「環境保全」とは?

関連ニュース

ブリヂストンの「エコピアの森 那須塩原」新たに「田舎ランド鴨内」で森林整備活動を開始 - 11月21日(木)15:00 

2019年11月21日 株式会社ブリヂストン ブリヂストンの「エコピアの森 那須塩原」 新たに「田舎ランド鴨内」で森林整備活動を開始  株式会社ブリヂストンの栃木工場・那須工場は、11月16日に、新たに「田舎ランド鴫内」で森林整備活動を開始しました。8月6日に那須塩原市等との間で締結した協定に基づき、鴫内山一本杉園地周辺の森林(約17ha)を「エコピアの森 那須塩原」と命名し、2023年11月まで森林整備活動を行う予定です。 「エコピアの森 那須塩原」での記念撮影 森林整備活動の様子  当日は、共同活動者である那須塩原市、那須塩原市森林組合、鴫内愛林組合と開所式を行った後、栃木工場・那須工場の従業員やその家族など約130名が、あじさいの植栽や下草刈りなどの森林整備活動を行いました。  「エコピアの森 那須塩原」プロジェクトは、2005年に岳山にてブリヂストンの国内事業拠点の中で初めて森林整備活動を開始し、2013年からは那須ガーデンアウトレット周辺の国有林の整備活動を行ってきました。この度、活動場所を鴫内山に移して森林整備活動を継続推進します。  当社は、「環境」をグローバルCSR体系「Our Way to Serve」の重点領域の1つとして位置付けています。持続可能な社会の実現を目指し、栃木工場・那須工場においても、地域の皆様と共同で「エコピアの森 那須...more
カテゴリー:

青下の水源、民間と保全 仙台市が来年度開始の計画発表 - 11月20日(水)06:05 

仙台市は19日、青葉区熊ケ根にある「青下水源地」の環境保全に民間資金を活用する「青下の杜プロジェクト」を来年度にスタートさせると発表した。同日、協力する企業や団体の募集を始めた。水源地の森林に愛称を付
カテゴリー:

博報堂ら3社、ブロックチェーン活用のソーシャルグッド活動推進プラットフォームを共同開発【フィスコ・ビットコインニュース】 - 11月15日(金)13:58 

博報堂DYホールディングス傘下の博報堂は14日、昨年9月に発足した「HAKUHODO Blockchain Initiative(博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ)」が、トークンポケットおよびズィープロダクションとともに、ブロックチェーン技術を活用し、ソーシャルグッドな(社会に貢献する)活動をするとトークンが付与されるプラットフォーム「GiverCoin(ギバーコイン)」を共同開発したと発表した。 「ギバーコイン」は、デジタルアセットを安全に管理できるブロックチェーン技術を活用した、生活者参加型のソーシャルグッド活動推進プラットフォーム。専用のスマートフォンアプリ「ギバーコイン」を通して、企業やNPOのソーシャルグッドなサービスへの利用申し込みを行うと、貢献スコアとしてアプリ内のウォレットに「ギバーコイン」が付与されるという仕組みだ。 一定の「ギバーコイン」を集めると、生活者は企業・NPOが実施するイベントへの参加権などを得ることができる。「ギバーコイン」と交換できる景品の例としては、「企業が運営する美術館・博物館の入場券」、「楽しみながら親子でエコについて考えるワークショップ」、「フードロス削減のための体験型セミナー」、「環境保全チャリティイベント」を挙げている。 今後については、「賛同してもらえる企業やNPOを増やし、ギバーコインアプリと連携するソーシャルグッドなサービス...more
カテゴリー:

第24期自然環境保全審議会部会を開催 - 11月13日(水)17:16 

第24期東京都自然環境保全審議会部会を下記のとおり開催しますので、お知らせします。
カテゴリー:

課題克服へ連携確認 佐賀市でSDGsセミナー - 11月13日(水)08:28 

環境保全など国連の「持続可能な開発目標」(SDGs)をテーマにしたセミナーが12日、佐賀市で開かれた。企業や自治体、CSO(市民社会組織)の関係者ら約30人が参加。国際社会の課題克服に主体的に取り組むとともに、相互に連携することを確認した。 講演では、日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所の上席主任調査研究員の佐藤寛氏が登壇。SDGsには働き方改革やプラスチックごみ汚染対策などが含まれていて、「中小企業や自治体にも関わりがある」と指摘した。
カテゴリー:

ビジネスパーソンの仕事力を上げる「明晰な思考と集中力」「ストレスフリー」音声ビジネス瞑想2コンテンツを配信開始 - 11月20日(水)10:30 

「おうちでセラピー」シリーズ(瞑想、マインドフルネス、ヒーリングの音声コンテンツ)を150点以上企画・制作する株式会社志麻ヒプノ・ソリューション(本社:東京都中央区、代表取締役:佐々木絹子)は、11月20日(水)ビジネス瞑想「明晰な思考と集中力」「ストレスフリー」2作品の配信をスタートします。ビジネスパーソンの仕事と生活をメンタルサポートする目的で、ソルフェジオ周波数741Hz/417Hz とサブリミナルアファメーションを音源に挿入。雑念をぬぐいストレス解消を兼ねながら、瞑想中のような集中状態で快適に仕事・作業することができる構成のコンテンツです。配信元はAudible(アマゾンジャパン合同会社)、Amazon Japan、iTunes Store、audiobook.jp(株式会社オトバンク)他です。各配信元と連携するGoogle Play―Google HomeやAmazon Alexaでの利用体験も可能です。■ 開発背景「時代を見据えた瞑想の実用化」当社では、2009年より音声を聞きながら手軽にセラピー体験できる「オーディオセラピー」を多数制作し、近年では瞑想やマインドフルネスを健康(快眠・深眠)、美容面、スポーツ、ビジネス利用を目的としたコンテンツを開発・制作しています。■ 今後の展望「瞑想、ヒーリング、セルフケアのオリジナル受注・コラボ/コンボ企画」今後も引き続き、瞑想や...more
カテゴリー:

回収ごみ15トンで過去最少規模 県の児島湾流域「清掃大作戦」 - 11月19日(火)22:15 

 岡山県は、児島湖流域環境保全推進期間(9~11月)に合わせて岡山、倉敷、玉野、総社市、早島町の計8カ所で行われた「清掃大作戦」の実績をまとめた。延べ3511人が参加し、回収したごみは計15トン。デー...
カテゴリー:

自然環境保全審議会部会を開催 - 11月14日(木)16:26 

第24期東京都自然環境保全審議会部会を下記のとおり開催しますので、お知らせします。
カテゴリー:

「タイ北部 “FURUSATO”環境保全プロジェクト」第2期を開始 - 11月13日(水)10:00 

2019年11月13日 花王株式会社 「タイ北部 “FURUSATO”環境保全プロジェクト」第2期を開始 花王株式会社(社長・澤田道隆)は、今年4月より、「タイ北部“FURUSATO”環境保全プロジェクト」の第2期を開始しました。第1期を引き継ぐプロジェクトで、公益財団法人オイスカの協力のもと実施しています。第1期に植林した地区で引き続き環境保全を行ない、収入向上につながる作物の栽培を開始します。また、近隣の新たな地区で植林を実施することで、地域の人々の生活に貢献していきます。 花王は2012年4月から2017年3月までの5年間、「タイ北部“FURUSATO”環境保全プロジェクト」に取り組みました。社会問題化しているタイ北部の急激な森林の減少や土壌劣化による水害などの環境問題改善をめざし、行政の担当者、地域の人々、近隣の学校の生徒や花王グループ社員によって、約35ヘクタールの土地に42,500本を植林しました。同時に、森林を守り育てる人材を育成するため、環境教育を実施。植林地の日々の管理保全は、地域住民の手で自主的に行なわれるようになりました。 第1期プロジェクトを通して、地域の人々の環境保全に対する意識が高まったことで、森を適切に管理し、生活の基盤づくりに生かそうという機運が生まれました。2019年4月に開始した第2期プロジェクトでは、第1期に植林した地域で、...more
カテゴリー:

~ 東久留米市の皆さんと地元の清流の環境保全活動 ~黒目川を総勢500人で清掃「第11回 黒目川『河童のクゥ』クリーン作戦」参画報告 - 11月12日(火)13:00 

グローブライド株式会社(東京都東久留米市/代表取締役社長・鈴木 一成)は、2019年10月20日(日)に実施された「第11回 黒目川『河童のクゥ』クリーン作戦」に参画しました。東京都東久留米市を流れる黒目川の河川敷や遊歩道などを東久留米市少年野球連盟加盟チームの児童の皆さん、そして市民団体の方々、総勢500人で地元の清流の環境保全活動として清掃活動を実施しました。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/198176...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「環境保全」の画像

もっと見る

「環境保全」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる