「クラウド」とは?

関連ニュース

Canon USA、7月から8月に不正アクセスを受けて従業員の個人情報が流出 - 11月29日(日)15:32 

Canon USAは11月25日、7月下旬から8月上旬にかけて同社のネットワークに不正アクセスがあり、従業員に関するデータが流出していたことを明らかにした(Canon USAの発表、 Softpediaの記事)。 Canon USAでは8月4日にランサムウェア攻撃を確認し、対策を行うとともに調査を進めていたそうだ。同社ネットワークでは7月20日から8月6日の間に不正な活動が確認されており、この間にファイルサーバー上のファイルへの不正なアクセスが行われていたという。ファイルサーバーの調査は11月2日に完了し、2005年~2020年にCanon USAまたは特定の子会社・前身会社・関連会社に勤務していた従業員(現・元)および、その受取人や扶養家族に関する情報を含むファイルへのアクセスが判明したとのこと。 ファイルには個人の名前および、その人の社会保障番号・運転免許証番号・政府発行の身分証明書番号・振込先金融機関の口座番号・電子署名・生年月日のうち少なくとも1つ以上のデータが含まれていたという。Canon USAでは影響を受けた人に謝罪するとともに、Experianの信用情報保護サービスIdentityWorksのメンバーシップ12か月分を無償提供すると述べている。 すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | スラッシュバック | ...more
カテゴリー:

凸版印刷はAIを用いて動画コンテンツ3日で制作.. - 11月29日(日)11:03 

凸版印刷はAIを用いて動画コンテンツ3日で制作・納入できる新サービスを12月1日に始める。クラウド型AI動画編集システムを手がけるオープンエイトと業務提携し、動画制作サービス「モブリン」を共同開発。紙媒体の市場が縮小する中、動画を制作する社内人材も育成。
カテゴリー:

直感型おでかけアプリSassy(サッシー)クラウドファンディングでプロジェクト達成!ネクストゴールチャレンジ中!! - 11月29日(日)10:00 

株式会社RelyonTripは、現在、自分に"刺さる"スポットに出会える直感型おでかけアプリ「Sassy」をひろめるためにクラウドファンディングを行っています。お出かけスポットを調べる時の「メンドクサイ」部分をすべて引き受け、おでかけの「ワクワク」を倍増させるのが「Sassy」というアプリです。一番の特徴は、数々の良質スポットを知り尽くした「おでかけDJ」が、テーマにあわせたイチオシのスポットを厳選してパッケージ化しています。一般的なまとめサイトと違い、複数のスポットをマップでまとめて把握でき、そのままお気に入り保存も可能です。
カテゴリー:

クラウドファンディング Kick-Offイベント12月1日20:30スタート! ~九州からキックボクシングの世界チャンプを出したい!~ - 11月29日(日)09:00 

 新型コロナウイルスの影響で開催が延期になった九州キックボクシング5階級王座決定戦を、来年2月に開催したく、クラウドファンディングを企画しました。企画を盛り上げるべく、そのKick-Offイベントを2020年12月1日(火)20時半から開催します。イベントはYouTubeのライブ配信にて行います。
カテゴリー:

一眼レフ撮影をスマホで遠隔操作できるようにする「FLEX」でクリエイティブな1枚を! - 11月29日(日)07:00 

DSLRやミラーレスカメラでの撮影を追究している人は要チェックのツールがアクセサリーメーカーMiopsから発表された。遠隔からスマホでシャッターなどをコントロールできるようにする「FLEX」だ。 タイムラプスやHDR写真の撮影に対応し、しかも風船が破裂したり水しぶきが上がったりという瞬間をセンサーが感知して自動でシャッターをきる機能も備え、ワンランク上の写真になること間違いなしだ。 光の変化に対応 FLEXはカメラのホットシュー(ストロボなどを取り付けるカメラ上部にある部分)に設置して使う。ざっくり言うと、カメラをスマホで操作できるようにするものだが、リモコン以上の機能を搭載している。 どんな撮影が可能になるかというと、主なものではまずタイムラプス(低速度撮影)。一定の間隔で連続撮影した静止画をつなぎ合わせるものだが、通常のタイムラプスに加え、FLEXは撮影しながら光のコンディションの変化に対応するモードも備える。 撮り逃しなし! それから、ハイスピード撮影もFLEXが得意とする分野だ。FLEXはセンサーを内蔵していて、そのセンサーが音や動きをキャッチすることでわずかな瞬間を逃さずにシャッターを自動できる。ウェブサイトには水を含んだ風船がはじける瞬間、マカロンが落ちる瞬間などをとらえる様子が紹介されている。 そのほか、長時間露出やHDRなど、玄人向けの撮影にも対応する。一眼レフを扱...more
カテゴリー:

ガントチャート対応のプロジェクト管理ツール「Sharegantt」 - 11月29日(日)15:00 

株式会社シェアガントは、プロジェクト管理などに役立つクラウドサービス「Sharegantt(シェアガント)」のβ版をリリース。Webサイトからアクセス可能な同サービスでは、ガントチャートなどのさまざまな機能が利用できる。 タスク管理やチャットにも対応! 横棒によって作業の進捗状況を可視化する「ガントチャート」は、プロジェクト管理や生産管理などに用いられる表のひとつだ。「Sharegantt」の大きな特長はサービス名が表している通りで、クラウド上にあるガントチャートを複数人で共有(シェア)できること。これにより、円滑なプロジェクト管理が実現する仕組みとなっている。 直感的に操作できるガントチャート機能に加えて、タスク管理機能やチャット機能も実装。チーム内のコミュニケーションをサポートする。ひとりで利用することも可能となっており、受験生や就活生のスケジュール管理にも役立ちそうだ。 料金プランとして、無料の「フリープラン」と月額980円(税込)の「プロプラン」が用意されている。後者の場合はプロジェクト数が無制限になり、広告もなくなるとのこと。多くのプロジェクトを登録して使い込みたい……という方は、「プロプラン」に登録してみても良いかもしれない。 「成功体験をシェアするツール」としての活用も想定 「Sharegantt」が想定しているのは、プロジェクト管理ツールとし...more
カテゴリー:

投資家ジェイソン・グリーン氏がSPACの展望と従来型IPOとの比較について語る - 11月29日(日)10:00 

Jason Green(ジェイソン・グリーン)氏はベンチャーキャピタリストとして揺るぎない評価を得ている。同氏が17年前に共同創業した、企業を対象とするファンドであるEmergence Capital(エマージェンスキャピタル)はSaleforce、Box、Zoomなど多くの企業に投資している。いまやあらゆるファンドがサービスとしてのソフトウェア(Software-as-a-Service)のスタートアップに投資している一方で、同氏のファンドは法人向けの製品やサービスを販売する多くのトップ創業者が頼りにする存在だ。 グリーン氏の投資分野に影響を与えるトレンドについて詳しく知るため、先週の終わりに、SPAC(特別買収目的会社)からバリュエーションまで、また現在競合している多くのライバルとの差別化について同氏と対談を行った。以下は、その内容を短く編集した抜粋版だ。 TechCrunch(以下、TC):SPACは十分な収益を生み出していないがために従来のルートで公開できない企業向けだという評価についてどう思いますか。 ジェイソン・グリーン氏(以下、JG):ええ、そうですね、これからが本当におもしろいと思います。SPACにとって2020年は特筆すべき年になりました。正確な数は覚えていませんが、今年SPACが調達した資金は500億ドル(約5兆2000億円)に上ります。すべてのSPACが今後1...more
カテゴリー:

【東京】ピンク屋形船でコロナ苦境乗り越える…ランチクルージングに“世界一スイーツ”も - 11月29日(日)09:07  newsplus

 新型コロナウイルス感染拡大の「第3波」は、忘年会シーズン間近の屋形船業界も直撃している。「屋形船 あみ達」(東京・江戸川区)の高橋悟社長(48)は、予約状況について「例年の2割もいっていない。忘年会を禁止している会社も多いでしょうからね」と話した。  1月に都内の別の屋形船で行われた新年会からクラスター(感染者集団)が発生。2月14日に報じられると、キャンセルが相次ぎ、毎年約9000人が乗船するという3、4月のお花見シーズンの利用はゼロになった。1916年創業で100年以上続いてきたが、4代...
»続きを読む
カテゴリー:

【独自開発!】人間工学に基づいて設計されたノートパソコンスタンド『BS1』 - 11月29日(日)08:00 

独自開発で人間工学に基づいて設計された、あなたの机に向かう姿勢を改善するパソコンスタンド「BS1」。自由な角度調整であなたの身体と目が疲れないように設定が可能!「オフィスワークでパソコンをよく触る」「タブレットで動画を視聴する時間が増えた」という方には最適な商品です! ▼キャンプファイヤークラウドファンディングページ  https://camp-fire.jp/projects/view/342980 
カテゴリー:

服作りをサポートするシタテルが考えるアパレルの未来とは?取締役の鶴征二にインタビュー - 11月28日(土)18:59 

「衣服生産のすべてがここに」をコンセプトに、服づくりをサポートする“衣服生産プラットフォーム”を展開する株式会社シタテル。2014年の創業から急成長を続け、今年3月には新たな衣服生産管理サービス「sitateru CLOUD生産支援(シタテルクラウド生産支援)」をリリースし、持続可能なファッション業界の実現を目指す注目企業だ。今回は2016年に同社に入社し、現在クラウドサービスの責任者も務める取締役の鶴 征二氏にインタビュー。ファッション業界の現状、そしてシタテルの目指す未来について話を伺った。 このコンテンツは FASHIONSNAP.COM が配信しています。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「クラウド」の画像

もっと見る

「クラウド」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる