「自動販売機」とは?

関連ニュース

福岡の企業が発明コンテスト「ソレコン」主催 自社部品「ソレノイド」使い ユニークな作品次々 - 04月04日(土)16:12 

 福岡に発明コンテストを開いている中小企業がある。「ソレノイド」という駆動部品を作る「タカハ機工」だ。ソレノイドは自動販売機などで幅広く使われているが、モーターなど他の部品に比べて知名度がいまひとつ。認知度を高めようと始めたコンテスト「ソレコン」には回を重ねるたびにユニークな発明品が集まっており、工
カテゴリー:

ダイドー、ボタンを押すと「淡路島なるとオレンジ」の香りが噴出される自販機 - 04月03日(金)09:00 

 ダイドードリンコは、淡路島の農畜水産物直売所「美菜恋来屋(みなこいこいや)」に「“淡路島なるとオレンジ”の香りを届ける自動販売機」を3月25日に設置したと発表した。
カテゴリー:

自販機、広がる高付加価値化 紙おむつ販売、連携アプリで健康指導 - 04月02日(木)05:00 

自動販売機は飲料メーカーの重要な販売チャンネルだ。しかし、最近はコンビニエンスストアの普及で苦戦気味だという。そんな中で、商業施設の自販機で紙おむつを販売したり…
カテゴリー:

『あつまれ どうぶつの森』自販機と給油機などのアイテムを活用! - 03月30日(月)17:59 

クラベが送る『あつまれ どうぶつの森』実況プレイの第4段。島の魅力も徐々にアップし、今回は自動販売機や給油機を活用して作ったキャンプ場付近の新スポットをご紹介!
カテゴリー:

LINE 法人向けに「アプリマケプレ」、パートナー企業が提供、API活用容易に - 03月30日(月)14:30 

 LINEは3月18日、法人向けサービス「LINEマーケットプレイス事業」を始めると発表した。「LINE公式アカウント」などのサービスを対象にした、コミュニケーションアプリ「LINE」のAPIと接続できるアプリケーションを提供する場となるもので、今秋以降に開始するとしている。  新サービスは、LINEがソリューションを販売するマーケットプレイスとしての場を提供し、販売する環境を整えるというもの。ソリューションを提供するパートナー企業はAPIを活用することで、マーケティング関連のさまざまなソリューションを販売することができるほか、クライアント企業は自社の課題を解決するために、マーケティングやカスタマーサポートにおいて活用できるソリューションが購入可能となる。機能の独自開発が不要なため、購入から利用開始までが非常に短期間で、オンライン上で完結できることも特徴となっている。  「LINE」においては、2019年におけるAPIのプッシュメッセージの配信数が大きく伸びており、昨年12月には3億5000万通以上のメッセージ配信がAPIで行われたという。広告配信やメッセージの通知など、企業のシステムと連携して多様なユーザーとのコミュニケーションが行われている。例えば眼鏡ブランド「JINS」の公式アカウントにおいては、店舗検索や眼鏡選び、店舗での待ち時間確認などの機能を提供している。最近では医...more
カテゴリー:

淡路島に「香る自販機」ダイドードリンコ、絶滅危機のオレンジ復活へ - 04月03日(金)16:30 

ダイドードリンコ(大阪・北)は3月25日、兵庫県南あわじ市内に地元特産品のオレンジ「淡路島なるとオレンジ」の香りが出る自動販売機を設置した。
カテゴリー:

「“淡路島なるとオレンジ”の香りを届ける自動販売機」を設置 - 04月02日(木)15:00 

2020年4月2日 ダイドードリンコ株式会社 報道関係各位   オレンジの香りが楽しめる自動販売機で淡路島を盛り上げ! 「“淡路島なるとオレンジ”の香りを届ける自動販売機」を設置    ダイドードリンコ株式会社(本社:大阪市北区)は、自動販売機(以下、自販機)による地域活性化策として、兵庫県南あわじ市の農畜水産物直売所である「美菜恋来屋(みなこいこいや)」に「“淡路島なるとオレンジ”の香りを届ける自動販売機」を3月25日(水)に設置しました。  これは、生産者の高齢化などにより生産量が年々減少し、絶滅の危機に直面している淡路島原産・固有の柑橘類である“淡路島なるとオレンジ”を自販機で復活させたいという思いから実現したもので、外観は“淡路島なるとオレンジ”をモチーフにしたオリジナルラッピングを施し、自販機の芳香機(ほうこうき)にあるボタンを押すと噴霧される“淡路島なるとオレンジ”の香りをお楽しみいただけます。訪れる方々に“淡路島なるとオレンジ”を身近に感じていただけるものと期待しております。  今後も当社では、自販機をご利用されるお客様に、飲料を購入する以外の楽しみを提供することで、地域の活性化に貢献してまいりま...more
カテゴリー:

政府、3代目500円硬貨発行後は速やかな2代目からの移行を呼びかけ - 04月01日(水)06:00 

Anonymous Coward曰く、 4月1日、政府は2021年度上期に「3代目500円硬貨」が発行されたのち「2代目500円硬貨」の使用を終了するよう国民に呼びかけた。2代目を使用し続けることは、セキュリティ上のリスクがあるという。2代目の延長サポート終了日は未定。 初代から2代目への切り替え時は、変造500ウォン硬貨など大規模なゼロデイ攻撃が発生していた。このため、多くの自動販売機や自動券売機で初代の取り扱いが中止され、2代目への対応が完了するまで500円硬貨が使用できない期間が発生した。結果的に、初代は自販機で使えない不便な存在となったことにより急速に市中の流通量を減らした。 3代目への切り替えが速やかに完了するかは、セルフレジや硬貨対応ATMがいつ2代目のサポートを終了するかにかかっていると関係者はみている。旧札のサポート状況を調べるためタレコミ子がとある銀行のATMで聖徳太子の一万円札が入金できるか確認したところ、投入口の幅が足りず使用できなかった。窓口では入金でき、それをネットバンキングで他行へ振込みすることもできた。ネットバンキングは旧札をサポートしていて、とても便利だ。 チーズおかきこと3代目は、500円硬貨史上、最高のセキュリティをお届けするとしているが、国民からは「新500円玉、結構でかいな」という声も寄せられている。とはいえ、とあるマナー講師によると旧硬貨...more
カテゴリー:

“食べられる”スポーツドリンクとは?使い捨てカップの廃棄問題に挑む - 03月30日(月)14:59 

スターバックスは使い捨てコーヒーカップの問題を解決するため、新たに生分解性プラスチックをコーティングした紙製容器の試験利用を進めている。一方で、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、スターバックスをはじめ世界のコーヒーチェーン店では再利用できるカップの使用を停止する動きが生まれるなど、使い捨て容器対策は一進一退だ。そんな中、英飲料メーカー「ルコゼード ライビーナ サントリー(LRS)」は海藻でできた食べられるカプセル型容器を使ったスポーツドリンクをジムの自動販売機で試験的に販売する。(翻訳=梅原洋陽)スターバックス、使い捨てコーヒーカップの実証実験は一進一退使い捨てコーヒーカップの廃棄問題の解決策を探る取り組みの一環として、スターバックスはリサイクルでき、たい肥化もできる、新たなホット・ドリンク用カップをバンクーバー、シアトル、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロンドンの数店舗で検証する。新たなカップは生分解性プラスチックBioPBS™でコーティングされた紙製容器で、リサイクルや家庭でコンポストできる技術で作られている。この技術は、スターバックスとマクドナルドが設立したコンソーシアム「ネクストジェネレーション・カップ・チャレンジ(NextGen Cup Challenge)」で表彰された12の技術のうちの一つだ。スターバックスは今後も、クローズド・ループ・パートナー...more
カテゴリー:

【山形】“マスク自販機”ついに登場 610円で洗って使える - 03月27日(金)09:12  newsplus

マスク不足が続くなか、ついにマスクの自動販売機が登場しました。  山形市内に突如、現れた“マスク自販機”。定価は1つ610円。ハンドメイドにこだわった布製のマスクで、繰り返し洗って使えると記載してあります。噂を聞き付けた多くの人が訪れ、26日は午前10時すぎには売り切れになりました。マスクの自動販売機を設置したのはニット製品などを手掛ける業者です。  ニットワイズ・後藤克幸常務:「どこに行ってもマスクが手に入らないと。24時間、仕事している人でもいつでも買えるなら自販機が良いんじゃないかと思った」  多...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「自動販売機」の画像

もっと見る

「自動販売機」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる