「太平洋」とは?

関連ニュース

大洗鹿島線に出現した珍車両とは 利用客は乗り降り不可 何しに来たのか(乗りものニュース) - 05月19日(日)18:42 

 水戸駅から太平洋に沿って鹿島サッカースタジアム駅までを結ぶ大洗鹿島線。運行事業者である鹿島臨海鉄道が2024年5月17日(金)、公式X(旧Twitter:鹿島 花梨)へ「昨日、大洗鹿島線に珍しい列車
カテゴリー:

雨エリア拡大 関東など次第に雨 - 05月19日(日)12:33 

今日19日(日)は、西日本の太平洋側〜東海は朝から雨。午後は雨エリアが拡大し、関東は夕方から、北陸も夜は広い範囲で雨となるでしょう。明日20日(月)朝は、東海や関東など...
カテゴリー:

鳥谷敬さんが殿様、千姫は山之内すずさん お城まつりに話題の市長も - 05月18日(土)19:30 

 「姫路お城まつり」が兵庫県姫路市で開催されている。太平洋戦争時の空襲で大きな被害を受けた市中心部にあって、奇跡的に残った姫路城。城を復興のシンボルとして市民の心のよりどころにしようと始まり、今回で7…
カテゴリー:

ジャングルから里帰りした「飛燕」なんとパイロット判明! 知られざる“エース”と新戦闘機ミュージアムとの「奇跡の縁」(乗りものニュース) - 05月18日(土)18:12 

 2024年4月26日、田園と緑が広がる岡山県浅口市金光町に、太平洋戦争中の日本戦闘機の博物館「ドレミコレクションミュージアム」が開館し、オープニングセレモニーが行われました。ここには、ニューギニアの
カテゴリー:

明日から太平洋側中心に雨や雷雨 - 05月18日(土)12:19 

明日19日(日)は前線上に低気圧が発生し、西日本の南岸沿いを進むでしょう。九州南部や四国、近畿は昼頃から次第に雨や雷雨になりそうです。東海や関東甲信も夜は雨雲がかか...
カテゴリー:

インドネシアのスタートアップCROWDE社、融資型クラファン運営で農家を支援 - 05月19日(日)17:00 

インドネシアは農業が盛んな国だ。世界銀行によると、2022年時点で労働人口の29%が農業に従事しているという。世界平均の26%をよりわずかに上回る程度だが、それでも3分の1程度が農業に関わっている。 さらに、同国の農業省のデータによれば2022年にはインドネシアのGDP全体で農業部門が占める割合は10.3%を記録し、世界平均の4.3%に大きな差をつけている。しかも、この4.3%という数字は農業だけでなく、漁業と林業を足しての数字だ。 とはいえ、インドネシアで農家として食べていくのも楽ではない。同国では銀行融資を受ける要件を満たす現役農家は22%に留まるという。さらに、テクノロジー導入の遅れや農業従事者の高齢化(65%が60歳以上)なども重なり、都市部との経済格差が2倍に拡大している。 この問題を解決すべく設立されたのがCROWDEというスタートアップだ。同社は農家を支援するため、融資型のクラウドファンディングを運営する。 農家としての苦境が起業のきっかけに Image Credit:CROWDECROWDEは2015年にYohanes Sugihtononugroho氏とMuhamad Risyad Ganisによって設立された(Muhamad氏は2018年に退社したようだが、今も株主としてCROWDEの公式サイトに名前が掲載されている)。 同社は資金調達へのアクセスや市場分析など...more
カテゴリー:

桜島と鹿児島湾の絶景が薬味、乗客に愛され年間21万食…鴨池・垂水フェリーの南海うどん - 05月19日(日)11:01 

 大隅半島は西に鹿児島湾、東に太平洋を望み、県内外に向けて大小のフェリーが行き来している。大隅半島と薩摩半島を結び、地元にとって欠かせない生活航路となっているのが鴨池・垂水フェリー。その片道40分の旅のお供として、乗客に愛されているのが船内限定のうどんだ。
カテゴリー:

アカイカ漁へ中型船出港ピーク/八戸港 - 05月18日(土)19:17 

八戸港所属の中型イカ釣り船の出漁が18日、ピークを迎えた。青森県八戸市の漁業会社・ヤマツ谷地商店が所有する源榮丸船団10隻などが北太平洋のアカイカ(ムラサキイカ)漁に向け一斉に同港を出発した。正午ごろ、同市鮫町の第1魚市場岸壁に並んだ源榮丸船団が大漁旗をはためかせながら次々と港を離れた。家族や関係者らが手を振って航海の安全と大漁を願った。第12源榮丸の田村達尚漁労長(60)は「近海のスルメが壊滅的な状況。太平洋のアカイカで何とかいい漁場を見つけて、大漁につなげたい」と意欲を見せた。谷地充晴取締…
カテゴリー:

シェラトン・プリンセス・カイウラニ、アイナハウ・タワーの改装工事を6月完了予定 - 05月18日(土)15:20 

シェラトン・プリンセス・カイウラニは、アイナハウ・タワーの改装工事を6月にも完了する。 客室は計664室を擁し、多くから太平洋やレアヒ(ダイヤモンドヘッド州立記念碑)、ワイキキのスカイラインや街並みを眺められる。ワイキキ […] 投稿 シェラトン・プリンセス・カイウラニ、アイナハウ・タワーの改装工事を6月完了予定 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

2023年の夏は「過去2000年間で最も暑い夏」だった! - 05月18日(土)12:00 

最近、夏がどんどん暑くなっているように感じると思いますが、それは決して思い込みではありません。 英ケンブリッジ大学(University of Cambridge)と独ヨハネス・グーテンベルク大学マインツ(JGUM)の最新研究で、北半球における2023年の夏は過去2000年間で最も暑い夏であることが明らかになったのです。 2023年の夏は異例の暑さであり、過去2000年で最も平均気温の低かった年と比べると約4℃も高かったといいます。 研究の詳細は2024年5月14日付で科学雑誌『Nature』に掲載されました。 目次 2023年は異例の暑さだった 2023年は異例の暑さだった 地球の気温の推定値は時代を遡るほど曖昧になっていきます。 気象観測所による気温の記録は100年以上続けられていますが、それでもせいぜい1850年くらいまでしか遡れません。 しかし、だからと言って現代の気温と過去の気温を比較する術がないわけでもありません。 研究チームは今回、それを可能にする方法として「樹木の年輪」を調べる手法を用いました。 樹木の年輪は地球環境のタイムカプセルのようなものであり、年輪の幅などを見れば、その年の気温や降水量といった成長条件が特定できるのです。 チームは大規模な年輪年表を作成して、過去2000年間にわたる北半球の夏場(6〜8月)の平均気温を調べました。 その結果、2023年の...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる