「水面下」とは?

関連ニュース

要するに菅首相ってのは独禁法要らねー独占寡占最高って思ってるバカじゃん - 12月05日(土)20:19  poverty

同一地域の地方銀行同士の合併に独占禁止法を適用しない特例法が27日に施行された。再編のハードルが下がって合従連衡が加速し、地域経済を支える地銀の経営が安定する効果が期待される。 だが、競争の不在はサービス低下につながりかねない。10月に県内の2行が合併した長崎県の企業や住民には、寡占の弊害を懸念する声も根強い。 独禁法適用除外の特例法 27日施行された特例法は10年間の時限措置。いずれも青森市の青森銀行とみちのく銀行が水面下で経営統合に向けて協議しており、第1弾の適用となる可能性がある。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】マラドーナ氏>遺産94億円めぐる相続争いに“隠し子2人”名乗り!相続争いが泥沼化の様相・・・ - 12月05日(土)00:27  mnewsplus

サッカー元アルゼンチン代表FWの“英雄”ディエゴ・マラドーナ氏(享年60)の急死で注目を集める相続争いが泥沼化の様相を呈してきた。 マラドーナ氏の遺産は現地報道によると9000万ドル(約94億円)前後とみられている。 実子であるダルマ、ジャンニーナ、フェルナンド、ディエゴ・ジュニア、ジャナの5人の間で分配されるのが既定路線だが、 マラドーナ氏はキューバ人女性との間にもうけた3人の隠し子も生前に認知しており、その動向が注目されてきた。 しかしここにきて、さらに2人の“実子”が名乗りを上げて事態は混...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】過激ヘアーで初公判 伊勢谷友介が法廷で豪快にスベった! - 12月02日(水)05:36  mnewsplus

12/2(水) 5:15 東スポWeb 過激ヘアーで初公判 伊勢谷友介が法廷で豪快にスベった! 地裁を出発する伊勢谷友介被告  このまま芸能界を引退するのか――。大麻取締法違反罪(所持)に問われた俳優の伊勢谷友介被告(44)が1日、東京地裁(村田千香子裁判官)で開かれた初公判で起訴内容を認めた。22日に指定された判決では、執行猶予判決が下されるとみられるが、今後は芸能界に見切りをつけ、スウェーデンの〝怒れる環境少女〟ことグレタ・トゥーンベリさん(17)ばりに〝環境オヤジ〟に変身するとの情報が急浮上している。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【NHK】コロナで派遣切り 生活苦から性風俗に転じる女性たち - 12月01日(火)22:16  news

クローズアップ現代+ 「“パパ活”広がる性被害▽生活苦が女性を追い詰める」 12月1日(火) 22時00分~22時30分 NHK総合 コロナ下で、性産業に転じざるを得ない女性たちがいる。 派遣やサービス業を解雇され、生きるために足を踏み入れるのだ。 しかし性産業も不況の中、水面下で広がっているのが“パパ活”。 専業主婦や元派遣社員が、パパ活をせざるを得ない実態も見えてきた。 パパ活は一緒に食事やデートをして対価を受ける名目だが、 実態は性的関係も伴い深刻な性被害の温床にもなっている。 番組では、家族の暮らし...
»続きを読む
カテゴリー:

中国で「三人っ子」容認の動き、高齢化社会への不.. - 11月29日(日)21:30 

中国で「三人っ子」容認の動き、高齢化社会への不安 水面下では3人目を持つことを容認している地方当局も  #中国 #高齢化
カテゴリー:

【あさパラ!】吉村知事 自衛隊に看護師派遣要請へ「あらゆる手段使い1床でも多く動かしたい」 - 12月05日(土)18:38  mnewsplus

12/5(土) 18:35 デイリースポーツ 吉村知事 自衛隊に看護師派遣要請へ「あらゆる手段使い1床でも多く動かしたい」  大阪府・吉村洋文知事=3日  大阪府の吉村洋文知事が5日、読売テレビ・日本テレビ系情報番組「あさパラ!」に出演。今月15日に運用開始を目指している新型コロナウイルスの重症患者用の臨時施設「大阪コロナ重症センター」について、「自衛隊とのやりとりを始めています」と不足する看護師の派遣を自衛隊に打診していることを明らかにした。  同センターは第一期分の30床が11月末に完成。必要な看護...
»続きを読む
カテゴリー:

ディノス・セシール 「セシール」を売却へ、来年3月にも、ノジマ傘下のニフティに - 12月03日(木)07:30 

 ディノス・セシールがセシール事業を売却する。来年3月1日付けで家電量販店大手のノジマ傘下でネット接続事業などを展開するニフティにセシール事業を継承させた子会社「セシール」の全株式を譲渡するもの。日本を代表する大手通販事業者同士の初の合併として注目される中、2013年に誕生した大型総合通販は再び別々の道を歩むことになる。  ディノス・セシールとニフティは11月26日、セシール事業の譲渡に合意した。ディノス・セシールは12月1日付で設立したセシール事業を継承する完全子会社の「株式会社セシール」および子会社でコールセンター事業などを行なうディノス・セシールコミュニケーションズ(DCC)、人材派遣事業などを展開するセシールビジネス&スタッフィング、中国・上海の子会社の賽詩麗商貿(上海)有限公司の全株式を来年3月1日付で、ニフティが総合通販事業を統括する持ち株会社として12月16日に新設する予定の同社の完全子会社「ニフティ・セシール株式会社」に譲渡する。セシール事業売却に伴い、ディノス・セシールは今後、商号を変更する予定。  なお、DCCについてはセシール事業のコールセンター部門のみを事業売却するため、ディノス・セシールが12月1日付で新設した「株式会社ディノスコールセンター」にDCCが手掛けているディノスのコールセンター事業および化粧品・健康食品のリピート通販などを行なうリテンション...more
カテゴリー:

【残業】GoTo方針転換…寝耳に水の観光庁は徹夜作業… - 12月02日(水)03:17  newsplus

『GoToトラベル』をめぐって、東京都の小池知事と菅総理が1日夜、会談しました。小池知事は、東京発着分について、65歳以上の高齢者と、基礎疾患を持つ人に対し、Goto利用の一時停止、または自粛の呼び掛けを要請したといいます。結果、両者が合意したのは“停止”ではなく“自粛”でした。 ◆観光庁前にいるテレビ朝日・延増惇記者の報告です。 政府はキャンセル料を取らない方針を固めようです。今回の自粛要請に関しては、取材した限りでは、観光庁はまたも寝耳に水で、東京都との水面下での調整も全くなかったようなんです。観光庁は今...
»続きを読む
カテゴリー:

ピジョン---中国で「三人っ子」容認の動き - 最新株式ニュース - 11月30日(月)08:55 

<7956>  ピジョン  4740  0中国では一人っ子政策の名残や子育て費用の高さから、子ども2人以上の世帯はなお少数派。だが、水面下では、通常の処分なしに、3人目を持つことを容認している地方当局もあることが分かったと報じられている。高齢化社会への不安から「三人っ子」容認の動きがみられているようであり、関連銘柄の一角として関心が集まりそうである。
カテゴリー:

【コロナ第3波 】 専門家 「市中感染の蔓延期に差し掛かっている。 誰もがいつどこで感染してもおかしくない。話すときは必ずマスクを」 - 11月28日(土)21:56  newsplus

新型コロナウイルスの「第3波」の感染拡大要因に、「見えにくい」クラスター(感染者集団)の存在が指摘されている。 無症状や軽症の感染者が検査前に水面下で感染を広げ、職場や大学、外国人コミュニティーなどの多様なクラスターを生み出している可能性がある。 専門家は市中感染の蔓延(まんえん)期に差し掛かっているとみており、接触機会の削減を求めている。 「潜在的なクラスターの存在が想定され、感染者の検知が難しい、見えにくいクラスターが感染拡大の一因となっていることが考えられる」。 厚生労働省に新型コロナ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「水面下」の画像

もっと見る

「水面下」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる