「課題解決」とは?

関連ニュース

「NISSAN e-シェアモビ」のEVステーションを金沢工業大学内に開設 - 06月02日(火)13:30 

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:内田 誠)と、金沢工業大学(石川県野々市市扇が丘、学長:大澤 敏)は、6月2日、金沢工業大学、扇が丘キャンパス(石川県野々市市扇が丘)内に、日産が展開するカーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」のEVステーションを開設した、と発表しました。「NISSAN e-シェアモビ」の大学内のステーション開設は、全国初となります。       今回開設する「NISSAN e-シェアモビ」ステーションでは、本日6月2日より、電気自動車(EV)「日産リーフ」での運用を開始します。配備する2台の「日産リーフ」は、主に金沢工業大学の扇が丘キャンパスを拠点に、白山市の山間部に所在する同大学の白山麓キャンパス(石川県白山市瀬戸辰)までの移動手段として活用していきます(移動距離:片道約30km)。 初年度となる2020年度は、金沢工業大学の教職員による利用を促進、2021年度以降は、平日は金沢工業大学の関係者の交通、移動手段として使用する他、土日は一般市民への学外利用へと利用範囲を拡大していく予定です。多くの方々に電気自動車(EV)「日産リーフ」の静粛性や環境性能を体感頂くことで、環境意識向上と電気自動車(EV)の利用促進を目指して参ります。   また、金沢工業大学の教職員は、実際に体感した電気自...more
カテゴリー:

電子契約サービス「WAN-Sign」とグローバル電子取引プラットフォーム「Tradeshift」が連携 ~電子契約から電子請求・決済まで、同一プラットフォーム上で完結させデジタル化を実現~ - 06月02日(火)11:00 

株式会社ワンビシアーカイブスの「WAN-Sign」とトレードシフトジャパン株式会社の「Tradeshift」はデータ連携しました。契約情報と受発注、請求情報が連携し、トータルなソリューションを実現できます。日本通運株式会社(代表取締役社長:齋藤 充)の子会社で情報資産管理のリーディングカンパニーである株式会社ワンビシアーカイブズ(代表取締役社長 佐久間 文彦 以下、ワンビシアーカイブズ)が提供する、書面契約と電子契約の一元管理が可能な電子契約サービス「WAN-Sign」(URL: https://www.wanbishi.co.jp/econtract/)と、Tradeshift Inc.(本社:米国)の日本法人であるトレードシフトジャパン株式会社(代表取締役社長:菊池 孝明 以下、トレードシフトジャパン)が提供するグローバル電子取引プラットフォーム「Tradeshift」(URL:https://tradeshift.com/ja/)は、本日2020年6月2日(火)よりサービス連携を開始いたしました。本連携により、企業間取引(BtoB)における契約から請求・決済までの一連のやり取りを電子化し、「Tradeshift」上でシームレスに運用が出来るため、オンライン取引の迅速化とバックオフィスの業務効率が向上します。【電子契約サービスと電子取引プラットフォーム連携の背景と概要】今般のリ...more
カテゴリー:

コロナ時代だからこそ求められる民泊の役割、地域.. - 06月02日(火)09:44 

コロナ時代だからこそ求められる民泊の役割、地域との「つながり」で課題解決を|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
カテゴリー:

「金づちで殴られた感じ」コロナで課題噴出 為末大さん - 06月01日(月)17:00 

 東京大会は気候変動や分断など、社会課題解決のショーケースになると唱えてきた。日本のローカルな課題なら高齢化。硬直化した古い日本をアップデートする機会にもなると期待していた。成熟都市が五輪を招く意義と…
カテゴリー:

マチエミとドコモ、画像認識エンジンを活用した新しい写真販売サービスを開発 - 06月01日(月)15:30 

2020年6月1日 株式会社マチエミ 株式会社NTTドコモ    株式会社マチエミ社(以下、マチエミ)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、マチエミが提供している「EMii -エミィ-」にドコモの画像認識エンジンを組み合わせた「EMii -エミィエンタープライズプラン-」(以下、本サービス)を開発し、本サービスをマチエミから新聞社や自治体などのイベント主催者向けに本日より提供開始します。    本サービスはドコモの画像認識エンジンを搭載することにより、マラソン大会などのイベントで複数の被写体を撮影した写真からゼッケンや顔の検出・認識を行い、特定の被写体が写っている写真の選別がリアルタイムに実施可能になります。イベントに参加しているユーザーは、イベントを楽しみながら自分や特定の人物が写っている写真を検索することができ、また、イベントを主催する企業は、写真販売における写真選別業務負荷の軽減や販売開始までにかかる時間の短縮による売上向上を見込めます。    本サービスに搭載しているドコモのAI技術を活用した画像認識エンジンは、NTTグループのAI「corevo®」を構成する技術で、撮影した写真からゼッケンや顔などの物体の位置を検出する"物体検出"と、検出したゼッケンの文字を読み取る"文字認識"、大量の写真から特定の顔の画像検索を行う"類似...more
カテゴリー:

「郊外住宅地再生フォーラム2020」オンライン開催 - 06月02日(火)11:26 

2020年6月2日 大和ハウス工業株式会社 ミサワホーム株式会社 株式会社東急不動産R&Dセンター 「郊外住宅地再生フォーラム2020」オンライン開催  大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:芳井敬一、以下「大和ハウス工業」)とミサワホーム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長執行役員:磯貝匡志、以下「ミサワホーム」)、株式会社東急不動産R&Dセンター(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:星野浩明、以下「東急不動産R&Dセンター」)の3社は、国立大学法人東京大学先端科学技術研究センターと共同で、2020年6月6日(土)、オンラインにて「郊外住宅地再生フォーラム2020」を開催します。 ■フォーラムを開催する背景  人口減少と少子高齢化が同時に進行するとともに、衰退の進む郊外住宅地について、再生に向けてその現状を多様な観点から個別に評価・診断する手法が必要とされています。そこで、東京大学を加えた4者が主体となり、今後の郊外住宅地再生を効率的かつ有効なものとするための手法や、モデルの構築を行う目的(※)で、2019年10月に2022年9月までの3年間のプロジェクトとして東京大学内に研究部門を設置。そしてこのたび、当研究部門の関係者が集い、各地の状況や取り組みについて共有・議論するキックオフフォーラムを開催することとなりまし...more
カテゴリー:

インドネシアのコロナ禍での資金調達をクラウドファンディングで支援 マーケットプレイス型ECサイト「D2C@Kemang(クマン)」 - 06月02日(火)10:00 

インドネシアのコロナ禍での資金調達をクラウドファンディングで支援マーケットプレイス型ECサイト「D2C@Kemang(クマン)」でクラウドファンディングサービス開始https://eccs.global/――イー・エージェンシーのシンガポール現地日系グループ会社EASG“おもてなしを科学する”株式会社イー・エージェンシー(東京都千代田区、代表取締役:甲斐 真樹、以下イー・エージェンシー)は、2020年6月2日、インドネシアをはじめとするASEANのコロナショックでの資金調達とマーケティング活動を支援するべく、現地のマーケットプレイス型ECサイト「D2C@Kemang(クマン)」の新機能であるクラウドファンディングサービスについて、日本国内での取扱窓口を開始しました。現地のマーケットプレイス型ECサイト「D2C@Kemang(クマン)」の新機能であるクラウドファンディングサービスは、イー・エージェンシーのシンガポール現地日系グループ会社であるEASG PTE. LTD(e-Agency Singapore、CEO:佐藤 伸己、以下EASG)が、目的を同じくして同日提供を開始した新サービスです。現地に進出する日本企業や現地企業はもちろん、現地に拠点や代理店を持たない日本国内の事業者の利用もサポートいたします。イー・エージェンシーは今後もEASGとともに、新型コロナウイルスの影響下もそれ...more
カテゴリー:

【リニア】静岡県が着工を認めず…JR東海社長「来月中に準備入れないと2027年の開業は難しくなる」 ★10 - 06月01日(月)18:54  newsplus

静岡県が着工を認めていないリニア中央新幹線の工事をめぐって、JR東海の金子慎社長は29日の会見で、来月中に本格的な工事に向けた準備作業を始めなければ、2027年の開業は難しくなるという認識を示しました。 リニア中央新幹線は、2027年の東京・名古屋間の開業を目指してJR東海が各地で工事を進めていますが、静岡県内のトンネル工事は水資源への影響に対する懸念から県が着工を認めず、協議が難航しています。 これについて、JR東海の金子社長は「静岡工区は非常に切迫した状況で一日も早く工事の準備を再開する必要があ...
»続きを読む
カテゴリー:

「誕生日寄付」第2期 寄付募集開始 - 06月01日(月)15:30 

2020年6月1日 報道関係者各位 公益社団法人日本フィランソロピー協会   個人の寄付文化醸成事業 「誕生日寄付」第2期 寄付募集開始 公益社団法人日本フィランソロピー協会(東京都千代田区/会長 浅野史郎、理事長 髙橋陽子)は、2019年度より開始した、個人の寄付文化醸成を目的とした「誕生日寄付」事業の第2期をスタートします。 新型コロナ感染拡大により、さらに困難な状況に陥っている子どもたちを支援するため、 以下の9団体を対象に6月1日(月)より寄付の募集を開始いたしました。 なお、第1期では「困難を抱える青少年への支援」をテーマとして、235名の方々から 総額10,839,715円のご寄付が寄せられました。   ◆2020年度テーマ 「困難を抱える子どもたちを支援する」 支援カテゴリー 寄付対象団体 生きるを 支える 虐待や家庭崩壊などにより、帰る場所を失い、彷徨う子どもたちのいのちを守り、その子たちが社会で自立し安心して暮らしてゆけるように寄り添い・支える活動 一般社団法人若草プロジェクト 社会福祉法人カリヨン子どもセンター 社会福祉法人子供の家アフターケア相談所・ゆずりは 育ちを 支える 病気などにより長期欠席(不登校等)せざるを得ない子どもたち、充分...more
カテゴリー:

マレーシアで初めて、海外の大学で学ぶ日本人留学生のキャリアデザインと就活を支援するサービス誕生。 - 06月01日(月)15:00 

海外留学支援事業を展開する株式会社ICCコンサルタンツ(本社:東京都渋谷区東、代表取締役:曽根靖雄)は、海外の大学で学ぶ、日本人留学生を対象に、2020年5月25日(月)、「海外大生のための就活パーソナルコーチング」を始動しました。WEBサイト:https://www.iccworld.co.jp/careerdesign/malaysia/現在、全世界の大学で学位の取得を目指している日本人留学生は、10万人以上(*1)といわれています。卒業後は多くの留学生が日本での就職を目指すものの、海外に居住していることから日本の情報が入手しづらく、日本企業が求める就職活動のスケジュールや方法が分からずに戸惑っている学生が少なくありません。また、海外の大学では、日本の大学のような丁寧な就職ガイダンスも少ないことから、自己理解や職業理解の場を持つ機会が不足しています。また、新型コロナウイルスの影響で積極採用がしにくい企業もあるものの、異文化でさまざな経験を積んだグローバル人材の採用はより注目されていると言われています。個人留学者の約45%が就活に課題独立行政法人日本学生支援機構(以下JASSO)の海外留学経験者追跡調査(*2)によると、海外大での学位取得などを目的とした個人留学者のうち45%が就活に何らかの課題を感じたと答えています。また、就学帰国者に特化した就職情報が欲しいという結果が全体の一...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「課題解決」の画像

もっと見る

「課題解決」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる