「厚生労働省」とは?

関連ニュース

稼ぎはあるのに…貧乏になってしまう「落とし穴」 - 05月26日(日)20:30 

厚生労働省が発表した国民生活基礎調査の結果によると、「日本人の6人に1人は貧困」なのだとか。貧乏になりたい人はいません。それでも、貧乏に悩む人は多いようです。 貧乏に悩む人には、いろんな原因があります…
カテゴリー:

【芸能】蒸し返される“大麻スキャンダル”…『嵐』大野智が逮捕されない理由とは - 05月26日(日)14:50  mnewsplus

◆ 蒸し返される“大麻スキャンダル”…『嵐』大野智が逮捕されない理由とは 5月22日、元『KAT-TUN』のメンバーで現在はソロ歌手として活動する田口淳之介が、同棲中の恋人で元女優の小嶺麗奈とともに大麻取締法違反で逮捕された。 各メディアの報道によると、厚生労働省麻薬取締部は以前から小嶺容疑者をマークしていたとのこと。今回は、長年の内偵の結果〝クロ〟と判断したため家宅捜索に踏み切り、同棲中のマンションから少量の乾燥大麻や吸引器具が押収されたため2人を逮捕したのだという。 ネット上でも大きな話題となっている今...
»続きを読む
カテゴリー:

【ゲーム障害】実態把握急ぐ WHO診断基準確定で厚労省 - 05月26日(日)01:15  newsplus

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45283060V20C19A5CZ8000/ ゲーム障害、実態把握急ぐ 診断基準確定で厚労省 2019年5月25日 21:17 生活に支障が出るほどオンラインゲームなどに没頭する「ゲーム障害」を新たな依存症とする国際疾病分類(ICD)が25日、世界保健機関(WHO)の年次総会で採択された。診断の基準がはっきりし、症例の研究が進みやすくなる。厚生労働省は今後、国内の実態調査を進め、対策を検討する。 各国で医師の診断や調査に使われるICDの改定は約30年ぶり。WHO加盟国は今後、国内の統計などを新たな分類に...
»続きを読む
カテゴリー:

【速報】 手術器具を減禁せずに使い回し、感染症で緊急手術も さいたま赤十字病院 - 05月25日(土)20:03  poverty

さいたま赤十字病院(さいたま市中央区)で昨年10月、患者7人の手術で滅菌していない器具を使い、うち1人が感染症にかかり緊急手術を受けていたことが市保健所などへの取材でわかった。 病院はミスを認めて謝罪し、一部の人に補償金などを支払ったという。 市保健所などによると、昨年10月26日、手術時に切り開いた皮膚を広げておくために使う「ゲルピー開創器」など計16点を入れていた滅菌器の運転記録がないことが判明。 同日、これらの器具を使い、40~80代の男女7人の手術を行っていた。前日夜に作動スイッチを...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】田口淳之介だけじゃない…現役や元KAT-TUNメンバーもお騒がせぞろい - 05月25日(土)17:28  mnewsplus

◆ 田口淳之介だけじゃない、現役KAT-TUNメンバーもお騒がせぞろい? 元KAT-TUNの田口淳之介容疑者が、大麻所持容疑で厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された。 同時にかねてから交際が噂され、内縁関係にあるといわれる女優の小嶺麗奈容疑者も逮捕された。 田口容疑者はジャニーズ事務所所属のアイドルグループ、KAT-TUNのメンバーとして2001年にデビュー。 だが、2016年3月いっぱいでメンバーから脱退しジャニーズ事務所を退所していた。 素行不良などがあったといわれるため、今回の逮捕に「やっぱり何かしでかしたか…...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】蒸し返される“大麻スキャンダル”…『嵐』大野智が逮捕されない理由とは - 05月26日(日)17:28  mnewsplus

5月22日、元『KAT-TUN』のメンバーで現在はソロ歌手として活動する田口淳之介が、同棲中の恋人で元女優の小嶺麗奈とともに大麻取締法違反で逮捕された。 各メディアの報道によると、厚生労働省麻薬取締部は以前から小嶺容疑者をマークしていたとのこと。 今回は、長年の内偵の結果〝クロ〟と判断したため家宅捜索に踏み切り、 同棲中のマンションから少量の乾燥大麻や吸引器具が押収されたため2人を逮捕したのだという。 ネット上でも大きな話題となっている今回の事件。中でも一定の割合で見られるのは、田口容疑者の元先輩にあた...
»続きを読む
カテゴリー:

【書評】厚労省の本音は「1円も年金を受け取らずに死んでほしい」 - 05月26日(日)08:00 

「マスコミは年金について本当のことを書けない、だから俺が書く」──というのは、ニュースキャスターでありシンクタンク経営者の辛坊治郎氏。そんな辛坊氏が歯に衣着せぬ物言いで厚労省の本音や日本に巣食う「おかしな人々」を綴った一冊を、無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんがレビューしています。 偏屈BOOK案内:『壊されつつあるこの国の未来』  『壊されつつあるこの国の未来』辛坊治郎 著/KADOKAWA 官僚がおかしい、政治家がおかしい、北朝鮮情勢はどこへ向かう、思いもよらなかった事件が増えている、メディアを巡る闇……という章立てで、危険領域に入った日本の未来に斬り込む辛坊治郎。日本の役所の規制は相変わらず酷い、東京のメディアの「御用体質」も相変わらずだ、と歯に衣着せぬ物言いがステキである。 マスコミが年金について本当のことを報道すると、厚労省に睨まれて仕事がしづらいので、厚労省記者クラブ所属の記者は年金について本当のことを書かない。辛坊は本当のことを書く。政府は厚労省主導でまたもやアホな「高齢社会対策大綱」を決定した。受給開始年齢を選べる公的年金を、さらに遅らせて受給することができるように法整備する方針を示した。この制度は○か×か。 年金制度というのは大きなプールに入っているお金(今後入ってくる予定のものも含めて)を長い時間にわたって高齢者に...more
カテゴリー:

【埼玉】未滅菌の器具で7人にオペ、うち1人は感染症で緊急手術受ける さいたま赤十字病院 - 05月25日(土)20:40  newsplus

滅菌していない器具で7人手術 1人は感染症で緊急手術  さいたま赤十字病院(さいたま市中央区)で昨年10月、患者7人の手術で滅菌していない器具を使い、うち1人が感染症にかかり緊急手術を受けていたことが市保健所などへの取材でわかった。  病院はミスを認めて謝罪し、一部の人に補償金などを支払ったという。  市保健所などによると、昨年10月26日、手術時に切り開いた皮膚を広げておくために使う「ゲルピー開創器」など計16点を入れていた滅菌器の運転記録がないことが判明。  同日、これらの器具を使い、4...
»続きを読む
カテゴリー:

【猛毒】釣ったフグを味噌汁に…山形県の老人夫婦が食中毒「口がしびれ、めまい、言語障害、歩行困難」 - 05月25日(土)17:54  newsplus

山形県で今月20日、80代の男性が釣った魚を妻とふたりで食べた後から、口のしびれや歩行困難などを訴えて救急搬送されていたことが明らかになった。保健所の調べで、フグによる食中毒だと判明した。 県の食品安全衛生課によると、今月20日、鶴岡市に住む80代の男性が釣った魚をその日の昼食用に70代の妻と一緒に味噌汁にして食べたあと、1時間半ほどして口のしびれやめまい、言語障害、歩行困難などの症状が起こり、救急車で医療機関に搬送された。 医療機関から通報を受けた庄内保健所が患者2人から聞き取り調査を行った結果、フグ...
»続きを読む
カテゴリー:

旧優生保護法の一時金支給申請 まだ89人 厚労省が制度周知へ - 05月25日(土)16:52 

旧優生保護法のもとで不妊手術を受けた人たちに一時金を支給する法律が先月、施行されました。対象はおよそ2万5000人に上るとみられていますが、これまでに申請した人は全国で89人とまだ一部で、厚生労働省は制度の周知に取り組んでいきたいとしています。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「厚生労働省」の画像

もっと見る

「厚生労働省」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる