「不思議」とは?

関連ニュース

石井孝明、小泉今日子 柴咲コウさんもアベガーというのは自由ですが拉致問題、反ファなどテロ行為に声を上げないのは何故なんでしょう★3 - 06月07日(日)00:36  mnewsplus

石井孝明(Ishii Takaaki) @ishiitakaaki 小泉今日子さんも柴咲コウさんもアベガーというのはご自由ですけど、それよりいまそこにある人権侵害の、日本人拉致問題、香港、日本の貧困、米国の#Antifaなどのテロ行為、日本でそのアンティファが活動している今そこにある危機に声を上げないのは不思議ですね。何故なんでしょうね https://mobile.twitter.com/ishiitakaaki/status/1269054585341046784 ※前 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1591433277/ (deleted an unsolicited ad) ...
»続きを読む
カテゴリー:

石井孝明、小泉今日子 柴咲コウさんもアベガーというのは自由ですが拉致問題、反ファなどテロ行為に声を上げないのは何故なんでしょう★2 - 06月06日(土)17:47  mnewsplus

石井孝明(Ishii Takaaki) @ishiitakaaki 小泉今日子さんも柴咲コウさんもアベガーというのはご自由ですけど、それよりいまそこにある人権侵害の、日本人拉致問題、香港、日本の貧困、米国の#Antifaなどのテロ行為、日本でそのアンティファが活動している今そこにある危機に声を上げないのは不思議ですね。何故なんでしょうね https://mobile.twitter.com/ishiitakaaki/status/1269054585341046784 ※前 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1591421687/ (deleted an unsolicited ad) ...
»続きを読む
カテゴリー:

【マスク】「おい、マスクはどうした」商店街に突然がなり声。幼い女の子をとがめる初老の男性 - 06月06日(土)17:05  newsplus

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/614603/ 「おい、マスクはどうした」。 マスクの品切れが続いていたころ、商店街を歩いていると突然、がなり声が聞こえた。 振り向くと、初老の男性が道端で、幼い女の子をとがめている。 その口元にマスクはない。のどかな昼下がりに、不穏な空気が流れた ▼正体不明の新型コロナは、社会の不安と不信を増幅させた。 感染への恐怖心がとげとげしい言葉となって飛び交い、 休業しない店や外出する人を過剰に非難する動きがある。 見えないウイルスが人の心までむしばんでいるようだ ▼す...
»続きを読む
カテゴリー:

石井孝明、小泉今日子、柴咲コウさんもアベガーというのは自由ですが拉致問題、反ファなどのテロ行為に声を上げないのは何故なんでしょう - 06月06日(土)14:34  mnewsplus

石井孝明(Ishii Takaaki) @ishiitakaaki 小泉今日子さんも柴咲コウさんもアベガーというのはご自由ですけど、それよりいまそこにある人権侵害の、日本人拉致問題、香港、日本の貧困、米国の#Antifaなどのテロ行為、日本でそのアンティファが活動している今そこにある危機に声を上げないのは不思議ですね。何故なんでしょうね https://mobile.twitter.com/ishiitakaaki/status/1269054585341046784 (deleted an unsolicited ad) ...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】小栗旬が竹内涼真“吉谷彩子ポイ捨て”に御立腹…「小栗会」のパシリに指名か? - 06月06日(土)10:50  mnewsplus

今年1月期の連ドラ「テセウスの船」(TBS系)で改めて評価を高めた竹内涼真(27)の“爽やか”なイメージが崩れつつある。結婚を前提に同棲していた女優の吉谷彩子(28)に一方的に別れを告げて家から追い出したとスクープしたのは、5月29日発売のフライデー。一方、6月4日発売の週刊文春は“ポイ捨て報道”は否定しつつ、「竹内涼真 肉食系にヘンシン!」と報じた。  これらの報道を滞在先の米ロサンゼルスで耳にした小栗旬(37)が、いたく御立腹だという。小栗と吉谷は、同じ芸能プロダクションの先輩後輩の間柄。ふたりの共演...
»続きを読む
カテゴリー:

【競馬】「ルドルフの呪縛」がついに解けるか 初のGI8勝目を狙うアーモンドアイ・・・安田記念 - 06月06日(土)19:13  mnewsplus

芝のGI8勝。シンボリルドルフ、ディープインパクトといった歴史的名馬でも、その壁を超えることはできなかった。 今週の第70回安田記念(6月7日、東京芝1600m、3歳以上GI)で、最強牝馬アーモンドアイ(5歳、父ロードカナロア、美浦・国枝栄厩舎)が、史上初の偉業達成に挑む。 日本の競馬史上初めて芝のGI7勝を挙げたのは、1984年に史上初の無敗の三冠馬となったシンボリルドルフだった。その後、2000年に初めて同一年秋古馬三冠(天皇賞・ジャパンカップ・有馬記念)制覇を達成したテイエムオペラオー、’05年に史上2頭目の無敗の三...
»続きを読む
カテゴリー:

【ネタバレ】『捨ててよ、安達さん。』ほろ苦い思い出と「別れの儀式」 - 06月06日(土)17:06 

安達祐実が本人役で主演、夢に登場する擬人化された"捨てられないモノたち"と対峙するドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京/毎週金曜深夜0:52~)の第8話が、6月5日に放送された。今回のゲストは、早織。第5話・第7話で登場した梶原ひかりと同じく、その名前だけではピンと来ない人も多いかもしれない。NHK連続テレビ小説『スカーレット』終盤で、ヒロイン・喜美子と同じく白血病の息子を支える母を演じていた人。そして、『時効警察』(テレビ朝日)第2シリーズの真面目で純粋で不思議系の人気キャラ「真加出くん」でもある。いずれも同一人物には到底見えない。先述の梶原ひかりといい、徳永えりといい、松本まりかといい、渡辺大知といい、いつもながら絶妙なポイントを突いてくる人選だ。 映画&ドラマ好きの人たちのための役者セレクトショップのようでもある。さて、そんな早織が演じたのは、10年以上箱にしまわれたままの「思い出の靴」。暗い場所に座り込んでいる彼女は、俯いて、震え声で、「私のこと、覚えてるか自信ないんですけど」から始まり、「顔も見たくないと思うんですけど」「私なんかが・・・無駄に場所とるだけで、安達さんの役に立てていないので! いまさら売ったってたいした額になりませんし、むしろ管理コストばかりかけて・・・」などと卑屈な言葉を並べる。さぞ悪い思い出なのかと思えば、「昔は明るい性格だったんですが、箱の中に...more
カテゴリー:

名古屋市にタヌキの親子が出没。野生のタヌキ、見たことある? - 06月06日(土)15:08  news

名古屋市守山区の住宅街に野生とみられるタヌキが出没して話題になっている。民家敷地内に現れたのは5月初旬からで、 近隣一帯を「安全」と判断したのか、下旬ごろからは子ダヌキを伴うようになり、風雨をしのげる資材置き場をすみかとしたようだ。  タヌキが現れるのはJR中央線の新守山駅に近い住宅街の一角。敷地内に2棟ある住宅で、 母屋裏庭の片隅にある材木やトタンの下で過ごしている。周辺に山や森はなく、 住民の女性(74)は「どこから来たのか」と不思議そうに話す。  タヌキは庭の水やり用にためた水を飲んだり、...
»続きを読む
カテゴリー:

ヘビの遺伝子持つカエルの不思議 なぜ?日本のカエルも - 06月06日(土)14:00 

 ヘビの遺伝子を持っているカエルがいる――長浜バイオ大学(滋賀県長浜市)の倉林敦准教授(48)らが追っているのは、そんな不思議な現象だ。どうして食べる側の遺伝子が、食べられる側にあるのだろうか。 倉林…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「不思議」の画像

もっと見る

「不思議」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる