「インフルエンサー」とは?

関連ニュース

【インタビュー】戦略の時代に突入したインスタグ.. - 04月03日(金)15:20 

【インタビュー】戦略の時代に突入したインスタグラム 運用テクをインフルエンサーに直撃 金山大成編
カテゴリー:

ビームス EC限定レーベルを始動 幅広いテイスト提案 - 04月03日(金)13:41 

 セレクトショップ運営のビームスは3月17日、大学生や新社会人をメインターゲットにしたEC専用の新レーベル「BeAMS DOT(ビームスドット)」を立ち上げて自社通販サイトでの販売を開始したのに続き、同月25日には「ゾゾタウン」にも新レーベル単独で出店した。同社の主要顧客層は30~40代が中心のため、新レーベルを投入して若いユーザーの開拓につなげる狙いもあり、「ビームスドット」の販売責任者にはターゲット層に近い入社1年目で24歳の米山友里恵氏が務める。  新レーベルの開発に当たっては座談会を開いて若年層の服に対するニーズや購買行動を調査した結果、当該ユーザーはカジュアルやモードのスタイルを日ごとで楽しみ、ひとつのブランドに固執することなく、”今着たいアイテム”を手持ちの服と合わせて選ぶ傾向があるという。  そこで、「ビームスドット」ではレディース、メンズともに商品のテイストおよび型数を広げ、ファーストシーズンとなる今春夏はビッグシルエットや鮮やかな色彩が目をひく約150型を用意。ターゲット層の柔軟な着こなしに対応するカジュアルからモードのラインアップに加え、コーディネートの幅を広げることができる2WAYや3WAYのアイテムを豊富にそろえる。  中心価格帯はトップスが2900円~6000円、ボトムスが4800円~6200円、ワンピースが4400円~620...more
カテゴリー:

【インタビュー】戦略の時代に突入したインスタグ.. - 04月03日(金)12:20 

【インタビュー】戦略の時代に突入したインスタグラム 運用テクをインフルエンサーに直撃 Kazu編
カテゴリー:

【話題記事】戦略の時代に突入したインスタグラム.. - 04月03日(金)09:50 

【話題記事】戦略の時代に突入したインスタグラム 運用テクをインフルエンサーに直撃 1年で約19万フォロワー獲得のエヌケン編
カテゴリー:

【話題記事】戦略の時代に突入したインスタグラム.. - 04月02日(木)23:50 

【話題記事】戦略の時代に突入したインスタグラム 運用テクをインフルエンサーに直撃 1年で約19万フォロワー獲得のエヌケン編
カテゴリー:

ダノンジャパン、植物性食品ブランド「ALPRO」で植物性ミルク・豆乳類カテゴリーに新規参入 - 04月03日(金)15:00 

ダノンジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:ステイン・ヴァンデヴォースト)は、2020年春より、当社初の新カテゴリーである植物性ミルク・豆乳類の「ALPRO(アルプロ)」を日本市場で展開します。   今回発売する「ALPRO」は、オーツ麦を原材料とする「ALPRO たっぷり食物繊維 オーツミルク ほんのり甘い (1000ml・250ml)」、「ALPRO たっぷり食物繊維 オーツミルク 砂糖不使用(1000ml)」、および大豆を原材料とする「ALPRO たっぷりタンパク質 調製豆乳(250ml)」の3製品となり、2020年4月6日(月)より、関東エリアの一都六県を中心にスーパーマーケットおよび一部のコンビニエンスストア向けに出荷を開始いたします。   右から ALPRO(アルプロ)たっぷり食物繊維 オーツミルク 砂糖不使用1000ml ALPRO(アルプロ)たっぷり食物繊維 オーツミルク ほんのり甘い左:1000ml 右:250ml ALPRO(アルプロ)たっぷりタンパク質 調製豆乳 250ml   「ALPRO」は、1980年にベルギーで生まれた植物性食品ブランドです。以来、植物を中心とした食生活への注目に後押しされ、ベルギーから欧州へ、そして今では中近東など多くの国の消費者に大豆やオーツ麦といった植物から得られ...more
カテゴリー:

しまむら 店舗取り寄せアプリで成果 今秋にもEC開始で初年度10億円へ - 04月03日(金)12:41 

 カジュアル衣料大手のしまむらは、気になる商品を最寄りの実店舗に取り寄せることができるスマホアプリ「しまコレ」(画像)で一定の成果を上げている。今秋には同アプリが役目を終え、店舗取り寄せ機能を兼ね備えたECをスタートする計画だ。同社ではECチャネル開設後も「7割は店舗取り寄せを選択するのでは」(鈴木誠社長)とし、1400店舗以上を構える「ファッションセンターしまむら」への集客装置としてEC運営にあたる。    しまむらは仕入れがメインで、かつ多品種小ロットの品ぞろえもあってEC参入には消極的だったが、この数年は成長にブレーキがかかっていることもあり、ECチャネルの活用を模索。自社運営のEC展開に先立ち、18年7月にファッション通販サイト「ゾゾタウン」に出店したほか、昨年1月には「しまコレ」アプリをローンチし、消費者が同アプリを通じて新作などをチェックし在庫を確保した上で実店舗に来店できるようにした。    昨年6月にはゾゾタウン店を早々に閉店。当初は2年契約だったが、人的リソースを「しまコレ」に集中する目的に加え、ECの在庫管理を含めたノウハウを吸収できたとして1年早く契約を終えた。    「しまコレ」については、2020年2月期末時点のダウンロード数が82万件で、目標の100万件には届かなかったものの、年間注文金額は9億5000万円となり、計画値を58%上回った。    前期上期...more
カテゴリー:

乃木坂46・白石麻衣、卒業前最後の『Mステ』!思い出深い出演回を振り返る「みんなでたくさん…」 - 04月03日(金)11:35 

4月3日(金)の『ミュージックステーション』は3時間スペシャル。乃木坂46・白石麻衣が卒業前最後のMステ出演を果たす。乃木坂46から卒業することを発表している白石にとって、最後のシングルとなる『しあわせの保護色』。今回は同曲をはじめ、白石にとって最初のセンター曲となった2013年リリースの『ガールズルール』、そして白石のセンター曲として大ヒットした2018年の『シンクロニシティ』をパフォーマンスする。©テレビ朝日今回披露する3曲について白石は「3曲ともメロディもメッセージ性も全然違うので、それぞれの楽曲を一つ一つ届けられるように頑張りたい」と意気込みを語った。最後のMステ出演についても「とっても寂しいです。たくさんお世話になりましたし、大好きな番組だったので、これが最後なのかなって思ったら一気に緊張しますが、最高のパフォーマンスをお届けできるように精一杯頑張ります」と力強いメッセージを寄せた。◆Mステ全出演シーンも一挙公開!さらにVTRでは白石のMステ全出演シーンを一挙公開。記念すべき初出演から高難度パフォーマンスを披露した回まで、懐かしい映像が続々よみがえる。白石自身も、これまでで思い出深いMステ出演回を回顧。「初めて乃木坂以外で出演したのでドキドキでしたが、東京スカパラダイスオーケストラの皆さんの優しさに包まれて楽しくパフォーマンスできました」と話す、東京スカパラダイスオーケス...more
カテゴリー:

【話題記事】ロコンドが人気ユーチューバのヒカル.. - 04月03日(金)06:20 

【話題記事】ロコンドが人気ユーチューバのヒカルとコラボしたシューズ インフルエンサー発D2Cブランド事業をスタート
カテゴリー:

【話題記事】ロコンドが人気ユーチューバのヒカル.. - 04月02日(木)20:20 

【話題記事】ロコンドが人気ユーチューバのヒカルとコラボしたシューズ インフルエンサー発D2Cブランド事業をスタート
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「インフルエンサー」の画像

もっと見る

「インフルエンサー」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる