「ローン」とは?

関連ニュース

英国スタートアップが独自のドローン交通コントロールでGoogleに挑む - 07月20日(土)08:45 

空飛ぶタクシーで道路の渋滞が緩和できるのはもちろん、荷物の配達や捜索救助の活動、緊急の医療物資の配送など、ドローンが非常に有用なことを低コストでやってのける将来は、追求する価値がありそうだ。しかしこれらが現実のものとなる前に、空にある何千ものドローンの安全運航を確かなものにする必要がある。他のドローンや、人が操縦する航空機の航空経路、そして侵入禁止エリアに侵入したドローンは自動的に検出されるようにする必要があり、安全に飛行を続けるためにコースを変えなければならない。さもなくば、たとえばドローンがたくさん飛んでいる主要空港周辺の空はカオスになり、頻繁に事故が起こることになる。 そうしたシステムづくりでレースが展開されている。GoogleのX Labから誕生したAlphabet傘下のWingは、ドローンのための航空交通コントロールシステムの基準になればとの願いを込めてOpenSkyというプラットフォームを発表した。これまでのところOpenSkyはオーストラリアのドローン飛行管理が承認されているだけだが、米連邦航空局とのデモンストレーションプログラムも進行している。 しかし今週、Seraphim Capitalが490万ドル(約5億2780万円)出資している英国拠点のスタートアップAltitude Angel(アルティテュード・エンジェル)が自前のUTM(Unmanned Traffic...more
カテゴリー:

Googleがアポロ11号宇宙飛行士と月面着陸50周年を祝う - 07月20日(土)08:30 

月面着陸から50周年を迎えた今、Google(グーグル)がこのマイルストーンを祝うことに驚きはない。このイベントを記念して、GoogleはNASAとNeil Armstrong(ニール・アームストロング)船長やBuzz Aldrin(バズ・オルドリン)操縦士が月へと降り立つ間にアポロ宇宙船のコマンドモジュールを担当したMichael Collins(マイケル・コリンズ)操縦士と協力した。 Googleのチームはいたずら書きやアニメーションのほかに、コリンズ操縦士が彼の視点から一連の出来事を語る動画を制作した。熱いコーヒーを飲みながら月の周りを回ったと語れる人物は、そう多くはない。 これは興味深い動画で、おそらくその理由は多くの人が知らないコリンズ操縦士にフィーチャーしているからだろう。 今月にGoogleはアポロ11号をテーマとした体験をいくつかローンチしており、その中にはAndroidやiOSで「アポロ11号」と検索した後、コマンドモジュールをAR(拡張現実)で再現したものもある。 [原文へ] (翻訳:塚本直樹 Twitter)
カテゴリー:

小型ドローンを活用した温室向け害虫駆除ソリューションがオランダで開発中 - 07月20日(土)06:30 

蘭デルフト工科大学(TU Delft)から2018年に独立した「PATS Indoor Drone Solutions」は、小型ドローン(無人航空機・UAV)を活用した温室向け害虫防除ソリューションの開発に取り組むスタートアップ企業だ。 ・温室内で舞う蛾を小型ドローンが駆除 このソリューションは、農作物の害虫を駆除するツバメやコウモリから着想を得、小型ドローンが温室内を自律飛行しながら、病害虫の蛾を防除する仕組み。 カメラが装着された基地局によって自動制御されており、カメラが温室内をモニタリングして、蛾を検知すると、蛾の素早い飛行パターンと似た動きを学習した小型ドローンが蛾を追跡し、これを確実に駆除する。 「PATS Indoor Drone Solutions」では、2018年夏、オランダ南部デ・リールのガーベラ農家で小規模な実証実験を行ったのに続き、2019年6月から10週間にわたって、オランダ南部の研究機関「世界園芸センター」内のガーベラを栽培する温室で、大規模な実証実験を行っている。 2020年には、ガーベラやヒナギク、菊を温室栽培する花卉農家を対象として、このソリューションを正式にリリースしたい計画だ。 ・駆除剤の使用量を削減し、効果的な害虫防除を実現するソリューション 現時点では、成虫となった飛翔性昆虫を効果的に駆除する手段に乏しく、温室全体に駆除剤を散布して、防除する...more
カテゴリー:

キンキンに冷えたビールに合うツマミを教えてくれ。 - 07月19日(金)22:50  news

無人島にキンキンに冷えたビールは届くのか? 「ドローン配送」スタート初日に密着 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00010009-fnnprimev-bus_all ...
»続きを読む
カテゴリー:

宝くじ、ローンやリボ払いを金持ちはどう考える? - 07月19日(金)21:40 

「数学」と言うと拒否反応を示す人もいるかもしれませんが、大人にとっての数学は、方程式を解いたりするようなものではありません。むしろ、世の中にあふれる数字のからくりを見破り、不利な選択を避け、より有利な…
カテゴリー:

かぼちゃの馬車、デート商法以外にもまだあった、[スルガ銀行]詐欺関与の全貌 - 07月20日(土)08:31 

 スルガ銀行HPに「当社に関する一部報道について」という発表が掲載されたのは5月17日のこと。同行の行員(すでに懲戒解雇処分済み)が「デート商法」に加担し、個人向け無担保ローンの不正融資を行ったことを認め、その調査結果を […]
カテゴリー:

スマホ撮影でも被写体を自動追跡! DJIが片手型新ジンバル「Ronin-SC」発売 - 07月20日(土)06:45 

ドローンメーカーとして知られるDJIはジンバルも展開しているが、このほど片手で持てる新ジンバル「Ronin-SC」を発売した。 すでに展開している「Ronin-S」よりもかなりコンパクトになっている。にもかかわらず、スマホ撮影で被写体を自動追跡できるなど新たな機能が加わっているのが特徴だ。 ・ミラーレス向き Ronin-SCの「C」はコンパクトを指す。実際、SC は重さ約1キロとSより41%軽くなっている。この差は大きく、撮影時間が長い人にはありがたい。 ただ、軽量になったぶん、使用できるカメラ機材は重さ2キロまで、バッテリー駆動能時間は11時間となり、Cの重さ3.6キロまで、12時間駆動に比べると控えめになった。 SCは一眼レフよりも小型のミラーレスカメラやスマホでの活用に向いていると言えそうだ。 ・激しい動きも追跡 Ronin-SCの魅力はコンパクトさだけではない。新しく加わった「Force Mobile」では、スマホとジンバルの動きを連動させることができ、これにより滑らかな撮影が可能になる。 また、スマホをRonin-SCに固定しての撮影では、スマホ経由で被写体を自動追跡できるようになった。これはすでにDJIのドローンには搭載されている機能だが、動きの激しいスポーツの撮影で選手を追いかけるときなどに便利だ。 またRoninのアプリもバージョンアップし、ジンバルの角度や回転など...more
カテゴリー:

チェルシーの18歳DFがローン移籍へ…ライプツィヒのメディカル通過 - 07月20日(土)05:40 

 チェルシーに所属するウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥが、ライプツィヒへのローン移籍に近づいているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が19日に報じている。  アンパドゥは既にライプツィヒ
カテゴリー:

スマート農業学習へドローン寄贈 興陽高にJA共済連岡山 - 07月19日(金)22:29 

 先端技術を活用して農作業の効率化を図る「スマート農業」について学んでいる興陽高(岡山市南区藤田)を支援しようと、JA共済連岡山(同市北区磨屋町)は19日、ドローンやタブレット端末などを同高に寄贈した...
カテゴリー:

モメンってなんで海イカないの?潮風の香り、波音、砂浜の足跡、水着、海の家、焼きそば、ラーメン、水中ドローン、盗撮、サメ、最高だぞ - 07月19日(金)20:37  poverty

海を身近に!水中ドローンを活用した海洋VRコンテンツを世界中へ発信!「Virtual Ocean Project」始動! https://www.asahi.com/and_M/pressrelease/pre_4008808/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ローン」の画像

もっと見る

「ローン」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる