「厚生労働省」とは?

関連ニュース

【社会】国内の自殺者数が11年ぶり増加の可能性。コロナ第3波でさらに増える懸念も★2 - 12月03日(木)02:07  newsplus

コロナ禍の影響により、今年2020年は様々な経済指標が悪化しています。業種により差異はあるものの、未曾有の業績悪化に陥る企業は少なくなく、アベノミクス始動以降に過去最高レベルまで改善した雇用指標(有効求人倍率など)も一気に悪化してしまいました。 今年の自殺者は11年ぶりの増加に転じる可能性 そして、あまり大々的に報道されていませんが、11年ぶりに悪化する可能性が高まっているのが自殺者数です。自殺者数は経済指標とは異なりますが、失業率など雇用関連と連動するものとして目安の1つにされています。さらに、今年...
»続きを読む
カテゴリー:

通称“夜のハローワーク”。キャバクラなどに人材を.. - 12月02日(水)21:00 

通称“夜のハローワーク”。キャバクラなどに人材を紹介する会社が新宿・歌舞伎町にあります(厚生労働省許可)。いま、ここを訪れる学生の割合が増えているといいます。コロナ禍、夜の仕事を始めた学生たちに話を聞きました。 #コロナが私から奪ったもの
カテゴリー:

【悲報】中国人「え待って、日本人の果物の摂取量少なすぎ(ドン引き」 - 12月02日(水)17:18  livejupiter

https://www.recordchina.co.jp/b687270-s0-c30-d0035.html >記事はまず、「日本の果物の品質は非常に高い」とした。 >一方で、価格については「高い」と指摘。 >「小さめのスイカでも100元(約1500円)近くする」などと紹介した。 >その上で「日本人だが、普段はあまり果物を食べない。 >特に若者の果物摂取量は非常に少なく、厚生労働省の調査によると、30歳前後の男性はほとんど果物を食べないそうだ」と論じている。 衰退国にそんな余裕はないんよ… 許してクレメンス ...
»続きを読む
カテゴリー:

政府、薬価引き下げ検討へ 菅首相肝いり、毎年改定に - 12月02日(水)14:39 

 政府が決定する医療用医薬品の価格(薬価)が、実際の取引価格よりも約8・0%高いとする調査結果を厚生労働省が2日、公表した。この価格差は、薬価を払う国民が負担する形となっているため、政府は取引価格に合…
カテゴリー:

政府「ワクチン1億450万人分用意したぞ、接種費用無料だから受けろよ」 - 12月02日(水)14:27  livejupiter

新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種費用を無料とすることなどを盛り込んだ改正予防接種法が2日、参院本会議で可決、成立した。ワクチンは実用化されていないが、厚生労働省は2020年度内の接種開始を目指している。  略 接種は市町村が実施し国が費用を全額負担する。健康被害が出た場合の救済措置を設ける。製薬会社に生じる損害賠償を国が肩代わりする契約も結べるようにする。 日本は米ファイザー、英アストラゼネカ、米モデルナの3社から計1億4500万人分を購入する予定だ。 https://r.nikkei.com/article/DGXMZO66892740S...
»続きを読む
カテゴリー:

国内で2434人感染 重症者488人に - 12月02日(水)22:33 

国内の新型コロナウイルスの感染者は2日、42都道府県と空港検疫で計2434人確認された。死者は、大阪府で7人、北海道と東京都で各5人など計32人。厚生労働省によ...
カテゴリー:

「新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労.. - 12月02日(水)18:18 

「新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年12月2日版)」を掲載しました。
カテゴリー:

コロナワクチン改正法成立で加藤官房長官「正しい情報、知識が重要」  - 12月02日(水)14:42 

 加藤勝信官房長官は2日午前の記者会見で、新型コロナウイルス感染症のワクチンを国の費用負担で速やかに接種していくための改正予防接種法が同日成立したことに関し「ワクチンは感染予防効果、副反応のリスクも含め国民に正しく情報、知識を持っていただくことが重要だ。厚生労働省で周知、広報をしっかりやっていただきたい」と述べた。
カテゴリー:

社会資源把握支援サービス「けあプロ・navi」バージョンアップのお知らせ - 12月02日(水)14:29 

2020年12月2日 トーテックアメニティ株式会社 トーテックアメニティ株式会社(本社:名古屋市西区、社長:坂井幸治)は、社会資源把握支援サービス「けあプロ・navi(けあぷろなび)」のバージョンアップ版をリリースしました。   「けあプロ・navi」は住民の方やケアマネジャー様が、自治体様保有の「社会資源(地域資源)」と呼ばれる最新の在宅医療や介護事業者、介護予防、生活支援サービスなどの情報をインターネット検索できる「情報検索システム」と、情報の調査・更新を日々、最新の情報に維持する「情報センター」の業務を提供する総合的なサービスです。   おかげ様で2020年11月現在、北は岩手県花巻市様から南は愛媛県西条市様まで、全国59団体様にご活用頂いており、今回の新バージョンも、11月1日、東京都中野区様にて導入・公開されました。   厚生労働省が推進する地域包括ケアシステムの構築のためには、各自治体様をはじめとした関連機関が、それぞれの提供体制の構築と常に包括的な最新情報を把握することが重要となります。   しかしながら、昨今の新型コロナウィルス禍でご多忙を極める中、関連情報の収集とその公開業務を行うことは、更なる業務負荷となり、一方、少子高齢化の中で、住民の方が行政に寄せる期待も増していることが想像されます。   この度、新し...more
カテゴリー:

OpenWorkリクルーティング日本経済新聞へ初めての全面広告掲載 - 12月02日(水)13:00 

2020年12月2日 オープンワーク株式会社 OpenWorkリクルーティング日本経済新聞へ初めての全面広告掲載 NewsPicksにて特集記事の連載も開始予定   就職・転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワーク株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:大澤 陽樹)は、12月1日に発表した採用支援サービス「OpenWorkリクルーティング」の2022年卒の新卒採用向け機能無料化プロジェクトを全国の経営者・人事の皆さまに届けるため、本日12月2日に日本経済新聞へ全面広告を掲載したことをお知らせいたします。また、12月4日よりソーシャル経済メディア NewsPicksにおいて全4回にわたる連載特集記事を公開いたします。 コロナによって企業の採用活動や学生の就職活動に影響が及ぶなか、就職氷河期を繰り返さないためにも、クチコミをベースとした新しい採用プラットフォーム「OpenWorkリクルーティング」は、2022年卒の新卒採用向け機能を無料化し、社会問題化する採用ミスマッチを防ぐ新たな採用手段として、就職活動の情報格差をなくすことを目指します。   OpenWorkリクルーティング無料化の目的と背景 新型コロナウイルス感染拡大は、多くの企業の業績へ深刻な影響を与えています。特に、影響の大きい業界として挙げられる...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「厚生労働省」の画像

もっと見る

「厚生労働省」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる