「厚生労働省」とは?

関連ニュース

国保や高齢者の社会保険料、確定申告の有無で年6万円超の差 厚労省 - 06月18日(火)18:30 

 国民健康保険(国保)などの社会保険料額の算定に、株の配当などの金融所得を対象に加える議論をめぐり、厚生労働省は18日、金融所得を反映した保険料額や窓口負担の試算を示した。具体化にはハードルも多く、同…
カテゴリー:

劇症型溶血性レンサ球菌感染症、報告数が過去最多に 日本 - 06月18日(火)15:15 

危険で致死率の高い細菌感染症の報告数が日本で記録的水準に達している。当局の数字から明らかになった。専門家は現時点で増加の理由を特定できていない。 今月2日の時点で、厚生労働省に劇症型溶血性レンサ球菌感染症(STSS)として記録された報告の数は977人。入手可能な直近のデータによれば、今年1~3月で約77人が感染のために死亡している。STSSの致死率は最大30%。 日本における現行の感染拡大は、...
カテゴリー:

地域連携薬局「在宅対応」など必須の機能に-厚労省が整理案 - 06月18日(火)13:45 

 厚生労働省は17日の有識者検討会で、患者の入退院時に医療機関と情報連携する地域連携薬局が担う機能について夜間・休日などの「臨時対応」を含む在宅医療への対応を必須とし、ターミナルケアや無菌製剤処理への対...
カテゴリー:

新型コロナ抗体、保有率60%超も高齢者は低く「秋以降もワクチン接種が必要」(Medical DOC) - 06月18日(火)12:01 

厚生労働省は、「新型コロナウイルスの感染によって得られる抗体の保有率が、2024年3月時点で初めて60%を超えた」との調査結果を専門家部会で明らかにしました。この内容について中路医師に伺いました。
カテゴリー:

【埼玉】これで結婚したくなる! 家賃補助60万円、米、お茶も 婚姻2万7千件の埼玉 独自サービスあの手この手 - 06月18日(火)08:29  newsplus

※2024/06/17/10:17 埼玉新聞  今月はジューン・ブライド。6月の花嫁は幸せになれるとされる。厚生労働省が5日に発表した2023年の人口動態概況によると、全国の婚姻数は47万4717件で、埼玉県は2万7529件。婚姻率は全国も県も3・9%だった。近年、結婚の形はさまざま。婚姻届を出す場合も住居や本籍に関係なく提出できる。各自治体では、少子化対策、定住移住推進などの取り組みとして、結婚を機に若い世代に向けた独自のサービスを行っている。 ■結婚助成金  結婚式の有無にかかわらず、何かと出費があるのが結婚。長引く不況下...
»続きを読む
カテゴリー:

【ワンちゃんが多い都道府県】ランキング!2位は神奈川県、気になる1位は……? - 06月18日(火)16:31 

今回は、厚生労働省が発表している「都道府県別の犬の登録頭数と予防注射頭数等(平成26年度~令和4年度)」をもとに、「飼われているワンちゃんが多い都道府県」をランキングとしてお届けします!View Entire Post ›
カテゴリー:

長く働けて若手もおすすめする企業ランキング - 06月18日(火)14:00 

2024年6月18日 オープンワーク株式会社 OpenWork「働きがい研究所」調査レポートvol.122   長く働けて若手もおすすめする企業ランキング ―平均勤続7年以上!安定だけじゃない、長期的キャリアを築ける企業の特徴は?―     「3年・3割」―。新入社員が就職後3年以内に離職する割合を指します。厚生労働省が昨年発表した、新入社員の就職後3年以内離職率は32.3%(※)と、「3年で3割が辞める」傾向は長らく続いています。近年の売り手市場も追い風となり、就職後の早い段階から、自身のスキルアップや成長環境を求め、転職を視野に入れたキャリア選択をする若手が増えていることも考えられます。   一方、ライフステージの変化などに柔軟に対応しながら、中長期的なキャリア設計を考えるからこそ、「1社で長く働きたい」と望む若手も少なくないのではないでしょうか。今回の調査レポートでは、OpenWorkに投稿された社員クチコミから、回答者の平均勤続年数が7年以上の企業に限定し、20〜30代社員からのネットプロモータースコア(NPS、「親しい友人や家族にその企業をどの程度勧めたいと思うか」を0~10点の11段階で評価)が高い企業を調査しました。長く働きやすい環境で、若手社員が「おすすめできる」と感じる企業をランキング形式で紹介します。 (※)厚生...more
カテゴリー:

冠婚葬祭事業を営むアルファクラブ武蔵野が創業70年に向けた事業計画 「VISION70」進捗報告&新施策を説明 - 06月18日(火)13:30 

2024年6月18日 昭和平成令和と3つの時代にわたり冠婚葬祭事業を営むアルファクラブ武蔵野が 次の時代に向けて提案する新たな冠婚葬祭のカタチ 創業70年に向けた事業計画 「VISION70」 進捗報告&新施策を説明     冠婚・葬祭・互助会を柱とした総合結婚式場・葬斎センター・多目的ホールを展開するアルファクラブ武蔵野株式会社(本社:埼玉県さいたま市大宮区、代表取締役社長:和田浩明)は、社会情勢の影響を受け著しく変化する冠婚葬祭業において、これまでの在り方にとらわれない自由な発想を取り入れ、業界全体の発展に寄与することを目指しております。婚礼は「日本」から「世界」へ、葬祭は「葬儀」から「想儀」へ。特に2040年にはピークアウトを迎え、より簡素化するであろうエンディング業界において、どこよりも早く、葬る儀式から想いを繋ぐ儀式への変化を目指します。そのために当社では、創業70年に向けた事業計画「VISION70」を展開し、その具体化プランを創案するために若手社員からのアイデアを募る「未来創造会議」を実施しております。そこで昨年実施したラウンドテーブルからの進捗と、新たに始動した事業内容をご紹介いたします。 ■VISION70  主に、互助会の会員様に対して、互助会を活用できる場をより多く提供することを目的としておりますが、これに留まらず、当社施設及びサービスを...more
カテゴリー:

厚生科学審議会(エイズ・性感染症に関する小委員会) - 06月18日(火)10:00 

厚生労働省の厚生科学審議会(エイズ・性感染症に関する小委員会)を掲載しています。
カテゴリー:

「黒い雨」確認できず 長崎原爆 - 06月18日(火)07:22 

国が定めた被爆地域外で長崎原爆に遭った「被爆体験者」の救済を巡り、放射性物質を含む「黒い雨」や灰など飛散物について調べていた厚生労働省が、降雨などを「客観的事実...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる