「契約締結」とは?

関連ニュース

ライムズ株式会社 国内バスケ選手の海外挑戦及び留学支援を加速するべく、サッカー留学最大手 株式会社ユーロプラスインターナショナルとの業務提携契約締結のお知らせ - 12月11日(水)09:30 

ライムズ株式会社(本社:東京都渋谷区|代表取締役社長:平 将貴 以下 ライムズ)は、RHYMES SPORTS CONSULTINGとして、日本人バスケットボール選手の海外挑戦及びバスケ留学支援を加速するべく、サッカー留学事業における最大手企業である、株式会社ユーロプラスインターナショナル(本社:東京都渋谷区|取締役 兼 CEO:辻 研一 以下 ユーロプラス)と業務提携契約を締結いたしました。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/relea...
カテゴリー:

ソレイジア・ファーマ: 開発品SP-04(効能・効果:がん化学療法に伴う末梢神経障害) 日本における独占的販売ライセンス契約締結および資本提携のお知らせ - 12月10日(火)17:11 

東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- マルホ株式会社(以下「マルホ」)とソレイジア・ファーマ株式会社(以下「ソレイジア」)は、ソレイジアが開発している開発品SP-04 (期待される効能・効果:がん化学療法に伴う末梢神経障害、有効成分名:calmangafodipir、現在第Ⅲ相臨床試験実施中)について、日本国内の独占的販売権をソレイジアがマルホに導出するライセンス契約(以下「本ライセンス契約」)を本日締結いたしましたので、お知らせいたします。 本ライセンス契約締結により、ソレイジアがSP-04の開発を完了した後に、マルホが日本国内において独占的にSP-04の販売を行うこととなります。本ライセンス契約に基づき、ソレイジアはマルホに対し独占的に製品を供給し、マルホはソレイジアに対し契約一時金のほか、今後の開発及び販売の進捗に応じたマイルストンを支払います。 また、今後の両社の緊密な関係維持を図る観点から、上記ライセンス契約締結に留まらずマルホがソレイジア株式の引受を行う資本提携も実行いたします。資本提携の詳細は、別途本日付でソレイジアが公表した「開発品SP-
カテゴリー:

プラザ賃貸管理保証株式会社がドキュサインを導入し 家賃保証サービスの契約を電子化 - 12月10日(火)13:00 

プラザ賃貸管理保証株式会社がドキュサインを導入し家賃保証サービスの契約を電子化  ドキュサイン・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、以下:ドキュサイン、< www.docusign.jp >)は、本日、家賃保証会社のプラザ賃貸管理保証株式会社(本社:東京都中野区、以下プラザ賃貸管理保証、< www.plazaguarantee.co.jp >) が、ドキュサインの合意・契約プラットフォーム「DocuSign Agreement Cloud」が提供する電子署名サービス「DocuSign eSignature」を導入し、家賃保証サービスに関する契約を電子化したことを発表しました。 プラザ賃貸管理保証は、家賃保証サービスに関する契約を電子化することで、契約締結までのスピードアップ、ならびに従来まで手書きで行なっていたことで発生していた入力ミスなどを減らし、業務効率の向上を目指します。また入居者ならびに不動産物件オーナーの方々は、紙への押印と郵送という煩雑なプロセスを使わずに、スマホ、タブレット、PCなどでデジタル管理できる為、時間と手間を減らすことができます。 家賃保証サービスの提供にあたり、家賃保証会社と不動産物件のオーナー、入居者の3者は家賃保証契約を結びます。これにより、入居者の怪我、事故、失職などの不慮の事態で家賃支払いが遅延した場合などに、家賃保証会社は家賃を立て替えてオーナー...more
カテゴリー:

加賀電子、株式会社エクセルの株式取得を目的とした株式会社シティインデックスイレブンスとの株式譲渡契約の締結 および特別利益(負ののれん発生益)の計上の見込みに関するお知らせ - 12月10日(火)09:00 

当社は、本日開催の取締役会において、株式会社シティインデックスイレブンス(以下、「CI11」)との間で、株式会社エクセル(以下、「エクセル」)の発行済株式についての株式譲渡契約を締結することを決議し、本日付で同契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。当該契約に基づくエクセルの株式取得(以下、「本株式取得」)は、2020年4月1日に実施され、同日より当社の完全子会社になる予定です。なお、当社、エクセルおよびCI11の親会社である株式会社オフィスサポート(以下「オフィスサポート」)とCI11との間において本日付けで締結した統合契約書に基づき、(1)CI11が金銭対価の株式交換(以下、「本株式交換」)によりエクセルを完全子会社化した後、(2)エクセルの保有する一部資産を配当財産としてCI11に対して現物配当(以下、「本現物配当」)を行ったうえで、本株式取得が実行されます。本株式交換および本現物配当にかかる詳細は、エクセルが本日付で公表しております「株式会社シティインデックスイレブンスとの株式交換契約締結及び加賀電子株式会社との経営統合に関するお知らせ」をご参照ください。また、当社は、2021年3月期において、本株式取得に伴い特別利益(負ののれん発生益)を計上する見込みになりましたので、お知らせいたします。記1.本経営統合および株式の取得の理由当社は、創業以来「すべてはお客様のために...more
カテゴリー:

現地より直送 毛カニ・本タラバガニ・ズワイガニで極上な食卓を 限定2020尾 最高級の北海道産毛ガニ 12月9日より大特価キャンペーン - 12月09日(月)13:00 

株式会社ワンダービルド(北海道札幌市 代表取締役 渡辺大河)がフランチャイズ事業として全国展開している「北海道物うまいもの館」では、北海道札幌市の最大手水産メーカーから、最高級の毛ガニ限定2020尾、本タラバガニ 、ズワイガニを直接買い付けました。日ごろのご愛顧の感謝を込めて、年末大特価にて北海道産最高級毛ガニと本タラバガニ、ズワイガニをキャンペーン特価で12月9日より販売します。■ 最高級Sランクのカニをリーズナブルに提供!「北海道うまいもの館」全店(成田、木更津、蘇我、横浜、四日市、岐阜、福山の6店舗)で配布するご注文シートにより予約を受け付け、現地北海道からご自宅に直接極上のカニをお届けします。うまいもの館が厳選した選りすぐりの「旬のおいしい"かに"」は、北海道札幌市の大手水産メーカーと直接契約したことで、リーズナブルに提供することが可能になりました。ぎっしりと身肉とカニ味噌がつまった濃厚な旨味があるカニを是非ご賞味ください。また全国に先駆けて「北海道うまいもの館」FC初出店した千葉県では、成田店において12月24日から27日までの4日間、期間限定で北海道産最高級毛ガニ、本タラバガニ、ズワイガニの現物を店頭にてキャンペーン特価で販売します。■ 「北海道うまいもの館」のカニが極上で美味いわけ「北海道物うまいもの館」が提供するカニが、特別美味しいのには4つの理由があります。【美味...more
カテゴリー:

株式会社Ristが京都大学のAI研究サークル「KaiRA」とスポンサー契約を締結。|株式会社Ristのプレスリリース - 12月10日(火)19:25 

株式会社Ristが京都大学のAI研究サークル「KaiRA」とスポンサー契約を締結。|株式会社Ristのプレスリリース株式会社Rist(東京都目黒区 代表取締役社長 藤田亮、以下Rist)は、2019年12月2日(月)京都大学のAI研究サークル「KaiRA」とスポンサー契約を結びました。Ristはこれまでも行ってきたAI人材育成をさらに強化していきます。 スポンサー契約締結時。左からKaiRA顧問の鹿島教授、KaiRAメンバーの新里顕大さん、Rist代表...
カテゴリー:

電子契約「クラウドサイン」がセールスオートメーション領域でサービス開始 - 12月10日(火)15:30 

弁護士ドットコムの電子契約サービス「クラウドサイン」が、今度はセールスオートメーションの領域に乗り出した。12月10日、同社が提供開始したのは「クラウドサイン Sales Automation(以下クラウドサインSA)」。契約の電子化だけでなく、前後の営業プロセスについても電子化・自動化を取り入れ、企業の営業活動を支援しようというサービスだ。 クラウドサインは、2015年10月のリリースから約4年が経ち、11月時点で利用社数は6万社に達した。弁護士ドットコム取締役/クラウドサイン事業部長の橘大地氏は「電子契約の本格的な普及が始まった」と見ている。一方で、契約締結以外の部分について営業活動の業務フローを見ると、問い合わせ受付から始まって、見込み客の管理や取引先審査、申込書などの帳票作成といったプロセスがそれぞれ、手作業も交えてバラバラに行われている。橘氏は「一連のプロセスに全て対応できるようにしたいと思っていた」とクラウドサインSA開発の動機について説明する。 「電子契約はさまざまなシーンで使われるようになり、インサイドセールスの浸透に見られるように、営業業務の効率化には注目が集まっている。しかし、Salesforceの調査(Salesforce Research 第3回年次レポート『セールス最新事情』)によれば、営業担当者が営業活動に費やす時間は全体の34%。事務作業や書類の作成、...more
カテゴリー:

テラ---反発、鶴見大学と樹状細胞ワクチン療法開発の基盤研究で共同研究契約締結 - 最新株式ニュース - 12月10日(火)09:52 

<2191>  テラ  187  +2反発。鶴見大学と末梢血循環腫瘍細胞を用いた樹状細胞ワクチン療法の開発のための基盤研究に係る共同研究契約を締結したと発表している。テラは研究費の負担等を行う。がん患者の血液中を流れる末梢血循環腫瘍細胞を検出する技術の開発が進んでおり、最適な治療計画の立案や治療効果の判定等に利用することが期待されているという。また、第三者委員会報酬額の確定に伴い、0.19億円の特
カテゴリー:

「帝人フロンティア」が、アニマルフリーのダウン「SAVE THE DUCK」を独占販売へ - 12月10日(火)06:00 

「帝人フロンティア」が、イタリアのアパレルメーカー「SAVE THE DUCK S.P.A.(以下「セイブ ザ ダック社」)」との間で、アウターウェアブランド「SAVE THE DUCK」の日本における独占販売契約を締結。2020年秋冬シーズンより国内での販売を開始する。「セイブ ザ ダック社」は動物愛護と環境保護を理念とし、サステイナブルな製品作りや廃棄漁網の回収に協力するなど、環境に配慮するアパレルメーカーとして高い評価を得ている。動物由来の素材を使用しない「SAVE THE DUCK」の展開も、その理念に沿うもので、一部製品の表生地には、帝人フロンティアグループのリサイクル繊維が使用されているようだ。一方、帝人フロンティアも、事業・製品を通じたサステイナブルな活動を継続しており、環境に配慮した素材や製品の製造販売を積極的に推進中。一層の企業価値の向上のため、環境配慮型製品のさらなる展開を模索していたなかで、両社の理念や方針が合致したことから、このたびの独占販売契約締結に至ったという経緯がある。ビジネス的な観点はもちろん、昨今問われている企業の社会的責任の観点からも、意義深いものになるのではないだろうか。Top image: © 帝人フロンティア(株)
カテゴリー:

【音楽】BAND-MAID新作アルバムが世界各国のiTunesチャートを席巻 - 12月06日(金)17:50  mnewsplus

女性5人組、BAND-MAIDが12月4日に世界配信した3rdアルバム「CONQUEROR」が各国のiTunesチャートで上位ランクインを果たしたことが6日、分かった。  日本のiTunes・ロックチャートで現在3位にランクインしているが、世界のランキングに目を向けると5日のiTunesカナダのロックチャートでの1位を始め、アメリカ・ワールドミュージックチャート1位(総合40位)、イギリス・ロックチャート7位、フランス・ロックチャート4位、オーストラリア・ロックチャート3位、香港・ロックチャー...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「契約締結」の画像

もっと見る

「契約締結」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる