「大都市圏」とは?

関連ニュース

特殊詐欺の被害額が8年連続で300億円を超えました.. - 02月21日(金)05:40 

特殊詐欺の被害額が8年連続で300億円を超えました。被害は大都市圏に集中。被害者の約8割が65歳以上の高齢者で、80歳前後の女性の被害者が目立つということです。
カテゴリー:

関係人口推計1千万人 三大都市圏、国交省調査 - 02月19日(水)00:27 

 国土交通省は18日、三大都市圏(首都、中部、近畿)に住む18歳以上の4678万人のうち、生活・通勤圏以外に継続して訪れる地域がある「関係人口」は1080万人とする推計を発表した。ただ、東京都民の場合、訪問先が首都圏であるケースが最も多く、地方の活性化に対する効果は限定的のようだ。
カテゴリー:

「日本人だけ、井の中の蛙」とダボス会議で気づいた。日本の子どもには「留学」の選択肢が必要だ - 02月18日(火)10:47 

意欲と能力がある若者の海外留学を後押しする「トビタテ!留学JAPAN」。文部科学省が官民協働で取り組むプロジェクトで、これまでに約7,800人の高校生や大学生を海外に送り出してきた。外の世界に触れることは、人を成長させ、その可能性を広げるきっかけになる。 一人でも多くの子どもに「留学」という選択肢を知ってもらおうと、プロジェクト・ディレクターの船橋力さんは、プロジェクトが生まれるまでの経緯と、留学を経験した学生の経験などをまとめた『トビタテ! 世界へ』を上梓した。この本を全国すべての中学・高校約15,000校に無償で届けるために、クラウドファンディングで支援を募っている。 成績よりも情熱で選ぶ「トビタテ!留学JAPAN」グローバル化が加速する中、行動力や発想力を持った若者の育成が求められている。こうした中、今後の日本を牽引する“グローバルリーダー”を育てようと海外留学者数倍増を掲げて立ち上がったのが、文部科学省の官民協働プロジェクト「トビタテ!留学JAPAN」。2014年に始まった海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」は、その中核事業だ。多くの企業・団体や個人の寄附によって、「成績・英語力不問」「情熱・好奇心・独自性重視」で選ばれた若者に返済不要の奨学金を提供。海外留学を希望する高校生や大学生をサポートしている。...more
カテゴリー:

【地域】都道府県「生活満足度」ランキング!3位埼玉&愛知、2位兵庫、1位は? - 02月17日(月)10:34  bizplus

 あなたは自分が住んでいる街に満足しているだろうか。それとも不満いっぱいだろうか。たとえ愛着がある場所でも、生活するのに不便で満足度が低ければ、やむを得ず離れなければならないケースも出てくるだろう。 そこで、各都道府県の住民へのアンケートによって「生活への満足度」を明らかにしたのが、ブランド総合研究所の実施した「都道府県『生活満足度』ランキング」だ。  このランキングは、ブランド総合研究所が今年初めて行った住民視点で地域の課題を明らかにする『地域版SDGs調査』によるもの。それでは早速、47...
»続きを読む
カテゴリー:

定期的な仕事の評価は大事。でも、半数の人が実際の評価に満足していないと回答。 - 02月13日(木)10:29 

正社員勤務を希望する女性向け求人情報サイト『エンウィメンズワーク』上で、「仕事の評価」をテーマにアンケートを実施。女性515名から回答を得ました。以下、結果をご報告します。 調査結果 概要★ 90%が「定期的な評価は大事である」と回答。一方、定期的な評価機会があるのは48%。★ 評価機会がない方の8割が「評価機会が欲しい」と回答。★ 評価の満足度を高めるポイントは「給与・賞与への反映」。満足できない理由は「評価基準が曖昧」。★ 評価を受ける際に気をつけていること、トップ3は「自分の仕事の振り返り」「伝えることをまとめる」「努力の過程を具体的に伝える」。  調査結果 詳細1:90%が「定期的な評価は大事である」と回答。一方、定期的な評価機会があるのは48%。(図1、図2)「定期的に仕事の評価を受けることは大事なことだと思いますか?」と伺うと、90%が「思う」と回答しました。一方、「定期的に仕事の評価を受ける機会はありますか?」と伺ったところ、「ある」は、48%に留まりました。 【図1】定期的に仕事の評価を受けることは大事なことだと思いますか?【図2】定期的に仕事の評価を受ける機会はありますか?2:評価機会がない方の8割が「評価機会が欲しい」と回答。(図3)「定期的な評価機会がない」と回答された方に、「仕事の評価を受ける機会が欲しいと思いますか?...more
カテゴリー:

関心が高まるテレワーク。メリットとデメリットは? - 02月20日(木)10:04 

正社員勤務を希望する女性向け求人情報サイト『エンウィメンズワーク』上で、「テレワーク」をテーマにアンケートを実施。女性910名から回答を得ました。以下、結果をご報告します。 調査結果 概要★ 87%が「テレワークに興味がある」と回答。興味がある理由、第1位は「通勤ストレスの解消」。★ 9%がテレワーク経験あり。具体的な職業は「事務職」、良かったことは「通勤ストレスの解消」。★ テレワークで仕事を行なう上で難しいこと、第1位は「仕事とプライベートの切り替え」。 調査結果 詳細1:87%が「テレワークに興味がある」と回答。興味がある理由第1位は「通勤ストレスの解消」。(図1、図2)「テレワークで働くことに興味はありますか」と伺うと、87%が「興味がある」と回答しました。「興味がある」と回答した方に理由を伺うと、第1位は「通勤ストレスがなくなるから」(81%)でした。次いで、「急に休みたい時でも周囲に気を使わなくて良いから」(60%)、「家事・育児に充てる時間が増えるから」(51%)という結果になりました。 【図1】テレワークで働くことに興味はありますか? 【図2】「テレワークに興味がある」と回答された方に伺います。興味を持つ理由を教えてください。(複数回答可)  2:9%がテレワーク経験あり。具体的な職業は「事務職」、良かった...more
カテゴリー:

新型コロナウイルスの感染予防にも...人でぎっしりの満員電車を避けるために使える方法 - 02月18日(火)16:04 

日本国内でも感染が広まりつつある、新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)。手洗いやうがい、それに咳エチケットの徹底などが重要だが、人が密集する場所に出かけないのも自分を守る方法の一つ。特に大都市圏で問題なのが満員電車だ。通勤・通学時間帯はもちろんのこと、中止されなかったイベントなどが原因でイレギュラーな混雑が発生する場合もある。こうした混雑に出くわすのを避けるために、乗り換え案内サービスなどを提供している各社のアプリが役立ちそうだ。■検索画面で確認をヤフー株式会社がスマートフォン向けに提供しているアプリでは通常、ユーザーが検索したルート(例:永田町→上野 09:30出発)に沿って、最適な乗り換えルートを案内する。ヤフーではそれに加え、コンサートやイベントなどで混雑が予想される場合、検索結果画面に「異常混雑予報」を表示する機能がある。この機能では、混み具合を3段階に分けて、10分単位で表示する。ヤフーによると、月間約4000万人が路線検索を行っているデータの蓄積を利用し、特定の時期に検索が急増したルートを混雑するとみなす。例えばコンサート会場や花火大会の最寄り駅などは、イベントの実施前から検索数が増えていくという。さらに、Twitterの投稿などから混雑する理由も推測しアプリ上に表示する。対応しているのは首都圏や大阪など広い範囲の74路線だ。同じく混雑を回避でき...more
カテゴリー:

【地域】24年連続で転入超過 東京一極集中で増す少子化の深刻度 - 02月17日(月)23:19  bizplus

東京圏への転入人口が24年連続で増加し、東京圏への一極集中がさらに拡大してきている。総務省が先月31日に発表した住民基本台帳による2019年1~12月の人口の移動は、東京圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)への転入者は54万140人。一方、転出者は39万1357人で、転入者が14万8783人上回る「転入超過」となっている(外国人含む)。  日本人の移動に限ると転入超過者は14万5576人で24年連続となる。東京一極集中が加速している状況が明らかになった。  大阪圏(大阪、兵庫、京都、奈良)では38...
»続きを読む
カテゴリー:

物流系のアルバイト・パート募集時平均時給/1月は4.2%増 - 02月13日(木)14:34 

リクルートジョブズは2月13日、1月度のアルバイト・パート募集時平均時給調査を発表した。 <三大都市圏(首都圏・東海・関西)製造・物流・清掃系 平均時給推移 直近36か月の動向> 三大都市圏の製造・物流・清掃系の平均時給 […]
カテゴリー:

【新型肺炎】中国の専門家「今月半ば~下旬ピーク」 - 02月12日(水)02:22  newsplus

新型コロナウイルスについて、中国の専門家は、今月の半ばから下旬に流行のピークを迎え、その後、終息に向かうとの考えを示した。 中国政府の専門家チームのトップ・鍾南山氏は、ロイター通信のインタビューで「今月の半ばか下旬に恐らくピークを迎える可能性がある。その後はやや横ばいのような状態になり、それから収まるだろう」と述べた。 鍾氏は、感染が集中する中国・湖北省以外での感染者数の増加のペースが落ちていることから、早期に流行のピークが過ぎるとの見通しを示したもの。 ただ、北京や上海など大都市圏で...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「大都市圏」の画像

もっと見る

「大都市圏」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる