「温暖化」とは?

関連ニュース

地球温暖化対策へのさらなる取り組みとして、ジボダン社は国連が企業に要請する1.5℃目標に署名 - 01月29日(水)10:00 

ジボダン ジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:ピーター・ツィンク)は、フレグランスとフレーバー業界のリーディングカンパニー、ジボダン社(スイス)が、2050年までにバリューチェーンにおけるGHGネット排出量をゼロにするという国連の提唱する「1.5℃目標(Business Ambition for 1.5℃)」誓約に署名したと発表しました。 「気候変動による危機の規模は、かつてないほど大きくなっています。気候変動は、世界中で人...
カテゴリー:

boomerを小馬鹿にするOK boomer世代が台頭 米紙「世代間の友好的な関係の終わり」 - 01月29日(水)06:50  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif 年配世代が若者に対して頭から見下した態度を取ったり的外れなヤジを飛ばしたりするのは、特定の国に限った現象ではないらしい。 そんな態度にうんざりした若者たちが、上から目線の相手に向かって、もういい、分かった、勝手にほざいてて、自分たちは気にせず前に進むから―― という反撃というか冷笑を込めて、「OK boomer」という言葉が2019年末から流行した。 それが世界に注目されるきっかけになったのが、2019年の、ニュージーランドの25歳の女性議員の演説だった。 クロエ・スウォーブ...
»続きを読む
カテゴリー:

【IT風土記】関西発 全国の河川氾濫をベクトル型スパコンで6時間先まで予測 - 01月28日(火)17:00 

 2019年10月に台風19号が上陸し、各地に甚大な被害をもたらしたことは記憶に新しい。こうした洪水被害が毎年のように発生している背景には、地球温暖化に伴う異常気象があり、全国への防災情報の提供を目指した取り組みとして、リアルタイムに河川の増水や氾濫状況を予測するシステム「全国版リアルタイム氾濫予測システム」の実用化に期待がかかりそうだ。現在は1時間先を予測でき、最新のベクトル型スーパーコンピューターを活用すれば6時間先までも見通せるといい、さらなる高度化が進められている。
カテゴリー:

【悲報】ダボス会議、とうとう変な方向に向かい出す(ビーガン) - 01月28日(火)10:05  news

sssp://img.5ch.net/ico/gikog_pimiento.gif 焦点:温暖化阻止へ肉食メニュー排除 ダボス会議に問われる本気度 [ダボス(スイス) 21日 トムソン・ロイター財団] - カナダ人のビーガン(完全菜食主義)料理人ダグ・マクニッシュ氏は、スイス・アルプスに世界の要人が集まる年1回のダボス会議で料理を担当するよう招請されたとき、驚きはしたものの、即座に承諾のサインをした。 37歳のマクニッシュ氏は、世界経済フォーラム(WEF)がダボスで開催する第50回年次総会に集まる約3000人の各国首脳、政治家、CEO...
»続きを読む
カテゴリー:

第50回ダボス会議 - 01月28日(火)05:15 

世界経済フォーラム(WEF)が主催し、各国の政治リーダーや企業トップらが集まり、国際社会が抱える問題の解決策を探る年次総会(ダボス会議)が開かれた。 今回が50回目となる会議だが、「気候の危機」と言われるまでに深刻化した地球温暖化や難民の発生などで不安定化する世界、持つ者と持たざる者との間にある巨大な格差など、グローバル化した資本主義がもたらす諸問題解決への取り組みを加速させるのに十分な成果は得られなかった。
カテゴリー:

ア フ リ カ の 子 供 は 飢 餓 で 苦 し ん で い ま す 。 - 01月29日(水)09:55  news

世界の飢餓1.1億人 18年、地球温暖化も要因 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190403-00000012-kyodonews-int ...
»続きを読む
カテゴリー:

近い将来、紅葉が楽しめなくなる!? 気象予報士に聞いた、美しい桜や紅葉を今のうちに見ておくべき理由 - 01月28日(火)20:48 

画像素材:PIXTA街路樹の葉もすっかり散って、暖冬とはいえ冬らしい寒い日が続いています。今年の紅葉はいかがでしたでしょうか? 場所によっては色づきがイマイチで、枯れたようになっている葉もあったようです。近年では猛暑や台風などの異常気象が、四季の景色にも影響を及ぼしているようです。日本気象協会 気象予報士の真木伸之さんに話を伺いながら、美しい景色に会いに行くポイントを探ってみたいと思います。▲日本気象協会 気象予報士の真木伸之さん桜の開花時期は早まっている?──最近では春や秋がどんどん短くなっている気がします。「経験則でいいますと、夏が平年より暑い年は、それだけ残暑が長引きます。これによって秋が短くなり、冬にも最低気温が下がりにくい傾向にあるようです。このため季節感がどんどんなくなっている印象ですね」(真木さん)──やはり温暖化が影響していると。先ほど冬の最低気温のお話がありましたが、桜は冬が寒く、春が温かいと開花が早まるそうですが。「そうですね、いわゆる休眠打破──花芽が冬に休眠し、春に目覚めるサイクルが影響しています。ただ、開花時期については、春先の温かさの影響が大きいのではないでしょうか。4月1日の平均的な桜の開花状況をいわゆる桜前線といったもので見てみると、1961年~1970年は九州から本州南岸にかかっていたものが、2001年~2010年は見た目で200キロか150キロぐ...more
カテゴリー:

【温暖化】大阪で19.1℃ 104年ぶりに記録更新 - 01月28日(火)15:32  newsplus

今日28日(火)は、近畿では天気が回復して青空が広がっています。 さらに大阪では、上空に暖かい空気が残っていたところに山越えの東風が吹いたため、フェーン現象で気温がぐんぐん上がり、12時55分に最高気温が19.1℃に達しました。 これまでの最高気温だった1916年1月22日を超え、1883年の統計開始以来、1月の最高気温としては最も高い記録です。これは4月中旬並みの気温で、和歌山県の清水でも19.2℃まで上がっています。 明日29日(水)は今日ほど気温が上がらないものの、最高気温は14℃と、真冬のこの時期としては気温の高い状...
»続きを読む
カテゴリー:

GSアライアンスが射出成形機で大量生産が可能な100%天然バイオマス素材のセルロースナノファイバー複合生分解性樹脂材料を開発 - 01月28日(火)10:00 

人口爆発に伴う地球温暖化や環境汚染などは深刻な問題であり、マイクロプラスチック汚染も生態系を破壊する壊滅的なレベルになりつつあります。世界中で使い捨てストロー廃止やレジ袋などのディスポーザブルなプラスチック製品の使用規制の動きが強まるなか、プラスチックリサイクルの推進や、プラスチックそのものの使用量の削減、また環境中で分解する生分解性樹脂材料や紙製品などの実用化の推進やさらなる研究開発が進められ...
カテゴリー:

【第29回地球環境大賞】環境活動アンケート(4-4) - 01月28日(火)05:00 

≪質問内容≫(1)地球温暖化対策など、2020年度の環境活動における重点テーマは(2)SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けどのような取り組み・対応をしてい…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「温暖化」の画像

もっと見る

「温暖化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる