「解決策」とは?

関連ニュース

米、仏デジタル税報復発表 化粧品など、最大半年猶予 - 07月11日(土)09:50 

 米通商代表部(USTR)は10日、フランスからの化粧品やハンドバッグなどの輸入品13億ドル(約1400億円)分に25%の追加関税を課すと発表した。フランスが導入した米IT大手を標的にした「デジタル課税」への報復措置。両国が解決策を協議する期間として、発動は来年1月6日まで最大180日間猶予する。圧力強化で撤回を迫る狙いだ。
カテゴリー:

コロナ禍でダイバーシティを後退させないために経営者がすべきこと - 07月10日(金)12:25 

本稿を執筆したRachel Sheppard(レイチェル・シェパード)氏は、世界中でプレシード・アクセラレータ投資を行うFounder Institute(ファウンダー・インスティテュート)のグローバルマーケティング部門ディレクターだ。 — どんな災厄でも、一番悲惨な影響を受けるのはすでに社会の主流から取り残された人々だ。だから、新型コロナウイルス感染症によるロックダウン(都市封鎖)の中で、雇用や事業経営に関して、女性や民族的少数派の市民が他の誰よりも深刻な影響を受けていることも驚くにはあたらない。 今年4月、米国の女性失業率は15.5%に跳ね上がった。これは、男性に比べて2.5%も多い数字である。また、アフリカ系市民とラテンアメリカ系市民の失業率は白人よりも高く、ラテンアメリカ系市民の失業率は過去最高の18.9%に達した。 女性たち―特に社会的に不利な条件下で生活する女性たち―はコロナ禍の中、自宅で介護や看護など家族を世話する責任を一手に担うことになる。そのため、職場では解雇の対象になりやすい。同時に、雇用の確保が危機に瀕している今、過小評価されている従業員の多くはこれまでよりさらに会社から軽視されていると感じることになるかもしれない。 ダイバーシティ(多様性)とインクルージョン(包含性)が現在の状態まで推進されるに至るには、多くの苦労があった。ゆっくりと、だが確実に...more
カテゴリー:

Gap の訴訟で変わりつつある商業施設のリース契約:「家主とテナントがWin-Winの関係を築けるよう見直すべき」 - 07月09日(木)11:50 

小売の売上が伸び悩む中、家主もテナントも斬新な解決策を見出そうと苦慮しているが、一方でGAPのように複数の家主から賃貸料の不払い訴訟を起こされている例もある。従来のリース契約が通用しなくなるなか、テナント・家主双方がWin-Winの関係を気付くため、契約の見直しや再検討に取り組む動きが進んでいる。 The post Gap の訴訟で変わりつつある商業施設のリース契約:「家主とテナントがWin-Winの関係を築けるよう見直すべき」 appeared first on DIGIDAY[日本版].
カテゴリー:

プログラミング本で有名なオライリー氏「一獲千金を目指すベンチャー投資は有害無益」 - 07月09日(木)07:45 

Tim O’Reilly(ティム・オライリー)氏には、投資家が投資額の何倍ものリターンを期待して初期段階のスタートアップに賭けるような従来型のVCモデルにダメ出しをするビジネス上の動機がある。アーリーステージのスタートアップに特化したVCであるO’Reilly AlphaTech Ventures(オライリー・アルファテック・ベンチャーズ、OATV)で長年にわたりオライリー氏の投資パートナーとして活動しているBryce Roberts(ブライス・ロバーツ)氏が今、OATVの投資先を選ぶ際にいわゆるハイリスクの企業を避け、すでに収益を上げているが必ずしもブリッツスケール(極めて短期間での爆発的な規模拡大)を目指してはいない会社を米国全土から探し出して投資する方向に意識的に舵を切っているのだ。 しかし、TechCrunchが先週実施したインタビューの中でオライリー氏が語った、純粋に持続可能なビジネスを築こうとする創業者が増える中でベンチャーキャピタルが今のまま投資を続ける意義が薄れ始めている理由は、非常に説得力があるものだった。オライリー氏によると、今のベンチャー業界は、いつか世界を変える可能性を秘めた中小企業を発掘することよりも、富裕層が資産を運用して増やすための金融商品のような感覚で投資を行うことに力を注ぐようになっており、この変化が実際に悪影響を及ぼし始め...more
カテゴリー:

シーネット、物流向けAI-OCR Webスキャナ『@YOMU』がキヤノン電子のドキュメントスキャナーと連携。 7/16に両者の知見を集約した共同セミナーを開催! - 07月08日(水)11:30 

倉庫管理システムの開発・販売を手掛ける株式会社シーネット(本社:千葉県船橋市、代表者:内野 靖、以下「シーネット」)は、物流バックオフィスのオンライン化を目指すため、各種物流系帳票の読み取りに特化したAI-OCR Webスキャナ『@YOMU』のβ版を本年2月より提供開始しています。この度、物流向けAI-OCR Webスキャナ『@YOMU』が、キヤノングループのキヤノン電子株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:酒巻 久 以下「キヤノン電子」)が展開するドキュメントスキャナー「imageFORMULAシリーズ」との連携を開始したことをお知らせします。本連携により、PCに接続されたキヤノンのドキュメントスキャナーで各種物流系帳票を読み取ると、PDF化された帳票は「@YOMU」へとダイレクトに登録され、AI-OCR処理がかかります。これにより、従来かかっていた各種物流系帳票 のPDF化と画面を通じたアップロードの手間が省け、スムーズかつ効率的に電子データ化を行い、従来必要であった手入力業務をシステム化することができます。これを機に 、両社の知見を集約した共同セミナーを7月16日(木)に開催いたします。<業務連携の狙い>キヤノン電子の掲げる「紙に埋もれて仕事をしている人を救いたい」という活動と、シーネットの掲げる「物流バックオフィスのオンライン化」という理念が合致し、その具体的な推進手...more
カテゴリー:

変容し始める日米関係 辺野古中止「あり得る」 中島岳志東工大教授 <揺らぐ「辺野古唯一」識者に聞く>① - 07月10日(金)20:00 

 政府が地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を断念したことを契機に、名護市辺野古の新基地建設についても見直しを求める声が改めて強まっている。異論は自民党内の防衛相経験者からも出ているものの、政府は「唯一の解決策」との立場を崩さない。米議会での国防権限法案に関する審議過程では、辺...
カテゴリー:

汎用性の高い幹細胞治療、COVID-19パンデミックの解決策への可能性も 幹細胞ドナーの不足、治療時の免疫反応、倫理的な問題などが阻害要因 - 07月09日(木)13:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「細胞のリプログラミング (iPS細胞生成) / ダイレクトリプログラミングサービス・製品市場:2020年~2030年」 (ROOTS ANALYSIS) の販売を7月9日より開始いたしました。
カテゴリー:

寝ぼけたまま、コップにお茶を入れようとしたら…なんてこった!! - 07月09日(木)10:25 

先日こーすけ(@travelgray)さんは、お茶をコップに注いだつもりが ・ ・ ・ コップにお茶入れようとしたら、寝ぼけてて、養生テープにお茶入れてた pic.twitter.com/PYiomRiQc9 — こーすけ (@travelgray) July 5, 2020 ▶画像や動画が表示されない場合はコチラ   えええーーー!!!(;∀; )    googletag.cmd.push( function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586069374553-0'); }); 危機一髪 これでは、持ち上げることはできません(笑)! 漏れてないのがある意味凄い — Felice (@felice90) July 6, 2020   その後「ストローでお茶を飲み、量を減らしてから拭いて片付けた」そう。 ナイスな解決策へ、拍手を贈ります( *´艸`) 関連:ネットで「高価なグラス」を買ったら…届いた瞬間、目を疑った!! みんなの反応 ●あららwww ●そんなことあるんです… 休んでください ●これめっちゃ分かりそうでしないギリギリのラインで好き ●養生テープの本領発揮   まさかの一幕に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました!
カテゴリー:

【リニア】静岡県民「静岡県がゴネてるとか言われてどんどん悪者にされてしまって辛い(´;ω;`)」 - 07月08日(水)16:33  poverty

 リニア中央新幹線工事に伴う大井川の流量減少問題を巡って6月下旬に初めて開かれた川勝平太知事と金子慎JR東海社長のトップ会談を踏まえ、 6日に開かれた県議会危機管理くらし環境委員会で、質問に立った議員から「静岡県がどんどん悪者になってしまう」などとして、川勝知事や県の対応に注文や批判が相次いだ。  自民改革会議の杉山盛雄氏は、トップ会談後、着工を認めない本県への批判が強まっていることに触れ「静岡が突然、反対し始めた、と他県は唐突感があるはずだ」と指摘。 県はJRに開業目標から逆算した計画を提...
»続きを読む
カテゴリー:

食事は奢る? 奢られる? デートの男女の“モヤモヤ”を解決 | ananweb - マガジンハウス - 07月07日(火)19:00 

恋人になったとしても、同じ時間を共有していくうちに、彼との距離感に悩んでしまう女性は多いはず。「こんなこと考えるのは私だけ?」「彼はどう思ってるの?」…など、カップルに起こりがちな定番の問題を恋バナ収集ユニット「桃山商事」の代表・清田隆之さんと専務・森田雄飛さんに相談! 男子代表として、本音を交えながら解決に導きます。「奢る奢られる、どのくらい払うか」問題森田:きましたね、お会計問題。「あれ、今日は割り勘? こないだは奢ってくれたのに…」なんて探り合いになってモヤモヤしたり。清田:彼女側も稼いでいて、お返しとか気遣いのコストを払うくらいなら、お金は平等に払っておけば。逆に、もっと奢ってほしいと思っているなら、あらかじめルールを作っておくこと。食事量や酒量はもちろん、収入差や年の差もあるだろうから、良き割合を二人で話し合って。森田:そうだね。世間的なジェンダーの規範に引っ張られて、なんとなく彼が奢っているけれど、相手も負担に感じているかもしれないし。清田:外食にかぎらず、たとえば家で料理を作るとき。食材費も彼女が出しているなら、負担増だと思うから、食材費は徴収していいと思う。なかなか言い出しづらいなら、一緒に買い物に行って払ってもらうとか。不満は溜めない方がいいから、その都度その場で解決すべき。男女平等に払っておくのが無難。不満があるなら、ルール作りを。「デートの提案が基本こちらから...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「解決策」の画像

もっと見る

「解決策」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる