「プロジェクト」とは?

関連ニュース

協創プラットフォーム『CRESNECT』プロジェクトに新たに5社が参画 - 01月27日(月)11:13 

2020年1月27日 協創プラットフォーム『CRESNECT』プロジェクトに新たに5社が参画 『point 0 marunouchi』において協創の取り組みに関する初カンファレンスを開催  株式会社point0(以下、「point0」)は、協創プラットフォーム『CRESNECT』※1に新たに清水建設株式会社、セイコーエプソン株式会社、株式会社丹青社、野村不動産株式会社、モンデリーズ・ジャパン株式会社の5社が加わるはこびとなりましたのでお知らせいたします。また、協創を更に加速させるため、未来のオフィス空間創出を目指す実証実験の場である会員型コワーキングスペース『point 0 marunouchi(ポイントゼロ マルノウチ)』※2において、2月3日(月)、4日(火)の2日間、カンファレンス『point 0 ignite 2020 winter』を開催します。 ※1:株式会社オカムラ、ソフトバンク株式会社、ダイキン工業株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、三井物産株式会社、ライオン株式会社が2018年7月30日に共同発表した、空間データの協創プラットフォーム『CRESNECT』を活用し「未来のオフィス空間」づくりを目指すプロジェクト ※2:ダイキン工業株式会社、株式会社オカムラ、パナソニック株式会社、ライオン株式会社、TOTO株式会社、アサヒビール株式会社、TOA株式会社、...more
カテゴリー:

1,000人超のマーケターの声を集約!MarkeZineによる最新調査『マーケティング最新動向調査 2020』リリース - 01月27日(月)11:00 

株式会社翔泳社(本社:東京都新宿区舟町5、社長:佐々木幹夫)の運営するマーケター向け専門メディア「MarkeZine」は、これまで培ってきた会員基盤と、取材・編集ノウハウを活用し、専門メディアならではの中立・公平な調査結果やデータを広く提供する「MarkeZine RESEARCH(マーケジン リサーチ)」プロジェクトを本格的に始動しました。 第一弾企画として、変化と進化を続けるマーケティング業界の動向や輪郭を明らかにすべ...
カテゴリー:

丹青社、未来のオフィス空間 『point 0 marunouchi』における実証実験に新規参画 - 01月27日(月)11:00 

2020年1月27日 株式会社丹青社 商業施設・文化施設などの空間づくりをおこなう株式会社丹青社(本社:東京都港区/代表取締役社長:高橋貴志/以下、丹青社)は、会員型コワーキングスペース『point 0 marunouchi(ポイントゼロ マルノウチ)』において、2019年1月24日(金)より未来のオフィス空間づくりに向けた実証実験に参画します。    『point 0 marunouchi』は、空間データの協創プラットフォーム『CRESNECT(クレスネクト)(※1)』の第1弾プロジェクトである「未来のオフィス空間」を実現していくための会員型コワーキングスペースです。本プロジェクトでは当社のもつデザイン・演出・施工等の空間づくりにおける具現化力とノウハウに、現在参画しているパートナー企業(※2)の最新技術やデータ、ノウハウを掛け合わせ、オフィス全体から、オープンスペースや会議室などにおいて、多様な働き方に合わせた、より豊かなオフィス空間づくりを目指します。また、異なる分野・領域の企業と協創することで、各パートナー企業がもつデータを活かした新たな空間づくりを進めてまいります。    なお、2020年2月3日(月)、4日(火)に行われる『point 0 marunouchi』のカンファレンスでは、本プロジェクトに参画する当社の取り組みをパネルにてご紹介します...more
カテゴリー:

小さいけど…雪だるま作れるよ 浪江町役場前に「かまくら」出現 横手市が協力 - 01月27日(月)10:45 

 福島県浪江町役場前に25日、秋田県横手市の職人が製作したかまくらが出現した。記録的な少雪が続く中、子供たちが歓声を上げて遊ぶ姿が見られた。  町内の有志でつくる「なみえワイワイプロジェクト」(菅家清進代表)が、昨年に続き主催。横手市観光協会が協力した。かまくらは、高さ約3メートル、直径約3・5メー
カテゴリー:

1日100万歩?熊本県の健康キャンペーン、異常数値が上位独占…景品目当てに登録者が“水増し”した可能 表彰対象から除外も - 01月27日(月)10:19  newsplus

熊本県が作成したスマートフォン用アプリを使って歩数を競うキャンペーンで、1人が1日に歩いた歩数が100万歩以上といった異常な数値がランキングの上位を占めている。上位者に贈られる景品目当てに意図的に登録者が“水増し”した可能性やスマホの不具合が考えられるといい、県は「明らかに数値がおかしいと判断した場合は表彰対象から除外する」としている。  キャンペーンは、健康寿命の延伸を目指す「くまもとスマートライフプロジェクト」の一環。今回が3回目で5日にスタートした。2月1日までの各週で最も多く歩いた団体...
»続きを読む
カテゴリー:

テレビ初! “ハロプロ”全メンバー勢ぞろい - 01月27日(月)11:12 

 ハロー!プロジェクト全6グループのメンバー58人が、2月2日放送のフジテレビ「Love music」(日曜深夜0・30)に出演。全員が勢ぞろいするのはテレビ初となる。
カテゴリー:

スマートホーム、ワイヤレスイヤホンの未来に期待する声、高まる!スマートホームの関心度は、スマスピ、ヒアラブルなどの利用者が高い!ワイヤレスイヤホンを利用している人は、2人に1人がスマートホームに関心! - 01月27日(月)11:00 

■スマートホーム、ワイヤレスイヤホンの未来に期待する声、高まる!スマートホームの関心度は、スマスピ、ヒアラブルなどの利用者が高い!ワイヤレスイヤホンを利用している人は、2人に1人がスマートホームに関心!■先端テクノロジーの調査会社、AQU 先端テクノロジー総研(代表、子安克昌)が2,200人を対象に意識調査を実施したところ、そんな結果が得られた。スマートホームにおける音声AIアシスタントの活用の突破口を開いたともいえる、スマートスピーカーについて、主要メーカー製品利用者ごとの、スマートホームに対する関心度を調べたところ、すでに利用している人、今後購入予定の人では、アマゾン、グーグル、アップル、ソニー、オンキヨー、JBL、いずれも、スマートホームに関心ある人が50%を超えている。LINEについては、利用者では、44.3%であるが、今後購入予定のある人では、50%を超えている。スマートホームに対する関心度は、全体的には、20代を中心に10代、30代などが比較的高く、40代、50代、60代以上は、やや低い。しかしながら、大きな差はない。性別では、女性よりも男性の方がやや関心度が高い。女性の心をひきつけるもの、たとえばスマートキッチン、スマート照明、スマート冷蔵庫などにおいて、より魅力的な製品アピールが期待される。スマートスピーカーを利用している人は10%程度となっているが、スマートホーム...more
カテゴリー:

蔦谷好位置プロジェクト=KERENMI、1stアルバムにヒゲダン藤原/ミセス大森/Charaら参加 - 01月27日(月)11:00 

 蔦谷好位置がトラックメイカーとしての側面を強く打ち出したプロジェクト「KERENMI」が、3月4日に配信リリースする…
カテゴリー:

インディ・ジョーンズがモチーフのパンダ?EV化された「パンディアナ・ジョーンズ」 - 01月27日(月)10:32 

フィアットの元会長の孫であり、ブランド「イタリア・インディペンデント」にも携わっているラポ・エルカーンは、ファッションと車をつなぎ合わせることをコンセプトとしたショップ「ガレージ・イタリア」で様々なカスタムカープロジェクトを行っている。その・・・
カテゴリー:

【矢野経済研究所セミナー】2月13日(木)開催 ワッツセミナーVol.64「転換期を迎えた製造業向けプラントメンテナンス業界~老朽化するプラント、高齢化と人手不足、診断技術の継承と先端技術の導入~」 - 01月27日(月)09:30 

株式会社矢野経済研究所(本社:東京都中野区)では、ワッツセミナーVol.64「転換期を迎えた製造業向けプラントメンテナンス業界~老朽化するプラント、高齢化と人手不足、診断技術の継承と先端技術の導入~」を開催いたします。本セミナーでは、株式会社自律制御システム研究所(ACSL)取締役 最高執行責任者 鷲谷 聡之氏をお招きし、「ドローンを活用したインダストリアル向け無人化・IoTプラットフォーム」をテーマに、ドローンの最先端技術とその活用事例についてお話を戴きます。また、弊社生活・サービス産業ユニット 研究員の梅原 尚佳が「オペレーション&メンテナンスで求められる工場の課題」についてご説明いたします。皆様のご来場を心よりお待ちしております。【セミナー概要】・開会あいさつ株式会社矢野経済研究所全社横断プロジェクト推進室WHATSプロジェクトチーフ・プロデューサー田村 一雄・「オペレーション&メンテナンスで求められる工場の課題」1.老朽化する工場2.メンテナンス作業者の高齢化と診断技術の継承、そして安全対策3.点検作業と診断技術の省人化と先端技術の導入講師:株式会社矢野経済研究所生活・サービス産業ユニット 研究員梅原 尚佳・「ドローンを活用したインダストリアル向け無人化・IoTプラットフォーム」従来のプラント点検においては、点検画像の取得から、保守の判定、および調書の作成まで、全工程を人が...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「プロジェクト」の画像

もっと見る

「プロジェクト」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる