「不思議」とは?

関連ニュース

【視聴率】阿部寛「まだ結婚できない男」 7・7% …前回の11・5%より3・8ポイントダウン - 10月16日(水)09:36  mnewsplus

15日に放送された、俳優阿部寛(55)主演の連続ドラマ「まだ結婚できない男」(火曜午後9時)第2話の平均視聴率が7・7%(関東地区)だったことが16日、ビデオリサーチの調べで分かった。前回の11・5%より3・8ポイントダウンした。 関西地区は13・4%だった。 前作の「結婚できない男」以来、13年ぶりの人気シリーズの第2弾。阿部が演じる独身の建築家・桑野信介は偏屈で皮肉屋。趣味のクラシック音楽を大音響で聞いて、その音色に合わせて指揮棒を振りながらうっとりする。 第2話で、ある日、設計建築事務所の共同経営者の村上英...
»続きを読む
カテゴリー:

台風と落花生 - 10月16日(水)05:15 

黄色い小さな花を咲かせる落花生。自宅の庭に植えていた苗が育ち、葉が青々と茂っている。ゆで落花生にして殻をむいて食べると、市販のピーナツとはまた違う味が楽しめる◆落花生は、江戸時代に中国から渡来し、明治期に本格的な栽培が始まった。花が咲いた後、マメができる子房と呼ばれる部分の柄が伸びて地中に入り、土の中で実になる。なるほどよく見ると爪楊枝つまようじのような柄が土に刺さるように伸びている◆不思議な仕組みの落花生だが、なぜ地中にマメを作るのだろうか。
カテゴリー:

水面に浮く巨石「石の宝殿」に、震災を予言した「四口の神釜」...。「日本三奇」がある神社を訪ねる - 10月15日(火)21:09 

古くから言い伝えられる不思議スポット、「日本三奇」をご存知だろうか。もともとは江戸時代の医者・橘南谿が、自著の中で「3つの奇跡」と紹介したのが始まりで、たとえば高千穂峰の山頂に突き刺さる「天の逆鉾」もその1つ。ここでは、由緒ある古い神社に残された、他の2つの「奇」をご紹介したい。宙に浮く奇妙な石造物「石の宝殿」まず訪れたのは、兵庫県高砂市にある生石神社だ。竜山石の産地として古くから栄えた、竜山の中腹あたりに鎮座するこの神社は、3世紀頃の創建と伝えられる長い歴史を持っている。ここに、世にも珍しい御神体が祀られている。国の史跡に指定される、「石の宝殿」である。「石の宝殿」は直方体をなす石造物で、寸法は横6.4メートル、高さ5.7メートル、奥行7.2メートルという巨大なもの。 これが「日本三奇」の1つに数えられるのは、一見すると、宙に浮いているように見えるからだ。かがみ込んで覗き込んでみると、水が張られた溜池の上に、まるで浮かぶように設置されているのがわかるだろう。おそらくは底面の中央部に台座が設けられているのではないかと想像するが、からくりはわからない。その異様さから、「石の宝殿」には「浮石」という別称が付けられている。ちなみにこの溜池は、水路が通じているわけでもないのに干ばつの際でもなぜか水位が変わらないというから、謎は深まるばかり。そもそもこの「石の宝殿」は、いつ誰が、何のために造...more
カテゴリー:

【書評】火葬場が足りない。令和時代に日本を襲うヤバすぎる未来 - 10月15日(火)20:26 

 少子化、高齢化が叫ばれて久しい日本ですが、有効な対策が打たれぬままその「老い」は日々進行し続けています。この事態はどんな未来を呼んでしまうのでしょうか。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』では編集長の柴田忠男さんが、ジャーナリストの河合雅司氏が「日本消滅への道筋」を綴った一冊をレビューしています。 偏屈BOOK案内:『河合雅司の 未来の透視図 目前に迫るクライシス2040』 『河合雅司の 未来の透視図 目前に迫るクライシス2040』河合雅司 著/ビジネス社 著者は元産経新聞論説委員、作家、ジャーナリスト。『未来の年表』『未来の年表2』は2018年12月現在、累計75万部超のベストセラーとなっている。その第三弾は、「河合雅史の」と冠がつく『未来の透視図 目前に迫るクライシス2040』である。2040に何が?増える「高齢化」した高齢者……って?不思議な日本語だが分かる。2018年/80歳以上 1,104万人→2040年/80歳以上1,578万人(総人口比:2018/8.7%→2040/14.2%)、7人にひとりは80歳超になる。 2042年:高齢者人口がピーク2056年:勤労世代が5000万人を割り込む2076年:年間出生数が50万人を割り込む↓↓↓↓人口減少→3000年:日本消滅か? 今後、多少のベビーブームが起こったところで、日本の少子化はとまらない...more
カテゴリー:

六角精児、ギャンブルにハマり借金。家賃払えず、居留守したことも「どうしようもないときは…」 - 10月15日(火)19:26 

©テレビ朝日ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)に、鑑識官・米沢守役で出演し、2009年には映画『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』が作られるほど人気を集めている六角精児さん。2016年からは鑑識から警察学校の教官に異動する形になり、イレギュラーでの出演となっているが、ドラマ、映画、舞台に多数出演。芸能界有数の鉄道ファンとしても知られ、鉄道と大好きなお酒という趣味と実益を兼ねた旅番組『六角精児の呑み鉄本線・日本旅』(NHK-BS)も大人気。今月25日(金)には主演映画『くらやみ祭の小川さん』の公開も控えている六角精児さんにインタビュー。©テレビ朝日◆演劇をやるつもりはなかったが…兵庫県で生まれた六角さんは、小学生のときに神奈川県相模原市に引っ越す。教育熱心なお母さまの方針で中学校時代は勉学に励み、高校は県内でも有数の進学校に進んだという。そこで六角さんに俳優人生を決める出会いが…。-そもそもは演劇をやる気はなかったそうですね-「そうです。別に好きじゃなかったですから興味がなかったですね。ただ、どうしてもクラブに入らなきゃいけなかったので、たまたま演劇部に入っただけです。そこで出会った人たちの存在は大きかったですね。神奈川県のなかでは進学校の部類に入る高校に入ったんですけど、そこに入るまで、中学校のときに親に『勉強しろ、勉強しろ』って言われて入ったんですね。それでこれは語弊があるかもしれ...more
カテゴリー:

「女性アナは結婚したら引退じゃ悔しい」テレビ出演本数No.1フリーアナ・新井恵理那インタビュー - 10月16日(水)07:49 

フリーアナウンサー・新井恵理那、29歳。 朝の情報番組『グッド!モーニング』(テレ朝系)では爽やかにニュースを伝える一方、ラジオでは柔らかい語り口が印象的な彼女。自身のレギュラー番組を多数持ついま、メディアでその姿を見ない日はないほどだ。それもそのはず、2019年7月に発表された「テレビ番組出演本数ランキング」の女性部門で見事1位を獲得した。8月に自身初のフォトエッセイ『八方美人』(宝島社)を出版。好感度の高い女性タレントの著書としては、少々刺激的なタイトルではないかと思った。よく考えてみれば、女性アナウンサーへの登竜門とも称されるミス青山コンテストでグランプリを獲得したことをきっかけにアナウンサーの仕事に就くという、いわばその道の“王道”を進んできた彼女に、コンプレックスなどあるのだろうか。学生時代に彼女と共演経験のある筆者は、正直そう感じていた。だが、アナウンサーとしての活動を始めたばかりの頃のことを「まるで迷子みたいだった」と本人は振り返る。今に至る道は決して平坦なものではなかったと語る彼女に、話を聞いた──。大学4年で急に社会に放り出され、「まるで迷子みたいだった」今でこそ、大学卒業と同時に放送局に就職せず、事務所に所属する形でフリーアナウンサーとしてキャリアを歩む女性タレントは少なくない。しかし、彼女が活動を始めた2011年頃は、まだその数は少なか...more
カテゴリー:

【海外】遺伝子最強のアンジー&ブラピの子どもたち、それぞれどちら似? 「ブラピそっくりの男前」「アンジー似だけど、おとなしそう」 - 10月15日(火)22:48  mnewsplus

美男美女夫妻だったアンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピット 新作『マレフィセント2』(10月18日公開)のプロモーションで、世界中を駆け回っているアンジェリーナ・ジョリーをサポートしているのが、6人の子どもたち。 常に同行している長女のザハラ以外は、毎回メンバーが違うが、ロンドンプレミアには、次男のパックスも参加したロサンゼルスプレミアに続いて、実子の次女シャイロ、三女ヴィヴィアンと双子の三男ノックスも参加。改めて美男美女ぶりがクローズアップされるとともに、「一体誰に似ているのか?」が話題を呼...
»続きを読む
カテゴリー:

「足して二で割る」式の中間解が薬にはならず、むしろ毒である訳 - 10月15日(火)20:28 

日常生活において不思議に思ったり、ちょっと気になったあれこれについて考察するメルマガ『8人ばなし』。著者の山崎勝義さんは今回、世の中のさまざまな問題が、なかなか解決しないのは、「足して二で割る」式の中間解の採用があると持論を展開します。その例として、似たような薬が追加されていく多剤少量服用の実態をあげ、「最高解」を導くには「毒を食らわば皿まで」のような方法論こそ合理性があると主張します。 足して二で割ること 一般的に「中庸」と言えばそれは良い意味である。元々が何事も極端はいけないということを説く語であるから当然と言えば当然だが、その一方で適当なところで妥協することの便利な言い訳として通用しているのも事実である。 実際のところ、中庸からは何も生まれない。「足して二で割る」式の中間解は、その場に限っての最適解としてはあり得ても、創造的(あるいは建設的)最高解とは全くの別物なのである。双方の良いとこ採りなどといったことは、現実にはただの夢想である。そもそも長所と短所が可分なら、その長所だけを以てプレゼンテーションされている筈である。もとより不可分なればこそ、良いところだけを切り離して採用するなどできないということである。 さて、この「足して二で割る」式中間解だが、その最大の弊害は、成功するにせよ、失敗するにせよ、原因が分からないというところである。若干大げさなもの言いではあるが、人類進歩...more
カテゴリー:

石原良純「式を伊勢神宮で挙げたかった」 - 10月15日(火)20:00 

10月15日に放送される、日本屈指のパワースポットをミステリー旅にして、外国人ゲストに提案するバラエティ番組『不思議なNIPPONの歩き方』。MCをつとめる石原良純が、放送に先駆けて自身の不思議体験を明らかにした。 三重 […]
カテゴリー:

「次元超越男子〜episode 0〜」の配信日が10月18日に決定。ネイルサロンとのコラボも同日開始予定 - 10月15日(火)15:18 

次元超越男子〜episode 0〜 次元超越男子〜episode 0〜配信元アユミーノ配信日2019/10/15<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>何次元なんておかまいなし!その名の通り、次元を超越した不思議な世界へご案内  ネイルサロンあゆみーの(株式会社アユミーノ)は現在事前登録受付中の女性向け、チャット小説アプリ「次元超越男子〜episode 0〜」の配信開始を201…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「不思議」の画像

もっと見る

「不思議」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる