「人工衛星」とは?

関連ニュース

月と地球を結ぶエレベーター「スペースライン」を科学者が提唱 - 09月14日(土)11:30 

SFやフリンジ科学のファンなら「宇宙エレベーター」の構想にはなじみがあるだろう。まさしくその名の通りのものであり、現在の科学ではまったく実現不可能だ。しかし、2人の科学者は代替案を発見したと考えている。月エレベーターだ。それはわずかにバカバカしさの少ない技術だ。 宇宙エレベーターは、アーサー・C・クラークが小説「楽園の泉」で初めて詳しく探求した構想で、実質的には宇宙に到達するほど背の高いタワーだ。宇宙船や物質を地表から軌道に送り込む代わりに、このタワーのエレベーターに載せるだけで、頂上に着けばそこは高度約4万2000kmの対地同期軌道で、重力に引っ張られることなくあらゆる意図や目的のために使える。 楽しいアイデアだが、単純な事実としてこのタワーは自身の重さを支えるだけの強度を持ち、反対側にはカウンターウェイトを置く必要もあり、これを実現できる材料は発見されたことがないのはもちろん、考えることもできない。絶対に。そのため宇宙エレベーターは提言されて以来、サイエンスフィクションの「フィクション」側に置かれている。だからといって特許を申請する人を妨げるものはない。 関連記事:Company Awarded Patent For ‘Space Elevator’ しかし、宇宙エレベーターをさらに大きくして、現在入手可能な材料で作れると私が言ったらどうだろうか?私にそ...more
カテゴリー:

アイネット、東工大発スタートアップの「天の技」.. - 09月11日(水)12:05 

アイネット、東工大発スタートアップの「天の技」と提携 人工衛星事業で
カテゴリー:

JAXA Repository / AIREX: 人工衛星の力学と制御:宇宙機ダイナミクス・姿勢制御技術ユニット - 09月09日(月)22:45 

JAXA Repository / AIREX: 人工衛星の力学と制御:宇宙機ダイナミクス・姿勢制御技術ユニットJapan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; NEC TOSHIBA Space Systems Ltd.; NEC TOSHIBA S...
カテゴリー:

ついに31光年先という近くに人間が居住可能な惑星が発見される 急いで移住しろ - 09月08日(日)22:59  poverty

https://www.afpbb.com/articles/-/3238161 【8月2日 AFP】生命が生存できる可能性のある惑星を持つ恒星系が、天文学者の国際チームにより発見された。研究を主導したスペインの天体物理学者が1日、発表した。 【関連記事】地下深部に広大な「生命体の森」 国際研究で発見  スペイン・カナリア諸島(Canary Islands)にある天体物理学研究所(Institute of Astrophysics)のラファエル・ルケ(Rafael Luque)氏によると、地球から31光年という、 宇宙的観点からみると比較的近い位置にある赤色矮星(わいせい)「GJ 357」を公転...
»続きを読む
カテゴリー:

ESA、人工衛星と巨大コンステレーションの衝突を回避するためのマヌーバーを世界で初めて実行 - 09月06日(金)13:40 

headless曰く、 ESAは2日、人工衛星と巨大コンステレーションとの衝突を防ぐための衝突回避マヌーバーを世界で初めて実行したそうだ(ESA Operationsのツイート、Register)。 「巨大コンステレーション (mega constellation)」とは、SpaceXの通信衛星コンステレーション「Starlink」を指す。2日朝、ESAの地球観測衛星AeolusがStarlinkの1機と衝突する可能性があるというスペースデブリチームの専門家の判断を受け、Aeolusは衝突予想地点から軌道半分ほど手前でスラスターに点火。高度を上げて衝突コースを回避した。通常の衝突回避マヌーバーは運用を終了した人工衛星や過去の衝突で発生した断片を避けるために実行されることが多く、運用中の人工衛星を避けるために実行するのは珍しいという。 衝突回避マヌーバーでは稼働中の全宇宙機の今後の軌道位置の計算から衝突リスクの計算、異なる対応による実行結果の予測まで、準備には長い時間を要する。しかし、Starlinkのような巨大コンステレーションにより軌道上の人工衛星が増加すると、現在のような人の手による衝突回避処理は困難になる。そのため、ESAでは衝突可能性の評価から人工衛星の軌道変更まで、人工知能による処理の自動化を計画しているとのことだ。 すべて読む | サイエンスセクション ...more
カテゴリー:

『龍が如く7』初日ステージリポート。物語の重要人物が登場!? タイアップ楽曲アーティスト発表! 新プレイスポットお披露目! バトルの実機プレイ! 人工衛星のビーム!?【TGS2019】 - 09月13日(金)12:20 

2019年9月12日、千葉・幕張メッセで行われた東京ゲームショウ2019初日のセガゲームスブースにて行われた、『龍が如く7 光と闇の行方』のステージイベントのステージの模様をお届けする。
カテゴリー:

JAXAのこうのとり8号機とH-IIBロケットの打ち上げがライブ配信 - 09月11日(水)06:00 

三菱重工業の打上げ部門は、国際宇宙ステーション(ISS)へとJAXAの補給機を打ち上げる準備を整えた。打上げ時刻は日本時間の9月11日6時33分で、種子島宇宙センターからミッションが実施される。 打ち上げには三菱重工業のH-IIBロケットが利用され、これは日本で開発し製造されるこうのとり(HTV、H-11 Transfer Vehicle)にとって8回目の打上げとなる。 H-IIBの構成では、液体燃料ロケットの中央コアと、打上げ能力を向上させるための4基の固体ロケットブースターが利用される。こうのとり8号機には与圧部、非与圧部をあわせて5.3トンのISSへの補給物資が搭載されている。 積荷には、小型衛星放出機構「J-SSOD」を備えた日本実験棟「きぼう」の保全部品も含まれる。きぼうからは、JAXAと初めて民間オペレーターとして衛星放出について契約したスタートアップのSpace BDと東京大学が開発した推進技術のデモ機など、さまざまな超小型人工衛星「CubeSats」が放出される。 JAXAはH-IIBロケットの打上げを、上のYouTube動画にてライブ中継する。 [原文へ] (翻訳:塚本直樹 Twitter)
カテゴリー:

【悲報】女さんが発明したもの、ガチで何も無い - 09月09日(月)12:07  livejupiter

これらはすべて男性の発明です iPS細胞・コンピュータ・インターネット・カメラ・テレビ・ラジオ・スマートフォン・電子レンジ エアコン・電話機・CD・DVD・時計・冷蔵庫・洗濯機・扇風機・電灯・炊飯器・乾燥機・電気掃除機 自動車・電気自動車・ハイブリッドカー・飛行機・ロケット・ジェット機・ヘリコプター・船・潜水艦 新幹線・蒸気機関車・電車・オートバイ・地下鉄・エレベーター・エスカレーター・高層ビル ・人工衛星 ロボット・レーザー・電池・太陽電池・映写機・無線機・拡声器・レコード・印刷機・複写機 顕微...
»続きを読む
カテゴリー:

インドの月面探査機、着陸ミッション中に信号途絶 - 09月07日(土)19:00 

インドによる無人探査機を初めて月の南極に軟着陸させる試みは失敗に終わったと、同国の宇宙機関は米国時間8月7日に発表した。 月面から2マイル(約3.2km)未満の上空で、着陸機のVikra(ヴィクラ、インドの宇宙開発の父ことVikram Sarabhai、ヴィクラム・サラバイ氏にちなんだ名前)と管制室との通信がロストした。 インドのNASAに相当するISRO(インド宇宙研究機関)からのライブ中継は、管制室がランダーからの信号を受信できず、科学者たちが緊迫する様子を流した。 着陸の試みを見守っていたインド首相のNarendra Modi(ナレンドラ・モディ)氏は、ISROにて同室した科学者と子どもたちに励ましの言葉をかけた。 「勇気を出して。ISROへの信頼は失われていない。その努力と旅路にはその価値があったことを誇りに思う。我々の宇宙開発の最良の瞬間はこれからなのだ」。 宇宙開発は難しい。月面は着陸を試みて失敗した宇宙船の破片でいっぱいだ。月の大気は非常に薄いためパラシュートは使えず、宇宙船はスラスタによって速度を調整するしかない。 Chandrayaan-2(チャンドラヤーン2号)は約1億4000万ドル(約150億円)をかけたミッションで、2008年に実施されたChandrayaan-1で発見された水が存在する月のクレーターの研究を目的としている。 ミッションが成功すれば、インドは...more
カテゴリー:

キーワード「NCW」で解く。アメリカが「宇宙軍」を発足した理由 - 09月05日(木)21:23 

8月29日に米軍に11番目の統合軍が発足。その任務は宇宙分野での活動に特化された「宇宙軍」だと報じられています。アメリカは何と戦い、何を守ろうとしているのでしょうか?メルマガ『NEWSを疑え!』を主宰する軍事アナリストの小川和久さんが米軍の狙いをわかりやすく解説。連動する形で変わっていくであろう自衛隊の動きからも目を離せないと結びます。 なぜ「宇宙軍」なのか 米国で11番目の統合軍が発足し、日本の防衛政策にも大きな影響を及ぼすことになりそうです。 「米軍は29日、地域や機能別に設ける11番目の統合軍として、宇宙分野の任務を統括する組織となる『宇宙軍』を新たに発足させた。主に人工衛星の運用や宇宙での監視などにあたる。宇宙での軍事活動を強化している中国やロシアに対抗する狙いがある」(8月30日付日本経済新聞) 防衛省も同じ方向に動きを見せ始めています。 「防衛省は30日、総額5兆3223億円の令和2年度予算の概算要求を決めた。今年度当初予算比1・2%増で、過去最大規模となった。海上自衛隊の護衛艦『いずも』を戦闘機搭載可能な事実上の空母に改修する費用を計上。昨年策定した『防衛計画の大綱』で安全保障上重要な新領域に位置づけた『宇宙』における能力強化に向け、宇宙作戦隊新設費用も盛り込んだ。 航空自衛隊には宇宙作戦隊を新設し、自衛隊の活動に不可欠な日本の人工衛星を外国の妨害から守る。日本の人工...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「人工衛星」の画像

もっと見る

「人工衛星」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる