「リーダー」とは?

関連ニュース

PMIの調査で、プロジェクトマネジャーの評価による最高の生産性向上AI技術が明らかに - 09月17日(火)20:11 

フィラデルフィア--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- プロジェクトマネジメント協会(PMI)は本日、2019年パルス・オブ・ザ・プロフェッション詳細レポート「AI@ワーク:新しいプロジェクト、新しい考え方」をリリースしました。「AIイノベーター:プロジェクトパフォーマンスのコードを解読する」の姉妹編である本レポートは、人工知能(AI)によってプロジェクトをグローバルに運用・実行する方法がどのように変化しているかを探っています。 AIプロジェクトが標準になっているため、プロジェクトマネジャーは、AIベースのプロジェクトの作業を合理化して改善するために役立つ技術をより深く理解する必要があります。さもなければ時代に遅れるリスクを冒すことになります。新しいレポートは、プロジェクトマネジメントの生産性を高めるためにプロジェクトリーダーが現在活用している人気のAI技術と、AI技術をプロジェクト全体の作業に取り入れる方法を主に取り上げています。 プロジェクトリーダーがプロジェクトの生産性と品質を高めるためにAI技術を活用している一方で、AIの可能性を最大限に引き出すには、
カテゴリー:

「運用超大事」「システム統合こんまりメソッド」…強いIT部門の実践─LIXIL岩﨑氏×クックパッド中野氏(第2回:中編) | IT Leaders - 09月17日(火)17:00 

あらゆる企業の経営課題となったデジタルトランスフォーメーション。その潮流は、ITの高度活用で経営を支えてきたIT部門自身にも「転換」を要求している。IT部門、それを率いるITリーダーがこの先どうあるべきで、何を担って経営に資するのか──。自社での実践を通じてこのテーマに対峙するクックパッドのITリーダー、中野 仁氏と各社キーパーソンの対談を通じて明らかにしてみたい。対談第2回では、LIXIL IT部門 システムインフラ部 部長 岩﨑 磨氏との、忌憚なきトークを前中後編の3回にわたってお届けする。(構成と写真:河原 潤)
カテゴリー:

日米経営者が共同宣言 デジタル社会における「生産性経営」実践に向けた行動指針 日本生産性本部・米国コンファレンスボード - 09月17日(火)16:00 

公益財団法人 日本生産性本部(東京都千代田区、会長:茂木 友三郎)と米国コンファレンスボード(ニューヨーク、President & CEO:Steve Odland)は、9月17日、本年4月にニューヨークにて開催した第1回「生産性ビジネスリーダーズ・フォーラム」での対話を踏まえて意見集約を重ね、「デジタル社会における経営と生産性~求められる経営改革とその社会的視座」と題した経営者の行動指針を取りまとめました。 経済成長率の鈍化と生産...
カテゴリー:

夢考房チームが「ETロボコン2019」関西地区・北陸地区合同大会デベロッパー部門プライマリークラスで優勝 - 09月17日(火)15:10 

2019年9月17日 金沢工業大学 企業チームが多く参加する中、ソフトウェアの設計図に高い評価 夢考房チームがデベロッパー部門プライマリークラスで優勝。 組込みソフトウェアの設計技術を競うETロボコン関西・北陸合同大会で。 夢考房から2チームがパシフィコ横浜で行われるチャンピオンシップ大会へ 「組込みソフトウェア」の設計技術を競うロボットコンテスト「ETロボコン2019」関西地区・北陸地区合同大会が9月15日(日)、京都コンピュータ学院京都駅前校で開催され、金沢工業大学夢考房から出場した「ブロブフィッシュ」がデベロッパー部門プライマリークラスで優勝しました。また同夢考房が出場した「朧月」も3位となり、「ブロブフィッシュ」「朧月」ともに11月20日(水)にパシフィコ横浜で行われるチャンピオンシップ大会に出場します。 優勝したブロブフィッシュのみなさん  写真左側から、湯浅輝生さん(工学部情報工学科2年)、リーダーの畑中勇樹さん(工学部電気電子工学科2年)、小坂和弘さん(工学部電気電子工学科2年) ETロボコンについて ETロボコンは純粋にソフトウェアの良さで競うロボットコンテストです。「走行競技」とソフトウェアの設計図である「モデル審査」との総合評価で順位を決めます。走行競技はプライマリークラスの場合、同一のロボットとしてレゴの「EV3WayーET」を使用します。...more
カテゴリー:

『城とドラゴン』で「トロフィーでトロP争奪バトル」が9月17日(火)より開催!バトル勝利でトロPがさらにもらえる! - 09月17日(火)14:00 

株式会社アソビズム(本社:東京都千代田区、代表取締役:大手智之)は、App Store・Google Play にて好評配信中の『城とドラゴン』で、「トロフィーでトロP争奪バトル」を2019年9月17日(火)より開催いたします。◆『城とドラゴン』公式サイト: http://www.asobism.co.jp/social/shirodora/9月17日(火)から9月19日(木)まで、ゲーム内のトロフィー獲得を目指して戦うバトルイベント「トロフィーバトル」が開催されます。今回は、バトルに勝利するとランダムで“トロP”が贈られる「トロフィーでトロP 争奪バトル」を同時開催。たくさんのポイントを集めて、トロフィー獲得を目指しましょう。トロフィーバトル概要トロフィーバトルは、出場条件を満たしたキャラをリーダーにして戦い、“トロP”を獲得することが目的のバトルです。一定数のポイントがたまると、さまざまな報酬のほか、キャラの能力値が上昇する“D1武具”などが入手できます。【開催期間】2019年9月17日(火)6:00 ~ 9月19日(木)23:59※アバターP獲得対象バトル(1日上限1 0 0 P)●トロフィーでトロP争奪バトル開催上記期間中、「トロフィーバトル」の全モードを対象に、勝利すると1日3回まで“1000/200/150/100”の「トロP」がランダムで獲得できます。「シルバー」クラ...more
カテゴリー:

「新幹線清掃」がハーバードビジネススクールの必修講座に採用『奇跡の職場 新幹線清掃チームの働く誇り』著者矢部輝夫が、キンドル電子書籍にて配信開始。なぜ世界の注目する「おもてなし集団」になったのか - 09月17日(火)18:00 

株式会社あさ出版(東京都豊島区池袋/代表取締役:佐藤和夫 http://www.asa21.com )は、2019年8月23日に『奇跡の職場 新幹線清掃チームの働く誇り』著者矢部輝夫が、キンドル電子書籍ストアにて配信開始いたしました。■『奇跡の職場 新幹線清掃チームの働く誇り』著者矢部輝夫・キンドル電子書籍 https://amzn.to/2UIXkc9・アマゾン書籍   https://amzn.to/31loyYZ「新幹線清掃」がハーバードビジネススクールの必修講座に採用!日本テレビ「世界一受けたい授業」、TBS「朝ズバッ!」、「Yahoo!ニュース」、「毎日新聞」「東洋経済オンライン」、「日経ビジネスオンライン」、「ライフハッカーニュース」、「フライヤー」、InterFM「BUSINESS LAB.」、FM yokohama「ウィークエンド・ジャーニー」、「日本経済新聞」、「週刊ダイヤモンド」「週刊東洋経済」、テレビ、新聞、雑誌、ネットニュースで大反響!10万部を突破した『新幹線 お掃除の天使たち」で話題沸騰中の、新幹線清掃チームTESSEI(テッセイ)。その取り組みは今や世界から注目され、アメリカのCNNやハーバード、フランス、エジプト、韓国など世界各国から視察や取材が殺到しているほど。PHP研究所「THE 21」著者対談記事掲載。いわゆる「3K」の、進んでやりたい人もいな...more
カテゴリー:

オラクル、データベース・イノベーションにおけるリーダーシップを拡大 - 09月17日(火)16:15 

画期的なデータ・マネジメント・テクノロジーを継続的に提供し、企業データの保護と収益化を支援日本オラクル株式会社
カテゴリー:

アダプティブモバイル・セキュリティーが携帯電話への高度なハッキング攻撃を発見し、ネットワークの大規模な脆弱性を明らかに - 09月17日(火)15:51 

ダブリン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- サイバー通信セキュリティーの世界的リーダー企業のアダプティブモバイル・セキュリティーは本日、幅広い研究の結果、これまで知られていなかった新たな脆弱性を見つけ出したと発表しました。この脆弱性は現在悪用されており、携帯電話ユーザーのターゲット・サーベイランスに利用されています。この脆弱性と関連する攻撃は、SIMカードを乗っ取って世界中の携帯電話利用者を脅かすことから、「シムジャッカー」と名付けられました。 シムジャッカーは、悪質なSMSメッセージにより、脆弱なモバイル通信事業者から携帯電話ユーザーの位置情報を引き出します。何千台ものデバイスの位置情報が、ターゲットにされた携帯電話ユーザーが認識も同意もしていないところで徐々に収集されていきました。これまでの情報に基づけば、この類の攻撃は政府と関係する調査会社が、個人の追跡と監視を目的に、既存のシグナリング保護を回避して仕掛けてきたものと考えられます。 アダプティブモバイル・セキュリティー最高技術責任者のCathal Mc Daidは、次のように語っています。「シムジャ
カテゴリー:

自由度の高いゲームプレイが明らかにする、私たちの「中にある」いくつものバイアス『サイバーパンク2077』TGSシアターレポート - 09月17日(火)15:00 

ナイトシティに溢れる大量の情報をどのように受け止めるかで物語の印象は変化する 『サイバーパンク2077』の45分に及ぶ日本語吹き替え版プレイデモがTGS2019のシアターにて公開された。このデモは『サイバーパンク2077』は2020年のビッグタイトルである以上に、サイバーパンク――あるいはSFというものの持つ力、あるいはインタラクティブなゲームという形式の持つ力を、改めてプレイヤーに示すものであった。 SF、あるいはサイバーパンクの実践としてのゲームプレイ テクノロジーが発達してもなお、自動化されうるあらゆる行為は選択的 SFは、ありうべきテクノロジーの進化を想像し、それによって変化する価値観をあぶり出し、意識下にあって普段は自覚されえない社会的なバイアスの輪郭をはっきりとさせる力を持っている。ことにサイバーパンクというジャンルにおいては、人間の肉体の在り方や世界の捉え方が決して普遍的なものでないことが、人々の日常生活のレベルで提起されることが多い。そしてゲームは、本や映画と違ってこちらの入力を受け付けるインタラクティブなメディアであるがゆえに、そのSF的な効果を実践として体験させることができる。 ナイトシティには自動運転がない?という予測が弊誌においてなされていたが、今回のムービーの冒頭においてVは銃撃戦から逃げる際に車の運転席に指示を出して自動で車を発進させている。...more
カテゴリー:

【amsプレスリリース】ams、世界最小のデジタルIR近接センシングモジュールを発表 より小型軽量化され、常時装着が可能なイヤホンを実現へ - 09月17日(火)13:00 

体積わずか1立方mmの新たなTMD2635は、近接検出トリガーによりバッテリー充電までのイヤホン利用時間を延長高性能センサソリューションをグローバルに提供する大手サプライヤーのamsの日本法人amsジャパン株式会社(本社:東京都港区、カントリーマネージャー:岩本桂一)本日、世界最小のデジタル近接センサモジュールを発表しました。超小型なTMD2635パッケージの体積はわずか1立方mmにとどまり、True Wireless Stereo(TWS)イヤホン製品を提供するオーディオメーカーは、より小型化、軽量化された工業デザインのイヤホン開発が可能となります。このIR近接センサは、ワイヤレスイヤホンの挿入/取り外しを検出することでバッテリー駆動時間を延長し、もう一つのTMD2635と一緒に使うことで、ボタンの必要なく簡単な非接触式ジェスチャー制御を可能にします。amsのTMD2635モジュールは完全な光ーデジタルセンサモジュールであり、低出力の赤外線VCSEL(垂直共振器面発光レーザ)エミッター、ニアフィールド/ファーフィールドセンシング用の2つのセンシングピクセル、デジタル高速モードI2Cインターフェースを全て、小型ランドグリッドアレイ(LGA)パッケージに組み込んでいます。2023年*までに年間27%の年平均成長率を見込むイヤホン市場において、ワイヤレスイヤホンは、2023年までに他の...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「リーダー」の画像

もっと見る

「リーダー」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる