「グローバル」とは?

関連ニュース

SMBC日興証券、iDeCoの評判は?おすすめ商品や手数料、キャンペーン情報も - 12月03日(木)10:26 

個人で加入・運用できる私的年金制度で、税制の優遇措置を受けられるiDeCoに関心が寄せられています。多くの金融機関がiDeCoに対応していますが、SMBC日興証券もその1つです。 今回は、SMBC日興証券でのiDeCoの評判や対象の金融商品、手数料などについて紹介しますので、参考にしてください。 ※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。 目次 SMBC日興証券のiDeCoの特徴とメリット 1-1.2つのプランから選択できる 1-2.購入可能な銘柄が多い 1-3.ツールが充実している SMBC日興証券のiDeCoの注意点とデメリット 2-1.標準コースでは毎月の手数料がネット証券より高い 2-2.郵送でしか加入申し込みできない SMBC日興証券のiDeCoの評判は? SMBC日興証券のiDeCo対応商品3選 4-1.SMBC・DCインデックスファンド(S&P500) 4-2.SMBC・DCインデックスファンド(日経225) 4-3.イノベーション・インデックス・AI SMBC日興証券のiDeCoに必要な手数料 5-1.口座開設時の手数料 5-2.運用時の手数料 5-3.給付時・還付時の手数料 SMBC日興証券のiDeCoに関するキャ...more
カテゴリー:

茶類や香辛料などの貿易動向が地球規模で分かる!『世界茶類貿易データベース2020』の公開について - 12月03日(木)10:00 

【タイトル】『世界茶類貿易データベース2020』の発売についてコーヒーや紅茶などの茶類および、ペッパーやとうがらしなどの香辛料などの貿易動向がすべてわかるデータベースを発売!世界100カ国以上の貿易統計から、全39品目(種類)、約28,000件のデータを調査しデータベースにしました。国際ビジネス、経済分析に役立ちます。専門知識なしでも読みやすく編集されています。【本文】世界の貿易動向を調査している合同会社WTS研究所(所在地:京都市伏見区、代表 李達英)は、世界各国の茶類の貿易動向がすべて分かる『世界茶類貿易データベース2020』(https://www.wtsinst.com/db/)を2020年12月 1日から発売開始しました。【概要】『世界茶類貿易データベース2020』は、文字どおり茶類の貿易動向が世界規模で分かるデータベースです。世界100カ国以上の輸出統計から、全39品目(種類)、約28,000件のデータのデータを調査し、一つのデータベースにまとめました!いつ、どの国と国の間で、どのような茶類が、いかほどの金額と数量で輸出されたのか。これら情報をまとめたのが本データベースです。一国の貿易動向をまとめたデータベースはありますが、本製品のように全世界の輸出動向をまとめたデータベースは世界初です。貿易統計というのはHSコード(税番)でコード化されており、読み解くのに専門知識と今...more
カテゴリー:

植物の貿易動向が地球規模で分かる!『世界植物貿易データベース2020』のリリースについて - 12月03日(木)10:00 

【タイトル】世界植物貿易データベース2020の発売について球茎・樹木・切花など、世界各国の植物(Plants)の貿易動向がわかるデータベースを発売!世界100カ国以上の貿易統計から、全32品目(種類)、約22,000件のデータを調査しデータベースにしました。国際ビジネス、経済分析に役立ちます。専門知識なしでも読みやすく編集されています。【本文】世界の貿易動向を調査している合同会社WTS研究所(所在地:京都市伏見区、代表 李達英)は、世界各国の植物の貿易動向がすべて分かる『世界植物貿易データベース2020』(https://www.wtsinst.com/db/)を2020年12月 1日から発売開始しました。【概要】『世界植物貿易データベース2020』は、文字どおり植物の貿易動向が世界規模で分かるデータベースです。世界100カ国以上の輸出統計から、全17品目(種類)、約6,000件のデータのデータを調査し、一つのデータベースにまとめました!いつ、どの国と国の間で、どのような植物が、いかほどの金額と数量で輸出されたのか。これら情報をまとめたのが本データベースです。一国の貿易動向をまとめたデータベースはありますが、本製品のように全世界の輸出動向をまとめたデータベースは世界初です。貿易統計というのはHSコード(税番)でコード化されており、読み解くのに専門知識と今期を必要とする統計ですが、本...more
カテゴリー:

Eat Justは世界初の認証を取得しシンガポールで培養肉の販売を開始 - 12月03日(木)09:00 

Eat Just(イート・ジャスト)は、シンガポール食品庁(SFA)の認証を取得し、研究室で培養した鶏肉の販売をシンガポールで開始する。この細胞培養で作られた鶏肉は、いずれはEat JustのGood Meat(グッド・ミート)という新しいブランドの下、地元の製造業者とのパートナーシップにより生産されるようになり、一般消費者向けの前にまずはレストラン向けに出荷される。 数多くの企業がさまざまな技術を使って培養肉の開発に取り組んでいるが、Eat Justは「世界で初めて」シンガポール政府の審査を受け規制当局の認証を受けたと説明している。 Eat Justでは、培養肉の製造に使用する細胞株をニワトリを殺さずに採取している、とコミュニケーション担当グローバルヘッドのAndrew Noyes(アンドリュー・ノイエス)氏はTechCrunchに語った。まずは細胞の分離から始める。細胞は、生きた動物の生体検査でも使われる方法で採取される。培養した細胞はバイオリアクターに移され、タンパク質、アミノ酸、ミネラル、糖、塩、その他の栄養を独自に配合した養分が与えられる。そして、十分な密度に達したところで収穫となる。 同社は、1200リットルのバイオリアクターで細胞培養鶏肉の生産を20回行い、安定した生産プロセスが証明されたと話している。またEat Justは、抗生物質を使用しないが、その培養鶏肉は「通...more
カテゴリー:

デジタル庁設立で国民に「スガスマホ」配布? 岡三・高田レポート - 12月02日(水)20:52  newsplus

デジタル庁が設立され、国民一人ひとりに菅首相が待ち受け画面の「スガスマホ」が配られる――。岡三グローバル・リサーチ・センター理事長の高田創氏が2021年の「とんでも予想」リポートを発表した。パロディーを取り入れた自由な発想で相場の「想定外」に備える重要性を説いており、スガスマホなど10のシナリオを紹介した。 米製薬大手ファイザーのコロナワクチン実用化を手がかりに世界の株価が騰勢を強めているが、高田氏はあえて「コロナ特効薬で株価暴落」のシナリオを描いてみせた。金融政策の超緩和が正常化され、財政支援策がな...
»続きを読む
カテゴリー:

果物の貿易動向が地球規模で分かる!『世界果実貿易データベース2020』を公開 - 12月03日(木)10:00 

【タイトル】『世界果実貿易データベース2020』の発売についてメロン・りんご・ぶどうなど、世界各国の果実(Plants)の貿易動向がわかるデータベースを発売!世界100カ国以上の貿易統計から、全69品目(種類)、約35,000件のデータを調査しデータベースにしました。国際ビジネス、経済分析に役立ちます。専門知識なしでも読みやすく編集されています。【本文】世界の貿易動向を調査している合同会社WTS研究所(所在地:京都市伏見区、代表 李達英)は、世界各国の果実の貿易動向がすべて分かる『世界果実貿易データベース2020』(https://www.wtsinst.com/db/)を2020年12月 1日から発売開始しました。【概要】『世界果実貿易データベース2020』は、文字どおり果実の貿易動向が世界規模で分かるデータベースです。世界100カ国以上の輸出統計から、全69品目(種類)、約35,000件のデータのデータを調査し、一つのデータベースにまとめました!いつ、どの国と国の間で、どのような果実が、いかほどの金額と数量で輸出されたのか。これら情報をまとめたのが本データベースです。一国の貿易動向をまとめたデータベースはありますが、本製品のように全世界の輸出動向をまとめたデータベースは世界初です。貿易統計というのはHSコード(税番)でコード化されており、読み解くのに専門知識と今期を必要とする統...more
カテゴリー:

ペンタセキュリティ、2020年上半期Webアプリケーション脅威分析レポートを公開 - 12月03日(木)10:00 

情報セキュリティ企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳 貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、韓国本社、ヒューストン/米国法人)は12月3日、2020年上半期のWebアプリケーション脅威分析レポート(Web Application Threat Trend Report:WATT Report)をリリースしました。本レポートはアジア・太平洋マーケットシェア1位のWAF「WAPPLES」とクラウド型セキュリティ・プラットフォーム・サービス「クラウドブリック(Cloudbric)」から収集した2020年1月1日から6月30日までのWeb攻撃検知データの分析結果をもとに作成されています。2020年上半期のWATT Reportは、「WAPPLES」の検知データに全世界で利用されている「クラウドブリック」のデータを加え、より大容量かつ多様なデータをグローバル規模で観測した攻撃動向を把握できる統計情報を提供します。また、独自開発のマシンラーニング技術を用いて、Web攻撃予測に対する精度を更に向上させました。■ルール別Web攻撃動向「WAPPLES/クラウドブリック」によって検知されたWeb攻撃のトップ5は、Extension Filtering(32.71%)、Request Header Filteri...more
カテゴリー:

野菜の貿易動向が地球規模で分かる!『世界野菜貿易データベース』のリリースについて - 12月03日(木)10:00 

【タイトル】世界野菜貿易データベース2020の発売についてトマト・たまねぎ・じゃがいもなど、世界各国の野菜(Plants)の貿易動向がわかるデータベースを発売!世界100カ国以上の貿易統計から、全68品目(種類)、約33,000件のデータを調査しデータベースにしました。国際ビジネス、経済分析に役立ちます。専門知識なしでも読みやすく編集されています。【本文】世界の貿易動向を調査している合同会社WTS研究所(所在地:京都市伏見区、代表 李達英)は、世界各国の野菜の貿易動向がすべて分かる『世界野菜貿易データベース2020』(https://www.wtsinst.com/db/)を2020年12月 1日から発売開始しました。【概要】『世界野菜貿易データベース2020』は、文字どおり野菜の貿易動向が世界規模で分かるデータベースです。世界100カ国以上の輸出統計から、全68品目(種類)、約33,000件のデータのデータを調査し、一つのデータベースにまとめました!いつ、どの国と国の間で、どのような野菜が、いかほどの金額と数量で輸出されたのか。これら情報をまとめたのが本データベースです。一国の貿易動向をまとめたデータベースはありますが、本製品のように全世界の輸出動向をまとめたデータベースは世界初です。貿易統計というのはHSコード(税番)でコード化されており、読み解くのに専門知識と今期を必要とする...more
カテゴリー:

ウズベキスタン少年の“日本すごい”ポイントは駅名? - 12月03日(木)05:00 

「4時から店の準備をして学校に行き、放課後はまた店の手伝い。後は寝るまで勉強」――グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はIT企業のBFTで働くImomsaidov Oybek(イモムサイドブ・オイベク)氏にお話を伺う。「それが当たり前」と仕事を楽しくこなす同氏が日本に興味を持ったきっかけは友人のひと言だった。
カテゴリー:

携帯電話の通話・メール・位置情報を無断で盗み取るスパイツールを国家に売りつける「Circles」とは? - 12月02日(水)20:00 

スマートフォンなどにネットワーク機能を提供するために世界中に構築されている移動通信システムを悪用し、世界中で行われている通話やメールの内容を傍受したり、ネットワークに接続している端末の位置情報を追跡したりすることができるスパイツールを国家に販売する企業「Circles」の存在を、トロント大学のグローバルセキュリティ研究所であるThe Citizen Labが指摘しています。Circlesは、iOSとAndroidを狙う究極のスパイウェアといわれる「Pegasus」を開発するNSO GROUPとのつながりも指摘されています。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「グローバル」の画像

もっと見る

「グローバル」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる