「国民民主党」とは?

関連ニュース

立憲・枝野氏「一つの政党に」 国民などに合流呼びかけ - 12月06日(金)16:47 

 野党第1党の立憲民主党の枝野幸男代表は6日、衆参両院で統一会派を組む第2党の国民民主党の玉木雄一郎代表や社民党の又市征治党首らと国会内で会談し、政党合流を呼びかけた。次期衆院選に備え、旧民主党勢力を…
カテゴリー:

【速報】丸山穂高の饗宴泥酔、国民民主党のデマ確定 主催した政府「そのような場面は把握していない」 - 12月06日(金)12:53  news

丸山 穂高@maruyamahodaka 例の饗宴の儀に関する質問主意書の返答があった。主催した政府も「把握していない」と。 私丸山が泥酔して制止された等の議運での牧義夫議員発言を発端に散々デマが報道された。 国民民主の牧議員は言いっぱなし、挙句玉木代表も丸山へは説明責任といいながら自党の説明責任は逃げてる状況。次は訴訟で。 https://twitter.com/maruyamahodaka/status/1202783128982392832 政府、不適切行動「把握せず」 N国・丸山氏が質問主意書  政府は6日、10月の天皇陛下の即位を祝う「饗宴(きょうえん...
»続きを読む
カテゴリー:

「野党合流」に向け 大詰め協議 - 12月06日(金)05:47 

 5日夜、立憲民主党や国民民主党などの若手を中心とする国会議員が集まり、早期の合流についてそれぞれの執行部に求めていくことで一致しました。  会合は5日夜、都内のホテルで行われました。出席したおよそ20人の議員からは、次の衆院選に向けて統一会派を政党の合流につなげるよう求める声が相次ぎ、それぞれの執行部に早期の協議入りを求めることで一致しました。  「一つの政党に早くすべきだという意見でみんな一致してます」(無所属 重徳和彦 衆院議員)  国会で統一会派を組む立憲民主党と国民民主党では、次の衆院選に向けて合流を求める声が高まっています。5日は国民民主党の中堅・若手が平野幹事長に直談判し、平野氏は「重く受け止める。スピード感を持って検討するよう玉木代表に伝える」などと応じました。(06日02:10)
カテゴリー:

「選挙では野党の『1つのかたまり』を」国民民主.. - 12月06日(金)04:30 

「選挙では野党の『1つのかたまり』を」国民民主党活動方針案 #nhk_news
カテゴリー:

国民、中堅・若手から立憲との年内合流求める意見相次ぐ 平野氏が意見交換  - 12月05日(木)19:24 

 国民民主党の平野博文幹事長は5日、同党所属の中堅・若手の衆院議員17人と党本部で面会し、立憲民主党との合流について意見交換した。中堅・若手からは「スピード感を持ってやってほしい」と年内合流を求める意見が相次ぎ、平野氏は「玉木雄一郎代表にしっかり伝える」と引き取った。
カテゴリー:

【立憲民主党】#枝野代表、合流協議を提案 - 12月06日(金)16:24  newsplus

https://this.kiji.is/575582294796780641 立民・枝野代表、合流協議を提案 国民、社民と党首会談 立憲民主党の枝野幸男代表は6日、衆参両院で統一会派を組む国民民主党の玉木雄一郎代表、社民党の又市征治党首、無所属の野田佳彦前首相と国会内で会談した。合流を視野に入れた協議開始を提案するとみられる。次期衆院選で自民党に対抗するため、統一会派を一つの政党として結集し、野党の態勢を強化する狙いがある。  統一会派は、立民、国民、社民3党と、野田氏が代表を務めた衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」などの無...
»続きを読む
カテゴリー:

森裕子氏を懲罰せよ!自民党・塩崎恭久議員が訴え「免責特権濫用し民間人を不当に誹謗中傷…許されない」 - 12月06日(金)10:41 

 自民党の塩崎恭久行政改革推進本部長が、国民民主党の森裕子参院議員について、自民党として、国会での懲罰(=除名、登院停止など)を求める請願の採択と懲罰実現に向け、最大限取り組むべきだと訴えた。
カテゴリー:

安倍首相とマルチ商法「ジャパンライフ」を結んだ政治家の実名 - 12月06日(金)05:00 

さまざまな「疑惑」が噴出し続けている総理主催の「桜を見る会」ですが、マルチ商法で多くの被害者を出したジャパンライフの元会長に対し、「総理枠」での招待状が発送されていたことが大きな話題となっています。首相は「個人的なつながりは一切ない」としていますが、果たしてその言は信頼に値するのでしょうか。元全国紙社会部記者の新 恭さんは今回、自身のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で、明らかとなっている事実をもとに総理と元会長の関係を改めて洗い出すとともに、説明責任を果たそうとしない首相の姿勢を批判的に記しています。 悪徳商法と政界の腐れ縁の象徴となった「桜を見る会」招待状 実体のない事業を、あるように見せかけて、カネを集める悪徳商法は、いつか自転車操業の資金繰りが限界に達して破綻する。それを見越したうえ、隠し口座などにだまし取ったカネをためておき、幕引きの直前に“最後の荒稼ぎ”をするのが詐欺師の常套手段らしい。 磁気ネックレスなどの預託という詐欺商法で破綻したジャパンライフの山口隆祥元会長などはその典型といえよう。“最後の荒稼ぎ”にとって格好の宣伝材料になったのが、2015年の3月、「内閣総理大臣 安倍晋三」から送られてきた「桜を見る会」への招待状だった。 この招待状については昨年1月30日の衆院予算委員会でも、政界とジャパンラフの不透明な関係という文脈で問題視されていたが、今回の騒動で、...more
カテゴリー:

立民との「合流」構想 国民執行部、沈静化に躍起 - 12月05日(木)19:47 

 国民民主党の津村啓介副代表ら中堅・若手議員は5日、平野博文幹事長と面会し、立憲民主党との合流に向けた交渉を年内に開始するよう改めて申し入れた。同党の支持率は1%前後と低迷が続いており、「このままでは次期衆院選を戦えない」との危機感が、若手らを執行部の突き上げに駆り立てている。しかし、立民との合併には超えなくてはならないハードルが多く、早期実現は見通しにくい。しびれを切らして離党者も出かねず、国民執行部は沈静化に躍起だ。
カテゴリー:

野党党首が高知知事選の慰労会 志位氏「野党の信頼の絆が強まった」 - 12月05日(木)19:02 

 立憲民主党の枝野幸男、国民民主党の玉木雄一郎両代表、共産党の志位和夫委員長ら野党党首は5日午前、東京都内のホテルで、野党が共闘した11月24日投開票の高知県知事選の慰労会を開いた。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「国民民主党」の画像

もっと見る

「国民民主党」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる