「ビジョン」とは?

関連ニュース

【秩父荒川アユ】岩盤への追い込み釣法で背掛かりアユが入れ掛かり!(釣りビジョン マガジン) - 05月19日(日)06:00 

ゴールデンウィーク後半の秩父荒川は連日の夏日!気温33度!痛いほどの陽射しが降り注いでいた。解禁から場所ムラが激しく、ポイントを外してしまうと厳しい釣果で苦戦する人も少なくは無かった。釣れるポイントは
カテゴリー:

核軍縮「広島ビジョン」から1年、米の臨界前核実験に被爆者ら怒り - 05月18日(土)20:05 

 米国の臨界前核実験を受け、広島や長崎の被爆地から憤りの声が相次いだ。  広島県原爆被害者団体協議会(県被団協)などのメンバーは18日午後、原爆慰霊碑(広島市中区)の前に座り込み、「断固抗議」と書かれた横断幕を掲げた。
カテゴリー:

商品名は「モッタイナイ」──。あの「氷結®︎」の新シリーズのテーマは「フードロス」 - 05月18日(土)12:00 

※MOTTAINAIは毎日新聞社の登録商標です2004年にアフリカ人女性としてはじめてノーベル平和賞を受賞した環境活動家 ワンガリ・マータイさんのアクションにより世界中に知られることとなった言葉「mottainai/モッタイナイ」。今春、そんな日本を発祥とするエシカルな想いを商品名に冠したお酒が誕生しました。この新しい取り組みをはじめるブランドは、2001年の発売以来、世代や性別を問わず愛され続けているキリンの缶チューハイ「氷結®」。「モッタイナイ!を、おいしい!に。」──。20代や30代の皆さんにこそ知って、味わって、体験してほしい、環境にも配慮したおいしいお酒「キリン 氷結®︎mottainai」の魅力をお伝えします。新しいお酒「氷結®︎mottainai」誕生。「キリン」の未来に対する、ひとつの答え急激な人口の増加や自然環境の変化などから食糧不足が加速する一方で、近年、世界中で議論されている重大なソーシャルイシューのひとつに「食品ロス問題」があります。環境省の2023年の発表によると、本来食べられるのに捨てられてしまう国内における食品ロスの量は年間で約523万t。日本人一人当たりの量に換算すると、なんと1年で約42kgにも及ぶのだとか......。Reference: 最新の食品ロス量は523万トン、事業系では279万トンに/農林水産省ちなみに、食品...more
カテゴリー:

【日本一早い解禁】埼玉県秩父・荒川で初アユ!(釣りビジョン マガジン) - 05月18日(土)06:02 

2024年4月29日、気温17℃快晴!解禁を待ち侘びたアユ師達が続々と集まる河原は賑わいを見せていた。半年間アユへの想いを温めてきたアユ釣り師にとって「解禁日」はとても特別な日だ!朝日が川面を輝かせ始
カテゴリー:

フジ会長に嘉納修治カンテレ会長が復帰 大多亮専務はカンテレ社長、矢延取締役は2階級特進 - 05月17日(金)17:50 

フジ・メディア・ホールディングス(FMH)とフジテレビジョン(フジテレビ)は17日、新たな人事を発表した。 FMHとフジテレビの宮内正喜会長(80)が退任し、嘉納修治関西テレビ会長(74)が会長に就任する。嘉納氏は2015年(平27)に…
カテゴリー:

全体主義を支持する暴動、アメリカとヨーロッパ - 05月18日(土)23:32 

アメリカのキャンパス、テスラの工場、そして今月スウェーデンで開催されたユーロビジョン・ソング・コンテストの会場において、混乱を招き、あからさまに破壊的ですらある凶悪犯たちに共通するものは何だろうか?彼らは皆、何らかの形で資本主義を破壊したいのだ。
カテゴリー:

秋田と世界結ぶグローバル人材育成 国際教養大が長期ビジョン - 05月18日(土)14:41 

 開学20周年を迎えた国際教養大(AIU、秋田市)は、今後10年間に取り組む「長期ビジョン2024-2033」を発表した。17日に記者会見したモンテ・カセム学長は、教学理念のリベラルアーツ(一般教養)教育を土台としつつ、「基本は人間力。いい人間がいい社会を構成するということをベースに、秋田と世界を結
カテゴリー:

英国が排除決定した「中国製監視カメラ」、撤去済みはまだ半分(Forbes JAPAN) - 05月18日(土)08:00 

英国政府の各省庁は2022年11月、Hikvision(ハイクビジョン)やDahua(ダーファ)を含む中国製の監視カメラの使用を中止するよう命じられた。しかし、それから18カ月が経った今も、それらのカ
カテゴリー:

クリーンでフェアな水素エネルギーで業界をディスラプトするスイス発Neology - 05月17日(金)19:00 

4月27日から東京都が開催しているSusHi Tech Tokyo 2024。5月15・16日の2日間にはグローバルスタートアッププログラムが東京ビッグサイトで行われ、世界各国から400社近いスタートアップが集まった。 イノベーション大国であるスイスのパビリオンで、同国スタートアップNeologyの設立者兼CEOであるAris Maroonian氏に話を伺った。Neology社は、アンモニアをエネルギーキャリアとして活用し、クリーンでフェアなエネルギーソリューションを提供するスタートアップだ。 車両や船舶にアンモニア分解装置を搭載、水素に変える ――「Neology」ですから、新しいエネルギーということですよね。  Maroonian:はい、Neologyはより低価格かつより容易な方法で水素を作る方向を提案しています。つまり、アンモニアをキャリアとして使って水素が必要な場所に運ぶシステム(AHGS:Ammonia to Hydrogen Generation System)です。 Image Credits:Neology私たちが開発しているのはアンモニア分解装置。こちらはミニチュアで、実物はもっと大きくて冷蔵庫くらいになります。(車両デモンストレーターの画像を示して)このボックスの中にあるのがリアクターなんですが、これが当社の技術です。それ以外の電圧・圧力制御盤、アンモニアタン...more
カテゴリー:

横浜で「カー消し相撲バトル」が開催、本物のスーパーカーも登場 5月18・19日(レスポンス) - 05月17日(金)16:50 

超精密スーパーカー消しゴムを販売するGGFTは5月18日、19日に、「ル・ボラン カーズ・ミート 2024横浜」赤レンガパーク区画において、「カー消し相撲バトル2024春エキシビジョン」を開催。 イ
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる