「厚生労働省」とは?

関連ニュース

厚労省不適切調査 追加費用は795億円に 新年度予算案修正へ - 01月16日(水)20:59 

厚生労働省が賃金や労働時間に関する調査を不適切な手法で行っていた問題で本来より少なかった雇用保険などの追加支給額にその事務費などを合わせると、追加の費用は795億円に上ることが分かりました。費用の一部を計上するため、政府は、先に閣議決定した新年度予算案を修正し、18日決定し直すことにしています。
カテゴリー:

菅官房長官、勤労統計不適切調査手法は違法の可能性 - 01月16日(水)17:08 

 厚生労働省が行う「毎月勤労統計」の調査が不適切な手法で行われていた問題で、菅官房長官は統計法違反にあたる可能性があるとの認識を示しました。
カテゴリー:

サラリーマンは「75歳引退」で老後生活は安心できる。(野口俊晴 ファイナンシャル・プランナー) - 01月16日(水)14:28 

政府は70歳までの雇用を推進している。将来的に100歳近くまで生きられることを考えると、70歳とは言わずそれ以降も働くことを考えておいた方がいい。そうなると、これからの生き方は従来とまったく変わってくる。サラリーマンは引退時期が60歳からさらに10年以上先に延びるのである。今の会社の定年制や年金制度は「人生85年、60歳引退、年金受給65歳」で組まれている。もっとも「60歳引退」は、雇用延長で実質すでにないと言える。従来の生涯収入のままで引退時期が延びるなら、働く期間を延ばすしかない。ではどれだけ働けばいいか。結論は、本人次第だ。お金があればすぐ引退すればいいし、働ける環境と意思があればいつまでも働く。こう言うと「死ぬまで働かせるのか」と言われそうだが、むしろ死ぬまで打ち込める仕事を持てることは、個人的には幸せだと思える。そんな働き方ができるのは天職を得ている人たちだから。多くの人は自分の意思にたがう仕事に長時間をつぎ込むのは苦痛で、とても死ぬまで働く気になれない。会社員を勤めあげた人が引退後は相応の時間を確保し、勤務時代には叶えられなかったことに没頭する、あるいは無為の日々を楽しみたいと思うのが普通だろうでは、いつまで働くか。これは完全な引退時期をいつにするか、ということである。なかなか決められない人に1つのパターンとして「75歳引退」を挙げてみたい。■「75歳引退」のパターンを...more
カテゴリー:

「全数調査」厚労相名で虚偽説明 勤労統計不正、組織的隠蔽の可能性強まる - 01月16日(水)11:36 

 厚生労働省が公表する「毎月勤労統計」の東京都内分が本来認められない抽出調査で行われていた問題で、厚労省が2016年に総務省に提出した調査手法に関する書類に「規模が従業員500人以上の事業所については全数調査とする」と明記していたことが総務省の資料で判明した。東京都内の500人以上事業所は04年から
カテゴリー:

「ようやく子どもの世界にも革命が起こせた」児童福祉法改正の立役者となった奥山眞紀子さんは語る - 01月16日(水)10:41 

平成28年6月に改正された児童福祉法の大きなポイントは、子どもが権利の主体として位置づけられたことです。これは大きな視点の転換であり、「革命的」とも評される改正でした。翌年の平成29年8月には『新しい社会的養育のビジョン』が発表され、改正児童福祉法の具体的な実践に向けての方向性が示されました。この新ビジョンの中心執筆者である奥山眞紀子先生は、長年に渡り、小児精神科医として臨床の現場で親子に寄り添いつつ、アタッチメント等の研究、子どもの虐待問題にも取り組んでこられました。今回、改めて新ビジョンのご執筆に至る経緯、その中に込めた知見と思い、そして子どもの成長に責任を持つ私たち大人がどう考えて、どう行動していくことが大切なのか、お話をお聞きしました。◇留学先のアメリカで児童虐待問題を学ぶ――奥山先生が社会的養護のお子さんたちと関わりを持たれたのはいつ頃ですか?1990年の始め頃からですね。大学生のころは心理的な分野を志していましたが、実家が小児科医だったこともあり、精神科ではなくまずは小児科に入りました。当時の日本は主に不登校が問題視されており、子ども虐待については大きく取り上げられることは少なかったです。その後、1986年にアメリカへ留学しましたが、あちらでは子ども虐待が大問題になっており、私が入ったボストンのタフツ大学付属病院でも、チャイルド・セクシャル・アビューズ(子どもへの性的虐...more
カテゴリー:

外国人扶養親族、国内居住に限定 健康保険法改正案提出へ - 01月16日(水)17:21 

外国人労働者の増加に対応するため、厚生労働省は健康保険を使える扶養親族について、来年4月から原則として国内居住者に...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

【参加者募集】「全国生活習慣病予防月間2019」一般市民公開講演会 - 01月16日(水)16:00 

2019年1月17日 一般社団法人日本生活習慣病予防協会 先着順申込み受付中!「全国生活習慣病予防月間2019」一般市民公開講演会 一般社団法人日本生活習慣病予防協会(理事長・宮崎滋)が主催する毎年2月の「全国生活習慣病予防月間」。今回は、健康標語である一無二少三多(無煙・禁煙、少食、少酒、多動、多休、多接)の"少酒(お酒はほどほどに)"にフォーカスし、啓発活動を行います。 メインイベントとなる市民公開講演会は、2月6日(水)・日比谷コンベンションホールにて開催!医療・保健指導従事者の方、一般の方、皆さまお誘い合わせの上、是非ご参加ください。■開催概要日程:2019年2月6日(水) 13:30~15:45会場:日比谷コンベンションホール(大ホール)  (千代田区日比谷公園1-4千代田区立日比谷図書文化館・地下1F)対象:一般の方など180名参加:無料【参加申込み】こちらの専用フォームからお申込みください。http://www.seikatsusyukanbyo.com/monthly/seminar_mail/seminar_toroku.php締め切り:定員となり次第締め切ります■開催プログラム13:30~13:35 司会進行挨拶 日本医科大学特任教授 海原 純子 先生13:35~13:45 開会の挨拶 一般社団法人日本生活習慣病予防協会理事長 宮崎 滋 先生...more
カテゴリー:

菅官房長官「統計法の規定に則さず」 勤労統計問題で違法性指摘 - 01月16日(水)13:04 

 菅義偉官房長官は16日午前の記者会見で、毎月勤労統計の調査方法が不適切だった問題をめぐり、「総務相が承認した内容とは異なる方法で調査を実施していた点は、統計法の規定に則していなかったのではないかと考えられる」と述べ、厚生労働省側に違法性の疑いがあるとの認識を示した。
カテゴリー:

フリーランスのプロフェッショナル人材のためのプラットフォーム・株式会社みらいワークス2月6日が「プロフェッショナルの日」に制定されたのを記念して、「高プロ実態調査」の発表イベントを開催! - 01月16日(水)11:00 

[株式会社みらいワークス] [画像1: https://prtimes.jp/i/16557/15/resize/d16557-15-915562-0.jpg ] 厚生労働省主導で「働き方改革」が進められ、働き方が組織から個の時代にシフトし、個人レベルで「どう働くか」「どう生きていくか」...
カテゴリー:

位置情報を利用した周辺にブラック企業があればプッシュ通知で知らせてくれるiOSアプリをリリースしました。 - 01月16日(水)10:00 

位置情報を利用して周辺にブラック企業があればプッシュ通知で知らせてくれるiOSアプリをリリースしました。 ※ブラック企業とは厚生労働省が公表している「労働基準関係法令違反に係る公表事案」に掲載されている労働基準法等違反で書類送検された企業を指しています。
カテゴリー:

もっと見る

「厚生労働省」の画像

もっと見る

「厚生労働省」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる