「航空機」とは?

関連ニュース

桜を見る会の裏で…どこがWinWin?不満だらけの日米貿易交渉 - 12月10日(火)16:54 

「桜を見る会」の話題ばかりに終始した印象がある臨時国会が、9日閉幕した。野党側が会期の延長を求めるものの、与党は拒否。疑惑は何ら解明されていない。そんな中、政府が最優先課題に掲げていた日米貿易協定が、与党などの賛成多数で承認された。あまり大きく報じられていないが、実は日本にとってとても大きな意味を持っている。 毎日新聞によると、「米国産牛肉で現行38・5%の関税を段階的に9%、豚肉は低価格品の関税を1キロあたり482円から段階的に50円までそれぞれ引き下げる」とし、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)並みの水準に段階的に引き下げられるという。 政府・与党が今国会の最重要課題と位置付ける日米貿易協定案が4日午前の参院本会議で、自民、公明両党などの賛成多数で可決し、承認されました。https://t.co/xx3vGjtIUv — 毎日新聞 (@mainichi) 2019年12月4日 一方で、日本産の工業品の関税は削減・撤廃されるものの、アメリカは日本車の関税撤廃を見送る形となった。これについて、ネット上では「これが安倍首相のいうウィンウィンの関係ということか?」「日本全部で負けている」など疑問の声が挙がっている。 桜を見る会の裏で行われていた日米貿易協定。米国産の農産物の関税は引き下げ、日本の自動車の関税の引き下げ交渉はこれからという。これが安倍首相のいうウィンウィンの関係という...more
カテゴリー:

超精細な画像を高頻度で撮れるNear Space Labsの成層圏衛星 - 12月10日(火)14:30 

宇宙関連のテクノロジーという新しい成長分野では、イメージング(画像処理)が重要な市場のひとつだ。それも当然であり、政府にも民間にもイメージングと地球の観測データへの強い需要が今すでにある。軌道衛星はこの需要の一部を満たし、この種のデータを手頃な費用で制作提供するPlatetなどの企業が今では大きく成長している。しかしNear Space Labsは、それらとは違うアプローチで、特定の用途にもっと適したイメージングソリューションを提供している。 Near Space LabsのCEOであるRema Matevosyan(レマ・マテボシアン)氏はあるインタビューで「会社を興したのは『この新しい技術にまったく新しい角度からアプローチして、航空宇宙工学におけるこの盲点を利用したい』と考えたからだ。盲点とは成層圏、航空機が飛ぶ高度の倍ぐらいの高さのことだ。誰もまだ手を付けていないという創業者有利の見地から言えば、そこではとても広大な領域を一望にでき、しかも得られる画像の解像度は航空機やドローン並みに極めて精細だ。さらにまた、画像獲得の頻度をきわめて高くできる。現在のNear Space Labsの画像取得のペースは週でも月でもなく1日であり、それは、これだけの高解像度の画像では従来あり得なかったものだ」と述べている。 このような超高空からの超高解像度画像は、保険、不動産、ロジスティクス、地方...more
カテゴリー:

イースター航空機、茨城空港で指示と違う滑走路に着陸試みる 重大インシデント認定 - 12月10日(火)13:44 

8月22日午後、ソウル/仁川発茨城行きのイースター航空ZE681便(ボーイング737-800型機、機体記号:HL8052)が、茨城空港に着陸時に、管制官から指示された滑走路と違う滑走路に着陸を試みたことがわかった。国土交通省は重大インシデントに認定し、運輸安全委員会は調査を開始した。 同便は、午後2時9分にソウル・仁川国際空港を離陸。茨城空港着陸時に管制官から指示された西側滑走路ではなく、車両が存在する東側滑走路に着陸しようとしたものの、着陸をやり直し、午後4時31分頃に西側滑走路に着陸した。 イースター航空は、9月17日運航便をもって、週3便を運航している茨城〜ソウル/仁川線を運休している。 投稿 イースター航空機、茨城空港で指示と違う滑走路に着陸試みる 重大インシデント認定 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

航空機の技術とメカニズムの裏側 第202回 機内騒音の低減(5)ヘリコプターとプロペラ機の騒音の実態とは - 12月10日(火)09:00 

これまで、4回にわたり、航空機の騒音について説明してきた。騒音というとジェット機が問題になることが多いが、ターボプロップ・エンジンを使用する機体でも音は出るし、ヘリコプターも同様である。ということで、この辺の機体についても考えてみたい。
カテゴリー:

「空母いぶき」遂に完結!だが、いぶきの戦いは終わらない…次号より「空母いぶき GREAT GAME」連載開始! - 12月10日(火)06:41  poverty

漫画『空母いぶき』完結、5年の歴史に幕 次号から新連載開始「大国が覇権を争う」  『沈黙の艦隊』『ジパング』などで知られる、かわぐちかいじ氏の軍事サスペンス漫画『空母いぶき』が、10日発売の連載誌『ビッグコミック』(小学館)24号で最終回を迎え、5年の歴史に幕を下ろした。 同時に次号、25日発売の同誌2020年1号より新連載『空母いぶき GREAT GAME』がスタートすることが発表された。  同作は、世界が再び「空母の時代」へと突入した20XX年を舞台に、日本の最南端沖で起こった国籍不明の漁船二十隻による突然の発砲が...
»続きを読む
カテゴリー:

「航空機保険のグローバル市場:規模・現状・予測2019-2025」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました - 12月10日(火)15:00 

2019年12月10日株式会社マーケットリサーチセンター株式会社マーケットリサーチセンター(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「航空機保険のグローバル市場:規模・現状・予測2019-2025」調査資料の販売を2019年12月10日に開始いたしました。航空機保険市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。■レポートの種類:グローバル市場調査レポート■レポートのタイトル:航空機保険のグローバル市場:規模・現状・予測2019-2025■英文タイトル:Global Aircraft Insurance Market Size, Status and Forecast 2019-2025■発刊日:2019年11月18日■出版社:QYResearch(QYリサーチ)■レポート形態:PDF(Eメールによる納品)■主な掲載内容※当調査レポートでは、航空機保険の世界市場について調査・分析し、航空機保険の世界市場規模、市場動向、主要企業別マーケットシェア、主要地域別市場規模、企業プロフィールなどの情報をまとめました。また、セグメント分析では、種類別(損害賠償責任保険、旅客賠償責任保険、支払限度額(CSL)、地上リスク機体(モーション)保険、地上リスク機体(ノンモーション)保険)、用途別(民間航空機保険、商用航空保険、その他)、地域別(北米、ヨーロッパ、中国、日本国内、東...more
カテゴリー:

北米の国際線利用者満足度、JALとターキッシュが首位 J.Dパワー調査 - 12月10日(火)14:22 

J.Dパワーは、北米からアジア、ヨーロッパへの利用者の満足度を調査した、2019年北米航空会社国際線満足度調査の結果を発表した。アジア路線では日本航空(JAL)、ヨーロッパ路線ではターキッシュ・エアラインズがそれぞれトップだった。 平均を上回ったのは、アジア路線ではJAL、デルタ航空、大韓航空、全日本空輸(ANA)、キャセイパシフィック航空の5社、ヨーロッパ路線ではターキッシュ・エアラインズ、ヴァージン・アトランティック航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、デルタ航空、エールフランス航空、アメリカン航空、ユナイテッド航空の7社だった。 航空会社を選択する理由で最も高かったのは、過去の航空会社での経験で、優れた顧客サービス、フライトスケジュールの利便性、評判、航空運賃の安さの順だった。 飲食物やエンターテインメントなどの機内サービスは、国際線利用者の満足度を高める主な要因で、乗客の機内での体験全体の半分以上が飲食によって印象付けられていることもわかった。飲食全体に対する乗客の満足度は、エンターテインメント全体の満足度よりも低く、改善の余地がまだあるという。 調査は9月から10月にかけて、直近90日以内に北米からアジア、ヨーロッパ方面への国際線を利用した、6,287人を対象に、インターネット上で行った。「機内サービス」「運賃・手数料」「航空機」「乗務員」「チェックイン」「搭乗」「入国審査...more
カテゴリー:

三菱重工、不採算事業を切り捨てへ 浮いた資金で旧MRJ開発を倍プッシュ - 12月10日(火)13:35  poverty

三菱重工、ROA6%で絞り出す航空機資金 三菱重工業が事業ごとの資産効率を厳しく管理する財務規律を取り入れる。「総資産利益率(ROA)6%」と「総資産回転率1倍」を目安とした基準に届かない事業は売却や撤退も含めて検討すると、このほど明らかにした。 効率化で生み出す資金は民間航空機「スペースジェット(MSJ=旧MRJ)」の開発などに充てる。ただスペースジェットは開発が長引いており、全体の財務を圧迫するリスクを抱えている。 ROAは各事業の純… 続き https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53111670Z01C19A2000000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

電動垂直離着陸機のスタートアップVolocopterが欧州航空安全機から安全承認代行権を取得 - 12月10日(火)09:00 

電動垂直離着陸機(eVTOL)のスタートアップであるドイツのVolocotper(ヴォロコプター)が、欧州航空安全機関(EASA)から安全認証作業を代行する権限(DOA、Design Organisations Approvals)を受けた。これはVolocopterが航空機の開発と製造において実施してきたプロセスが、商業用にeVTOLを展開する計画を推進できるレベルに達したものであるというEUによる認定だ。 これにより、Volocopterは商用化を進めるうえで大きなアドバンテージを得た。ドイツを拠点とするこの会社は今年、商品を運ぶために設計された貨物バージョンの機体を生産する計画を発表し、農業での使用に焦点を当ててJohn Deereと提携し、機体テストを行うことを明らかにしている。また一方で同社は、都市にて乗員を輸送することを目的とした 「エアタクシー」 の計画も進めている。 これまでVolocopterは、シンガポールとシュツットガルトにて、乗客を乗せた機体での試験を実施してきた。同社は今年の初めに5000万ユーロ(約60億円)の資金調達ラウンドを発表し、2〜3年のうちに一般向けサービスを開始したいと考えている。 [原文へ] (翻訳:塚本直樹 Twitter)
カテゴリー:

【ニュージーランド航空】食べられるカップを試験導入 廃棄物を「革新的」に減らすか - 12月10日(火)00:06  newsplus

https://www.bbc.com/japanese/50683543 ニュージーランド航空、食べられるカップを試験導入 廃棄物を「革新的」に減らすか 2019年12月9日 ニュージーランド航空はこのほど、「食べられる」コーヒーカップの試験導入を開始した。廃棄物量の削減が狙いだという。 今回試験導入されたのは、地元企業「Twiice」が製造する、クッキーでできた食べられるコーヒーカップ。バニラ味で、「飲み物が漏れない」つくりになっているという。 Twiiceは4日、「ニュージーランド航空は、乗客に食べられるカップを提供するために私たちと提携し...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「航空機」の画像

もっと見る

「航空機」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる