「トランプ米大統領」とは?

関連ニュース

トランプ氏 最高裁審理に弱気も - 11月30日(月)05:58 

【ワシントン共同】トランプ米大統領は29日、FOXニュースの電話インタビューに応じ、民主党のバイデン前副大統領が勝利を決めた大統領選で大規模な不正が行われたと主張、...
カテゴリー:

【トランプ大統領】 年明けにも2024年大統領選への出馬を表明か - 11月29日(日)14:55  newsplus

ドナルド・トランプ米大統領は勝利宣言を行った民主党のジョー・バイデン氏が大統領職に就任する2021年1月20日に声明を発表し、2024年の大統領選に出馬する意向を発表すると見られている。米国のニュースサイト、「デイリー・ビースト」が消息筋による証言をもとに報じた。 報道によると、トランプ大統領はバイデン氏の活動を妨害するため、様々な計画を練っているという。その一つが大統領選への出馬表明と報じられている。 c AP PHOTO / PATRICK SEMANSKY 初の黒人国防長官誕生か 多様性を目指すバイデン氏の新政権 デイリー・...
»続きを読む
カテゴリー:

【米国】トランプ大統領、記者を一喝「私にそんな口をきくな!」 - 11月29日(日)08:31  newsplus

トランプ大統領、記者を一喝「私にそんな口をきくな!」 何週間も記者団からの質問に応じてこなかったトランプ米大統領が現地時間26日、記者会見の場に登場した。 会見前には海外に駐在するアメリカ軍人と電話で話した。国への奉仕を感謝し、感謝祭おめでとうと告げると、大統領は「大規模な不正」があったと虚偽の不正をあらためて主張し、選挙結果について語った。 選挙人がジョー・バイデン氏に票を投じたら敗北を認めるか、と尋ねられたトランプ大統領は、「敗北を認めるのはなんとも難しい。大規模な不正があったのは確かなの...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ大統領、記者を一喝「私にそんな口をきくな!」 - 11月29日(日)06:45 

何週間も記者団からの質問に応じてこなかったトランプ米大統領が現地時間26日、記者会見の場に登場した。会見前には海外に駐在するアメリカ軍人と電話で話した。国への奉仕を感謝し、感謝祭おめでとうと告げると、大統領は「大規模な不正」があったと虚偽の・・・
カテゴリー:

トランプ氏が正論「バイデン陣営は不正がなかった証拠を出せ!」 - 11月29日(日)04:35  news

米大統領選の投開票で不正があったとドナルド・トランプ米大統領が主張し、各地で裁判を起こしている問題で、ペンシルヴェニア連邦高裁は27日、 トランプ陣営は具体的な不正の申し立てや証拠を提示していないと、訴えを棄却した。トランプ陣営は、連邦最高裁に上訴する意向を示した。 トランプ氏の指名で就任したステファノス・ビバス判事は、 「自由で公平な選挙はこの国の民主主義の命に不可欠だ。不公正があったという訴えは深刻なものだ。 しかし、選挙に不正があったと言うだけでは、不正があったことにはならない」と指摘。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

元GW・折口会長とトランプ大統領の秘蔵ツーショッ.. - 11月30日(月)04:00 

元GW・折口会長とトランプ大統領の秘蔵ツーショットを発掘 折口氏はインタビューの中で、ドナルド・トランプ米大統領との意外な交流も明かした。初めてトランプ大統領と会ったのは2005年の春。その後、親交を深めていったという。 #トランプ大統領
カテゴリー:

【米国】トランプ大統領、記者を一喝「私にそんな口をきくな!」 ★2 - 11月29日(日)10:45  newsplus

トランプ大統領、記者を一喝「私にそんな口をきくな!」 何週間も記者団からの質問に応じてこなかったトランプ米大統領が現地時間26日、記者会見の場に登場した。 会見前には海外に駐在するアメリカ軍人と電話で話した。国への奉仕を感謝し、感謝祭おめでとうと告げると、大統領は「大規模な不正」があったと虚偽の不正をあらためて主張し、選挙結果について語った。 選挙人がジョー・バイデン氏に票を投じたら敗北を認めるか、と尋ねられたトランプ大統領は、「敗北を認めるのはなんとも難しい。大規模な不正があったのは確かなの...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ大統領「バイデン陣営は不正がなかった証拠を出せ!」 - 11月29日(日)08:13  livejupiter

米大統領選の投開票で不正があったとドナルド・トランプ米大統領が主張し、各地で裁判を起こしている問題で、ペンシルヴェニア連邦高裁は27日、 トランプ陣営は具体的な不正の申し立てや証拠を提示していないと、訴えを棄却した。トランプ陣営は、連邦最高裁に上訴する意向を示した。 トランプ氏の指名で就任したステファノス・ビバス判事は、 「自由で公平な選挙はこの国の民主主義の命に不可欠だ。不公正があったという訴えは深刻なものだ。 しかし、選挙に不正があったと言うだけでは、不正があったことにはならない」と指摘。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ大統領「バイデン陣営は不正がなかった証拠を出せ!」 - 11月29日(日)04:46  poverty

米大統領選の投開票で不正があったとドナルド・トランプ米大統領が主張し、各地で裁判を起こしている問題で、ペンシルヴェニア連邦高裁は27日、 トランプ陣営は具体的な不正の申し立てや証拠を提示していないと、訴えを棄却した。トランプ陣営は、連邦最高裁に上訴する意向を示した。 トランプ氏の指名で就任したステファノス・ビバス判事は、 「自由で公平な選挙はこの国の民主主義の命に不可欠だ。不公正があったという訴えは深刻なものだ。 しかし、選挙に不正があったと言うだけでは、不正があったことにはならない」と指摘。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

Twitter、認証済みアカウントプログラムの再開に向けた新ポリシーのドラフトを公開し、フィードバックを求める - 11月28日(土)17:18 

Twitterは24日、認証済みアカウントプログラムを来年から再開する計画を明らかにした(Twitterのブログ記事)。 アカウント名の横に青い認証済みバッジが表示される認証済みアカウントは、もともとTwitterの判断で関心を集めるアカウントを任意に認証していたが、2016年からはユーザーが申請することも可能になった。アカウントの認証は関心を集める著名人のアカウントが本物であることを示すだけのものだが、長らくTwitterによる支持と受け取られていた。そのため、2017年には白人至上主義者のアカウントを認証したことが批判されることになる。Twitterではこの問題を受け、混乱を生まない方法を検討するためとしてプログラムは一時停止。その後は米国の2020年の選挙に向けた対策が優先されるなど、そのまま放置されていた。 今回、Twitterでは新しい認証済みアカウントポリシーのドラフトをヘルプページで公開し、フィードバックを12月8日まで受け付けている。新しいポリシーではTwitterの独断だと批判されていた著名性に関する要件が具体的に示され、認証取り消しの条件も示されている。今後は12月17日に最終版のポリシーを公開し、2021年の初めには申請の受付を再開する計画のようだ。 すべて読む | ITセクション | YRO | Twitter | ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「トランプ米大統領」の画像

もっと見る

「トランプ米大統領」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる