「一般公開」とは?

関連ニュース

改修中の尻屋埼灯台、表出れんが壁公開へ - 06月16日(日)09:00 

八戸海上保安部は、大規模改修中の尻屋埼灯台(青森県東通村)の内部を報道陣に公開した。内装工事で、灯台の建築当時・明治期の姿とみられるれんが壁が表出。長年海の安全を支えている灯台の構造が確認できた。海保はれんが壁を保護する表面加工を施し、7月中旬を予定している一般公開再開時に参観客が見学できるようにする方針。尻屋埼灯台は今春ごろから、化粧直しのため約20年ぶりとなる大規模改修工事が行われている。内壁塗り直しのため、壁のモルタルを取り除いたところ、れんが壁が良好な状態で姿を現した。同灯台は1876…
カテゴリー:

ドリンクに“直接”ラテアートを印刷できるだと……! バンダイスピリッツのすごい技術「フォーチューンラテ」を体験してみた - ねとらぼ - 06月15日(土)22:28 

ドリンクに“直接”ラテアートを印刷できるだと……! バンダイスピリッツのすごい技術「フォーチューンラテ」を体験してみた - ねとらぼバンダイスピリッツが東京おもちゃショー2019に出展している、ラテアートプリント技術を体験してきました。ゼラチンに印刷するのではなく、ドリンクに“直接”印刷できるのがポイント。 6月15日から一般公開がスタートした「東京おもちゃショー2019」。今回ねとらぼ編集部が注目したのはBANDAI SPIRITSが出展していた「フ...
カテゴリー:

『ガンダム 逆襲のシャア』νガンダムの究極フィギュアは解体からの新生 - 06月15日(土)14:40 

アニメ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する「RX-93 νガンダム」の最新フィギュア「METAL STRUCTURE 解体匠機 RX-93 νガンダム」が、東京ビッグサイトにて6月13日から16日まで開催中の日本最大級の玩具見本市「東京おもちゃショー2019」(一般公開は6月15・16日)のバンダイブースで初公開された。
カテゴリー:

懐かしさと進化、プログラミング的思考を養う玩具も--東京おもちゃショー2019 - 06月15日(土)08:30 

日本玩具協会が主催する「東京おもちゃショー2019」が、6月13~16日まで東京ビッグサイトにて開催されている。一般公開日は15日と16日。プログラミング教育の必修化を控えていることを受けて、プログラミング的思考を養うことをテーマとした玩具を多く目にした。ほかにも昭和や平成の懐かしさとともに、令和での進化を感じさせる玩具も見受けられた。
カテゴリー:

希少動物「マヌルネコ」の赤ちゃん、すくすく成長 那須どうぶつ王国、来月一般公開 - 06月14日(金)17:29 

 栃木県那須町の那須どうぶつ王国で希少動物「マヌルネコ」の雄と雌の赤ちゃんが生まれ、元気に成長している。同園は2匹を間近に見られる特別展示場を整備し、来月13日から一般公開する予定。
カテゴリー:

一村の未発表作品5点発見 20日から一般公開 奄美・田中一村記念美術館 - 06月16日(日)06:30 

 日本画家田中一村の未発表作品5点が見つかり、奄美市の田中一村記念美術館で20日から公開される。同館が15日発表した。数少ない奄美時代の初期作品で、調査・研究と一般公開のため、奄美大島出身の持ち主(県内在住)から借り受けた。展示は特別展示室で9月17日まで。
カテゴリー:

- 06月15日(土)20:55 

🗓️今週末のおでかけ情報(#イベント 情報) ▶️~6/16(日)まで「G20福岡財務大臣・中央銀行総裁会議各会場で世界にPRした博多織・博多人形を一般公開」…
カテゴリー:

『リュウソウジャー』おもちゃショー2019で最新玩具を公開、新戦士リュウソウゴールドも - 06月15日(土)11:57 

東京ビッグサイトにて6月13日から16日まで開催中の日本最大級の玩具見本市「東京おもちゃショー2019」(一般公開は6月15・16日)のバンダイブースでは、好評放送中の特撮テレビドラマ『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の関連商品が展示されている。
カテゴリー:

『ウルトラマンタイガ』おもちゃショー2019で最新玩具が一挙公開、『ウルトラマンタロウ』貴重な資料も展示 - 06月14日(金)20:13 

7月6日よりテレビ東京系で放送開始する新番組『ウルトラマンタイガ』の関連商品が、東京ビッグサイトにて6月13日から16日まで開催中の日本最大級の玩具見本市「東京おもちゃショー2019」(一般公開は6月15・16日)のバンダイブース内で展示された。
カテゴリー:

車、傘、洗濯物…あらゆる物が吹き飛ばされる?スーパー台風の脅威を体感 最大瞬間風速80mの“強烈な風”を巨大送風機で再現 一般公開実験/茨城県筑西市7月10日(水)9:30~11:30 - 06月13日(木)14:00 

流体、環境制御技術を持つ、環境ソリューションメーカーで換気装置保有数世界No,1(当社調べ)の株式会社流機エンジニアリング(本社:東京都港区、代表取締役社長:西村司)は、台風シーズンを目前に、社員の家族や近隣地域に住まいの方々に台風の脅威を身近に体感できる場として、7月10日に大規模実験を行います。             『エアロ★MAX』によるトラックの横転の様子        『エアロ★MAX』 定格風量:3000m3  定格電圧:4.9kPa■災害を引き起こす台風の脅威を知る実験気象庁の「気象統計情報」によると、7月ごろから台風の接近数が増え、8月から9月にかけてピークを迎えます。昨年7月の台風第7号では、河川の氾濫、浸水害、土砂災害等が発生し、死者、行方不明者が多数となる甚大な被害となりましたが、近年は日本各地で台風による同様の災害が起きており、他人ごとと思わず、備えておく意識が重要です。今回の実験は、台風の脅威を多くの人に知ってもらい、身近に感じていただくための企画です。自社開発した大型送風機『エアロ★MAX』で強風・暴風を人工的に作り出し、自転車・傘を用いた「スタント実験」を行ないます。また当社社長の西村が、仮装コンテスト優勝を総なめした“洗濯バサミ”の着ぐるみを着て風速何メートルまで耐えられるかを検証する、ユニークな「洗濯物実験」も行ないます。当日は10名の地元の見...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「一般公開」の画像

もっと見る

「一般公開」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる