「取引先」とは?

関連ニュース

上場企業の24年3月期、3年連続最高益 車と電力がけん引 - 05月24日(金)07:03  newsplus

国内上場企業の2024年3月期の純利益が3期連続で過去最高を更新した。販売増や値上げ、経済再開で全体の6割にあたる22業種の損益が改善した。けん引役は、トヨタ自動車など自動車業種で前の期からの増益額は全体の約半分を占めた。円安や利上げの影響など経営環境が不透明な中、増益の持続力が焦点になる。 3月期企業の決算発表がほぼ出そろい、東証プライム市場に上場する1071社(親子上場の子会社や変則決算の企業を除く)を集計した。純利益は前の期比20%増の46兆8285億円となり、全体の65%の企業の損益が改善した。製造業は22%増、...
»続きを読む
カテゴリー:

パナソニック社長「中期戦略を達成できず危機的状況」 - 05月23日(木)15:10  poverty

 パナソニックホールディングス(HD)は20日までに、2024年度を最終年度とする中期戦略で目標としていた3指標のうち、二つが未達成となる見通しであることを明らかにした。楠見雄規社長は「期待に応えられていない危機的状況」との認識を示した。  楠見社長は17日にオンラインで開いた戦略説明会で、中期戦略の進捗(しんちょく)を説明。自己資本利益率(ROE)など二つの指標が未達になるとの認識を示した。成長領域と見込んで投資を進めていた車載電池事業では、北米の電気自動車(EV)市場の成長が鈍化。主要取引先である米テ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ヤマザキ】山崎製パン「創業家」副社長「謎の急死」の真相 「メンタルが治りきっていないのに出社させられていた」 - 05月23日(木)12:07  newsplus

社長候補と目されていた次男  度重なる工場での死亡事故、消費期限偽装疑惑、過酷な労働環境……。 「週刊新潮」はこれまで4号にわたって、総売り上げ1兆円超を誇るパン業界のガリバー「ヤマザキグループ」の内情について詳しく報じてきた。 そして今回は、山崎製パンの中枢で起きていた、ある「不慮の死」を取り上げる。グループを率いる飯島延浩社長(82)の次男で、副社長を務めていた佐知彦氏が亡くなったのは今年1月9日のこと。場所は東京の都心、千代田区岩本町にある山崎製パンの本社だった――。  ***  1948年に飯島...
»続きを読む
カテゴリー:

M&Aは業界大手とメインバンクのどちらに依頼すべきか?事業再生コンサルが一銭の得にもならぬが敢えて書く - 05月22日(水)18:27 

M&Aの売り手企業サイドとして頭を悩ますのが、どこの誰に手続きを依頼するかという問題。その道のプロはどのような考えを持っているのでしょうか。今回のメルマガ『『倒産危機は自力で乗り越えられる!』 by 吉田猫次郎』では、著者で事業再生コンサルタント、作家、CTP認定事業再生士の顔を持つ吉田猫次郎さんが、M&Aの成功例と失敗例をそれぞれ挙げ、その依頼先選びについてのアドバイスを記しています。※本記事のタイトルはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:メインバンクにM&Aを委ねるという選択肢 メインバンクにM&Aを委ねるという選択肢 今回は私にとって一銭のトクにもならないことを書きます。 昨今、中小企業のM&Aが盛んになってきていることは、皆様もご承知のことと思います。かくいう私も、事業再生や事業承継の相談を数多く受けている中で、その手段のひとつとしてM&Aをおすすめする場面が年々増えていますし、国のM&A支援機関にも登録しています。 M&A支援機関は現在、3,000社以上あります。業界大手、中小のM&A専門、コンサル、会計事務所、金融機関など、その系列はさまざまです。どこに依頼すべきか、悩ましいですね。 そんな中、対照的な事例を2つ目の当たりにする機会がありましたので、ここで取り上げたいと思います。 1.業界大手にM&Aを依頼して、不幸になったA社 この会社は年商8億円、当期純利益...more
カテゴリー:

【東京】人気スニーカー999足、1800万円相当を窃盗か 中国人の男ら逮捕 預かった鍵で取引先倉庫から… 板橋 - 05月22日(水)14:18  newsplus

※[2024/05/22 14:13] テレ朝ニュース  東京・板橋区の倉庫から人気ブランドのスニーカーなどおよそ1000足を盗んだとして、中国人で靴の販売会社役員の男ら2人が逮捕されました。  中国籍の会社役員・辛彦男容疑者(28)ら2人は1月、板橋区にある取引先の物流会社の倉庫に侵入し、人気ブランドのスニーカー999足、1800万円相当を盗んだ疑いが持たれています。 続きは↓ https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000350584.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

日産、不当な減額有無を調査 下請法違反の勧告後も継続の報道受け - 05月23日(木)18:29 

 日産自動車の内田誠社長は23日、日産が下請法違反で公正取引委員会の勧告を受けた後も取引先に支払う代金の不当な減額を続けた疑いがあるとの一部報道を受け、弁護士を含めた調査チームで事実関係を調べていると説明した。来週にも調査結果を公表する考えも示した。
カテゴリー:

時代を語る・佐藤義晃(10)きりたんぽ携え営業 - 05月23日(木)13:00 

 父の下、黎明舎孵化場(ふかじょう)で働き始め、営業活動も受け持ちました。当初は兼業養鶏をしている農家向けに卵肉兼用種を、その後は採卵種のひよこも売るようになり、取引先を広げる必要があったんです。 東…
カテゴリー:

キングジム 独自の“商品力”で集客、新商品発表直後に完売も - 05月23日(木)12:00 

 文具事務用品メーカーのキングジムでは、自社通販サイトを「新商品のPR起点」と位置づけ、通販の販路も含めた取扱商品の拡大を図っている。  同社ではラベルライター「テプラ」、事務用ファイル「キングファイル」を筆頭に取扱商品数は約3000SKUと業界水準と比較しても多く、これまで自社通販サイトでは顧客サポートを目的に売れ筋商品の付属品をはじめ、店頭では品薄の周辺商材を軸に提供してきた。  自社通販サイトを刷新してBtoCの本格運用を開始したのは2022年7月。プラットフォームを変更し、社内運用できめ細かい情報発信ができる仕組みを整えた。これにより、毎月の新商品発表直後に購買意欲が高い顧客層を獲得できるようになった点が最大のメリットだとする。  EC事業部企画課長の木次谷健氏は、「新商品の発表日から発売日まで約1カ月の期間を設けているが、以前はSNSでの盛り上がりがピークとなるプレスリリース直後に『商品がどこにも売っていない』というロスが生じていた。基本的に取引先になるべく早く商品を取り扱ってもらうよう提案することしかできなかった」とし、現在は自社通販サイトがその受け皿として機能。CVR向上にもつながっているようだ。「新商品そのものが広告塔となって集客・拡販するという好循環が生まれている」(木次谷課長)とし、予約販売の状況から色柄の売れ筋や男女比など購入者の属性がある程度把握できる...more
カテゴリー:

映画館入ったら「顔」撮影「新宿ピカデリー」防犯カメラで顔認証公表も即延期…「マーケティング」目的には非難轟々 - 05月22日(水)18:17  mnewsplus

https://smart-flash.jp/sociopolitics/287118/ 2024.05.22 17:23 FLASH編集部  5月9日、ピカデリーやMOVIXなどの映画館を運営する松竹マルチプレックスシアターズが、16日から「顔認証システム」を導入することを発表した。  導入予定の新宿ピカデリーの公式サイトで発表された「ご案内」(削除済み)によれば、《カメラの画像から不正入場・万引き行為・入退場状況などの振る舞いを検知し、防犯やマーケティングに役立てる》のが目的だった。 「詳細を読むと、『防犯』と『マーケティング』の2つの大きな目的があることが...
»続きを読む
カテゴリー:

パナソニックHD、中期戦略は未達成に 楠見社長「危機的状況」 - 05月22日(水)09:13  newsplus

 パナソニックホールディングス(HD)は20日までに、2024年度を最終年度とする中期戦略で目標としていた3指標のうち、二つが未達成となる見通しであることを明らかにした。楠見雄規社長は「期待に応えられていない危機的状況」との認識を示した。  楠見社長は17日にオンラインで開いた戦略説明会で、中期戦略の進捗(しんちょく)を説明。自己資本利益率(ROE)など二つの指標が未達になるとの認識を示した。成長領域と見込んで投資を進めていた車載電池事業では、北米の電気自動車(EV)市場の成長が鈍化。主要取引先である米テス...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる