「トランプ米大統領」とは?

関連ニュース

「オバマ氏、金正恩氏に11回も電話をかけたが袖に。敬意持たれてないから」 トランプ氏が主張 - 10月22日(火)14:24 

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は21日、ホワイトハウスで記者団に対し、オバマ前大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に11回にわたり電話をかけたが、金正恩氏は会話に応じなかったと述べた。トランプ氏は「(オバマ氏に)敬意を抱いていないからだ。だが、私の電話は取る」と語り、両者が良好な関係にあると強調した。
カテゴリー:

シリア情勢で米議員からトルコ制裁の声、クルドは「民族浄化」と非難 - 10月22日(火)13:58 

米議員らは21日、トルコのシリア進攻を改めて批判し、トルコが進攻を止めなければ制裁を科すべきと主張した。クルド人の政治家はトランプ米大統領に対し、クルド人の「民族浄化」を止めるよう訴えた。
カテゴリー:

12月の対中関税取りやめも 米高官、交渉進展なら「可能性」 - 10月22日(火)11:06 

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米政権のクドロー国家経済会議委員長は21日、米FOXビジネステレビで、「『第1段階』の交渉が進展すれば、12月に予定する対中関税発動を取りやめる可能性がある」と述べた。クドロー氏は、判断は「トランプ米大統領次第だ」と指摘。11月中旬に調印を目指す第1段階の貿易合意に関して、米中の協議進展に期待を示した。
カテゴリー:

蟇セ荳ュ騾壼膚蜷域э縲∫ャャ2谿オ髫弱?繧医j邁。蜊倥↓?昴ヨ繝ゥ繝ウ繝礼アウ螟ァ邨ア鬆 - 10月22日(火)08:58 

[ワシントン 21日 ロイター] - トランプ米大統領は21日、中国との通商合意は成功裏に実現すると述べ、合意の可能性について引き続き楽観的な考えを示した。 トランプ氏はこの日の閣議で、中国との第2段階の合意に向けた課題は多くの点で第1段階より解決が簡単だと記者団に指摘した。 閣議前には記者団に対し「中国との取引は非常にうまくいっている。中国はディールを望んでいる」とし、米国の関税が中国経済に大
カテゴリー:

和平案「何も聞かされていない」アッバス議長、米に憤り - 10月22日(火)05:00 

 パレスチナ自治政府のアッバス議長が朝日新聞の単独インタビューに応じた。アッバス氏は、トランプ米大統領への強い不信感を示すとともに、パレスチナ統一に向けた選挙の実施に意欲を見せた。 インタビューの詳細…
カテゴリー:

政府、米国の月探査計画への参画を決定 - 10月22日(火)14:09 

AC0x01 曰く、政府は18日に開催した第20回宇宙開発戦略本部会合で、米国が提案する月探査計画への参画を決定した(参画方針: PDF、 米国提案による国際宇宙探査について: PDF、 NHKニュースの記事、 soraeの記事)。 米国は2022年より月周回有人拠点(ゲートウェイ)の建設を開始し、2024年には有人月着陸を計画している。日本には昨年参画を提案していた。 宇宙開発戦略本部では以下の4点を協力項目としてまとめている。 第1段階ゲートウェイへの我が国が強みを有する技術・機器の提供 HTV-X、H3によるゲートウェイへの物資・燃料補給 着陸地点の選定等に資する月面の各種データや技術の共有 月面探査を支える移動手段の開発 具体的な参画にあたり、日本人宇宙飛行士が活躍する機会の確保など、宇宙先進国としてのプレゼンスの確保を図ることが留意点の一つとして挙げられている。 すべて読む | サイエンスセクション | 日本 | JAXA | NASA | 月 | 関連ストーリー: NASA、インドの月探査機チャンドラヤーン2号着陸機を軌道上から確認できず 2019年09月29日 インドの月探査機チャンドラヤーン2号周回機、通信が途絶えた着陸機を軌道上から確認 20...more
カテゴリー:

米共和党は弾劾調査に「より強い姿勢」で対抗を、トランプ氏要求 - 10月22日(火)12:02 

トランプ米大統領は21日、野党・民主党がウクライナ疑惑を巡り自身を弾劾するのは予想されていると述べ、身内の共和党議員に対し、より強い姿勢で対抗するよう求めた。
カテゴリー:

米、シリア北東部の一部米軍残留を検討=国防総省 - 10月22日(火)09:03 

[ドホーク(イラク)/カブール/ワシントン 21日 ロイター] - エスパー米国防長官は21日、米軍の一部をシリア北東部の油田近くにクルド人主体の武装勢力「シリア民主軍(SDF)」とともに残留させ、原油が過激派組織「イスラム国」(IS)の手に渡らないようにすることを検討していると明らかにした。 トランプ米大統領が表明した米軍によるシリア撤退の一環として、21日には100台以上の車両がシリア北部から
カテゴリー:

中国を笑えるのか。静かに、しかし確実に監視社会化するニッポン - 10月22日(火)05:00 

今や全世界が知るところとなっている、街頭カメラを駆使した中国の監視社会化。共産党一党支配と併せて日本や米国では否定的に報じられていますが、果たしてその報道は正しいと言えるのでしょうか。ジャーナリストの高野孟さんは今回、自身のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』で、中国監視社会の「別の一面」を記した書籍の内容を紹介しつつ、現在日本でなされているマイナストーンの記事や報道を、「控えめに言ってもミスリーディング」と切り捨てています。 偏見のレンズこしに中国を見るのはもう止めにしよう――梶谷懐・高口康太『幸福な監視国家・中国』を読む 前号で、日本経済新聞の編集委員が何のためらいもなく「民主主義国家ではない共産党一党支配の中国」と表現し、米国や日本を脅かす深刻な「体制間競争」の相手であると規定していることを紹介した。「共産党一党独裁なのだから民主主義国でないに決まっているだろう」と言わんばかりの勢いだが、その独裁国=中国の習近平主席がモデルにしているのはシンガポールだと言われている。 さて、ここで質問ですが、シンガポールは民主主義国なのかそうでないのか。周知のようにこの国では、与党=人民行動党がかつては国会の全議席を独占していたが、80年代以降は野党が1~数議席を占めるようになり、現在は89議席中6議席を野党に譲っているものの、事実上の一党独裁である。政府への不満や民族対立を煽る言...more
カテゴリー:

対中通商合意、第2段階はより簡単に=トランプ米大統領 - 10月22日(火)04:11 

トランプ米大統領は21日、中国との通商合意は成功裏に実現すると述べ、合意の可能性について引き続き楽観的な考えを示した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「トランプ米大統領」の画像

もっと見る

「トランプ米大統領」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる