「開発環境」とは?

関連ニュース

AWS、機械学習のための統合開発環境「Amazon SageMaker Studio」提供開始 コード、ノートブック、データセットを1つのツールで - 12月05日(木)12:13 

AWSが米ラスベガスで、年次イベント「AWS re:Invent 2019」を開催。機械学習のための統合開発環境「Amazon SageMaker Studio」を発表した。コード作成ツール、ノートブック、データセットを1つのツールにまとめたもの。
カテゴリー:

GDEPアドバンス、ELSA社のハイエンドモバイルワークステーション「VELUGA」のディープラーニングカスタマイズモデルを12月4日発売 - 12月04日(水)18:00 

NVIDIA(R)のエリートパートナーである株式会社GDEPアドバンス(本社:東京都港区、代表:飯野匡道、以下 GDEPアドバンス)は、株式会社エルザジャパン(本社:東京都港区 代表:内藤万義、以下エルザジャパン)と協力し、同社のハイエンドノート「ELSA VELUGA 5000」にNVIDIAのNGCコンテナスクリプトと主要なフレームワークがプレインストールされたディープラーニングモデル「ELSA VELUGA Powered by GDEP」として発売します。GDEPアドバンスが今回販売を開始するディープラーニング用ノートは、UbuntuベースのモデルとWindows10とUbuntuのデュアルブートモデルの2種類になります。UbuntuベースのモデルにはUbuntu18.04上に仮想環境NV-Dockerをインストールし、NGCコンテナベースのTensorFlow、Pytorch、Chinerなど主要なフレームワークをプレインストールしています。Windowsとのデュアルブートモデルには上記環境に加えて、Windows10上にAnacomda3、TensorFlow、Pytorch/Caffe、Mxnet、Chiner等の開発環境を揃えています。さらにこれらに加えてPythonをより便利に使いこなすためのツール群Jupyter notebook、Jupyter Lab、Spy...more
カテゴリー:

iOSで開発/本番環境を分けてFirebaseを運用するTips - Qiita - 12月04日(水)14:56 

iOSで開発/本番環境を分けてFirebaseを運用するTips - QiitaiOS Advent Calendar 2019の4日目の@shtnkgmです! 本記事ではiOSで開発/本番環境を分けてFirebaseを利用するTipsを紹介します。 環境を分けて利用したいユースケースは以下のようなものが挙げられます。 開発/本番環境によって運用者を分けたい 例)開発環境と本番環境を利用するチームが異なる 開発環境を本番環境と区...
カテゴリー:

Yahoo! JAPAN トップページを Atomic Design と React・Redux・TypeScript で作り変えたお話 - Yahoo! JAPAN Tech Blog - 12月03日(火)11:23 

Yahoo! JAPAN トップページを Atomic Design と React・Redux・TypeScript で作り変えたお話 - Yahoo! JAPAN Tech BlogYahoo! JAPAN トップページを Atomic Design と React・Redux・TypeScript で作り変えたお話 こんにちはお久しぶりです。岡部和昌(@kzms2)と申します。 今回お話しする内容はタイトルでほぼ全部述べているのですが、PC 版 Yahoo! JAPAN のトップページを 2019 年 10 月 1 日に刷新、主に開発環境をアップデートした経...
カテゴリー:

ゼロからはじめるGo言語 第7回 快適なGo言語の開発環境を模索しよう - 11月29日(金)11:42 

Go言語はスクリプト言語のように柔軟に記述することができますが、変数にはしっかりとした型が決まっている静的型付き言語です。静的型付き言語の良さというのは、少し大きなプログラムを作った時に発揮されます。型がはっきりしていることで、エディタの補完機能が利きやすいのです。つまり、Go言語を書くときには、Go言語に対応したツールやエディタを利用すると開発効率がぐっと上がります。そこで本稿では、快適なGo言語の開発環境について紹介します。
カテゴリー:

AWSが機械学習の統合開発環境「SageMaker Studio」を発表、その特徴とは? - 12月05日(木)10:42 

Amazon Web ServicesのCEOのAndy Jassy氏は、12月2日から開催している年次イベント「AWS re:Invent 2019」の基調講演において、統合開発環境「SageMaker Studio」など、機械学習に関する新サービスを6つ発表した。
カテゴリー:

Amazon SageMaker Studio: 機械学習のための初の統合開発環境 | Amazon Web Services ブログ - 12月04日(水)15:08 

Amazon SageMaker Studio: 機械学習のための初の統合開発環境 | Amazon Web Services ブログAmazon Web Services ブログ Amazon SageMaker Studio: 機械学習のための初の統合開発環境 2019年12月3日、Amazon SageMaker Studioという機械学習のための初の統合開発環境(IDE)を提供できることを非常に嬉しく思います。 2017年に Amazon SageMaker がリリースされてからしばらく経ち、このサービスをご利用いただい...
カテゴリー:

AWS、機械学習向けのウェブベース統合開発環境「SageMaker Studio」発表 - 12月04日(水)12:14 

Amazon Web Services(AWS)、機械学習向けの統合開発環境(IDE)「SageMaker Studio」を発表した。機械学習開発に必要なすべてのツールを統合している。
カテゴリー:

Windows開発環境の構築をChocolateyからscoopに切り替える - tech.guitarrapc.cóm - 12月02日(月)02:39 

Windows開発環境の構築をChocolateyからscoopに切り替える - tech.guitarrapc.cómこの記事は、PowerShell Advent Calendar 2019の一日目です。 qiita.com Windows のパッケージマネージャーの裏はPowerShellが多く使われています。 そんなWindows におけるパッケージマネージャーと言えば、Package Management Chocolatey が有名なのではないでしょうか? 私もChocolatey をパッケージマネージャーに用...
カテゴリー:

なめらかな動きで糸通しもできる! 卓上ロボットアーム「GLUON」が精密! - 11月29日(金)06:00 

中国のロボット開発企業INNFOSが、Kickstarterにてコンシューマー向けロボットアームのキャンペーンを開始している。 4軸タイプと6軸タイプの「GLUON」には、同社の技術が詰め込まれていて産業用としても十分通用するクオリティ。柔軟で高度な動きができるにも関わらず、セットアップが簡単なのも特徴だ。 学習用やロボット開発用として活用できるINNFOSのGLUONについて見えていこう。 ・GoProでの撮影やモノのピックアップも教えられる GLUONは柔軟かつ精密な動きができることから、スムーズに視点を移動しながらのGoPro撮影や、モノのピックアップ、書道なんかが行えて、これらはキャンペーンページの動画で確認可能だ。 人間のようななめらかな動きをしつつ、針に糸を通せるほど精密な作業もこなす。負荷は最大1kgまで与えても問題なく正確に動作し、500gが規定荷重となっている。 こうしたなめらかで精密な動きを実現するのが、同社開発のSCA(Smart Compliant Actuator)だ。小さな円筒のなかにモーターやアクチュエーターが統合され、動きの速度や方向を細かく調整可能。この円筒がロボットのあらゆる関節に活用できて、驚くほどスムーズな動きを作り出す。 ・開発環境はメジャーな言語をサポート SCAには衝突検出などの機能もあり、ヒトやモノにあたると動作をやめ、障害物がなくな...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「開発環境」の画像

もっと見る

「開発環境」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる