「中国共産党」とは?

関連ニュース

主権国家の権利侵すパンデミック条約…中国共産党の影ちらつくWHO(1)(再掲載) - 04月23日(火)14:00 

米国憲法は、まず第一に、神から与えられた権利と自由を守ることで知られている。最近「現在の危険委員会:中国」によ […]
カテゴリー:

中国共産党と監視機関が結託か 東京五輪の中国競泳選手ドーピング疑惑を揉み消し - 04月22日(月)20:55 

最近の調査結果によれば、2021年の東京オリンピックに先駆けて行われたドーピング検査で、23人の中国の水泳選手が陽性反応を示したことが判明した。
カテゴリー:

カンボジアのリアム海軍基地で中国共産党海軍が活動=米報告 - 04月22日(月)15:14 

米シンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」は19日、中国共産党海軍がカンボジア南部シアヌークビル州のリアム海軍基地から活動を行っている可能性があると指摘した。同シンクタンクは、商業衛星画像の分析により、中国の軍艦2隻が4ヶ月以上にわたってリアム海軍基地に滞在していることを明らかにした。
カテゴリー:

これって「再生エネヘイト」では? 内閣府資料に「中国国営企業のロゴ」で騒ぎになった背景を考えた - 04月21日(日)08:51  newsplus

東京新聞 https://www.tokyo-np.co.jp/article/322387 2024年4月20日 12時00分  再生可能エネルギーの規制改革を議論する内閣府の有識者会議の資料に、中国国営企業のロゴマークが含まれていたことが分かった。構成員の女性が誤って資料を作成したことを認めて辞任した後も誹謗(ひぼう)中傷や脅迫まがいのメッセージは続き、背景には太陽光パネル事業で優位な中国を利するとして攻撃する「再エネヘイト」があるとの指摘も。原発推進論とも結び付いているようだが、再エネも含めたエネルギー議論は待ったなしだ。(荒井六貴、西田...
»続きを読む
カテゴリー:

侵されるカナダの民主主義 中国共産党は政治的影響力拡大を目論んでいる - 04月20日(土)20:16 

カナダ安全情報局(CSIS)の最新の調査報告によれば、中国共産党がカナダの民主主義への干渉を深め、政治的な影響力を拡大しているようだ。
カテゴリー:

日本、フィリピン、米国で初の3カ国首脳会談 中国共産党の念頭に結束強化 - 04月23日(火)11:07 

日本、フィリピン、米国の首脳は4月中旬に連続してホワイトハウスで首脳会談を行い、国際法の支配を守り、自由で開かれたインド太平洋を推進し、地域の進歩と繁栄を支援するという共通の決意を表明した。
カテゴリー:

中国共産党からの監視は逃亡先でも続く。中国から逃げる人々の不安 - 04月22日(月)19:11 

日本でも、中国から移住してくる人たちは年々急増しています。しかし、祖国から“逃げて”きたとしても、その国からの監視からは逃げることは難しいと無料メルマガ『キムチパワー』の著者で韓国在住歴30年を超え教育関係の仕事に従事している日本人著者が伝えています。 中国の「国境なき監視監獄」 新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)で中国各地に封鎖令が下された時、中国では「潤学」という言葉が流行した。暮らしを豊かにする学問という意味のようだが、実際は中国から逃げる方法を研究する学問という意味だ。「ユン(潤)」の中国語の併音は「ルン」(run)で、逃げるという意味の英語「ラン」(run)と綴りが同じだ。 中国が急速に経済発展を成し遂げた後から、中国人の中国脱出ラッシュは次第に拡大し、特にパンデミックを契機に多くの中国のエリートたちが海外に発った。現在、中国で生まれた中国人1050万人が中国外で暮らしている。彼らより大きい移民集団はインド人とロシア人、メキシコ人だけだ。 中国人移民者の4分の1は米国に、他の4分の1は香港に居住する。その後に日本とカナダが続く。全体的に海外にいる中国人のほぼ半分が西欧に住んでいるわけだ。彼らはそれぞれ遠大な抱負を抱いて海外に向かうが、国を離れたからといって中国共産党のくびきから脱することは容易ではない。 最近、『エコノミスト』は「習近平国家主席体制下で...more
カテゴリー:

米下院、「TikTok禁止法案」可決 中国共産党との切り離し図る - 04月21日(日)11:28 

4月20日、アメリカ下院は360対58の圧倒的多数で「21世紀の平和実現のための法案」を可決した。同法案は、中国本土系動画配信アプリ「TikTok(ティックトック)」について、運営会社に対し早期の事業売却を求める。
カテゴリー:

米下院議長、14兆円のウクライナ・イスラエル支援法案を前進させる - 04月20日(土)22:13 

アメリカのマイク・ジョンソン下院議長が中国共産党首魁の習近平、ロシアのプーチン大統領、そしてイランを「悪の枢軸」と呼んだことに対し、在米中国共産党大使館の報道官はメディアの取材で不満を示した。
カテゴリー:

習近平が“殺す”年間7万人のアメリカ人。銃よりも多くの若者の命を奪う「史上最悪の麻薬」に補助金を出す中国の異常 - 04月20日(土)10:00 

近年アメリカで大きな社会問題となっている麻薬鎮痛剤による中毒。安価で比較的手に入りやすいため多くの若者の間に広がり、そしてわずかな量で彼らの命を奪うため「最悪の麻薬」とも呼ばれていますが、そんな「汚染」に深く関わっていたとされる中国が、さらに追い打ちをかけるような手を打ったようです。台湾出身の評論家・黄文雄さんが主宰するメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では今回、中国共産党が麻薬鎮痛剤の生成につながる物質の製造に補助金を提供し続けているとするニュースを紹介。さらにこの鎮痛剤が日本にも広がりつつあるとして注意を喚起しています。 ※本記事のタイトル・見出しはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:現代のアヘン戦争を仕掛ける中国 「史上最悪の麻薬」でアメリカの若者を殺す。中国が仕掛ける現代のアヘン戦争 ● 中国がフェンタニル原料に補助金、米国の中毒あおる=米下院委 アメリカ下院は4月16日、中国共産党に関する特別委員会において、中国が麻薬鎮痛剤「オピオイド」の一種であるフェンタニルの生成につながる化学物質の製造に直接補助金を出し、アメリカのオピオイド中毒危機をあおっているとする報告書を出しました。 フェンタニルとは、いまアメリカをはじめ、世界中で多くの中毒死を発生させている「史上最悪の麻薬」ともいわれる薬物です。ヘロインなどより数十倍も強力で安価であ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる