「小売業」とは?

関連ニュース

【製品】サムスン電子・現代自動車、米消費者忠誠度トップ10入り…サムスンはiPhone追い越す - 09月15日(日)22:38  bizplus

米国で実施された消費者忠誠度調査で、サムスン電子と現代(ヒョンデ)自動車が並んでトップ10に入った。 業界筋が15日に明らかにしたところによると、米ニューヨークに本社を置くIT専門市場調査会社のブランドキッズがこのほど発表した「2019年顧客忠誠度上位100社」でサムスン電子(スマートフォン)が3位に上がった。 アマゾン(オンライン小売り)とグーグル(検索エンジン)がそれぞれ昨年に続き1位と2位を守る中でサムスン電子は3段階上昇した。 このほかアマゾン(タブレット)、アップル(タブレット)、...
»続きを読む
カテゴリー:

消費増税、ユニバース社長に聞く - 09月15日(日)09:00 

消費税増税と同時に始まるキャッシュレス決済のポイント還元事業の制度設計に批判的な考えを示しているスーパー「ユニバース」(本部青森県八戸市)の三浦紘一代表取締役社長(79)が14日までに、東奥日報紙インタビューに応じた。小売業界では、還元対象企業とそれ以外の企業の間で競争の激化が見込まれる。利益を減らす企業が増えれば企業が納める税金も減り、「国はお金を掛けて税収を減らすことになる」と懸念を示し、あらためて制度の課題を指摘した。-ユニバースはポイント還元の対象外。還元を行うスーパーへの対抗策は。「…
カテゴリー:

ロシア大手のアルファ銀行、法人顧客向けにブロックチェーン基盤の金融サービス提供 「サービスとしての銀行」目指す - 09月14日(土)15:24 

ロシア最大の民間商業銀行アルファ銀行は、小売業者X5リテールグループと提携して、ロシアで銀行向けのブロックチェーン管理サービスを提供する。同行が9月12日に発表した。顧客がカスタマイズできるサービスだとしている。
カテゴリー:

「ドローン」が長崎・五島列島の物流事情を救う! - 09月13日(金)15:00 

長崎県五島市は、11の有人島と52の無人島からなる自治体だ。このうち、有人の島間に「ドローン」を用いた物流網を構築し、「二次離島地域住民の生活利便性を向上することを目指したドローンによる物流」の実証がおこなわれるのだという。これは「ANAホールディング」と五島市が、「自律制御システム研究所」「NTTドコモ」「プロダクションナップ」と協力して進めている事業。今後「五島市無人物流協議会(仮称)」を設立し、地域住民や域内の小売業者、医療事業者などと連携体制を構築しながら、今年度内に合計20日間の実証実験をおこなう予定だ。すでに奈留島〜前島間では、平成30年度からのドローン物流実証において、人口24人の前島に模擬薬と食料品の輸送を試みているが、今後の事業では、「発注から受け取り」までの仕組みの検討及び検証、さらには五島市内でドローン物流オペレーションを担う人材を育成し、将来的な市内離島部でのドローン物流の実用化を目指すという。離島の物流事情は、台風などの天候によってもかなり左右される。ドローンの活躍は、この世からまたひとつ「不便」という言葉を消してくれるかもしれない。Top image: © iStock.com/LuckyStep48
カテゴリー:

ケンモメン「支払いはカードでお願いします!」 飲食店「ランチはカード不可です。」 ケンモメン「ちょっと銀行行ってきて良い?」 - 09月13日(金)12:52  poverty

店側もカード導入に積極的になれない事情があった。これは「三つの壁」と呼ばれる。 一つ目は、店が負担する加盟店手数料が高いことだ。 経済産業省によると一般的にカード利用額の3~4%。これは小売業の営業利益率の平均2.8%を上回り「カード払いでは赤字」もあることを示す。 二つ目はカード端末を設置する費用で、数万~数十万円がかかる。三つ目は、入金のタイムラグだ。 カード決済から実際に店に入金されるまで半月~1カ月かかり、その間、資金繰りが厳しくなることがある。 経産省調査では、東京都の飲食店でもカード...
»続きを読む
カテゴリー:

賃金23万円不払いで婦人服小売業者を書類送検 以前には遅配も 札幌中央労基署 - 09月15日(日)10:11 

 北海道・札幌中央労働基準監督署は、平成30年3~4月、労働者2人に賃金を支払わなかったとして、婦人服小売業の㈱マノア(札幌市北区)と同社マネージャーを最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で札幌区検に書類送検した。  労働者2人に対する不払い総額は、約23万円だった。  同社は平成30年4月に事実上の倒産をしている。  同労基署は、労働者からの相談を契機に捜査に着手した。「立件対象期……[続きを読む]
カテゴリー:

Incubate Camp12th参加のスタートアップ16社を紹介 - 09月14日(土)19:23 

独立系ベンチャーキャピタル(VC)のインキュベイトファンドは9月13日、14日の2日間、通算12回目となるIncubate Campを開催した。Incubate Campは、シード/アーリーステージ起業家のための1泊2日の合同経営合宿。国内の著名な投資家やVCからのメンタリングが受けられるほか、数千万〜億円単位の投資の機会もある。今回は16社のスタートアップ企業が参加し、それぞれの事業内容や戦略について語った。早速その16社をピッチ順に見ていこう。 なお、審査結果などについては追って追記する。 Gaudily ブロックチェーン技術を活用して、企業のプロダクトやサービスのファンコミュニティマーケティングを支援するBaaS(Backend as a service)アプリケーション「Gaudiy」を開発。ブロックチェーンをベースにしDapps(分散型アプリケーション)コミニュティは、ユーザーロイヤリティーが非常に高く、ユーザーが社員のようにコミュニティを熱心にサポートする特徴があるとのこと。Gaudiyは、独自トークン、投げ銭、貢献値、チャンネル、企画などの機能を備えるトークンコミュニティープラットフォームで、現在8社でテスト中とのこと。同社はそのほかブロックチェーン技術の研究を、博報堂、毎日新聞、LIXIL、KONAMI、横浜ベースターズ、ブリヂストン、三菱電機、そ...more
カテゴリー:

商品棚をスキャンする在庫管理ロボ開発のSimbeが28億円を調達 - 09月14日(土)08:15 

サンフランシスコを拠点とするロボティクスのスタートアップであるSimbe RoboticsがシリーズAで2600万ドル(約28億円)を調達したと発表した。このラウンドはVenrockが主導し、Future Shape、Valo Ventures、Activant Capitalが参加した。Simbeは小売店の在庫管理の自動化を目指す企業のひとつだ。 Simbeは、今回の資金を人員の増強、新たな市場の開拓、既存のロボットの配備拡大に充てたいとしている。NestのTony Fadell(トニー・ファデル)氏、VenrockのDavid Pakman(ディヴィッド・パックマン)氏、Pathbreaker VentureのRyan Gembala(ライアン・ゲンバラ)氏がSimbeの役員になることも発表された。 Simbeの共同創業者でCEOのBrad Bogolea(ブラッド・ボゴレア)氏は、発表の中で次のように述べた。「以前からの投資家も新たな投資家も、資金だけにとどまらない支援をしてくれている。我々のビジネスのあらゆる面について貴重な知見を提供する支持者であり信頼できるアドバイザーだ。エクイティファイナンスのパートナーとソフトバンクロボティクスのチームは、データを通じて小売業を活性化するというSimbeのビジョンと深く協調している。我々は成長の重要な段階を迎えており、世界規模で小売...more
カテゴリー:

商品棚スキャンロボットのSimbe Robotics、約28億円調達--ソフトバンクロボティクスの支援も - 09月13日(金)13:07 

商品棚をスキャンするロボットや人工知能(AI)を活用して、在庫や営業に関するインサイトを小売業者に提供するSimbe Roboticsが、シリーズAの資金調達ラウンドで2600万ドル(約28億円)を獲得した。
カテゴリー:

恩着せがましい「軽減税率」を「天下の大悪法」だと断言する理由 - 09月13日(金)04:30 

消費税が10%に引き上げられる10月が迫ってきました。日本の現状から多少の増税は「やむなし」と諦めていても、新消費税については「天下の大悪法である」と断言するのは、メルマガ『8人ばなし』を発行する山崎勝義さんです。山崎さんは、「軽減税率」が採用されたことにより、分かり易さが失われる弊害を訴え、何よりその対応という「手間賃」を支払わされる小規模の小売業者への大きな影響を憂慮しています。 軽減税率のこと いよいよ来月より「新消費税」が始まる。今更言葉を選んでいても仕方がないのではっきりと言う。これぞ天下の大悪法である。 無論税金は安いに越したことはない。しかし国のことを思えば我儘勝手ばかりも言えない。現状の人口動態を見れば多少の増税はどうあってもやむなしといったところである。これに関しては、どうだろう、国民のコンセンサスは得られていると概ね言ってもいいのではないだろうか。少なくとも「やむなし」と飲み込める程度には納得できているのではないだろうか。 そういった国民の覚悟(と言うより諦め)を全く無視するような形でこの制度にみっともなくぶら下がっている条項が所謂「軽減税率」である。 連立政権の場合、それぞれの与党がその存在感を示すべく一本の法案に対して党独自のアイデアを条項として付け加えていくことが多い。あるいはそうしてそれなりに良くなることもあるのかもしれないが、大概は悪くなる。連立政権と...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「小売業」の画像

もっと見る

「小売業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる