「航空機」とは?

関連ニュース

航空機用内装部品検査で不正 ジャムコに業務改善命令 - 08月20日(火)18:44 

 航空機用内装品メーカー「ジャムコ」(東京)で、無資格の検査員が部品の検査をするなど不正があったとして、国土交通省は20日、同社に対し、航空法に基づく業務改善命令を出した。再発防止策の報告も指示した。今年1月以降、同社工場を立ち入り検査し、不正の内容を調べていた。
カテゴリー:

航空機シート検査不正で「ジャムコ」に業務改善命.. - 08月20日(火)17:56 

航空機シート検査不正で「ジャムコ」に業務改善命令 #nhk_news
カテゴリー:

隔週刊「JAL旅客機コレクション」発売 - 08月20日(火)16:30 

2019/8/20 株式会社JALUX 隔週刊「JAL旅客機コレクション」発売 ~JALショッピングやBLUE SKY FLIGHT SHOPにて~  株式会社JALUX(ジャルックス:代表取締役社長:篠原 昌司 東証1部:コード2729)は、2019年9月10日より、株式会社デアゴスティーニ・ジャパンが創刊する、JAL創設から現在までの人気機体が1/400スケールダイキャスト製モデルで揃う隔週刊「JAL旅客機コレクション」を、日本航空株式会社の公式ショッピングサイト「JALショッピング」、羽田空港「BLUE SKY FLIGHT SHOP」、有楽町JALプラザ「TABITUS+ STATION」にて発売します。  本コレクションマガジンに毎号付属する1/400スケールのダイキャスト製モデルは、JALおよびJALUXや航空機メーカー監修のもと、時代を象徴するペイントやエンジンの細部まで忠実に再現されています。全80号(予定)にわたり、現代のBOEING(ボーイング)787からYS-11・DC-8といった懐かしの名航空機まで幅広くラインアップ。また、ビジュアル満載のマガジンは、「航空機大解剖」「JALのすべて」「航空大百科」「世界のエアポート」の4つの章で構成され、豊富な情報を掲載しています。航空ファンの皆さまをはじめ、乗り物に興味のあるお子さまなど、さまざまな方にお楽...more
カテゴリー:

航空機の技術とメカニズムの裏側 第185回 エアバスがA220を日本でお披露目(2)A220の構造とメカニズム(その1) - 08月20日(火)09:03 

前回は、デモツアーのために中部国際空港に飛来したエアバスA220の概要を紹介した。今回と次回に分けて、そのA220の構造やメカニズムについて取り上げることにしよう。まずは、身近に接する機会が多いと思われる、客室と貨物室から。え、貨物室に乗る人はいないだろうって ?
カテゴリー:

三菱重が長崎に航空機部品工場 造船所敷地内に建設 - 08月20日(火)05:00 

三菱重工業は19日、長崎造船所(長崎市)の敷地内に航空エンジン部品の新工場を建設すると発表した。投資額は約80億円で10月に着工し、2020年中に稼働させる。三…
カテゴリー:

ディアゴスティーニ、「JAL旅客機コレクション」を9月10日発売 全60号、創刊号は787-9 - 08月20日(火)18:37 

デアゴスティーニ・ジャパンは、「JAL旅客機コレクション」を9月10日より、全国の書店やJALショッピング、羽田空港第1ターミナルビル内「BLUE SKY FLIGHT SHOP」、有楽町JALプラザ「TABITUS+ STATION」で発売する。 日本航空(JAL)と航空機メーカーが監修した400分の1スケールのダイキャストモデルと、付属するダイキャストモデルを特集したマガジンがセットになっている。ダイキャストモデルはJAL機のほか、グループのジェイエア、北海道エアシステム(HAC)、日本トランスオーシャン航空(JTA)、日本エアコミューター(JAC)、琉球エアーコミューター(RAC)の人気機種もラインナップする。 創刊号はボーイング787-9型機、第2号はボーイング747-100型機、第3号はボーイング777-200型機(JAS塗装)、第4号はボーイング747-400型機、第5号はエアバスA300-600R型機、第6号はボーイング737-800型機を予定している。 価格は創刊号は990円(税込)、第2号以降は2,760円(税別)。全80号を予定する。定期購読者の中から抽選で50名を、JAL工場見学貸切ツアーに招待する。 ⇒詳細はこちら 投稿 ディアゴスティーニ、「JAL旅客機コレクション」を9月10日発売 全60号、創刊号は787-9 は TRAICY(トライシー) に最初に表...more
カテゴリー:

ジャムコに業務改善命令 国交省、航空機内装で不正 - 08月20日(火)16:36 

 航空機用内装品メーカー「ジャムコ」(東京)で、無資格の検査員が部品の検査をするなど不正があったとして、国土交通省は20日、同社に対し、航空法に基づく業務改善命令を出した。再発防止策の報告も指示した。今年1月以降、同社工場を立ち入り検査し、不正の内容を調べていた。
カテゴリー:

RFルーカス独自開発のRFIDロケーション技術、アパレルや自動車・航空機メーカーで威力を発揮 - 08月20日(火)10:30 

RFルーカスは、RFID(Radio Frequency IDentification)タグを活用した独自のロケーション技術を開発し、その成果物としてのハードウェアやソリューションを販売している、2015年8月設立のスタートアップだ。 RFIDタグとは、ID情報を埋め込んだICタグ(RFタグ)と電磁波を用いた近距離の無線通信を組み合わせることで、非接触で情報をやり取りする技術。特に、同じ商品であってもサイズ違い・色違いなど単品で管理しなければならない商品が非常に多い、アパレル業界などで普及している。 RFIDタグは、電磁波が照射されるとそれをエネルギー源として動作し、それぞれのタグが個体識別可能な電波を返すため、多くの製品をまとめて管理する方法として利便性が高い。ちなみに、照射するのは920MHz帯の波長で、その波をRFIDタグに数秒間に数百回当てている。 商品管理の方法としてはバーコードもあるが、スタッフが1商品ずつスキャンする必要があり多種多様な商品を扱うアパレル業界には不向きだ。ちなみにRFIDタグには、アパレル業界で使われるUHF帯タイプのほか、Suicaなどの非接触ICカード向けのHF帯タイプがある。HF帯タイプは1個百数十円のコストがかかるが、大手アパレル企業ならUHF帯タイプを1個数円で製造できる。包装紙やダンボールなどに印刷できるバーコードに比べるとコストはかかるも...more
カテゴリー:

航空事故がこれまでにどんな原因で何回発生したのかという統計情報 - 08月20日(火)08:00 

1950年から2019年6月までに発生した航空事故の数は1085件。それがどういった原因で発生したのか、件数はどのように推移しているのかという統計データが、航空機の事故情報を収集しているPlaneCrashInfo.comで公開されています。
カテゴリー:

三菱重工が航空機部品の新工場 約80億円投資 - 08月19日(月)18:37 

 三菱重工業は19日、長崎造船所(長崎県長崎市)の敷地内に航空エンジン部品の新工場を建設すると発表した。投資額は約80億円。10月に着工し、令和2年中に稼働させる。三菱重工は愛知県で航空機エンジン部品を製造しているが、需要が旺盛で既存工場は手狭になっていた。長崎造船所で航空機部品を製造するのは初めてという。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「航空機」の画像

もっと見る

「航空機」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる