「地球温暖化」とは?

関連ニュース

貧困国では発電された電力の半分が「送電網」の途中で失われ大量の二酸化炭素が無駄に排出されている - 01月26日(日)23:00 

近年では地球温暖化を食い止めるため、世界中で二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの削減が叫ばれています。しかし、多くの人々が化石燃料の利用停止や再生可能エネルギーによる発電について言及する一方で、「送電網の改善」について訴える人はほとんどいません。新たな研究では、「特に送電網に焦点を当てた電力部門の無駄を削減することで、大量の二酸化炭素排出量を削減できる」ことが明らかとなりました。
カテゴリー:

気候変動を信じない人に向けた「観光ポスター」 - 01月26日(日)19:00 

グレタ・トゥーンベリが始めた気候変動の注意喚起をおこなう学校ストライキ「FridaysForFuture」は、どんどん存在感を増しており、今や世界規模のムーブメントになっている。 とはいえ、気候変動に対して懐疑的な人が多数いるのも事実。そんな人に向けて、「FridaysForFuture」とロサンゼルスの広告制作会社「FF Los Angeles」がタッグを組み、強いメッセージ性のある観光ポスターを制作した。 「You don’t believe in global warming? How about local warming?(地球温暖化を信じませんか? それなら、地域温暖化はどうですか?)」という言葉を添えて。 想像に難くないが、ポスターで描かれているのは気候変動が進んだ後のカリフォルニアやベネチアの様子だ。同じ画像が投稿されたSNSには、 グレタや「FridaysForFuture」を支持する人たちから賞賛のコメントが集まっている。Top image: © FF Los Angeles
カテゴリー:

宇宙の歴史から地球温暖化を捉え直す……ビル・ゲイツが11億円を出資した「ビッグヒストリー」とは? - 01月26日(日)06:00 

「あなた方は、私たちの声を聞いている、緊急性は理解している、と言います。私はそれを信じたくありません。もし、この状況を本当に理解しているのに、行動を起こしていないのならば、あなた方は邪悪そのものです」 …
カテゴリー:

環境保護活動家グレタさん「子供を生まないほうが倫理的だ」終末論を語る - 01月25日(土)11:07  news

sssp://img.5ch.net/premium/1372182.gif 1月21日に開かれた世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)の演説で、企業幹部らを痛烈に批判したスウェーデン人の環境保護活動家のグレタ・トゥーンベリさん(17歳)。 まるで彼女の予言が的中したかのように、オーストラリアの森林火災が拡大し続けている。 そして多くのメディアが今回の大規模森林火災について、「世界の終わり」の予兆を見いだしたかのような論評をしている。曰(いわ)く「地球の恐ろしい未来を予言している」 「まるで世界の終わりだ」「温暖化が進む地球の...
»続きを読む
カテゴリー:

ダボス会議に合わせてグレタさんなどがデモ 温暖化対策訴える - 01月25日(土)05:55 

スイスで開かれていた世界経済フォーラムの年次総会「ダボス会議」に合わせ、スウェーデンの17歳、グレタ・トゥーンベリさんなどが24日、現地でデモを行い、世界の政財界のリーダーたちに地球温暖化対策を推し進める重要性を訴えました。
カテゴリー:

【地球のために水道水を飲みましょう】ペットボトル等の使い捨て容器の代わりに水筒に給水できる場所の設置を進めている団体の全国会議 - 01月26日(日)21:56  newsplus

給水場所設置の普及目指す会議 *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/20200126/8030005703.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を ペットボトルなどの使い捨て容器の代わりに、水筒に給水できる場所の設置を進めている団体の 全国会議が、高松市で開かれ、うどん店を活用した先進的な取り組みなどが報告されました。 この会議は、プラスチックごみの削減が世界的な課題となる中、各地の環境保護団体が集まって 高松市で初めて開いたもので、20人余りが参加しま...
»続きを読む
カテゴリー:

【環境問題】紙製カップや竹製ストローで脱プラ。白馬のカフェ「お客さんにも考えてもらうきっかけになれば」 - 01月26日(日)07:22  newsplus

https://news.goo.ne.jp/article/chuplus/region/chuplus-CK2020012602000013.html 白馬村北城のカフェ「ベアーズカフェ」が、プラスチック製カップやふた、ストローとポリ袋の提供をやめた。 地球温暖化やプラスチックごみによる海洋汚染が世界で問題となる中、自然の恩恵を受けている 白馬の飲食店として環境を守ろうと決断した。カップは紙製に、ストローは竹製にそれぞれ切り替え、 「村内で脱プラスチックが広がれば」と願う。   紙製カップは持ち帰り用で、店内向けには以前から陶器のマグカップを使っている。 マネジ...
»続きを読む
カテゴリー:

【環境】CO2より危険 「ほぼ消えた」はずの強力な温室効果ガス、過去最高を記録 - 01月25日(土)14:09  newsplus

二酸化炭素よりも地球温暖化への影響が1万2400倍も高い有害なガスの排出量が、これまでよりも増えていることが分かった。 HFC-23(トリフルオロメタン、フロン23)は、2017年にインドと中国が排出量をほぼゼロに削減したと報告した後、ほぼ完全に除去されたと考えられてきた。だが、1月21日付けのネイチャー ・コミュニケーションズ(Nature Communications)誌に掲載された論文によれば、実際には2018年には石炭火力発電所およそ50カ所の年間CO2排出量に相当する過去最高の1万5900トンが排出されていた。 HFC-23は冷蔵庫や空調装...
»続きを読む
カテゴリー:

安倍首相が達成した公約一覧ωωωωωωωωωωωω - 01月25日(土)08:01  livejupiter

消費税5→8→10%へアップ 所得税増税 相続税増税 地球温暖化対策税増税 たばこ税増税 出国税創設 高度プロフェッショナル制度創設 子育て給付金廃止 北方領土問題解決 一帯一路構想への参加 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【環境】「子供を産まないほうが地球環境にとって倫理的だ」 グレタさんに便乗して「終末論」を煽る活動家たち - 01月24日(金)20:12  newsplus

1月21日に開かれた世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)の演説で、企業幹部らを痛烈に批判したスウェーデン人の環境保護活動家のグレタ・トゥーンベリさん(17歳)。まるで彼女の予言が的中したかのように、オーストラリアの森林火災が拡大し続けている。 そして多くのメディアが今回の大規模森林火災について、「世界の終わり」の予兆を見いだしたかのような論評をしている。曰(いわ)く「地球の恐ろしい未来を予言している」「まるで世界の終わりだ」「温暖化が進む地球の未来である」etc――。彼女の言動をめぐって日々世...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「地球温暖化」の画像

もっと見る

「地球温暖化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる