「人工衛星」とは?

関連ニュース

衛星で高頻度の海洋観測 養殖ベンチャー「ウミトロン」 - 07月08日(水)05:00 

 養殖ベンチャーのウミトロン(東京都港区)は、小型人工衛星を活用した海洋観測に乗り出す。海中のプランクトンや塩の濃度などを高頻度に観測し、魚介類などの養殖に役立ててもらう。
カテゴリー:

キヤノンのデジカメ搭載の小型衛星など軌道投入できず。Rocket Labのロケット、打上げ失敗 - 07月06日(月)13:26 

7月4日に打ち上げられた米Rocket LabのElectronロケットが、離陸から4~6分後、2段目ブースターの噴射中に異常を発生、積荷だった7基の人工衛星の軌道投入に失敗しました。失われた人工衛星のうちひとつは日本のキヤノン電子の「CE-SAT-IB」が含まれていました。Electronロケットは点火から離陸、1段目ブースターの分離までは順調に見えたものの、上昇中のはずのオンボードの映像が高度をやや落としたように見えた直後に停止し、その後管制室の様子に切り替わったまま、ロケットの映像に戻ることはありませんでした。Rocket Labs創設者のピーター・ベック氏はTwitterで搭載していた衛星の開発企業らに対し「深くお詫び申し上げます」
カテゴリー:

【朗報】小泉進次郎「宇宙ゴミは環境省で処理したい」人工衛星処理チームを発足し意気込みを見せる - 07月06日(月)09:13  livejupiter

ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/01c965a1ff50239aeef42258cecb8516d12d0d51  小泉進次郎環境相は30日、温室効果ガス濃度を測定する人工衛星「いぶき」(GOSAT)について、運用終了後に宇宙ごみにならないよう、 処理方法を検討するチームを省内に立ち上げたと発表した。 いぶきは環境省や宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが共同開発し、2009年に打ち上げられた。 設計寿命は5年で、すでに倍以上が過ぎている。 小泉氏はこの日の閣議後会見で「ごみ問題を含む環境問題全般を所管する立場から、責任をもって自ら...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】キヤノン電子、衛星搭載したロケットが打ち上げ失敗 - 07月05日(日)10:40  newsplus

2020年7月5日 8:03 https://r.nikkei.com/article/DGXMZO61177260V00C20A7TJC000 キヤノン電子の人工衛星「CE-SAT-IB」を搭載したロケット「エレクトロン」が5日、打ち上げられたが機体に不具合が起きて行方不明となり、失敗に終わった。スタートアップのロケットラボがニュージーランドにある発射場で日本時間の午前6時20分ごろに打ち上げた。同社によると、2段階目の燃焼時に機体トラブルが発生したという。 同日発射されたロケットには7基の小型衛星が搭載されていた。その1つであるキヤノン電子の衛星は、キヤノン製のデジ...
»続きを読む
カテゴリー:

【朗報】小泉進次郎「宇宙ゴミも環境省で担当したい」人工衛星処分チームを発足し意気込みを見せる - 07月03日(金)19:05  livejupiter

https://news.yahoo.co.jp/articles/01c965a1ff50239aeef42258cecb8516d12d0d51  小泉進次郎環境相は30日、温室効果ガス濃度を測定する人工衛星「いぶき」(GOSAT)について、運用終了後に宇宙ごみにならないよう、 処理方法を検討するチームを省内に立ち上げたと発表した。 いぶきは環境省や宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが共同開発し、2009年に打ち上げられた。 設計寿命は5年で、すでに倍以上が過ぎている。 小泉氏はこの日の閣議後会見で「ごみ問題を含む環境問題全般を所管する立場から、責任をもって自らの衛星...
»続きを読む
カテゴリー:

火星の氷が張ったクレーター上を、飛んでいるかのように眺められる美映像 - 07月06日(月)15:00 

Korolev crater./Credit:ESA/DLR/FU Berlin, CC BY-SA 3.0 IGO point 火星のクレーターを飛行機から眺めるようなフライオーバー画像が作成された これは火星軌道上から観測を行う探査機「マーズ・エクスプレス」の撮影画像を元にしている 最近のiPhoneの地図アプリには、航空写真が立体表示される「Flyover(フライオーバー)」機能というものがあります。 フライオーバーはまるで空を飛んでいる気分が味わえる素敵な機能ですが、これを火星上で再現した画像が公開されました。 画像は欧州宇宙機関(ESA)の探査機「マーズ・エクスプレス」の撮影画像に基づいて作成されていて、まるで飛行機から火星を眺めているかのような映像が公開されています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 火星の上空を飛行したら Flight over Korolev Crater on Mars./Credit:ESA/DLR/FU Berlin, CC BY-SA 3.0 IGO この動画は、火星軌道上から観測を行う探査機「マーズ・エクスプレス」の高解像度ステレオカメラ(HRSC)の画像を使って作成されています。 軌道上からの撮影なので、クレーターの画像は通常まっすぐ...more
カテゴリー:

キヤノン電子の衛星を載せたロケットが打ち上げ後「行方不明」、地球滅亡確定 - 07月06日(月)12:30  poverty

キヤノン電子(Canon Electronics)などの人工衛星7基を搭載した商業用ロケットが5日、 ニュージーランドの発射台から打ち上げられたが「行方不明」になった。 ロケットを所有するスタートアップ企業ロケットラボ(Rocket Lab)が明らかにした。 ロケットラボの創立者で最高経営責任者(CEO)のピーター・ベック(Peter Beck)氏は ツイッター(Twitter)に、「ミッション後半に機体を見失った。顧客の人工衛星をきょう (宇宙に)届けることができなかったことを非常に申し訳なく思う。問題を見つけて修正し、 すぐにま...
»続きを読む
カテゴリー:

ロケット打ち上げも行方不明 NZ - 07月06日(月)03:01 

【AFP=時事】キヤノン電子などの人工衛星7基を搭載した商業用ロケットが5日、ニュージーランドの発射台から打ち上げられたが「行方不明」になった。ロケットを所有するス...
カテゴリー:

AWSが航空宇宙と人工衛星の専門部門を立ち上げ、元空軍少将がリーダーに - 07月03日(金)20:00 

AWS(Amazon Web Services)は、宇宙産業ゲームに本腰を入れるようだ。WSJが最初に報じたAerospace and Satellite Solutionsと呼ばれる専任部門は、NASAや米軍、Lockheed Martin(ロッキード・マーティン)のような民間宇宙企業などの顧客の宇宙プロジェクトにフォーカスしている。 同社はすでに、AWS Ground Stationなどで人工衛星や宇宙産業の顧客を支援している。顧客は、衛星通信やデータ処理などのAWSのサービスを提供することで、衛星ネットワークやコンステレーションを構築する際に専用の地上局を設置する必要がない。 この宇宙部門は、米空軍の少将だったClint Crosier(クリント・クロジャー)氏が率いることになる。クロジャー氏は米宇宙軍の創設に関与していた人物で、同氏をリーダーとして選んだことは、AWSのこの部門の主な目的を暗示しているだろう。つまり、大きな利益を生む顧客、主に防衛産業を獲得することだ。 昨年世間の注目を浴びた決定によってAWSは、ペンタゴンの推定100億ドル(約1兆800億円)のクラウドコンピューティングサービスの入札競争を、Microsoft Azureにさらわれた。敗れたAWSはその決定に正式に挑戦していたし、そこから結果した一連の処置はいまも生きている。しかし、契約を失ったことでAma...more
カテゴリー:

民間有人宇宙飛行の快挙を達成、イーロン・マスクのスペースXは何がスゴイのか - 07月03日(金)07:10 

米宇宙開発企業のスペースXが5月、民間で初めて国際宇宙ステーション(ISS)への有人飛行を実現させるという快挙を達成した。米国において宇宙事業を官から民へ移す方針に従い、2002年に創業されたベンチャー企業が宇宙ビジネスの在り方を変えるに至った。スペースXらの参入により、2億ドルを要していた人工衛星の打ち上げは、6000万ドルまで削減。新たな大型ロケットやそれに付随するサービスの開発によって、スペースXによる宇宙事業の変革は続いていきそうだ。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「人工衛星」の画像

もっと見る

「人工衛星」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる