型コロナ対策】閉じこもり生活のアドバイス、宇宙飛行士から潜水艦艦長まで - 03月27日(金)18:31  newsplus

【3月27日 AFP】世界の数十億人が突如、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大を抑える闘いの一環として、人との接触を避ける戦略に取り組むことになった。実は宇宙飛行士から潜水艦の艦長まで、仕事で閉じこもり生活を送ることに慣れている人々がいる。そうした人々に、家に引きこもる数週間、健康を保ちストレスを回避する実践的なアドバイスをもらった。 ■日課を持つ  国際宇宙ステーション(ISS)で約1年間を過ごしたことのある米航空宇宙局(NASA)の元宇宙飛行士スコット・ケリー(Scott Kelly)氏は、心構えが極...
»続きを読む
カテゴリー:

【中国】新型ウイルス対策で大気汚染が改善、数万人が救われた可能性 - 03月19日(木)09:22  newsplus

中国が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために打ち出した厳重な対策のおかげで、大気汚染が改善されて5万~7万5000人が早死にリスクから救われた可能性があるという推計を、米スタンフォード大学の研究者がまとめた。 この推計は同大学のマーシャル・バーク准教授が、社会と環境の関係をテーマとする学術サイトの「G―Feed」に発表した。「大気汚染の減少によって中国で救われた命は、同国で今回のウイルス感染のために失われた命の20倍に上る可能性が大きい」と指摘している。 中国は大気汚染対策に力を入れている...
»続きを読む
カテゴリー:

イタリアでも大気汚染が激減してグレタさん大勝利!✌ - 03月17日(火)19:57  news

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif コロナで移動制限中のイタリア、大気の汚染物質が激減 3/17(火) 19:30配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200317-00000016-giz-sci コロナで移動制限中のイタリア、大気の汚染物質が激減 一度あることは二度ある。二度あることは…? イタリアは、中国に次いで世界で2番目に大きな新型コロナウイルスの流行に見舞われています。イタリア政府は感染拡大を抑えるために、パンデミックの発生地であるイタリア北部に行なった移動の制限を国内全域に拡大しました。 同じような状況下...
»続きを読む
カテゴリー:

米NASAの有人宇宙飛行、年内にも実現へ 野口宇宙飛行士も搭乗 - 04月02日(木)12:17 

米航空宇宙局(NASA)と米民間宇宙企業スペースXは5月中旬から下旬にも、有人宇宙船「クルードラゴン」を米フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げる飛行実験を実施する。宇宙飛行士を乗せた米国のロケットと宇宙船が米国から打ち上げられるのは、2011年以来となる。 NASAのスペースシャトル計画が2011年7月に終了して以来、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する宇宙飛行士は、ロシアのバイコ...
カテゴリー:

NASA、基本に立ち返る。何ヶ月も計算したんだよ、角度とか。 - 03月20日(金)01:43  news

sssp://img.5ch.net/premium/6931153.gif 米航空宇宙局(NASA)は、火星探査機「InSight(インサイト)」の修理に成功したことをSNSで明らかにした。 火星探査機インサイトは数か月前、火星の土壌の中でつっかえてしまった。 この状態から抜け出す唯一の方法は、探査機自体にスコップで打撃を与えること。 インサイトは、地震計を埋め込み、火星の内部構造を調べるために掘削していたときに故障した。 ドリルが土壌の中でつっかえ、ひき出せなくなってしまった。Futurismが伝えた。 NASAのエンジニアたちは、インサイトが自らス...
»続きを読む
カテゴリー:

【地球を浄化】新型コロナウィルス対策で中国の大気汚染が改善、数万人が救われた可能性 - 03月18日(水)20:00  newsplus

(CNN) 中国が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために打ち出した厳重な対策のおかげで、大気汚染が改善されて5万~7万5000人が早死にリスクから救われた可能性があるという推計を、米スタンフォード大学の研究者がまとめた。 この推計は同大学のマーシャル・バーク准教授が、社会と環境の関係をテーマとする学術サイトの「G―Feed」に発表した。「大気汚染の減少によって中国で救われた命は、同国で今回のウイルス感染のために失われた命の20倍に上る可能性が大きい」と指摘している。 中国は大気汚染対策に力...
»続きを読む
カテゴリー:

【🌠巨大ブラックホール】地球から3億9000万光年、観測史上最大の「爆発」の痕跡…NASA発表 - 03月15日(日)15:53  newsplus

2020/03/13 18:47  米航空宇宙局(NASA)などの研究チームは、地球から約3億9000万光年離れた銀河団の中心部分で、観測史上最大の「爆発」の痕跡を捉えたと発表した。巨大ブラックホールから爆発的に放出されたジェットが銀河団の高温ガスを吹き飛ばし、直径で天の川銀河15個分の巨大な空洞ができたと推計している。論文が、米天文学会の専門誌に掲載された。 ブラックホールは強い重力で周囲の物質を吸い込む一方、膨大なエネルギーの一部をジェットのように爆発的に噴き出すとされる。 研究チームによると、NASA...
»続きを読む
カテゴリー:

「米航空宇宙局」の画像

もっと見る

「米航空宇宙局」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる