「イスラエル」とは?

関連ニュース

ガザの戦闘休止と人質解放、パリで交渉へ 新たな提案で溝は埋まるか - 02月23日(金)21:30 

 パレスチナ自治区ガザでのイスラエルとイスラム組織ハマスの戦闘休止と人質解放をめぐる関係国の交渉が、23日にもパリで開かれる。双方の主張の溝が埋まらないなか、イスラエル側がガザ最南端ラファへの本格攻撃…
カテゴリー:

【G20外相会合】上川外相、48億円のパレスチナ支援表明 - 02月23日(金)20:20  newsplus

※2024/2/22 15:19(最終更新 2/22 15:20) 毎日新聞  上川陽子外相は21日(日本時間22日)、訪問先のブラジル・リオデジャネイロで主要20カ国・地域(G20)外相会合に出席し、イスラエル軍の攻撃で人道状況が悪化しているパレスチナ支援として新たに3200万ドル(約48億円)規模の無償資金協力を検討していると発表した。  上川氏はイスラム組織ハマスによるテロ攻撃を非難した上で、パレスチナ自治区ガザ地区の危機的な人道状況を「深刻に懸念している」と述べた。ガザ南部ラファへの地上侵攻に対する「深い懸念」も表明した。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

パレスチナ、国連正式加盟へ「スピード上げる」 イスラエルに反発 - 02月23日(金)15:57 

 パレスチナ自治区ガザへの攻撃を続けるイスラエルの国会が、パレスチナ国家の承認に反対し続ける方針を支持する決議を採択したことを受け、パレスチナのマンスール国連大使は22日、国連への正式加盟に動く可能性…
カテゴリー:

ユナイテッド航空、ニューヨーク/ニューアーク〜テルアビブ線の運航再開 3月2日から - 02月23日(金)12:35 

ユナイテッド航空は、ニューヨーク/ニューアーク〜テルアビブ線の運航を、3月2日から再開する。 ハマスとイスラエル間の戦闘開始後、アメリカの航空会社によるテルアビブへの乗り入れ再開は初めて。3月2日と4日には運航準備を確認 […] 投稿 ユナイテッド航空、ニューヨーク/ニューアーク〜テルアビブ線の運航再開 3月2日から は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

ガザ情勢、「2国家共存」が解決策と強調 G20外相会合が閉幕 - 02月23日(金)12:00 

 南米ブラジルのリオデジャネイロで開催された主要20カ国・地域(G20)外相会合が22日、閉幕した。議長国ブラジルのビエイラ外相は声明で、パレスチナ自治区ガザ地区をめぐる情勢について、パレスチナ国家の樹立によるイスラエルとの「2国家共存」が「唯一可能な解決策」であることでほぼ一致したと明らかにした。
カテゴリー:

上川外務大臣、パレスチナへの新たな無償支援を発表「持続的な停戦を要求する、ラファ地上侵攻が惨劇を呼ぶことは明らかである」 - 02月23日(金)21:10  poverty

※2024/2/22 15:19(最終更新 2/22 15:20) 毎日新聞  上川陽子外相は21日(日本時間22日)、訪問先のブラジル・リオデジャネイロで主要20カ国・地域(G20)外相会合に出席し、イスラエル軍の攻撃で人道状況が悪化しているパレスチナ支援として新たに3200万ドル(約48億円)規模の無償資金協力を検討していると発表した。  上川氏はイスラム組織ハマスによるテロ攻撃を非難した上で、パレスチナ自治区ガザ地区の危機的な人道状況を「深刻に懸念している」と述べた。ガザ南部ラファへの地上侵攻に対する「深い懸念」も表明した。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

白人「イスラエルがやってることを批判したら"反ユダヤ主義"になっちゃうからできない…」⇠これアジア人笑うらしいな - 02月23日(金)16:01  poverty

https://www.bbc.com/japanese/67673905 米名門大の学長辞任 学内の反ユダヤ発言の是非を「文脈次第」と下院で発言、非難浴びる ...
»続きを読む
カテゴリー:

ユダヤ人とパレスチナ人共存の村 - 02月23日(金)13:46 

イスラエルのテルアビブとエルサレムのほぼ中間点にある小高い丘にユダヤ人とパレスチナ人が半世紀にわたって平和的に共存してきた村がある。パレスチナ自治区ガザでの戦闘...
カテゴリー:

「パレスチナの現状に何も言わないなんてありえない」フェミニストでクィアの私が声を上げる理由 - 02月23日(金)12:00 

ガザ地区南部ラファのアルナジャール病院で、イスラエル軍の砲撃で死亡した愛する人を悼む女性たち=MOHAMMED ABED / AFP(2月12日)関連記事>>「虐殺やめろ」「ラファに手を出すな」イスラエルのパレスチナ侵攻に抗議のデモ、全国で一斉開催パレスチナの少女や女性に対して処刑やレイプなど深刻な人権侵害が報告されているとして、国連の専門家が警鐘を鳴らしている。パレスチナ・ガザ地区では、必要不可欠な医療が受けられず、妊婦は麻酔なしで帝王切開しなければならない状況で、流産は300%増加したと報告されている。「フェミニストとして、この状況に対して何も言わないとかありえない、という思いが根幹にあります」そう話すのは、皆本夏樹さん。現在、「<パレスチナ>を生きる人々を想う学生若者有志の会」の一員として、イスラエルに停戦を求めるための活動を行っている。「停戦だけでなく、パレスチナが解放されるまで行動し続ける」と話す皆本さんだが、攻撃が始まった2023年10月7日以前は、パレスチナのために何か活動したことはなかったという。なぜ皆本さんは立ち上がり、市民の力を信じて行動し続けられるのか。「<パレスチナ>を生きる人々を想う学生若者有志の会」の皆本夏樹さん「知らせなきゃ」一人で始めた翻訳動画皆本さんは大学でアラビア語を学んでいたこともあり、パレスチナのことはある程度知っていたが、具体的に自分で何か...more
カテゴリー:

「2国家解決」で一致、ロシア巡り非難の応酬も G20外相会合 - 02月23日(金)11:30 

 ブラジル・リオデジャネイロで開かれていた主要20カ国・地域(G20)の外相会合が22日、閉幕した。イスラエルによるパレスチナ自治区ガザ地区への侵攻への対応では一致点を見いだしたが、ロシアによるウクラ…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる