「建設中」とは?

関連ニュース

カタールが32兆円を投じて建設したワールドカップ都市、閉幕後は廃墟に - 12月03日(土)20:43  poverty

カタールW杯後に取り残される、人影のない近未来都市・ルサイル ワールドカップ開幕まで残り1ヶ月を切ったころ、奇妙なことに、開催地であるカタールの「ルサイル・シティ」は閑散としていた。  大通りに人影はなく、建築現場には稼働しないままの昇降機やクレーンがいたる所に見受けられた。首都ドーハの北方20キロメートルに位置し、洗練されたイメージのこの地区は、ワールドカップの観戦客や開催地カタール国内に住む数十万人を受け入れるために建設された。  サッカー界で最大規模の大会が行われているさなか、閑散とした...
»続きを読む
カテゴリー:

【朗報】中国、超高層養豚場を建設 - 12月03日(土)13:16  livejupiter

中国湖北省鄂州市の郊外、26階建てのこの建物は、年間120万頭の豚を処理することができる養豚施設だ。単一の建物としては世界最大の養豚施設となっている。 豚肉は中国で最も人気のある動物性たんぱく質であり、同国ではその膨大な需要に対応するため、こうした高層の養豚施設が増加している。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

事業変更許可申請 RFSが一部補正/むつ・中間貯蔵施設 - 12月03日(土)11:21 

リサイクル燃料貯蔵(RFS)は2日、青森県むつ市に建設中の使用済み核燃料中間貯蔵施設に関し、事業変更許可申請書の一部補正を原子力規制委員会に提出した。地震・津波に関する内閣府の考察について、今年1月に申請書提出後に公表された最終報告の内容を反映するとともに、この最終報告を参考文献に追加した。また、用語を統一するなど申請書の記載内容の適正化を図るなどした。
カテゴリー:

「弥栄会館」を保存活用し建設中の新規ホテル 内装デザインを担う建築家として榊田倫之(新素材研究所)起用 - 12月02日(金)11:30 

2022年(令和4年)12月2日 株式会社帝国ホテル 京都・祇園甲部歌舞練場敷地内 「弥栄会館」を保存活用し建設中の新規ホテル 内装デザインを担う建築家として 榊田倫之(新素材研究所)を起用   ©︎New Material Research Laboratory 新規ホテルの正面玄関部分完成イメージパース ※榊田氏の榊は<木ヘンに神>    株式会社帝国ホテル(代表取締役 定保英弥)は、2026年春の開業に向け準備を進めている京都・祇園甲部歌舞練場敷地内にある弥栄会館の一部を保存活用した新規ホテルの内装全般を、株式会社新素材研究所に委嘱することを決定しました。同社代表取締役所長を務める建築家の榊田倫之氏が、同ホテルの内装デザインを担います。 ◇    当社は、2019年10月、新規ホテル計画の検討および協議を開始することに関する基本合意書を、学校法人八坂女紅場学園との間で締結し、関係者および関係諸機関との検討・協議を進めてまいりました。そして、2021年3月には、京都市都市計画で定められた景観地区および高度地区における手続きの中で専門家による公開の審議を経て、地域の景観への配慮、また、祇園甲部歌舞練場敷地全体の一体的な整備に貢献し価値ある建築物や風景を継承していく本計画の意義が認められ、これらの手続きが完了しました。2021年5月には、計画地...more
カテゴリー:

JFL鈴鹿「痛恨の結果」スタジアム建設中止を市から要請 公式サイトでコメント発表 - 12月01日(木)22:05 

サッカーJFLの鈴鹿ポイントゲッターズは1日、三重・鈴鹿市からスタジアム建設中止の要請を受けたことを明らかにした。公式サイトに「痛恨の結果」などとつづった。 三重県鈴鹿市は11月28日、鈴鹿ポイントゲッターズ運営会社が同市で計画するサッ…
カテゴリー:

【朗報】中国、超高層養豚場を建設 - 12月03日(土)13:21  news4vip

中国湖北省鄂州市の郊外、26階建てのこの建物は、年間120万頭の豚を処理することができる養豚施設だ。単一の建物としては世界最大の養豚施設となっている。 鄂州市のこの施設は、3700頭の種豚たちとともに操業を開始した。更にその隣には、同じ規模を持つもう一つの豚舎が完成間近となっている。 豚肉は中国で最も人気のある動物性たんぱく質であり、同国ではその膨大な需要に対応するため、こうした高層の養豚施設が増加している。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【W杯】中国、W杯カタール大会でドイツ、イタリア、フランス、スペインを「撃破」。メイン会場入札 - 12月03日(土)11:52  mnewsplus

中国代表チームはサッカーワールドカップ(W杯)カタール大会に出られなかったが、現地では中国の要素が不可欠となっている。W杯のメイン会場となるルサイル競技場は中国建設大手、中国鉄建(CRCC)子会社の中国鉄建国際(CRCC International)と現地の建設請負企業HBKが共同で建設。これは「中国の建設業」が海外進出する縮図となった。 今回のW杯は過去最高の費用がかかったといわれる。カタールは過去7回のW杯にかかった費用の4倍となる約2290億ドル(約32兆円)を投じてスタジアム、空港、ホテル、ショッピングモール、地下鉄、道...
»続きを読む
カテゴリー:

Appleなどの要請を受けTSMCのアリゾナ新工場は5nmではなく4nmプロセスに切り替える方針 - 12月02日(金)13:00 

アメリカのアリゾナ州に建設中のTSMCの半導体製造工場では当初5nmプロセスで半導体が製造されると発表されていましたが、AppleやAMD、NVIDIAからの要請を受け、TSMCは生産ラインを4nmプロセスに切り替えたとBloombergが報じました。
カテゴリー:

【話題記事】神宮前交差点で建設中の商業施設、開.. - 12月01日(木)23:05 

【話題記事】神宮前交差点で建設中の商業施設、開業は24年春 東急不動産が発表
カテゴリー:

JR大阪駅の新改札口「関西の玄関に」23年3月から運用 新駅直結 - 12月01日(木)19:34 

 JR西日本は1日、大阪駅に新設される二つの改札口を報道陣に公開し、名称を発表した。いずれも駅北側に建設中の新たな地下ホーム(新駅)とつながる。新駅直近に「うめきた地下口」、現在の駅舎西側に「西口」を整備する。運用開始は新駅と同じ2023年3月を予定している。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる