「ガイドライン」とは?

関連ニュース

“OBに話聞く時は会社内で”就活アプリ運営会社が指針作成へ - 02月22日(金)14:44 

大手ゼネコン・大林組の社員が就職活動で使われるアプリで知り合った女子大学生にわいせつな行為をしたとして逮捕された事件を受けて、アプリの運営会社は学生がOBなどに直接話を聞く場合は会社内で会うことなどを定めたガイドラインを作成し、対策を強化することになりました。
カテゴリー:

おっさんみたい…男が100%避ける「アラサー悟り女子」の特徴 レスなひとびと - 文:三松真由美 イラスト:犬養ヒロ   | ananweb - マガジンハウス - 02月21日(木)19:10 

現在大量発生中のレスなひとびと、いわゆる「レスびと」の相談内容を、TVや雑誌など多くの媒体で活躍中の、恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにうかがいます。セックスレス、恋愛レスと、レスにもいろいろある。今回は、無理に出会いを求めてもムダと悟りの境地に至った「色気レス」なアラサー女子。果たして「自然な出会い」なんてあるのかどうか、三松先生が斬りまくります!文:三松真由美 イラスト:犬養ヒロ 【レスなひとびと】vol. 17美佐子(32歳) 悟りきって色気レス。もはや合コンにも行く意欲すらないおっさん女子に彼氏ができるもんか。缶ハイボールは最高にうまい! 思わず「プハッ」と言って目をギュっとつむる。 美佐子はハイボールを片手に考える。そういやあ、男なるものとデートにしたのはいつだっけ? 半年前。合コンで出会った人と、後日飲みに行ったっきりか。特に話も盛り上がらず、つまらなかった。とりあえずLINE交換した相手とうまくいくわけない。だから合コンなんて嫌なんだ。気づけば会社と家の往復。新人の頃のように、張り切って色鮮やかなふんわりスカートを履いたり、毎朝髪を巻かなくなった。ヒールも数年履いてない。今じゃ毎日動きやすいローヒールのパンプスに黒っぽいズボン、髪はひとつ結び。化粧に手を抜いてるのがバレないようにメガネをかけている日が増えた。メガネは女の手抜きアイメイクをごまかす優れアイテム。同...more
カテゴリー:

JCB、QR・バーコード決済スキーム「Smart Code」をスタート!利用者&加盟店、双方が安心して利用できる仕組み - 02月21日(木)18:00 

このところCMに登場し、キャンペーン展開で注目されている「PayPay」など、QRコードやバーコードでのクーポン配布、決済サービスが盛り上がりを見せている。 ただ、コード決済事業者間で規格等が異なるため、加盟店での決済環境整備や店頭オペレーションなどへの負荷が増加している現状もある。 一方、ユーザーとしてはさまざまなコード決済が氾濫しているため、管理や取り扱いに手を焼いたり、セキュリティの問題を抱えている。 ・JCB、コード決済の「Smart Code」を開始 加盟店の負荷軽減や、消費者にとって使いやすく「安全・安心な決済」を実現するため、課題の解決に取り組んでいるのが、株式会社ジェーシービー(以下、JCB)だ。一般社団法人キャッシュレス推進協議会の規格に準拠したQRコード・バーコード決済(以下、コード決済)スキームである「Smart Code」の提供を、今春よりスタートする。コード決済事業者と加盟店をつなぐ情報処理センターの提供や、コード決済事業者・加盟店間の加盟店契約の一本化をおこなっていく。 ・「Smart Code」の主な特徴とは 「Smart Code」の概要は以下となる。 1.規格 バーコードの表示は、一般社団法人キャッシュレス推進協議会が公表した「コード決済に関する統一技術仕様ガイドラインCPM(Consumer-Presented Mode)」に準拠。今後策定される...more
カテゴリー:

「血漿製剤の世界市場:製品タイプ別、用途別2023年予測」最新調査リリース - 02月21日(木)16:30 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「血漿製剤の世界市場:製品タイプ別、用途別2023年予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】血漿製剤の世界市場規模は2018年の257億ドルから、今後2023年には355億ドルに拡大すると予測されます。2018年から2023年にかけての同市場規模の平均年成長率は6.6%増とレポートでは分析しています。当レポートでは、血漿製剤の市場概要、各種セグメント別市場分析(製品タイプ別、用途別、エンドユーザー別、国地域別)、競合状況、主要企業プロフィールなどを盛り込み、概略以下の構成でお届けいたします。【英文市場調査レポート】血漿製剤の世界市場:製品タイプ別、用途別2023年予測Global Markets for Blood Plasma Productshttp://researchstation.jp/report/BCC/0/Blood_Plasma_2023_BCC085.html【レポート構成概要】◆イントロダクション・調査目的・調査対象・調査手法◆サマリーと調査ハイライト◆市場概要・血漿製剤概要・血漿成分・血漿機能・献血・献血施設における政府補助金・政府規制(FDA、国際規制機関/医療団体)・臨床ガイドライン・技術動向・市場ダイナミクス◆血漿製剤:製品タイプ別市場-2023年免疫グロブリン・静注用・皮下注用・その他アルブミ...more
カテゴリー:

産業サイバーセキュリティ研究会WG1(制度・技術・標準化)「ビルサブワーキンググループ」第8回会合を開催します - 02月21日(木)14:00 

経済産業省では、ビルシステムに関するサイバーセキュリティ対策のガイドラインについて議論を行うため、「産業サイバーセキュリティ研究会WG1(制度・技術・標準化)ビルサブワーキンググループ」第8回会合を2月25日(月曜日)に開催します。
カテゴリー:

「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2018」において「東京都知事賞」を受賞しました - 02月22日(金)10:00 

2019/02/22 大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長 芳井 敬一 大阪市北区梅田3-3-5 「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2018」において「東京都知事賞」を受賞しました  大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、一般社団法人 日本取締役協会が主催する「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2018」(※1)(後援:金融庁・経済産業省・法務省・東京都・株式会社 東京証券取引所(日本取引所グループ))において、「東京都知事賞」を受賞しました。 ※1.「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー」は一般社団法人日本取締役協会の登録商標です。  「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー」は、日本取締役協会が、コーポレートガバナンスを用いて中長期的に健全な成長を遂げている企業を応援することを目的に2015年度から開始した表彰制度です。  今回、当社はESG(※2)や女性活躍推進、環境負荷低減活動、ダイバーシティ対応、働き方改革などの取り組みが優れていることが認められ、「東京都知事賞」を受賞しました。  この受賞を励みに、引き続き当社はコーポレートガバナンスの強化に努めることで、企業価値向上と持続的成長を目指します。 ※2.環境:Environment、社会:Social、ガバナンス:Governanceの略語のこと。 ●主な「コーポレ...more
カテゴリー:

やってみたい家庭は100万世帯。なのに日本で里親・養子縁組がなかなか増えない理由とは? - 02月21日(木)18:28 

この記事のPOINT!日本財団の調査によると潜在的な里親候補者は100万世帯いるのに、実際に里親家庭で生活する子どもは約6,500人里親制度や特別養子縁組制度が普及しないのは、圧倒的な情報不足が一つの原因里親には経済的な支援があり短期委託も可能。制度への理解が進めば、多くの子どもが家庭を得られる可能性がある取材:日本財団ジャーナル編集部◇◇◇「里親」や「特別養子縁組」と聞くと、どこか遠い言葉に感じる方が多いかもしれない。しかし生みの親のもとで暮らすことができずにいる子どもが、日本には約4万5,000人いる。そのうち8割以上が、乳児院や児童養護施設で生活を送っているという。これは、先進諸国と比べても圧倒的に多い。里親だけで言えば、オーストラリアは93%、アメリカは77%であるのに対し、日本が18%にとどまっている。先日、法制審議会(法務省の諮問機関)で特別養子縁組制度の子どもの対象年齢を現在の6歳未満から15歳未満に引き上げる改正案が取りまとめられ話題となった。15~17歳でも一定の条件下で縁組が認められるほか、制度利用者の大きな負担となっていた手続きルールの改定も盛り込まれており、これが国会で成立すれば、制度普及の大きな後押しとなることが期待される。そこで、里親制度や特別養子縁組制度の普及におけるこれまでの日本の遅れの原因と、改善の糸口を探るべく、日本財団国内事業開発チームの高橋恵...more
カテゴリー:

プラットフォーム検討会 6月に規制具体化、ガイドライン整備や法改正視野 - 02月21日(木)16:40 

 政府は2月18日、「デジタル・プラットフォーマー」など巨大IT企業の競争環境整備に向けた具体的な検討に入った。経済産業省、公正取引委員会、総務省の三省合同の検討会を開催。今後、複数回の会合を重ね、政府が6月にまとめる成長戦略の実行計画に盛り込む。検討会を前に、官邸主導で行う未来投資会議では、安部総理が法制やガイドライン整備の必要性に触れており、独占禁止法の改正等につながる可能性もある。  成長戦略策定に向けた主な検討課題は4つ。検討会では、「取引慣行の透明性や公正性確保に向けたルール整備」、「データ移転・開放のあり方に関する検討」について議論する。  2月末をめどに、検討会傘下に「透明性・公正性確保等に向けたワーキング・グループ(WG)」(座長=大橋弘東京大学大学院教授、仮称)を設置。プラットフォーマーが契約条件を強制することで利用企業に不公正な取引を強いることがないよう、規律の要否やガイドライン整備による現行法の運用強化、法改正を含む検討を行う。5月をめどに検討会に報告する。  また、3月をめどに「データの移転・開放等の在り方に関するWG」も設置。ユーザーのデータへのアクセスや移転の在り方について検討し、競争促進につながるルール整備を検討する。  並行して、公取委は1月から、新たにデジタル・プラットフォーマーの実態把握に向けた調査を開始している。アプリストアやECの取引...more
カテゴリー:

楽天の「楽天市場」 有識者が規約に助言、専門組織を設置、運営の透明性高める - 02月21日(木)16:30 

 楽天は2月18日、外部の有識者や専門家などで構成される「アドバイザリーパネル」を設置したと発表した。仮想モール「楽天市場」の規約やガイドラインを立案するチームへの助言や意見を行う組織で、消費者団体や事業者団体の代表、弁護士など6名で構成されている。社外の意見を取り入れることで、モール運営の透明性を高める狙いがある。  同社では、2014年に「楽天市場 品質向上委員会」を立ち上げ、楽天市場のサービスの品質向上や、マーケットプレイスの健全化を図ってきた。これまで、ブランド模倣品といった権利侵害品や偽サイト、商品の品質表示に関する品質管理など、外部団体や行政の協力を得ながら対策を講じている。  アドバイザリーパネルは、品質向上委員会の中で、規約やガイドラインを立案するチームにアドバイスをするという位置づけとなる。同日開催された第1回のアドバイザリーパネル(=写真)では、楽天が楽天市場の出店規約やガイドライン、これまでの安心・安全への取り組み、今後の課題について説明したのち、メンバーとの意見交換が行われた。アドバイザリーパネルは今後も半年に1回開催する予定で、楽天市場のサービスの品質向上に活用するとしている。  メンバーは、日本消費者協会の河野康子理事、ECネットワークの沢田登志子理事、日本電子商取引事業振興財団の曽根原千秀代表理事、全国消費生活相談員協会の増田悦子理事長、弁護士の...more
カテゴリー:

【ポリコレ】髪型で差別したら最大2700万円の罰金 ニューヨーク市が新しいガイドライン発表 - 02月21日(木)12:59  newsplus

◆ 髪型で差別したら罰金最大2700万円。ニューヨーク市が新しいガイドライン  「髪はあなたの一部。髪に基づいた人種差別はニューヨークでは違反です」 アメリカ・ニューヨーク市で、髪型に基づいた差別を禁止する「ガイドライン」が発表された。 髪型による差別を禁じる指針は、アメリカでは初めてだという。 ガイドラインは、ニューヨーク市の人権委員会が2月18日に発表した。 職場や学校、公共の場所での髪型による差別や嫌がらせを禁止する。 ニューヨークタイムズによると、違反した場合には、最大25万ドル(約2770万円)...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「ガイドライン」の画像

もっと見る

「ガイドライン」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる