「ミッション」とは?

関連ニュース

【アポロ月着陸50周年】平均わずか27歳 月着陸を成功させたNASAスタッフたち [動画ニュース] - 07月16日(火)00:53  newsplus

https://www.bbc.com/japanese/video-48977288 (リンク先に動画ニュースあり) 2019/07/15 平均わずか27歳 月着陸を成功させたNASAスタッフたち 50年前の米アポロ11号の月着陸ミッションには40万人以上が関わった。 深い知識と高度な技術が求められるプロジェクトだったが、スタッフの平均年齢はわずか27歳だった。 当時の「若造」たちがアポロ計画について語る。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題/宇宙開発】月面着陸はうそ? アポロ11号を取り巻く陰謀論[07/15] - 07月15日(月)03:17  scienceplus

月面着陸はうそ? アポロ11号を取り巻く陰謀論(記事全文は、ソースをご覧ください。) https://www.afpbb.com/articles/-/3234496 https://www.afpbb.com/articles/-/3234496?page=2 2019年7月12日 12:00 発信地:パリ/フランス [ フランス ヨーロッパ 米国 北米 ] AFPBB News 【科学(学問)ニュース+】 (写真)月面を歩くアポロ11号の乗組員エドウィン・オルドリン月着陸船パイロット。米航空宇宙局(NASA)提供(1969年7月21日撮影、提供日不明)。(c)Photo by - / NASA / AFP (写真)月面を歩くエドウィン・オルドリ...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】クイーンのブライアン・メイも出演 Eテレ『アポロ11号~人類が月に降り立った日~』7月20日放送 - 07月14日(日)17:46  mnewsplus

クイーン(Queen)のギタリストで天体物理学者でもあるブライアン・メイ(Brian May)も出演。NHK Eテレ『地球ドラマチック「アポロ11号~人類が月に降り立った日~」』が7月20日(土)放送。50年前の人類初の月面着陸には、知られざるドラマがあった。壮大なミッションの裏側を、宇宙飛行士本人やブライアン・メイが語りつくす。 ■『地球ドラマチック「アポロ11号~人類が月に降り立った日~」』 NHK Eテレ 7月20日(土) 午後7時00分 再放送:NHK Eテレ 7月29日(月) 午前0時00分 1969年7月16日。月面着陸を成功させるため、3人の宇...
»続きを読む
カテゴリー:

「アポロ11号の月面着陸は捏造だ!」という陰謀論が消えない理由 - 07月14日(日)13:21  livejupiter

【7月12日 AFP】アポロ11号(Apollo 11)による月面着陸がうそだと考えている人は、世界中に数多く存在している。 彼らは、1969年7月に米航空宇宙局(NASA)が配信した画像が、実際には米ハリウッドのスタジオで撮影されたものだと信じているのだ。 また、月面着陸はなかったとしてアポロ11号のミッションそのものを疑い、それが「ねつ造」であったと実証を試みるウェブサイトも星の数ほどある。  こうした懐疑派の中には、NASAにはそのような途方もない計画を成功させる技術的ノウハウはなかったと言う人や、 宇宙飛行士だったら...
»続きを読む
カテゴリー:

軌道上で巨大3Dプリント宇宙船部品を製作するArchinautがNASAから79億円強の資金調達 - 07月14日(日)09:00 

かさばる部品を宇宙に打ち上げるのではなく、その場で3Dプリントしてしまうことを目指すプロジェクトが、その技術を実証するために、NASAから7370万ドル(79億円強)の契約を獲得した。これまで数年に渡って開発が続けられてきたMade In Space(メイドインスペース)社のArchinaut(建築宇宙飛行士的な意味の造語)は、早ければ2022年には打ち上げが予定されている。 私たちの現在の問題は次のようなものだ。もし60フィート(18m強)の太陽電池アレイを装備した宇宙船が欲しいとするならば、そのアレイを装着するための60フィート長の構造物を用意しなければならない。そのような構造物はリボンのようにくるくる巻き付けておくわけにはいかない。しかし、60フィートの支柱、あるいは2本の30フィートの支柱、なんなら10本に分割した支柱群でも良いが、打ち上げる宇宙船に僅かな格納スペースしかないときに、それらをどのようにしまっておけば良いのだろう?たとえ1方向だけでも大きなものを宇宙に持っていこうとするとすると、問題は急速に複雑なものとなる。 Archinautの解決策はシンプルだ。ただその長い部品のための材料を宇宙に持っていって、その場で3Dプリントしてしまえば良いのではないだろうか?材料をコンパクトに保つ手段として、レンガ状に固めておくやり方以上に効率的なものはない。 当然のことながらこれ...more
カテゴリー:

FTCの取り締まり強化でデータ倫理は戦略的事業の武器に - 07月15日(月)09:00 

50億ドル。データプライバシーに反したとしてFacebookに科される最新の罰金だ。 Facebookのような巨大企業にとってこの額は取るに足りないものと多くの人が考える一方で、それでも米連邦取引委員会(FTC)がこれまでテック企業に科してきた罰金としては最大のものだ。 Facebookは明らかにCambridge Analyticaの件をいまだに引きずっていて、この件以来、同社に対する信用度は51%下がり、「delete Facebook」(Facebookを削除)という文言の検索頻度はこの5年で最も高くなり、Facebookの株価は20%下落した。 Facebookのような従来の企業がデータの扱いに苦慮している一方で、サード・ウェーブ産業であるかなり統制がとられているスタートアップはFacebookが思いもしなかったデータ戦略を活用し、それを強みとすることができる。その戦略とは倫理だ。規則を守る以上に、倫理を持つスタートアップは顧客が最も気にしていることに目を向け、長期にわたる信頼を構築し、何十億ドルという罰金を回避する。 事業戦略とテックシステムの中に倫理を組み込むために、スタートアップはアジャイルなデータガバナンスシステムを受け入れるべきだ(編集部注:アジャイルはもともと俊敏さや素早さを意味する言葉で、仕様の変化に柔軟に対応するソフトウェア開発手法のこと)。しばしば法律とテ...more
カテゴリー:

社会的インパクト投資のネクストシフトファンド、融資総額5000万円を突破 - 07月14日(日)18:51 

社会的インパクト投資に特化した「ネクストシフトファンド」を運営するネクストシフト株式会社は7月10日、融資総額が5000万円を突破したと発表した。 社会的インパクト投資は、ソーシャルレンディングの中でも途上国の貧困・医療・教育といった社会問題解決を対象とする。ネクストシフトファンドは目標利回り4.5%~7.2%と高利回りで、運用期間1年、最低投資額2万円と、初心者でも始めやすい設定。融資はマイクロファイナンス機関を介し、途上国の中小企業や金融機関に口座を持てない農家の生活改善、雇用創出などにあてられる。 これまでカンボジアとジョージアを中心として、健全な財務基盤と強い社会的ミッションを持つ複数のマイクロファイナンス機関への融資を実施。2018年3月に第1号のファンド募集を開始、今月10日時点で融資総額5126万円、ネクストシフトファンド本登録数は525名。4月以降に募集を開始したファンドは全て満額で成立している。 また、18年には国内クラウドファンディング事業者で初めて(※同社調べ)PRI(責任投資原則)に署名。PRIは機関投資家のESG(環境・社会・ガバナンス)投資行動を推進するために金融業界に対して提唱した6つの原則で、大手金融機関や年金運用機関などが署名。経営理念を明確に打ち出すことで信頼性の向上に努めている。クラウドファンディング事業者の事業拠点が東京・大阪に集中する中で、...more
カテゴリー:

宇宙船を宇宙で造っちゃおう。3Dプリンターを使ったすごいプロジェクトがNASAから79億円強の資金調達 - 07月14日(日)15:32 

かさばる部品を宇宙に打ち上げるのではなく、その場で3Dプリントしてしまうことを目指すプロジェクトが、その技術を実証するために、NASAから7370万ドル(79億円強)の契約を獲得した。これまで数年に渡って開発が続けられてきたMade In Space(メイドインスペース)社のArchinaut(建築宇宙飛行士的な意味の造語)は、早ければ2022年には打ち上げが予定されている。私たちの現在の問題は次のようなものだ。もし60フィート(18m強)の太陽電池アレイを装備した宇宙船が欲しいとするならば、そのアレイを装着するための60フィート長の構造物を用意しなければならない。そのような構造物はリボンのようにくるくる巻き付けておくわけにはいかない。しかし、60フィートの支柱、あるいは2本の30フィートの支柱、なんなら10本に分割した支柱群でも良いが、打ち上げる宇宙船に僅かな格納スペースしかないときに、それらをどのようにしまっておけば良いのだろう?たとえ1方向だけでも大きなものを宇宙に持っていこうとするとすると、問題は急速に複雑なものとなる。Archinautの解決策はシンプルだ。ただその長い部品のための材料を宇宙に持っていって、その場で3Dプリントしてしまえば良いのではないだろうか?材料をコンパクトに保つ手段として、レンガ状に固めておくやり方以上に効率的なものはない。当然のことながらこれは、単...more
カテゴリー:

大きな岐路。タンカー防衛有志連合参加か否かで決まる日本の未来 - 07月14日(日)12:00 

7月9日、米国は6月に発生した「日本などのタンカー砲撃事件」再発防止の為に有志連合を結成し、ホルムズ海峡付近の安全確保を目指すと発表しました。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、有志連合に参加する場合は各々に自国商船を守る義務が発生する点に触れた上で、日本が参加すべきか否かについて持論を展開しています。 なぜ日本は「タンカー防衛有志連合」に参加すべきなのか? どうやら日本、大きな岐路に立たされているようです。何の話でしょうか? 米、イラン沖で有志連合結成へ タンカー攻撃受け 7/10(水)11:49配信   【ワシントン共同】米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は9日、イラン沖のホルムズ海峡近くなどで民間船舶の安全を確保するため、同盟国の軍と有志連合を結成する考えを示した。数週間以内に参加国を募る。 ホルムズ海峡近くなどで民間船舶の安全を確保するため、有志連合をつくるそうです。なぜ、こんなことを決めたのでしょうか? 日本などのタンカーが攻撃を受けたことに伴う措置。ロイター通信が伝えた。 (同上) 「日本などのタンカーが攻撃を受けた」からだと。6月13日に、二隻のタンカーが攻撃されました。 米国が艦船を派遣して監視活動を指揮。参加国は米艦船の警備や、自国の商船の護衛に当たる。 (同上) ここまで聞いて、「おお...more
カテゴリー:

【社会】気づいていないのは自分だけ!? 「女と男のニオイ問題】最前線」★2 - 07月14日(日)07:22  newsplus

7/12(金) 20:11配信 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190712-00010001-voce-life これからの季節、特に気になるニオイ問題。美容ジャーナリスト・吉田昌美さんが新事実を語り下ろし! 女と男のニオイ問題、新事実。気づいてないのは自分だけ!? ◆教えてくれるのは……美容ジャーナリスト 吉田昌佐美さん マンダムがトピックスを引っ提げてデオドラント界の最前線にやってきた。何たって15年にわたり体臭研究に取り組むニオイ対策のパイオニア。 一つ目のトピックスは、日本人男性のワキのニオイには7つのタイプ(ミ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ミッション」の画像

もっと見る

「ミッション」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる