「安全管理」とは?

関連ニュース

建設工事現場の7割に法違反 災害防止徹底を関係団体へ要請 青森労働局 - 06月05日(金)13:02 

 青森労働局は、令和元年度に管内の労働基準監督署が行った建設工事の監督指導結果をまとめた。建築・土木工事では167現場中118現場(違反率70.7%)で労働安全衛生法違反が見つかり、前年度に引き続き7割を超える現場で安全管理上の不備があった。  違反内容では、元方から関係請負人に対して必要な指導を行っていなかったなど元請業者に関する違反が86現場(同61.4%)と目立っている。また、重機の接触危……[続きを読む]
カテゴリー:

【社会】キッズライン、男性シッターの予約受付を停止 「専門家から性犯罪が男性により発生する傾向が高いことを指摘された」 - 06月04日(木)19:18  newsplus

ベビーシッターマッチングアプリの大手「キッズライン」は、男性シッターによる新規予約受付を一時停止すると2020年6月4日に発表した。 「専門家から性犯罪が男性により発生する傾向が高いことを指摘された」 ベビーシッター・キッズシッター(サポーター)と利用希望者をマッチングさせるサービスを提供している。 このサービスに登録していた元ベビーシッターの男性が、保育していた男児の下半身を触ったとして強制わいせつの疑いで逮捕されたことが報道されていた。 キッズラインは公式サイトを更新し、「本日2020年6月4日1...
»続きを読む
カテゴリー:

新型コロナウイルス「抗体検査」をグループ各クリニックにて実施開始 - 06月02日(火)10:00 

News Release   2020年6月2日 医療法人社団 翔和仁誠会    京王線沿線を中心に東京・神奈川にて耳鼻咽喉科有床サージセンター1医院と、耳鼻咽喉科、内科、小児科、皮膚科・泌尿器科クリニック14医院を運営する医療法人社団 翔和仁誠会(以下、翔和仁誠会)は、2020年6月2日よりグループ各クリニックにおいて、希望する患者様や契約する法人の従業員様に対して、自由診療にて新型コロナウイルスの抗体検査を実施します。     IgM/IgG抗体検査キット(本体)      5月25日に新型コロナウイルスの感染拡大に関する緊急事態宣言が全国的に解除され、経済活動が約2カ月ぶりに再開されました。しかし、多くの感染症専門家から夏以降に感染拡大の第二波が到来することが警告されており、経済活動の本格的な回復にはしばらく時間が掛かる見込みです。そして、このような不安な状況の下、個人のほか、接客業などに従事する法人を中心に新型コロナウイルスの抗体検査実施に対する需要が日々高まっています。    これを受けて当グループでは、6月2日より、グループ各クリニックにおいて希望する患者様に対し、CEマーク(EU加盟国基準適合 ※)を取得した検査キットを用いた抗体検査を自由診療(検査費用 7,700円・税込み)にて実施いたします。抗...more
カテゴリー:

【改正資金決済法対応】 顧客資産の95%以上をコールドウォレットで管理している仮想通貨取引所を紹介 - 05月28日(木)12:18 

仮想通貨と聞くと「ハッキング」を連想する方もいらっしゃるかと思います。過去に日本の仮想通貨取引所で顧客の仮想通貨の外部流出事案が発生しました。そのため金融庁は、業界団体(JBA、JCBA)と連携してセキュリティ要件を更新し続けており、仮想通貨取引所もこれらの要件に準拠するために内部管理態勢や利用者保護施策を更新しています。 2020年5月には改正資金決済法が施行されました。これにより、仮想通貨交換業者は「業務の円滑な遂行等のために必要なものを除き、顧客の仮想通貨を信頼性の高い方法(オンラインによる取り扱いが発生しないコールドウォレットなど)で管理すること」が義務づけられました。 金融庁の事前通達を受けて、既に多くの取引所が新たな規定に対応し、声明を出しています。ここでは「仮想通貨投資家の総預かり資産の95%以上をコールドウォレットで保管している」中で、特徴的な仮想通貨取引所4選をご紹介していきます。 目次 顧客資金を独自のセキュリティ体制で管理している仮想通貨取引所4選 1. FX口座数が国内1位!DMM.comグループのDMM Bitcoin 2. 大手カストディ企業BitGoと提携するbitbank 3. セキュリティ評価で国内最高ランクのLiquid 4. 現金を楽天信託で管理する楽天ウォレット まとめ 顧客資産の95%以上をコールドウォレットで管理している仮想通貨取引所...more
カテゴリー:

食品事業者を支援する“HACCPナビ”、食品安全マネジメント(FSM)、一般衛生管理(GMP)対応も可能に - 05月26日(火)10:00 

株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森崎孝、以下 MRI)と株式会社アイネス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉村晃一、以下 アイネス)は、HACCP(ハサップ)(注1)制度化に対応する食品関連事業者向け支援サービス“HACCPナビ(注2)”を提供しています。5月31日、本サービスに、食品安全マネジメント(FSM)、一般衛生管理(GMP)に対応した機能を追加します。これにより、食品業界でニーズが増えているJFS規格に対応した文書管理がクラウド上で可能になります。1. HACCPナビ新機能についてMRIとアイネスが開発したHACCPナビは、HACCPの制度化に対応する文書・帳票の作成やその運用実績の記録を支援するサービスで、2020年1月31日に提供を開始しました。5月31日、JFS-A・B・C規格(注3)に対応した食品安全マネジメント(FSM)、一般衛生管理(GMP)の文書作成支援機能を追加します。HACCPは食品安全管理の国際標準であり、日本国内すべての食品事業者に導入が求められています。これに伴い、実際の商取引の中では、国内外を問わず、食品安全の証明、二者監査コストの削減等のためにJFS規格等、民間の認証規格への期待が高まり、活用される機会が増えています。JFS規格等に対応できるようになれば、HACCPを効果的に運用し、食品安全レベルを維持・向上す...more
カテゴリー:

ベビーシッターマッチングアプリ「ジャップオスはわいせつ事件起こすから登録禁止な」 - 06月04日(木)20:41  poverty

ベビーシッターマッチングアプリの大手「キッズライン」は、男性シッターによる新規予約受付を一時停止すると2020年6月4日に発表した。 「専門家から性犯罪が男性により発生する傾向が高いことを指摘された」 ベビーシッター・キッズシッター(サポーター)と利用希望者をマッチングさせるサービスを提供している。 このサービスに登録していた元ベビーシッターの男性が、保育していた男児の下半身を触ったとして強制わいせつの疑いで逮捕されたことが報道されていた。 キッズラインは公式サイトを更新し、「本日2020年6月4...
»続きを読む
カテゴリー:

荒川の河川敷に鹿が出没 - 06月02日(火)13:12 

 2日朝、東京・足立区と埼玉県川口市の間を流れる荒川の河川敷に1頭の鹿が出没し、警視庁などが対応にあたっています。 午前7時半、川口市に出没した短い角が生えた鹿。人の気配を感じたためか、まもなく荒川を泳いで東京側へと移動しました。その後、警視庁と東京消防庁が出動し、人に危害を加えないよう対応にあたりますが、鹿は素早く飛び跳ねて逃げ回ります。  警視庁によりますと、鹿は先月31日に東京・板橋区で目撃されたほか、1日も「新荒川大橋から鹿が見える」との情報が寄せられていました。  現在、対応に当たっている足立区は「市街地に鹿が出ないよう安全管理に努める」としています。
カテゴリー:

【女優】吉高由里子、ブルーインパルス横の「あの1機はなんですか?」「医療関係者の皆様が嬉しそうに見上げてる映像みたらまた感動。」 - 05月30日(土)20:28  mnewsplus

https://sirabee.com/2020/05/30/20162337726/ 2020/05/30 29日、東京上空のブルーインパルス・医療従事者感謝飛行は、日本中を歓喜の渦に巻き込んだ。女優の吉高由里子は、SNS上に、「あぁ本当神がかりな天候で、みんなが一緒に見上げる空が 、今日でよかったって、 とても感動しました」と率直な感想を投稿。また、「医療関係者の皆様が嬉しそうに、ブルーインパルス見上げてる映像みたら、また感動。」と医療関係者への想いも綴った。さらに、「6機飛んでる少し離れた横にいた、もう1機はなんですか?」と問いかけた。 https:...
»続きを読む
カテゴリー:

HACCPナビ、食品安全マネジメント、一般衛生管理対応も可能に - 05月26日(火)10:00 

2020年5月26日 株式会社三菱総合研究所 食品事業者を支援する“HACCPナビ”、食品安全マネジメント(FSM)、一般衛生管理(GMP)対応も可能に 株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森崎 孝、以下 MRI)と株式会社アイネス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉村 晃一、以下 アイネス)は、HACCP(ハサップ)(注1)制度化に対応する食品関連事業者向け支援サービス“HACCPナビ(注2)”を提供しています。5月31日、本サービスに、食品安全マネジメント(FSM)、一般衛生管理(GMP)に対応した機能を追加します。これにより、食品業界でニーズが増えているJFS規格に対応した文書管理がクラウド上で可能になります。 1. HACCPナビ新機能について MRIとアイネスが開発したHACCPナビは、HACCPの制度化に対応する文書・帳票の作成やその運用実績の記録を支援するサービスで、2020年1月31日に提供を開始しました。5月31日、JFS-A・B・C規格(注3)に対応した食品安全マネジメント(FSM)、一般衛生管理(GMP)の文書作成支援機能を追加します。 HACCPは食品安全管理の国際標準であり、日本国内すべての食品事業者に導入が求められています。これに伴い、実際の商取引の中では、国内外を問わず、食品安全の証明、二者監査コストの削減等...more
カテゴリー:

【愛知】15メートル下の“可燃ゴミの中に転落”…命綱つけず作業していた38歳男性が“手首骨折” 2重扉が故障 名古屋市 - 05月25日(月)20:09  newsplus

名古屋市千種区のゴミの焼却施設で25日午後、ゴミを集積していたピットに男性作業員が落下しケガをしました。 施設内の監視カメラが、事故の瞬間を捉えていました。 これは、ゴミの焼却施設に設置された監視カメラの映像。 大量のゴミがピットに入れられる中、次の瞬間…1人の男性作業員がピットに落下。 男性はおよそ15メートル落下しましたが、ゴミがクッションになり、命に別条はありませんでした。 (リポート) 「ゴミ捨ての作業をしていた人は、あちらの扉から15メートル下へと転落しました」 警察によりますと、25日...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「安全管理」の画像

もっと見る

「安全管理」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる