「地元住民」とは?

関連ニュース

大隅横川駅にストリートピアノ 地元住民が寄贈 - 11月25日(水)20:00 

 霧島市横川のJR肥薩線大隅横川駅に、誰でも自由に演奏できるストリートピアノが設置された。地元の農業胡广ケ野(ごまがの)志郎さん(80)が所有する使わなくなったピアノを寄贈。お披露目演奏会が23日あり、県内最古の木造駅に柔らかい音色が響いた。
カテゴリー:

災害物資を離島へ 引退した宮城・気仙沼の小型連絡船「ひまわり」震災遺構に - 11月24日(火)09:02 

 東日本大震災の津波で多くのフェリーが流され、孤立の危機に直面した宮城県気仙沼市の離島・大島を救った小型連絡船「ひまわり」が23日、民間の「震災遺構」として一般公開された。地元住民らは、半世紀にわたって島と本土を結ぶ臨時船として運航した元船長と、船の「再出航」を祝福した。【神内亜実】
カテゴリー:

バンクシー新作の自転車、消える。地元住民怒り「一体何のために」 - 11月23日(月)11:30 

覆面ストリートアーティストのバンクシーが10月にイギリス・ノッティンガムの街中に制作した作品の一部だった自転車が、11月22日までに消えた。BBCなどが伝えた。作品は10月13日に現れた。美容室の外壁に自転車のタイヤでフラフープをする女の子の絵が描かれ、その脇にあるポールに後輪やサドルのない自転車がつながれていた。自転車は女の子の絵と同時に現れたという。バンクシーは公式インスタグラムで10月17日に作品を紹介。BBCによると、反響が大きく、観光客が列をなしたという。地元議会は透明なカバーで作品を保護したものの、少なくとも2度、スプレーペイントの標的にされた。警察や地元議会は、撤去についての連絡は受けていないという。
カテゴリー:

【国際】生活困窮者にパンを無償で提供。慕われたミラノの店主、コロナで亡くなる - 11月22日(日)21:29  newsplus

新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 2020年11月22日 17時15分 JST 生活困窮者にパンを無償で提供。慕われたミラノの店主、コロナで亡くなる 友人の話によると、店主は売れ残りだけでなく、焼き立てのパンも提供していたという 國崎万智(Machi Kunizaki) Tony Gentile / Reuters イタリアのパン屋(イメージ写真) コロナ禍で生活が苦しくなった人たちのために、店のパンを無償で提供していたイタリア・ミラノの店主の男性が、新型コロナウイルスに感染し、亡くなった。住民たちの憩いの場として愛された店の主との別れ...
»続きを読む
カテゴリー:

嫌儲民が持つ広島市に対するイメージ - 11月20日(金)22:59  poverty

広島大学本部跡地(広島市中区東(ひがし)千(せん)田(だ)町)で建設が進められていたタワーマンション「hitoto広島 The Tower」が完成し、入居が始まった。高さ178メートルの53階建ては中四国、九州地方では最高階数という。  同マンションは鉄筋コンクリート造りで敷地面積は約2万平方メートル。2LDK~4LDKの665戸あり、47階に「オーナーズビューラウンジ」、53階に「スカイラウンジ」などを備えている。2千万円台~1億円台で分譲を進めており、すでに500戸超の契約が済んでいると...
»続きを読む
カテゴリー:

【一体なぜ・・・】バンクシーさんの新作 ボロボロの自転車、消える - 11月24日(火)09:57  news

バンクシー新作の自転車、消える。地元住民怒り「一体何のために」 覆面ストリートアーティストのバンクシーが10月にイギリス・ノッティンガムの街中に制作した作品の一部だった自転車が、11月22日までに消えた。BBCなどが伝えた。 作品は10月13日に現れた。美容室の外壁に自転車のタイヤでフラフープをする女の子の絵が描かれ、その脇にあるポールに後輪やサドルのない自転車がつながれていた。自転車は女の子の絵と同時に現れたという。 バンクシーは公式インスタグラムで10月17日に作品を紹介。BBCによると、反響が大きく...
»続きを読む
カテゴリー:

人気観光地で男性がサメに襲われ死亡 豪州で今年8人目 - 11月23日(月)16:47 

オーストラリア北西部の人気観光地で22日、男性がサメに襲われて死亡した。警察が明らかにした。同国でサメに襲われて死亡した人は、今年に入って8人目だった。 西オーストラリア州警察によると、現地時間の22日午前8時40分ごろ、同州北部ブルーム近郊のケーブルビーチで人がサメに襲われたとの通報があった。 被害者は地元住民の50代の男性で、海上から救出され、救急車が到着するまで現地の警官が手当てを行った...
カテゴリー:

【中国・画像有】愛国教育に使おうとした”旧満州鉄道”の火力発電所。業者が誤って解体。 - 11月23日(月)10:25  news

工業遺産の「南満州鉄道」火力発電所を誤って解体…ずさん管理、市が補修へ 2020/11/23 08:16 読売新聞 中国遼寧省撫順で1930年代初め、日本の国策会社「南満州鉄道」(満鉄)が建設した火力発電施設が10月、取り壊された。 撫順市の遺産に指定されていたが、業者が誤って解体した。中国の文化遺産管理のずさんさを改めて示したと言える。 壊されたのは、2011年まで稼働していた発電所の「第2工場」だ。周辺の施設を解体していた業者が第2工場でも作業を続けたという。 地元住民が10月中旬に気付き、市に指摘した...
»続きを読む
カテゴリー:

【大脱走】レバノン拘置所から69人脱走、44人逃亡中 看守と共謀? - 11月22日(日)15:20  newsplus

【11月22日 AFP】レバノンで21日、首都ベイルート近郊の拘置所から69人が脱走した。警察は、いまだに逃走中の44人の行方を追うとともに、地元住民に警戒を呼び掛けている。  警察によると、ベイルート東郊バーブダ(Baabda)の大統領府近くにある拘置所で、厳重な警備が敷かれているにもかかわらず69人が脱走した。  うち5人は、盗んだ車で急いで逃げようとしたところ、車が木にぶつかって死亡した。別の1人は、病院に搬送された。  21日昼すぎまでに15人が捕らえられ、4人が自ら戻ってきた。残り44人が逃亡中だ。  地元当局...
»続きを読む
カテゴリー:

沓尾海岸の岩窟「姥が懐」で砂かき大作戦 9月の台風で埋まる 福岡・行橋 - 11月20日(金)20:14 

 福岡県行橋市の沓尾(くつお)海岸で14、15の両日、英彦山神宮(添田町)の神事「お潮井採り」の禊場(みそぎば)で、9月の台風による潮位上昇などにより砂に埋まっていた岩窟「姥(うば)が懐(ふところ)」周辺の砂を除去する作業があった。地元住民や英彦山地区から駆けつけた人など、両日で延べ約50人が汗を流
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「地元住民」の画像

もっと見る

「地元住民」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる