「前月比」とは?

関連ニュース

軽油インタンク価格/8月は3.1円値上がり - 09月30日(水)14:14 

資源エネルギー庁は9月30日、8月の軽油インタンク納入価格を発表し、1リットル当たり全国平均価格が91.6円(前月比3.1円増)となった。 関東は90.0円(3.1円増)、北海道は94.3円(3.5円増)、東北は91.6 […]
カテゴリー:

9月全国CPI、前年同月比+2.98% 前月比は+0.12% [統計] - 09月30日(水)02:01 

 統計総局(GSO)の発表によると、2020年9月の全国消費者物価指数(CPI)は前月比で+0.12%、前年同月比では+2.98%上昇した。1~9月期の上昇率は前年...
カテゴリー:

米耐久財受注、8月は前月比0.4%増に急減速-予.. - 09月26日(土)05:48 

米耐久財受注、8月は前月比0.4%増に急減速-予想下回る伸び
カテゴリー:

米FHFA住宅価格指数、7月は前月比1%上昇-.. - 09月24日(木)06:37 

米FHFA住宅価格指数、7月は前月比1%上昇-予想上回る伸び
カテゴリー:

【新聞離れ】 スクープ! 朝日新聞が遂に500万部割れ 実売は 「350万部以下」か★6 - 09月20日(日)16:36  newsplus

号外速報(9月18日 22:10) 新聞離れに歯止めが掛からない中、朝日新聞の販売部数(朝刊)が8月についに500万部を割ったことが分かった。 400万部台に落ち込んだのはおよそ55年ぶりのことだ。 新聞販売関係者の間では、読者に配達されないまま廃棄される「押し紙」の分を差し引いた実売部数は300万~350万部程度との見方が強い。 10年で300万部失う惨状 日本ABC協会のまとめによると、朝日新聞の8月の販売部数は499万1642部で、前月比2万1千部、前年同月比43万部の減少となった。 朝日新聞の販売部数は1980年代末から2009年に...
»続きを読む
カテゴリー:

8月小売販売額1・9%減 「緩やかに持ち直し」 - 09月30日(水)10:05 

 経済産業省が30日発表した8月の商業動態統計速報によると、小売販売額は前年同月比1・9%減の12兆4190億円だった。6カ月連続で減少したが、季節調整済み前月比は4・6%の上昇となり、基調判断は「緩やかに持ち直している」とした。
カテゴリー:

新型コロナのワクチンめぐり政争激化 米大統領選 あおりで信頼も低下 - 09月29日(火)16:25 

 【ワシントン=平田雄介】11月3日実施の米大統領選を控え、新型コロナウイルスのワクチン開発をめぐる党派対立が激化している。共和党候補のトランプ大統領が「10月中にも完成する」と踏み込めば、民主党候補のバイデン前副大統領は安全性を懸念し「私は接種しない」と発言。9月の世論調査は接種を希望しない人が前月比で増えて6割に上った。政争のあおりでワクチンへの信頼が低下した可能性がある。
カテゴリー:

Withコロナ社会の消費者心理の変化を捉える定点調査を実施(2020年8月) - 09月24日(木)13:30 

2020年9月24日 株式会社矢野経済研究所 Withコロナ社会の消費者心理の変化を捉える定点調査を実施(2020年8月) Withコロナ時代の日常生活における消費動向、食料品が10.4、日用品が0.5と増加傾向にあるのは巣ごもり消費のみ~2020年度第3四半期(10-12月期)の見通しは、第2四半期(7-9月期)より回復傾向が鈍化へ~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、一般消費者を対象として日常生活における消費行動や生活一般、SNSやデジタルサービス利用状況などに関するアンケート調査を実施し、Withコロナ社会の消費者心理の変化について、調査・分析いたしました。 個人の日常消費は回復するか?~Withコロナ時代のお金の使い方の見通し 本調査では、「日常のお金の使い方」、モノ(食料品、日用品、ファッション製品、化粧品・美容、ゲーム・音楽等)や、コト(運動・スポーツ、学び・スキルアップ、子育て・教育、外食・飲み会、貯蓄[投資含む])への消費金額の変化について、毎回尋ねています。3か月前の消費金額(実線)、3か月後の消費金額の見通し(破線)がそれぞれ同じ、つまり横這いであれば「0」とし、増えるのであればプラス、減少するのであればマイナスとして、DI値を算出しています。 第2四半期(2020年度7-9月期)調査では、3か月前の消費金額よりも増加したのは...more
カテゴリー:

暗号資産・ブロックチェーン業界の最新1週間(2020.9.13~9.19) - 09月22日(火)09:00 

暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン技術に関連する国内外のニュースから、重要かつこれはという話題をピックアップし、最新情報としてまとめて1週間分を共有していく。今回は2020年9月613日~9月19日の情報をまとめた。 グルメSNS「シンクロライフ」と川崎フロンターレが提案する「スタジアム飲食と地域活性化をDXで実現」プロジェクトを神奈川県が支援 トークンエコノミー型グルメSNS「シンクロライフ」を運営するGINKAN(ギンカン)は9月14日、Jリーグ川崎フロンターレと共同で提案する「スタジアム飲食と地域活性化をデジタルトランスフォーメーションで実現」プロジェクトが、神奈川県の「ビジネス・アクセラレーター・かながわ」(BAK)に採択されたことを発表した。 神奈川県は、スタートアップ企業に対する支援策として「ビジネス・アクセラレーター・かながわ」を実施。新型コロナウイルスの感染拡大によって生じている社会課題の解決に取り組むスタートアップ企業などによる新しいプロジェクトを募集した。今回45件の提案から、有識者らによる審査の結果、県が支援を行う6プロジェクトが決定。GINKANと川崎フロンターレの提案が採択され、両社は今後、同プロジェクトを進めていく。 GINKANと川崎フロンターレの提案するプロジェクト「スタジアム飲食と地域活性化をデジタルトランスフォーメーションで実現」は、グルメS...more
カテゴリー:

【新聞離れ】 スクープ! 朝日新聞が遂に500万部割れ 実売は 「350万部以下」か★5 - 09月20日(日)09:05  newsplus

号外速報(9月18日 22:10) 新聞離れに歯止めが掛からない中、朝日新聞の販売部数(朝刊)が8月についに500万部を割ったことが分かった。 400万部台に落ち込んだのはおよそ55年ぶりのことだ。 新聞販売関係者の間では、読者に配達されないまま廃棄される「押し紙」の分を差し引いた実売部数は300万~350万部程度との見方が強い。 10年で300万部失う惨状 日本ABC協会のまとめによると、朝日新聞の8月の販売部数は499万1642部で、前月比2万1千部、前年同月比43万部の減少となった。 朝日新聞の販売部数は1980年代末から2009年に...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「前月比」の画像

もっと見る

「前月比」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる