「オープンソース」とは?

関連ニュース

Excel関数ベースのローコード言語「Power Fx」がオープンソースに - 11月30日(火)16:00 

マイクロソフトは、Excel関数をベースにしたローコード開発向けのプログラミング言語「Power Fx」の実装をオープンソースで公開しました。
カテゴリー:

ソースコードを公開したソフトウェアで収益を得ている会社 - 11月29日(月)21:46 

ソースコードを公開したソフトウェアで収益を得ている会社ソースコードを公開したソフトウェアで収益を得ている会社をまとめる。いわゆる「オープンソースソフトウェア(OSS)」という有名な言葉を使わなかったのは、OSS の定義に当てはまらない、またはその可能性があるものが含まれているため。 この記事では "OSS" の定義に当てはまらないものも含め、主要な事業を構成するソ...
カテゴリー:

AWSで実践! 基盤構築・デプロイ自動化 第26回 VPC/Subnet/RouteTable/InternetGateway構築自動化テンプレート - 11月29日(月)13:00 

前回は、AWSが提供するオープンソースツール「taskcat」を使って、作成したテンプレートをテストする環境を構築し、結果を出力する方法を解説しました。今回からは、実際にテンプレートを実装していきます。
カテゴリー:

ConsenSysがWeb3レポートを公開、Web1・Web2との違いも説明 - 11月29日(月)10:25 

イーサリアムの開発企業ConsenSysが、2021年夏のWeb3レポートを公開した。DeFiやNFTをはじめ、Web3と呼ばれる領域の数値の変化やトレンドなどが解説されている。 ConsenSysはまず、Web1およびWeb2とWeb3の違いを次のように説明した。 Web1:TCP/IP、HTTPなどの70~80年代のオープンソースインターネットプロトコルを指す。誰もが許可なくそれらを使ってサービスを開発できる Web2:OSSの収益化が課題として浮上。Web2のビジネスモデルはオープンなプロトコルの上にクローズドなサービスを構築することに限られる。利用者は、自らのデータを提供する代わりにサービスを無料で利用できる Web3:オープンなプロトコルが暗号経済学によって分散的に構築。オープンソース、プライバシー、パーミッションレスを重視したサービスが軸となる 現状、多くのWeb3サービスを利用するにはConsenSysの提供するウォレットであるメタマスクが入り口となっている。ConsenSysは、メタマスクのユーザー数がDeFiとNFTの盛り上がりに比例する形で増加したことを強調した。 DeFiの中でも多くの資金が供給されているのがレンディング市場だ。DeFiレンディング全体では、今年の9月に過去最高額を更新し、約247億ドルが供給されていたという。このうち、Aave、Compo...more
カテゴリー:

Apache log4netに含まれるXML外部実体参照(XXE)の脆弱性に注意、JPCERT/CC - 11月27日(土)15:21 

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は11月25日、オープンソースのロギングライブラリ「Apache log4net」に報告されたXML外部実体参照(XXE)の脆弱性に関して、自組織のソフトウェア資産が影響を受けないか改めて確認するように注意喚起を行った。
カテゴリー:

高機能オープンソース顧客管理システム『F-RevoCRM』機能改善・修正パッチをリリース~F-RevoCRM version7.3.5を公開~ - 11月30日(火)12:00 

シンキングリードは、同社製品であるF-RevoCRM7.3の機能改善・不具合修正を実施し、F-RevoCRM version7.3.5として11月30日に正式リリース致しました。 今回はプロジェクト機能の改善など、これまで寄せられた不具合や要望を受けより便利に改善されております。 ソースはF-RevoCRMのホームページよりダウンロード可能となっております。
カテゴリー:

どんな企業でもAIが使えるようになるツールを提供するH2O.ai、約1810億ドルのプレマネー評価で約123億ドルを調達 - 11月29日(月)13:00 

H2O.aiは、オープンソースのフレームワークと独自のアプリケーションを開発し、あらゆる企業が人工知能ベースのサービスを簡単に構築、運用できるようにするスタートアップである。AIアプリケーションがより一般的になり、テック企業以外の企業もAIを取り入れたいと考えるようになっていることもあり、同社への関心が一気に高まっている。そんなH2O.aiが今回、同社の成長を促進するために1億ドル(約122億8000万円)を調達。今回の資金調達により同社の価値は、ポストマネーで17億ドル(約1918億4000万円)、プレマネーで16億ドル(約1805億5000万円)となった。 今回のラウンドはシリーズEで、戦略的支援者であるCommonwealth Bank of Australia(CBA、オーストラリア・コモンウェルス銀行)がリードしている。CBAは同スタートアップの顧客でもあるのだが、今回の支援を利用して両者のパートナーシップを深め、新しいサービスを構築していく予定だ。今回の資金調達には、Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)、Pivot Investment Partners(ピボット・インベストメント・パートナーズ)、Crane Venture Partners(クレーン・ベンチャー・パートナーズ)、Celesta Capital(セレスタ・キャピタル)などが参加。今回の資...more
カテゴリー:

簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 第20回 検索ログを可視化する - 11月29日(月)13:00 

Fessでは、どのような検索がされているかを確認するため、検索ログを標準で保存しています。標準構成でもFessの管理画面から検索ログ画面を表示して、検索ログや集計情報を確認できますが、今回はオープンソースのデータ視覚化ダッシュボード「Kibana」を利用した可視化方法を紹介します。
カテゴリー:

無料のメールフォーム「EasyMail(イージーメール)」では、Web制作会社3社限定で無料でEasyMail設置レクチャーを行います - 11月29日(月)09:00 

ホームページ制作やWebマーケティング、グラフィックデザイン、翻訳サービスを提供している株式会社ファーストネットジャパン(本社:大阪府大阪市、代表取締役:齊藤 真也)は、無料で利用できるメールフォーム作成ツール「EasyMail(イージーメール)」において、Web制作会社3社限定でEasyMailの設置レクチャーを無料で行うキャンペーンを2021年11月26日(金)より始めました。EasyMail:https://www.mubag.com/<キャンペーン概要>EasyMailは無料のオープンソースソフトウェアですが、質問に関しても掲示板等でのフォーラム形式となっており導入するための情報としては完全なものではありません。また設置のサポートなどは有料のサービスとなっております。有料サポートページ:https://www.mubag.com/support/フォーラム:https://www.mubag.com/forums/EasyMailをより多くの方々に認知していただくためにまずはWEB制作会社につかっていただきたいと思っています。そこで今月は法人のWEB制作会社3社限定でEasyMailの設置方法や設定方法などのレクチャーを無料でおこなうことができるキャンペーンを開始しました。<キャンペーン条件>・メールもしくはチャットワークでの対応のみとなります。・法人のWEB制作会社で、W...more
カテゴリー:

オープンソースとしての形態素解析器Sudachi / WAP NLP Tech Talk #4 - 11月26日(金)23:28 

オープンソースとしての形態素解析器Sudachi / WAP NLP Tech Talk #4Transcript 8"1�/-1�5FDI�5BML���� ����������� !TPSBNJ Φʔϓϯιʔεͱͯ͠ͷ� ܗଶૉղੳث�4VEBDIJ ����೥�݄�ಙౡʹͯࡱӨ 4VEBDIJ͸� Φʔϓϯιʔε ͔ͤͬ͘ͳΒ� ؔΘͬͯΈΑ͏� ਓੜ� มΘΔ͔΋ʁ օ͞Μɺ͜Μ͹Μ͸ʂ � !TPSBNJ� 4PSBNJ�)JTBNPUP ࠓ��גࣜձࣾ-FHBMTDBQF���������� � ๏཯৘ใΛ੔ཧ͢ΔελʔτΞοϓ ੲ��ϫʔΫεಙౡ/-1������������������ � 4VEBDIJͷ։ൃݩ ಙౡΛ཭Εͨࠓ΋ɺ� 4VEBDIJʹʮඇެࣜ%FW3FMʢʁʣʯͱͯؔ͠ΘΔ ��࣌ؒલʹొஃ͕ܾ·Γ·ͨ͠ʜʂ...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる