「アフリカ」とは?

関連ニュース

おしゃれファッションで平和を アフリカ「サプール」写真展 - 10月15日(金)21:00 

アフリカのコンゴ(旧ザイール)とコンゴ共和国で90年以上の歴史を持つファッション文化「サプール」を伝える写真展「THE SAPEUR studio」が、佐賀市のイオンモール佐賀大和で開かれている。150点以上の写真が並ぶ。入場無料。24日まで。 サプールは「おしゃれで優雅な紳士協会」を意味し、内戦が続く地域で「服が汚れるから争わない」と、カラフルなスーツをまとって街を練り歩くことで知られる。
カテゴリー:

野生のチンパンジーがハンセン病に感染、初めて確認 - 10月15日(金)16:00 

野生下のチンパンジーで史上初めて、ハンセン病が確認されたとする研究論文が、13日付の英科学誌ネイチャーで発表され、専門家らを驚かせている。 論文によると、チンパンジーのハンセン病感染例が発見されたのは、アフリカ西部に位置するギニアビサウおよびコートジボワール。またアフリカ大陸において人間以外の動物の感染例が発見されたのも初めてだという。 ハンセン病は人間の神経や皮膚、呼吸器官に深刻な症状を与え...
カテゴリー:

ジンコソーラーN型単結晶太陽電池セル変換効率25.4%を達成、 18回目の世界記録を更新 - 10月15日(金)15:00 

2021年10月13日、世界トップクラスの規模を誇る1社であり、革新的な太陽光モジュールメーカーのジンコソーラーが開発した高効率N型単結晶太陽電池セルは大きな技術的なブレークスルーを起こした。第三者認証機関であるJETのテストにおいて、ジンコソーラーのN型単結晶セルの最高転換効率は25.4%を達成した。これはジンコソーラーの創業以来、18回目の世界記録更新となる。今回、記録を更新した高効率N型単結晶太陽電池セルは、高品質のCZモノシリコンの基板上に製造された。超微細線メタライゼーション、高度な拡散、低寄生吸収材料、JinkoSolarが独自に開発したHOTテクノロジー、および一連の材料のアップグレードがセルプロセスに統合され、25.4%の最大変換効率というこの新しい世界記録を樹立した。JinkoSolar Co.、Ltd.の最高技術責任者であるHao Jin博士は、次のようにコメントした。 「業界標準の向上に重要な役割を果たし、画期的なN型太陽電池で18回の世界記録を樹立したことを非常に誇りに思います。私たちは、大規模プロジェクトに必要な最も低いLCOEを実現し、競争力のある製品をお客様に提供し続けると同時に、クリーンエネルギーを手頃な価格ですべての人に、そして、持続可能なものにすることが研究開発能力における大きなマイルストーンです。 私たちは、画期的なテクノロジーと信頼性の高いサ...more
カテゴリー:

西アフリカのIS指導者が死亡か ボコ・ハラム創始者の子 - 10月15日(金)11:31 

 ナイジェリア軍は14日、過激派組織「イスラム国西アフリカ州(ISWAP)」の指導者アブムスアブ・バルナウィ氏の死亡を確認したと発表した。ロイター通信が伝えた。死亡の時期や経緯について詳しいことは明ら…
カテゴリー:

「マイクログリッドの世界市場:オファリング別、エンドユーズ別2026年予測」最新調査リリース - 10月15日(金)11:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「マイクログリッドの世界市場:オファリング別、エンドユーズ別2026年予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】マイクログリッドの世界市場規模は2021年の246億ドルから、2026年までに423億ドルに達するとレポートは予測しています。レポートはマイクログリッドの世界市場について2026年までの市場予測データ(金額US$)を掲載しています。また市場をさまざまな切り口で細分化し、そのセグメント市場ごとの市場予測を中心に構成されています。当レポートでの各種セグメント市場の区分は、接続性別市場、オファリング別市場、エンドユーズ別市場および主要国地域別市場、などとなっています。また競合状況、主要企業情報(10社)、バリューチェーン分析、価格分析などの分析情報も加味し、マイクログリッド市場の今後成長性および動向を詳細にレポートしています。【英文市場調査レポート】マイクログリッドの世界市場:オファリング別、エンドユーズ別2026年予測Microgrid Market with COVID-19 Impact Analysis by Connectivity (Grid Connected, Off-grid Connected), Offering (Hardware, Software, Services), End Use (Com...more
カテゴリー:

【WHO推計】アフリカのコロナ感染者は統計の7倍、5900万人、死者も3倍の60万人 - 10月15日(金)16:12  newsplus

世界保健機関(WHO)は14日、アフリカで新型コロナウイルスに感染した人の累計は、 報告されている人数の約7倍に当たる5900万人に上るとの推計を公表した。 死者も約3倍の60万人程度と見ている。 医療体制が貧弱で検査が不十分であることに加え、人口に占める若年層の割合が大きいことから 軽症や無症状で済むケースが多いためという。WHOはさらなる感染防止対策が必要だと指摘している。 WHOによると、人口13億人のアフリカで累計の検査件数は約7000万回と、英国(同2億8000万回)よりも少ない。 WHOのモエティ・アフリカ地域...
»続きを読む
カテゴリー:

アフリカのコロナ感染は統計の7倍、5900万人か WHO推計 - 10月15日(金)15:54 

 世界保健機関(WHO)は14日、アフリカで新型コロナウイルスに感染した人の累計は、報告されている人数の約7倍に当たる5900万人に上るとの推計を公表した。死者も約3倍の60万人程度と見ている。医療体制が貧弱で検査が不十分であることに加え、人口に占める若年層の割合が大きいことから軽症や無症状で済むケ
カテゴリー:

電通PRコンサルティング「2021アジア・パシフィックSABREアワード」においてゴールドSABREを受賞 - 10月15日(金)13:30 

2021年10月15日 株式会社電通PRコンサルティング   電通PRコンサルティングが「2021アジア・パシフィックSABREアワード」において ゴールドSABREを受賞 株式会社電通PRコンサルティング(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:牧口征弘)は、PR業界の国際的な情報プロバイダーであるPRovoke Media(旧:The Holmes Group)が主催する「2021アジア・パシフィックSABREアワード」において、株式会社電通(以下、電通)と共に取り組んだキャンペーンでゴールドSABREを受賞しました。 今回受賞したキャンペーンは、大王製紙株式会社(以下、大王製紙)の「From mother’s bags to family bags」です。   2008年に始まった「アジア・パシフィックSABREアワード」は、アジア太平洋地域で最多のエントリー数のあるPRの業界賞です。2021年は約1,100件のエントリーがあり、エントリーされたキャンペーンは当社グローバルコミュニケーション部 部長 香田有希を含むアジア太平洋地域の企業、エージェンシーから選ばれた66人の審査員によって審査されました。 なお当社がPRをサポートした、KDDI株式会社、くら寿司株式会社、日本花き振興協議会、佐賀県のプロジェクトも本アワードにて賞を受賞...more
カテゴリー:

ソフトバンク出資のトラベルテックYanoljaが韓国のeコマースInterparkを買収 - 10月15日(金)11:30 

韓国のトラベルテック企業Yanolja(ヤノルジャ)は、同国の電子商取引のパイオニアで上場企業のInterpark(インターパーク)の株式の70%を約2億5000万ドル(約285億円)で取得した。 Yanoljaは、今回の買収を機に、海外旅行業界へのさらなる進出を目指す。Interparkは、韓国語、英語、中国語、日本語を話す顧客を対象に、230カ国以上でオンライン旅行予約サービスや国際配送サービスを提供している。 海外旅行業界は、国外のトラベルテックプラットフォームが主流となっているが、Yanoljaは、ホテルや車両の予約、旅行関連のなどの現行のサービスに加え、Interparkが長年培ってきたライフスタイルサービスをより多く取り入れて「スーパーアプリ」を構築し、規模を拡大して対抗したいと考えている。Interparkのサービスは、ショッピング、レストランの予約、旅行チケット、アトラクション、ライブパフォーマンスなどをカバーしているとYanoljaの広報担当者はTechCrunchに語った。 Yanoljaは2021年7月にソフトバンク・ビジョン・ファンド2から17億ドル(約1938億円)を調達していた。Yanoljaへの投資は、ソフトバンクが韓国企業に投じた資金としてはCoupang(クーパン)への投資に次ぐ規模だった。Coupangは上場前にソフトバンクから約30億ドル(約3...more
カテゴリー:

液体廃棄物管理市場ーサービス別(収集、輸送、廃棄);ソース別(住宅、商業、および産業);エンドユーザー別(自動車、石油およびガス、繊維、製薬、鉄鋼、その他)-グローバル需要分析と機会の見通し2030年 - 10月15日(金)10:00 

Research Nester Private Limitedは調査レポート「液体廃棄物管理市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年10月 06日に発刊しました。これは、予測期間中に市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3387世界の液体廃棄物管理市場の成長は、世界中の都市化の速度の増加、急速な人口増加、および有毒化学物質の生成をもたらす製造活動の数の増加に起因する可能性があります。世界銀行によると、世界の総人口は2017年の75.09億人から2020年には77.53億人に増加しました。世界の人口は1960年以来成長を目撃しているだけです。さらに、限られた天然資源に関連する社会経済的意識の急増、適切な廃棄物処理とリサイクルに関する消費者の意識の高まりも、今後数年間で市場の成長を促進すると予測されています。適切な廃棄物管理に関してさまざまな地方自治体、州政府、および連邦政府によって課された厳格な規制は、近い将来、市場に豊富な成長機会を提供すると予測...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる