「厚生労働省」とは?

関連ニュース

看護師ら23人を行政処分 免許取り消しや業務停止 - 11月12日(火)20:45 

 厚生労働省は12日、保健師助産師看護師法に基づき、刑事事件で有罪が確定した看護師ら23人の行政処分を決めた。免許取り消しが6人、業務停止3年~1月が16人、戒告が1人。26日発効する。
カテゴリー:

【年金】年金減額基準「月収51万円」 金持ち優遇批判に揺れる - 11月12日(火)16:46  bizplus

働く高齢者の年金を減らす「在職老齢年金制度」を巡り、厚生労働省は13日に年金減額の基準となる収入額を「月収51万円」とする案を示す。高齢者の就業を後押しする政府全体の方針に沿い、当初「月収62万円」案を検討したが、「金持ち優遇」の批判にさらされ、大きく下方修正した。現在は「月収47万円」の基準の引き上げをめざすとはいえ、制度改正は小幅にとどまりそうだ。 厚労省が複雑な制度に自ら振り回され、独り相… https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52057950S9A111C1EE8000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

安心な地域医療のために、約1,250の症例画像等をビジュアル解説 - 11月12日(火)15:00 

2019年11月12日 株式会社 医学書院 医学書院が、医師不足に貢献する新感覚の医学書 見逃してはならない直腸肛門部疾患「おしりの病気」アトラスを刊行  医学系出版社の医学書院(東京都文京区)は、医師不足が深刻な地域医療に貢献する目的で、新感覚の医学書「おしりの病気」アトラス(稲次直樹著)を、11月12日に刊行した。  本書は、地域医療一筋の著者・稲次直樹医師が約半世紀にわたり積み上げた治療記録を、約1,250の症例画像やイラストでビジュアル解説した医学書で、総合診療科をはじめ内科や外科など、診療科が違っていても活用できる内容になっている。  日本の地域医療は今、高齢化社会における医師不足が深刻化していることに加え、今年9月、医療費削減のために、厚生労働省が地域医療支援病院の統合再編を実名公表したことで、全国各地から地域医療を懸念する声が相次いでいる。  増してや痔や直腸がんなどの直腸肛門部疾患は、日本人の食生活の欧米化等から増え続けているが、肛門外科の専門医は全国でも非常に少ないことから、地域での早期発見・早期治療に対する不安は膨らむばかりだった。  著者の稲次直樹医師は、約半世紀前から地域に直腸肛門専門医が少ないことを懸念し、奈良県の地域病院にみずから奈良大腸肛門病センターを立ち上げて、専門医として直腸肛門部疾患の治療に当たりながら、地域の医師が診療科を超...more
カテゴリー:

在職老齢年金 月51万円超で減額 厚労省、修正案を提示へ - 11月12日(火)10:50 

 厚生労働省は12日、働いて一定以上の収入がある人の厚生年金を減らす在職老齢年金制度について、65歳以上の減額基準の月収を、現行の「47万円超」から「51万円超」に引き上げる方針を固めた。13日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の年金部会に提示する。
カテゴリー:

【厚生年金】パート加入拡大 企業規模要件緩和2案 従業員501人以上→51人か21人 - 11月12日(火)10:01  newsplus

パートら非正規で働く人の厚生年金の加入を促進するため、政府が現在の「従業員五百一人以上」という企業要件を当面「五十一人以上」か「二十一人以上」に緩和する両案を検討していることが十一日、分かった。政府は与党や経済界と協議するが、厚生年金の保険料は労使折半のため負担が増える中小企業の反発は必至。調整は難航も予想される。 国民年金だけでは低年金に陥る恐れがあり、厚生年金に加入してもらうことで将来受け取る年金額を手厚くするのが狙い。政府は企業側の理解を得るため、支援策とセットで実施したい考え。 企業...
»続きを読む
カテゴリー:

性的な発言や女性蔑視。就活の現場で起こるハラスメントに1万人が声を上げた - 11月12日(火)18:11 

就活中の学生がセクハラなどの被害を受ける「就活ハラスメント」が問題となっています。厚生労働省に対し対策を求める1万筆以上の署名が提出されました。View Entire Post ›
カテゴリー:

厚生労働省は11日、卓越した技能を持つ技能者に.. - 11月12日(火)15:49 

厚生労働省は11日、卓越した技能を持つ技能者に与えられる2019年度「現代の名工」150名を表彰します。最年長は90歳の舞妓美容師 「現代の名工」150人表彰 #ニュースイッチ #newswitch #現代の名工 #厚生労働省
カテゴリー:

【中小企業の採用を考える!】 当社代表、深澤了が宮崎市『夢。創造』協議会主催 採用力UPセミナー「自社独自の採用戦略を導き出す」に登壇 - 11月12日(火)14:00 

【中小企業の採用を考える!】(参考調査)新入社員が会社に不満を感じ始める時期、最多回答は「入社から1ヶ月以内」当社代表、深澤了が宮崎市『夢。創造』協議会主催採用力UPセミナー「自社独自の採用戦略を導き出す」に登壇 ブランド構築の理論を応用してコンサルティングとクリエイティブを行う、むすび株式会社(本社:東京都目黒区、代表:深澤了)は、当社代表の深澤了が2019年11月13日(水)に開催される、宮崎市『夢。創造』協議会主催のセミナー『採用力UPセミナー「自社独自の採用戦略を導き出す」』に登壇いたします。 当セミナーでは、数多くの企業や商品ブランディングを手がけ、1,000社以上の採用活動に携わってきた、クリエイティブ・ディレクター深澤がたどり着いた、採用とブランディングをかけ合わせた理論である、採用ブランディングの考え方お伝えしながら、自社の見せ方、伝え方をお伝えします。また、これまで当社が実施してきた、「新人社員の企業理念・価値観に対する意識調査」や、「ビジネスパーソンの企業理念に関する意識調査」など、経営者や採用担当者にとって大変興味深い調査結果もご紹介いたします。■概要セミナー名:『採用力UPセミナー「自社独自の採用戦略を導き出す」』      第4回採用ブランディング講座~自社の見せ方・伝え方学ぶ~日時:2019年11月13日(水)16:00~18:00場所:若草hutte ...more
カテゴリー:

在職老齢年金を月「51万円超」に引き上げ 厚労省が修正案を提示へ - 11月12日(火)10:40 

 厚生労働省は12日、働いて一定以上の収入がある人の厚生年金を減らす在職老齢年金制度について、65歳以上の減額基準の月収を、現行の「47万円超」から「51万円超」に引き上げる方針を固めた。13日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の年金部会に提示する。
カテゴリー:

切り捨てに不安 公立病院再編 - 11月12日(火)08:13 

 厚生労働省は9月に再編・統合を促す公立・公的の424病院を公表しました。何が狙いなのでしょうか。 「2025年度まで」  ポイントは「2025年度までに統合を終える」というところです。25年はいわゆる団塊の世代(1947~49年生まれ)が全員75歳以上になる年です。人口の多いこの世代が医療費や介護
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「厚生労働省」の画像

もっと見る

「厚生労働省」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる